ハナゴンベ」タグアーカイブ

魚はビビるとウンコする

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前 / 元浦
【水温】 28℃ / 28℃ / 29.4℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:48-9:43 / 10:43-11:49 / 15:28-16:22
【潮まわり】 08:07 81cm 干潮 / 15:16 181cm 満潮 / 長潮(月齢:24.0)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:50

魚ってビビるとウンコ漏らすよね。。。(笑)
てか、緊張すると漏らすんだと思う。

ダイバーにカメラを向けられ、危害は与えてきそうにないから大きくテリトリーを離れて逃げたりする必要はないという時や、カメラを構えるダイバーの真後ろにテリトリーや巣穴がある場合は、いつでもやつらは緊張していてストレスを感じているわけだ。

そんなとき、ウンコ漏らすよ。(笑)


んっ?真夏の風物詩が続々と。。。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 24.2℃ / 23.8℃ / 24.6℃ / 23.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:58-9:51 / 10:52-11:50 / 13:08-13:59 / 14:52-15:27
【潮まわり】 04:12 102cm 干潮 / 09:40 214cm 満潮 / 16:30 24cm 干潮 / 中潮(月齢:4.3)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:22

台風一過。。。?
昨日、温帯低気圧に変わった台風6号が通り過ぎて、今日は返しの北西が強い!。。。と思いきや、超ベタ凪の一湊湾内。。。(^^;)

天気もよく、海の中も昨日ほど寒く感じなかった。

今日はゲストMさんの最終日。
最近、フルサイズの一眼を買って、カメラを教えて欲しいといって来島してくださっていたのだが、いや~毎回かなりキッチリ撮れてるし、特に教えることもないような。。。(笑)

やっぱり、ハナゴンベのチビがメチャ多い!
そこら中で見かける。。。
もともと-30m前後の水深に多い深場の魚なのだが、ついには-5mにもハナゴンベのチビ!(◎_◎;)

もう真夏がハナゴンベの幼魚シーズンだという認識は確実に改めなければならない。。。

さらに同じく真夏に多いイメージだったマルスズメダイの幼魚も、最近よく見かけるようになった。
尾鰭が綺麗なまま残っている子もチラホラ。。。


ハナゴンベの最浅記録

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 23.8℃ / 24.8℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:50-9:28 / 10:28-11:06
【潮まわり】 06:00 233cm 満潮 / 12:43 -1cm 干潮 / 17:28 212cm 満潮 / 大潮(月齢:28.6)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:20

今日は急に入ったガイドの仕事で午前中に2本。

ゲストさんは早朝に到着する「はいびすかす」で来られ、まだ宿は取っていないという気ままな旅。。。(^^;)

今日は梅雨の合間のよく晴れた1日だった。
明日からまた雨の予報。。。

ハナゴンベの極小幼魚がメチャクチャ多い!
お宮前の-25m付近は一斉に着いたと思われる極小幼魚がそこら中で見られる。
ついにはこれまでの最浅記録である-5mにハナゴンベの幼魚!!!(◎_◎;)


完全に黒潮が離れているような。。。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 25.4℃ / 25.6℃ / 24.8℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:09-12:03 / 14:28-15:14 / 16:15-16:52
【潮まわり】 08:18 206cm 満潮 / 15:10 24cm 干潮 / 中潮(月齢:17.6)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:15

今日も天気は快晴!気持ちのいい1日だった。
こんな感じで外はメチャ暖かく(暑いくらい)、夏っぽいのだが、水中の状態が日に日に悪くなっているような気がする。。。(-_-;)

水温は24℃台に下がり、透明度もガクーンと落ちて今や20mくらい。。。
浮遊物も漂っていて、完全に黒潮が離れているような気がする。

ちょっと前から僕も5mmウェットスーツで潜っていたのだが、もしかしたらまたドライなり、ロクハンなりを引っ張り出さないとならないかも。。。(◎_◎;)

クマノミのチビが増えてきた!
これでしばらくはフォト・ネタに困らない。。。(笑)

今年はなぜかハナゴンベのチビも早くも頻繁に目につく。


これでは暑すぎるっ!(笑)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 28℃ / 28℃ / 28℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:33-10:38 / 11:43-12:31 / 14:04-15:17
【潮まわり】 05:55 217cm 満潮 / 12:48 30cm 干潮 / 大潮(月齢:14.0)
【日の出・日の入】 日出05:22 日没19:23

常連ゲストKさんの最終日。。。
最後は一湊でのんびり潜った。
しかし、暑い!!水中が。。。!!!(^^;;

個人的に1週間ほど前にロクハンから5mmのウェットスーツに衣替えしたのだが、今年はペラペラの5mmジャージではなく、ダイビング人生初の裏起毛の温かい5mmフルにしたんだけど、遅かった。。。もうこれでは暑すぎるっ!(笑)

むしろペラペラの5mmジャージで十分な水温だ。(-o-;

前半は天気が悪く、水中もやや暗めだったけど途中からよく晴れて、3本目の水中は明るかった!(^^)


1つのパッチに異なる産卵時期の卵

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 春田浜タイドプール
【水温】 23℃ / 24℃ / -℃
【透明度】 20m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:47-9:43 / 10:44-11:33 / 13:40-14:45
【潮まわり】 08:47 221cm 満潮 / 15:36 2cm 干潮 / 中潮(月齢:3.3)
【日の出・日の入】 日出05:17 日没19:13

リピーターゲストIさんとマンツーマン。
一昨日までの高水温&高透明度&黒潮ブルーの真夏っぽい海は早くも終わったようで、水温は24℃台に、透明度もまぁまぁ。。。例年通りのこの時期相応の海だった。(笑)

でも海はベタベタに凪ぎ、天気も最高!
ゲストIさんは好コンディションの海を独占だ。(^^)

例の卵保護中を観察していたシモフリタナバタウオは、また新たな卵を守っていて、それも早くも孵化間近だった。
新たな発見があった。
まったく同じ場所にその卵塊とは別にもう1パッチ、産卵時期の違う卵塊があった!

シモフリタナバタウオもスズメダイ類などと同じように産卵床には産卵時期の異なる卵が共存しているようだ。。。
産んだメスは同じ個体なのか?違う個体なのか?この辺がちょっと興味深いところ。。。(^^;)

3本目はIさんのリクエストでタイドプールへ。。。

もうどのロウソクギンポもバリバリの婚姻色で激しい求愛がそこら中で見られた。
背景の緑の海藻もメチャ綺麗だし、タイドプール観察&撮影にはベストな時期だ!(^^)


ヒレナガカンパチやカスミアジの成魚群れ

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 春田浜タイドプール
【水温】 20℃ / 20℃ / -℃
【透明度】 20m
【海況】 やや時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:28-10:23 / 11:35-12:24 / 15:15-16:45
【潮まわり】 04:43 108cm 干潮 / 10:17 169cm 満潮 / 17:24 52cm 干潮 / 小潮(月齢:21.0)
【日の出・日の入】 日出05:47 日没18:47

ゲストOさんの2日目。
今日もOさんのリクエストでタイドプールへ。。。

。。。とその前に、一湊湾内で2本潜った。
相変わらず海は濁っていて、浮遊物(生物じゃなくて)がものすごい。
でもフィッシュアイって不思議だ。
写真を見る限りでは、なんかメチャクチャ青くて綺麗な海に見えるんですけど。。。(笑)

現在、海はヒレナガカンパチやカスミアジの成魚群れに頻繁に出会う。
前者は春の風物詩なんだけど、カスミアジの成魚群れは普段はあまり一湊湾内では見ない群れだ。
お宮前でも漁礁でもカスミアジに巻かれた。。。(◎_◎;)

「ゼロ戦はこの時期、魚影が薄い」とブリーフィングで説明したのだが、行ってみると何とメチャ魚影が濃いっ!

流れ藻に付いていた連中が着底したのだろうか。。。?メアジやブリの子供などがたくさん着いていて、いつもの魚影の薄いこの時期のゼロ戦とはちょっと違っていて唖然としてしまった。。。(;´・ω・)

さて、タイドプールは小潮でしかも、最干潮が17:24とかなり遅い時間だったので、今回はまったく期待していなかったのだが、2時間以上前に行っても潮は完璧に引いていて、十分過ぎるほど遊べた!

これまでタイドプール遊びをする場合、小潮はダメだと思っていたけど全然OKみたい。。。(;´・ω・)


明日からは台風迎撃態勢に。。。(^^;;

【ポイント】 お宮前 / 春田浜タイドプール / 一湊タンク下No.2
【水温】 28℃ / -℃ / 28℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:11-10:20 / 12:00-14:00 / 15:22-16:48
【潮まわり】 07:37 234cm 満潮 / 13:47 66cm 干潮 / 大潮(月齢:1.1)
【日の出・日の入】 日出06:12 日没18:02

今週末のゲストさんたちは、ほぼみんな女性!(^^)
いや~楽しかったなぁ~!(笑)

。。。じゃなくて(^^;)、ゲストさんたちが女性だったからか、毎日、ダイビングがのんびり&まったりスタイルだった気がする。。。

だって、4日間中3日はのんびり&まったり型の究極でもある「タイドプール」に行ったもん!(^^;;

今日も1本目はイシガキカエルウオLOVEなゲストTさんのリクエストでお宮前のウネタケ地帯へ、そして2本目はロウソクギンポLOVEなゲストTさんのリクエストでタイドプールへ。

台風18号が4日頃に最接近するという事で、一湊の漁船は台風つなぎを完了。

明日からは台風迎撃態勢に。。。(^^;;

img_0649img_0678

img_0981pa023131

pa023044pa023133img_0914


台風16号の動向

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:35-10:29 / 11:40-12:31 / 14:05-15:07
【潮まわり】 07:03 257cm 満潮 / 13:26 33cm 干潮 / 大潮(月齢:15.7)
【日の出・日の入】 日出06:03 日没18:21

台風16号は静かに接近中。。。
日々、屋久島への最接近は遅れつつあり、現在は20日前後に最も屋久島に近づく予測が多い。

今週末のゲストさんたちには事前に連絡し、無事に帰れるか不安のある日程の方々には、来島自体を見合わせた方が良いのでは?と提案したのだが、ほとんどのゲストさんたちが予定通り来島!!マジか~!!(^^;;

しかし、接近が遅れているおかげで、無事に帰れそうなゲストが出る一方で、逆に台風一過後に帰れる!と安心していたゲストさんたちが大慌て。。。!

いずれにしても連日、台風の動向が気になって気になって仕方がない。。。(-_-;)

海や天気の方は今のところ、まったく問題なくベタ凪&晴天が続いている。(^^)

しかも、水温と透明度&青さは真夏のベストシーズン同様の状況だ。

本当に台風が近づいているのか信じられないほど。。。(^^;)


衣替え?(^^;;

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 28℃ / 27℃ / 28℃
【透明度】 30m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 晴れのち雨
【潜水時間帯】 9:29-10:32 / 11:35-12:35 / 14:12-14:57
【潮まわり】 08:08 90cm 干潮 / 15:24 180cm 満潮 / 若潮(月齢:9.7)
【日の出・日の入】 日出06:00 日没18:28

通常、週末のゲストさんたちは金曜日から日曜日にかけて入るのだが、今週末はなぜかみんな日曜日から火曜日にかけて予約が集中。。。

今日はその1日目だった。

いよいよ水温が落ち始めてる。
29-30℃だった水温が現在は28℃前後。
たった1℃前後でもヘタリ切った僕のフルスーツ(注:多分、3mm以下です!(笑))では、60分潜っていると後半はちょっと寒く感じた。。。(^^;)

もうロクハンに衣替えしようか?とか思ったけど、普通のヘタっていない5mmフルスーツだったら寒くないのでは。。。?と思わなくもない。。。(^^;;

例年、8月の中旬くらいから目立ち始めるハナゴンベの極小チビが今年は今頃になって爆発中だ。

そこら中でハナゴンベのチビが目立ち始めている。。。


リクエストに応えられる!と喜んだのもつかの間。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / オツセ / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 25.6℃ / 23.5℃ / 25.1℃ / 24.8℃
【透明度】 20m
【海況】 やや時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 4:09-5:41 / 11:15-12:11 / 14:30-15:55 / 16:46-17:48
【潮まわり】 08:07 225cm 満潮 / 14:52 15cm 干潮 / 中潮(月齢:18.0)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:23

今日から3日間潜るリピーターゲストTさんの今回一番のリクエストはジョーフィッシュのハッチアウト。

このリクエストを戴いていたからこそ、今年は久々に真面目にジョーのチェックを続けていたのだ。

中2日間の滞在だと、チャンスは明日の早朝か、明後日の早朝しかないわけだが、ここでハッチアウトさせそうなオスは1匹だけいた。

メチャクチャ微妙な感じで、ヘタすると今日かも。。。ってな感じもあり、一応、今朝もTさんが来島する前に、1人で早朝に行ってみた。

「ハッチアウトしないでくれ~!!」と願いながら見に行くのも初めてかも。。。(笑)

結果はラッキーなことにハッチアウトをしないまま日の出を迎えて一安心。。。したのもつかの間、巣穴の蓋を開けて中を見てみると、いないっ!
しばらく待ってみたけど、出てこない。。。嫌な予感。。。(ーー;)

今日の4本目にもチェックしに行ってみると、入り口の蓋は僕が早朝時に開けたままになっていた。(-o-;
今度は時間をかけて待ってみたけど、やっぱりこの巣穴にはいないようだ。。。引っ越した?!
卵を保持したまま???

もしかしたら引っ越し先でハッチアウトした可能性も強く、結局、明日の早朝は中止することに。

くそ~!!リクエストに応えられるーーー!!と喜んだのは何だったんだろう。。。


もう高水温期じゃないんだなぁ。。。

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.1
【水温】 26.1℃/26.8℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:41-10:46/11:57-12:59
【潮まわり】 05:13 60cm 干潮 / 12:03 189cm 満潮 / 17:48 128cm 干潮 / 小潮(月齢:7.1)
【日の出・日の入】 日出06:23 日没17:42

今日も一湊エリアでのんびり。。。(^^)
これもリピーターゲスト・Kさんたちのリクエストでもあったのだけど、今日も確かに一湊湾内以外はかなり時化気味。。。

その一湊エリアでのリクエストは、再びイバラカンザシに着くイソギンチャクモエビやシャコガイに着くセホシウミタケハゼなど、いつものネタだったりするのだが、これがだんだん思い通りにその場所にいなかったりするようになってきた。。。

水温も普通に25-26℃台を指すようになってきて、もう高水温期じゃないんだなぁ。。。ってことを嫌でも実感させられるようになってきた。(-_-;)

ただ、ここに来て再び、浅場のウネタケ類にイシガキカエルウオの極小チビがまた着き始めてるのがよく分からない。。。(^^;)


ハナゴンベの極小幼魚がまた。。。

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.3
【水温】 25.9℃/26.1℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:06-12:09/13:46-14:38
【潮まわり】 09:19 219cm 満潮 / 15:08 99cm 干潮 / 中潮(月齢:4.1)
【日の出・日の入】 日出06:21 日没17:45

今日は一湊で2本。。。
日中の北東の風は強く、一湊でも東面はかなり時化ていたけど、一湊湾内はベタ凪ぎ。。。(^^)
天気も最高によくてダイビング日和な1日だった。

ハナゴンベは通常、夏季が繁殖期でそれに合わせて極小幼魚も夏季に多く見られるのだが、なぜかここにきてまた小さな小さな幼魚が目立ってきた。。。


屋久島らしからぬ天気??(^^;)

【ポイント】 横瀬/一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 27.8℃/28.4℃/27.8℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:29-11:26/13:56-14:51/15:51-16:56
【潮まわり】 04:37 54cm 干潮 / 10:52 216cm 満潮 / 16:53 99cm 干潮 / 中潮(月齢:20.5)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:38

今日はよく晴れたー!!!(^^)
前回(初夏)は連日雨に降られ、連日寒々しい中で潜ったリピーターTさん曰く、「屋久島らしからぬ天気!」。。。(笑)

いやいや、今年の初夏はなかなか梅雨が明けず、雨続きだったけど、本当ならシーズン中の屋久島は連日、こんな晴天の日々なんですけど。。。(^^;)

昨日はそんな明るい雰囲気の中、のんびり一湊で3本潜った。

【参考】
コンゴウテンジクダイ(新称) – HARAZAKI.NET


シシマイギンポでメルヘン?(・・;)

【ポイント】 オツセ/オツセ/お宮前
【水温】 28.9℃/28.7℃/28.7℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:31-10:28/11:47-12:54/14:32-15:40
【潮まわり】 07:36 81cm 干潮 / 14:20 177cm 満潮 / 長潮(月齢:9.2)
【日の出・日の入】 日出05:38 日没19:09

この日は永田で2本潜ったあと、最後の1本は一湊で潜るというお決まりのパターン。

永田はそこそこ抜けてはいたけど、激流だった。(・・;)
浅場はウネリもあって、潮流とウネリで体の固定がままならない状態でシシマイギンポに貼りつく。。。(^^;;

通常、シシマイギンポは地味な背景に生息しているため、これでメルヘンの世界をつくるのは至難の業なのだが(笑)、サンゴ背景の子を見つけた!!!(^^)

ゲストSさんはこれでメルヘンの世界を狙ったけど、そもそもこのウネリでは無理だぁー!!!(◎_◎;)


ロウソクギンポの求愛がピーク

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 -℃/24.6℃/25.0℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 07:45-09:30/11:11-12:16/14:13-15:02
【潮まわり】 08:47 75cm 干潮 / 15:36 181cm 満潮 / 長潮(月齢:23.8)
【日の出・日の入】 日出05:29 日没19:19

この日帰るSさん夫妻のリクエストで、1本目はタイドプールへ。。。

ここ数日は潮周りが悪く、最干潮が夕方遅くでしかも大きく引かないというタイドプール遊びにはイマイチの状況だったのだが、Sさん夫妻の最終日である今日はラッキーな事に最干潮が朝の早い時間帯!!

タイドプールはロウソクギンポの求愛が盛んでとても面白かった。(^^)

海は相変わらず、黒潮がかからず。。。
陸上は暑いので、今日は思い切って5mmフルスーツに衣替えしたけど、やっぱちょっと厳しかった。。。寒過ぎっ!
明日からはまたロクハンに戻そう。。。(・・;)

峯水さん情報
オオハナガタサンゴの大産卵3日目!
今日も凄かったらしい。。。


シモフリタナバタウオの卵守り

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 25.6℃/25.3℃/25.6℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:49-10:01/11:25-12:26/14:22-15:33
【潮まわり】 06:15 80cm 干潮 / 12:19 189cm 満潮 / 18:19 100cm 干潮 / 小潮(月齢:21.8)
【日の出・日の入】 日出05:28 日没19:20

この日はリピーターSさんご夫妻が来島。
毎年のリピートは本当にありがたい事です。。。(^^)

昨年は9月に来られ、僕の「7月がベストシーズンです!」という言葉で、今年は7月をチョイスしたのに、相変わらず黒潮が接岸せず申し訳ない限り。。。(-_-;)

一昨日(17日)に見つけたシモフリタナバタウオの卵守り。
今日はゲストさんからコンデジを借りて、穴の奥の卵を撮ってみた。(コンデジじゃないと無理っ!(笑))

2日前は黄色っぽかった卵も今日はまっ黒になっていた。
近づいて見れなかったけど、きっと急速に発生の過程が進んでいる模様。。。

親は近づいてもまったく逃げず、しきりにヒレを大きく開けて卵を隠そうとする行動が見られた。
しっかり守っている感じがする。(^^)

久々にニチリンダテハゼのいる辺りまで足を延してみた。
ってか、まだ生きてる~!!!!(・・;)
しかもデカっ!

あ、そうそう今年もハナゴンベの極小チビが見られ始めた。。。(^^)

峯水さん情報
オオハナガタサンゴが産卵していたらしい。
やや小規模。


タイドプールも3日目。。。(^^;;

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.3/春田浜タイドプール
【水温】 25.8℃/24.5℃/25.2℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:46-12:36/13:47-14:49/16:02-17:05
【潮まわり】 08:31 246cm 満潮 / 15:08 13cm 干潮 / 中潮(月齢:17.8)
【日の出・日の入】 日出05:25 日没19:21

メルヘン教・広報部長、M嬢(「M嬢」って。。。(・・;))が来島。
今日が最終日のE嬢と2人の女性ゲストさんを連れてルンルンでダイビング。(笑)

今日も午前中に2本潜ったあと、午後からはタイドプールに行った。
メチャクチャいい天気でタイドプール日和だ。(^^)

海は少しづつ良くなってる。
水温も26℃台後半まで上がってきており、透明度も25m以上はありそうだ。
でも、黒潮がかかっているのかはよく分からない。。。(^^;;


いや~もう陸も海も暑いわ!こりゃ。

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前
【水温】 27.1℃/27.0℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れのちくもり
【潜水時間帯】 10:56-12:11/13:48-14:51
【潮まわり】 04:20 95cm 干潮 / 09:49 204cm 満潮 / 16:34 35cm 干潮 / 中潮(月齢:19.1)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:19

台風で騒ぎ始めた頃から水温はグングン上がって、ここ数日は27℃オーバーの日々が続いている。
黒潮が接岸しているようで、海の中は青いっ!!!
透明度だけは「サイコー!!」というほどではなかったけど、この青さで潜っていてとても気持ちいい!!(^^)

陸上もイマイチ、ハッキリしない天気だったけど、まったく寒くはないからほんと楽になった。
今日のゲストは1ヶ月と開けずにリピートしてくれたKさん。
ドライできてしまったので、何かとても暑がっていた。。。(^_^;)

孵化しそうな卵をくわえているジョー

孵化しそうな卵をくわえているジョー

昨日、同業者が一両日中にハッチアウトしそうな卵をくわえたジョーがいて、そのハッチアウトを見てみたいという事で僕にいろいろ聞いてきた。
そういえば、今年はその後、ジョーのチェックをまったく行ってなかったなぁ。。。と思い、今日はそのチェックをするためにKさんに付き合ってもらい、ずっと浅場でウダウダ。。。(笑)

何とか1匹だけ卵をくわえているジョーがいた。
卵はすでに透明な状態で、銀色の目玉がクッキリ。。。ただ、卵はまだ黄色味が強い気がしたので、ハッチまではもう2日くらい。。。かな。。。?とか思ったけど、一応のため明日の朝は見に行ってみようかな。。。


ホームグラウンドでのんびり。。。(^^)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前
【水温】 23.8℃/23.6℃
【透明度】 20m/20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:35-10:43/12:08-13:13
【潮まわり】 05:03 200cm 満潮 / 11:46 34cm 干潮 / 18:09 194cm 満潮 / 中潮(月齢:26.8)
【日の出・日の入】 日出05:21 日没19:07

今日は10年以上のお付き合いとなるKさんとマンツーマンで2本。
昨日からちょっと風邪気味で寒気がしていたりしたけど、陸上が暖かいので助かった。(^^;)

先日見つけたハタタテサンカクハゼの産卵床が時化てもいないのに砂で思い切り埋まっていた。。。
それが孵化したあとだったのか、孵化する間もなく埋まってしまったのか分からないが、代わりにその隣りの窪みの天井に新たな産卵床を見つけた。
でも、ハタタテサンカクハゼは一生懸命卵を守ることをしないので、ちょっと写真にはなりにくい。。。(^^;)

ハナゴンベのチビはやっぱりよく目に付く。
でも、相変わらず、成魚の産卵行動らしきものはまだ今年は見ていない。。。

今日は午前中に2本潜って、午後はお店でウダウダしていた。(笑)
こんなのんびりペースもいいかもね。。。(^^)


初めまして!という気がしない。。。(笑)

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.1
【水温】 24.1℃/24.1℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 曇り
【潜水時間帯】 13:42-14:41/16:03-17:15
【潮まわり】 09:37 79cm 干潮 / 15:41 166cm 満潮 / 長潮(月齢:23.8)
【日の出・日の入】 日出05:23 日没19:05

今日のゲストはFacebookで知り合ったSさん。
Facebookは通常、実際の知り合いとのコミュニケーション・ツールなのだが、ぶっちゃけ友達のほとんどはお会いしたことがないダイバーばかり。
しかし、毎日のようにFacebookでプロフ画像を見たり、名前を聞いていると初めて会った気がしない。。。(笑)

そんなSさんとマンツーマンで午後から2本。

海は24℃普通に超えるようになってきた。
60分以上潜っていてもそれほど寒くは感じず、陸上も暖かいのでほんと助かる!(^^)
海も幼魚たちが増えつつある。
特にハナダイ類の幼魚の増え方が顕著でよく目立つ。

屋久島のハナゴンベの繁殖期ピークはもう少し先で、幼魚も例年7月以降に増えるような印象だったが、今年はもうかなり1cmレベルのチビが目立つ。
多分、これは他所から流れてきた子たちじゃないかなぁ。。。

ジョーフィッシュも繁殖期を控え、活気が出てきたのか、あちらこちらで目立つようになってきた。
もうオスとメスが隣接して巣穴を構えているような場所も出てきて、繁殖期への期待が高まる。。。(^^)

増え始めたハナゴンベのチビたち

増え始めたハナゴンベのチビたち

ジョーフィッシュも目立ってきた。。。

ジョーフィッシュも目立ってきた。。。


ヤクシマカクレエビは紹介しないと!

ヤクシマカクレエビは紹介しないと!

オイランヨウジの極小チビ

オイランヨウジの極小チビ



いや~もう迷いそうな透明度。。。(¨;)

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.3
【水温】 19.7℃/19.6℃
【透明度】 5m/5m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:12-11:11/12:55-13:47
【潮まわり】 08:08 222cm 満潮 / 14:44 -16cm 干潮 / 中潮(月齢:17.5)
【日の出・日の入】 日出05:57 日没18:41

Oさんと一緒に来島し、前半2日間はトレッキングに行っていたMさんが今日からダイビング。
2人を連れて、今日も昨日とまったく同じポイントを2本。(笑)

透明度は昨日以上に悪くなり、2本目の変化のない砂地を往くゼロ戦は迷いそうでドキドキしてしまった。。。(¨;)
普段、透明度の良い海でテキトーなナチュラル・ナビゲーションをしているので、こういう時はかなりビビる。。。(笑)

しかし、潮が悪い!!
ベタ凪で空は今日も快晴なのに、海の中はどんより曇ってる。。。

泳ぎまくる魚をメインに撮るOさんはかなり苦労しているようだった。
浮遊物が激しくて、確かにかなり厳しい環境だ。

明日は永田。
ちょっとは黒潮が近くなるので、水が良い事を期待!

ハナゴンベ

ハナゴンベ

この時期はルージュミノウミウシが多い

この時期はルージュミノウミウシが多い

ケラマハナダイはもう求愛が始まってる

ケラマハナダイはもう求愛が始まってる



余裕のリクエスト!!のはずが。。。

【ポイント】お宮前/一湊タンク下NO.1/一湊タンク下NO.3
【水温】 27.0℃/26.7℃/27.0℃
【透明度】 25m/25m/20m
【海況】 ベタナギ
【天候】 晴れ 
【潜水時間帯】 10:40-11:45/13:42-14:40/15:51-16:43
【潮まわり】009:59 77cm 干潮/16:41 202cm 満潮/若潮(月齢:9.7)
【日の出・日の入】日出06:14 日没17:57

連休初日。
朝、寄港して夕方には離島する豪華客船「日本丸」で来島のゲストさんがいたので、最初の2本はちょっとだけ急ぎ足のダイビング。

午後からのゲストのリクエストは、イザヨイベンケイハゼ、フタイロハナゴイの求愛、そしてアシビロサンゴヤドリガニ!
2日間のダイビングだったけど、初日の2本ですべて応えられるリクエストではないか!!余裕!!(笑)などと思っていたけど、さすがにイザヨイベンケイハゼは手強かった。。。(^^;)

夏場はガンガン外に出ていたイザヨイベンケイハゼもここ最近はあまり姿を見せてくれない。
場所を教えてしばらく粘ってもらったけど、あまり外には出てきてくれなかったようだ。

フタイロハナゴイの求愛も時間が早すぎて、あまり活発な求愛はしていなかった。。。
もう1時間遅ければ良かったかも。

アシビロサンゴヤドリガニはさすがに超普通種なので外すことはなかったけど。(笑)

季節外れのハナゴンベ(yg)

季節外れのハナゴンベ(yg)

警戒心の強いイザヨイベンケイハゼ

警戒心の強いイザヨイベンケイハゼ



トモシビイトヒキベラに久々にカメラを向けちまった。(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/クレーン下
【水温】 26.6℃/27.0℃
【透明度】 25m/25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:03-11:00/14:00-15:00
【潮まわり】 05:47 241cm 満潮 / 12:11 44cm 干潮 / 18:15 240cm 満潮 / 大潮(月齢:28.0)
【日の出・日の入】 日出06:08 日没18:10

今日は朝から雨。。。
午後からの体験ダイビングの前にカメラを持って海へ。

トモシビイトヒキベラの求愛

トモシビイトヒキベラの求愛

八丈島の僕の師匠がニシキイトヒキベラとトモシビイトヒキベラのハイブリッドを見つけたというので興奮したオスの写真を見せてもらったところ、これが屋久島の潮通しの良いポイントの-30m前後の水深でよく見られるニシキイトヒキベラにクリソツだった。

屋久島では通常、ニシキイトヒキベラは-15m以浅で見られ、他のイトヒキベラの仲間に比べて割と浅い水深で見られる傾向がある。
これに対して、潮通しの良いポイントで深場に降りると、何やらドギツイ体色の浅場のニシキに比べてちょっと肉厚な感じの(この辺は主観。。。(^^;;)ニシキが見られる。
あるゲストとは「何かニシキイトヒキベラとはまったく違うイトヒキベラに見えるよね。。。」などと話していたのだが、今回の八丈島で撮られたニシキがこれに似ている気がするのだ。

ハナゴンベ

ハナゴンベ

もう一度、よくこのニシキの深場バージョンを観察&撮影したいのだが、こいつらがいるようなポイントはボートじゃないと行けない。。。(*_*;
つまり、1人でカメラを持って潜るときには調べることがなかなか難しいテーマなのだった。

仕方がないので、ホームグラウンドの一湊タンク下で典型的なニシキイトヒキベラとトモシビイトヒキベラを久しぶりに真面目に観察してみた。(笑)
両種共にバリバリに興奮した子はまったく見られなかったが、トモシビの若いオスが1匹、たまにメスに求愛していた。。。

水中から眺める雨

水中から眺める雨

午後からは体験ダイビングでクレーン下へ。。。
雨は降ったり、止んだりを繰り返す。
常に厚く黒い雲が全天を覆い尽くし、水中はかなり暗いのだけど、透明度はまずまずで悪くはなかった。


ゼロ戦が丸裸!!

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前/一湊タンク下No.3
【水温】 28.4℃/28.5℃/27.7℃
【透明度】 30m/30m/25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 10:00-11:10/12:37-13:31/15:17-16:02
【潮まわり】 08:53 254cm 満潮 / 15:06 57cm 干潮 / 中潮(月齢:3.0)
【日の出・日の入】 日出05:54 日没18:42

久々のフォト派ファン・ガイド。。。
何だかんだ言って、屋久島は観光客中心の島なので、体験ダイビングとビキナーのファンダイブが圧倒的に多い。
今年は特にそれを思い知った気がする。。。(^^;)

1本目は一湊タンク下の浅場でのんびり小物探し。。。
ずっとネタとして君臨していたフリソデエビとハナヒゲウツボの極小チビが共にいなくなっていた。
またずっとウミガメ遭遇率100%だったのに、これも今日はまったく出会う事はなかった。

ずいぶん大きくなったハナゴンベのチビ

ずいぶん大きくなったハナゴンベのチビ

ヤクシマカクレエビ

ヤクシマカクレエビ


ゼロ戦は未だに高密度でテンジクダイ類に囲まれ、玉状になっている事を予想して行ったが、中層から見るゼロ戦はスカスカでビックリ!!
ゼロ戦はフレームがむき出しになっていて、丸裸!
中層から見ている分には、魚がほとんどいない。。。ように見えた。(・・;)

近づいてみるとその理由が分かった。
潮が速くて、しかもいつも捕食を繰り広げているマルヒラアジがまったくいなかったので、クロホシイシモチのチビたちは大きく中層に広がり、ゼロ戦がスカスカ状態になっていたのだった。
エントリー前にゲストに「ものスゴイ魚影ですよ~」と説明していただけに、拍子抜け。。。
ゲストもきっと「魚少なっ。。。(・・;)」と思ったに違いない。(笑)

テンジクダイ類の数自体は減っているワケではないので安心したけど、群れ方で魚影の濃さは変わってくるのを実感。
今日はおかげでゼロ戦フレーム内の生き物の観察が容易にできた。(笑)

何か海の中も秋っぽくなってきた気がするのは気のせいだろうか。。。

丸裸なゼロ戦!

丸裸なゼロ戦!

お宮前の魚だまり

お宮前の魚だまり



4日ぶりのファンのガイド。。。(^^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.3
【水温】 27.8℃/28.0℃
【透明度】 30m/25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:01-11:03/12:23-13:14
【潮まわり】 04:12 206cm 満潮 / 11:09 51cm 干潮 / 17:47 217cm 満潮 / 中潮(月齢:26.4)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:49

3日連続で体験ダイビングが続き、元浦&クレーン下ばかりのダイビングが続いていたけど、4日ぶりにホームグラウンドの一湊タンク下に帰ってきた!(*^^*)
4日ぶりのホームは変わらず透明度も良く、気持ちのいい海だった。

キビナゴは相変わらず凄く、これを見ているだけで気持ちいい。

今現在、タンク下のウミガメ遭遇率は100%だ。
アオウミガメはいつ行っても海藻(ミル)を食っていて、まったく逃げない子が居座っている。
1ダイブで6-7回はウミガメに遭遇するのだけど、実は3個体。
こいつらは一度ゆっくり泳ぎ去ってしまっても、スグに元の場所に戻ってきたりするのだ。
そのうち1匹は近づいてもまったく逃げず、ずっとミルをパクパク食ってる。
手で口元に海藻を持っていくとそれもパクパク食ってくれるので、水中でゲストと苦笑いだ。

ちょっと前に見つけた超極小のハナヒゲウツボの幼魚は相変わらず定位置で見られ、こいつも人懐っこく、指示棒を差し出すと壺の中のヘビのようにニョロニョロと出てくるのが面白い。

2本目はゼロ戦へ。。。
珍しくツバメウオがまったく見られないのは、きっとどこかで大群れを作っているんだろうな。。。と思ったけど、群れには合えず。
小さな若魚が2匹漁礁でホンソメワケベラのクリーニングを受けていた。

今日も気持ちのいい2本でした。。。(*^^*)

ハナヒゲウツボの極小チビ

ハナヒゲウツボの極小チビ

ハナゴンベのチビ

ハナゴンベのチビ



逃げないアオウミガメ

逃げないアオウミガメ

ツバメウオの若魚

ツバメウオの若魚



水温下がり気味。。。(・・;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前/一湊タンク下No.1
【水温】 26.8℃/25.5℃/26.1℃
【透明度】 20m/20m/20m
【海況】 時化気味
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:40-10:56/12:58-14:04/15:02-16:21
【潮まわり】 09:51 233cm 満潮 / 16:07 63cm 干潮 / 中潮(月齢:4.4)
【日の出・日の入】 日出05:37 日没19:10

今日は長期滞在中のTさんの最終日。。。
何とか台風の接近にハラハラしながらも、しっかり5日間無事に潜れた!
あとは明日の飛行機が無事に飛ぶことを祈るのみだ。。。(笑)

今日も台風ウネリらしきものは水底では感じられなかったが、相変わらず東寄りの強風は凄まじく、一見凪ぎの一湊湾内もバシャバシャしていて時化気味。。。
天気は雨。。。かと思えば、一瞬青空!。。。かと思えばまた雨。。。の繰り返し。

昨日から下がり気味の水温は、さらに下がり、とうとう25℃台になってしまった。(・・;)
これじゃ台風は近寄って来れないな。。。などと冗談を言いながらも、やっぱり寒いのは嫌だ~!!!

まだ健在、イロカエルアンコウ

まだ健在、イロカエルアンコウ

リクエストのヤクシマカクレエビ

リクエストのヤクシマカクレエビ


交接中のキスジカンテンウミウシ

交接中のキスジカンテンウミウシ

ボチボチ目立ち始めたハナゴンベのチビ

ボチボチ目立ち始めたハナゴンベのチビ



念願のアンボンスズメダイ!(^^)

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.3
【水温】 26.8℃/28.2℃/28.2℃
【透明度】 20m/20℃/20℃
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:41-10:45/13:27-14:33/15:53-16:41
【潮まわり】 07:03 235cm 満潮 / 13:51 13cm 干潮 / 20:19 233cm 満潮 / 大潮(月齢:14.8)
【日の出・日の入】 日出05:26 日没19:21

今日は毎年恒例の屋久島ツアーを組んでくれる名古屋のダイビングスクール&ショップ evisさん一行様が来島。
台風の様子を見ながら早めに帰る事も念頭に入れてのツアーだ。

午後からの2本の前に昨日から滞在中の2人のゲストとお宮前に潜ったところ、念願のスズメダイに出会えた!!(^^)
アンボンスズメダイ!!
もちろん初記録!!

アンボンスズメダイ 前から(^^)

アンボンスズメダイ 前から(^^)

アンボンスズメダイ 後から(^^)

アンボンスズメダイ 後から(^^)


屋久島に来て間もない頃、アンボンスズメダイらしき魚を見かけたのだが撮り損ね、その後まったく出会うことなく今日に至るのだが、恥ずかしいのがGoogleで「アンボンスズメダイ」で検索するとその

アンボンスズメダイらしき個体を見つけた。
よく調べて後日報告しま~す!

という証拠写真もない僕のブログ記事が1ページ目に出てしまっている事だった。。。(^^;;
でも、今度こそバッチリ、ゲストに押さえてもらったから、これなら検索に出てしまっても恥ずかしくない!!(笑)

ただ。。。海外や西表で撮ったアンボンスズメダイと比べると臀ビレの先があまり黒くないなぁ。。。
幼魚はみんなこんな感じなのだろうか?

まぁ、いずれにしても早く僕も撮りにいかねば!!!(・・;)
台風で時化る前に。。。!!!

ハナゴンベ

ハナゴンベ

昨年はハナゴンベの当たり年で、そこらじゅうで可愛いチビが見られ、それぞれ無事に大きくなり、今年は浅場でもそこらじゅうでよく見かける。
昔からずっと数匹が群れていた場所でも、例年以上に数が増え華やかになった。

2本目は一湊タンク下へ。
この15日以降はミドリイシの産卵を狙っているので、日中のサンゴの様子やこれを食べるチョウチョウウオの様子なども観察したのだが、う~ん。。。何かまだ、怪しい感じがしない。。。
明日もチェックせねば。

ケラマハナダイの噛みつきあい!

ケラマハナダイの噛みつきあい!

3本目はゼロ戦へ。。。
ゼロ戦ではオス同士の噛みつきあいが見られた。
たまに見かける光景なのだが、その場合は繰り返し噛みつきあい続けることが多いのだが、今回はすぐに止めてしまった。。。(・_・;


連日、お宮前へ。。。

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.2
【水温】 25.8℃/27.1℃
【透明度】 25m/25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:02-11:03/13:00-14:04
【潮まわり】 10:54 36cm 干潮 / 17:48 206cm 満潮 / 中潮(月齢:10.8)
【日の出・日の入】 日出05:24 日没19:22

今日は昨日に続き長期滞在中のゲストNさんとMさんとのんびりダイビング。。。
お宮前はビーチからのエントリーが非常に難しいのでプライベートで入る事は稀。
なので、ここに連日潜るようになるとシーズン真っ只中!という感じがする。。。

今日はやや白く濁っている感じがしたけど、相変わらず気持ちのいい海。

ウルトラマンボヤ

ウルトラマンボヤ

群れるカゴカキダイ

群れるカゴカキダイ



ハナゴンベは今年さらに増えた

ハナゴンベは今年さらに増えた

海藻を食べるアオウミガメ

海藻を食べるアオウミガメ



超ショック。。。(>_<;)

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 19.3℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 14:36-16:14
【潮まわり】 07:06 204cm 満潮 / 12:51 80cm 干潮 / 大潮(月齢:14.7)
【日の出・日の入】 日出07:14 日没17:42

今日も天気は悪くて、外は寒いけど、海はなかなか透明度が上がっていた。
というか、前回の時化の濁りが完全になくなった。
今年の冬は取りあえず、例年に比べて透明度だけは良い日が多い気がする。(屋久島は例年、冬季の透明度は悪い)
浮遊物もないし。。。

昨日までの2日間、失敗しつづけた水温ロガーからのデータ回収。。。
今日はもう直接ロガーごと回収する事にした。
昨年1年間のデータ自体はロガーの中に残っていると思っていたのだが、読み込んでみるとやっぱり昨日からの1日分しか入っていない。。。(ーー;)
今まではどんどんデータが蓄積されていくシステムだったはずなのに、なぜか1回データを読むと全部消えてしまって1からのスタートになってしまうシステムになってしまったような。。。
あれっ??
そんなはずはないと思うのだけど、明日一番で販売元に電話しなきゃ。。。
あ~全部消えてしまった???
だとしたら超ショックなんですけど。。。1年分の記録が。。。(・_・;

ダンゴイボウミウシ

ダンゴイボウミウシ

今日はロガー回収だけだったので、遊ぶ時間も結構取れた。
ロガーに付けているウェイトがちょっと重たいけど。。。(笑)

僕にしては珍しく、今日は-25m付近で転石をめくっていたら、ダンゴイボウミウシが出てきた!w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
僕的には初記録。
見たいと思っていただけに、ちょっと嬉しかったりする。

この背中についているボンボンは非常にもろく、外れやすいようで、最初、転石をひっくり返した時点で2-3個ポロポロと落ちてしまった。。。
その後もちょっとでもストレスを与えるとガンガン、この風船みたいなやつを落としていくような気がして、かなり慎重に撮影。
最初はどこに触角があるのかよく分からなかった。。。(^^;)

ヒメオオメアミ

ヒメオオメアミ

水温は非常に低いにもかかわらず、覗いた穴は賑やかで、時期外れのハナゴンベの極小チビがいたり、ホシクズベニハゼたちも繁殖期かな?と思うほど活発で他個体への干渉も見られた。

冷水期の風物詩、ヒメオオメアミが見られ始めた。(写真)
これから春にかけての低水温時にちょっとした窪みや穴を覗くと数十匹で集結しているのが見られ、中には黄色い子や模様の入った綺麗な子もいたりする。
まだ単独で1-2匹見た程度なのだが、これからどんどん増えていく。

いずれにしても、この生き物を見ると水温は低いわけで、あまり歓迎はできないのだが(笑)、可愛い生物ではあるかも。。。