んっ?真夏の風物詩が続々と。。。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 24.2℃ / 23.8℃ / 24.6℃ / 23.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:58-9:51 / 10:52-11:50 / 13:08-13:59 / 14:52-15:27
【潮まわり】 04:12 102cm 干潮 / 09:40 214cm 満潮 / 16:30 24cm 干潮 / 中潮(月齢:4.3)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:22

台風一過。。。?
昨日、温帯低気圧に変わった台風6号が通り過ぎて、今日は返しの北西が強い!。。。と思いきや、超ベタ凪の一湊湾内。。。(^^;)

天気もよく、海の中も昨日ほど寒く感じなかった。

今日はゲストMさんの最終日。
最近、フルサイズの一眼を買って、カメラを教えて欲しいといって来島してくださっていたのだが、いや~毎回かなりキッチリ撮れてるし、特に教えることもないような。。。(笑)

やっぱり、ハナゴンベのチビがメチャ多い!
そこら中で見かける。。。
もともと-30m前後の水深に多い深場の魚なのだが、ついには-5mにもハナゴンベのチビ!(◎_◎;)

もう真夏がハナゴンベの幼魚シーズンだという認識は確実に改めなければならない。。。

さらに同じく真夏に多いイメージだったマルスズメダイの幼魚も、最近よく見かけるようになった。
尾鰭が綺麗なまま残っている子もチラホラ。。。


ハナゴンベの最浅記録

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 23.8℃ / 24.8℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:50-9:28 / 10:28-11:06
【潮まわり】 06:00 233cm 満潮 / 12:43 -1cm 干潮 / 17:28 212cm 満潮 / 大潮(月齢:28.6)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:20

今日は急に入ったガイドの仕事で午前中に2本。

ゲストさんは早朝に到着する「はいびすかす」で来られ、まだ宿は取っていないという気ままな旅。。。(^^;)

今日は梅雨の合間のよく晴れた1日だった。
明日からまた雨の予報。。。

ハナゴンベの極小幼魚がメチャクチャ多い!
お宮前の-25m付近は一斉に着いたと思われる極小幼魚がそこら中で見られる。
ついにはこれまでの最浅記録である-5mにハナゴンベの幼魚!!!(◎_◎;)


完全に黒潮が離れているような。。。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 25.4℃ / 25.6℃ / 24.8℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:09-12:03 / 14:28-15:14 / 16:15-16:52
【潮まわり】 08:18 206cm 満潮 / 15:10 24cm 干潮 / 中潮(月齢:17.6)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:15

今日も天気は快晴!気持ちのいい1日だった。
こんな感じで外はメチャ暖かく(暑いくらい)、夏っぽいのだが、水中の状態が日に日に悪くなっているような気がする。。。(-_-;)

水温は24℃台に下がり、透明度もガクーンと落ちて今や20mくらい。。。
浮遊物も漂っていて、完全に黒潮が離れているような気がする。

ちょっと前から僕も5mmウェットスーツで潜っていたのだが、もしかしたらまたドライなり、ロクハンなりを引っ張り出さないとならないかも。。。(◎_◎;)

クマノミのチビが増えてきた!
これでしばらくはフォト・ネタに困らない。。。(笑)

今年はなぜかハナゴンベのチビも早くも頻繁に目につく。


これでは暑すぎるっ!(笑)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 28℃ / 28℃ / 28℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:33-10:38 / 11:43-12:31 / 14:04-15:17
【潮まわり】 05:55 217cm 満潮 / 12:48 30cm 干潮 / 大潮(月齢:14.0)
【日の出・日の入】 日出05:22 日没19:23

常連ゲストKさんの最終日。。。
最後は一湊でのんびり潜った。
しかし、暑い!!水中が。。。!!!(^^;;

個人的に1週間ほど前にロクハンから5mmのウェットスーツに衣替えしたのだが、今年はペラペラの5mmジャージではなく、ダイビング人生初の裏起毛の温かい5mmフルにしたんだけど、遅かった。。。もうこれでは暑すぎるっ!(笑)

むしろペラペラの5mmジャージで十分な水温だ。(-o-;

前半は天気が悪く、水中もやや暗めだったけど途中からよく晴れて、3本目の水中は明るかった!(^^)


1つのパッチに異なる産卵時期の卵

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 春田浜タイドプール
【水温】 23℃ / 24℃ / -℃
【透明度】 20m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:47-9:43 / 10:44-11:33 / 13:40-14:45
【潮まわり】 08:47 221cm 満潮 / 15:36 2cm 干潮 / 中潮(月齢:3.3)
【日の出・日の入】 日出05:17 日没19:13

リピーターゲストIさんとマンツーマン。
一昨日までの高水温&高透明度&黒潮ブルーの真夏っぽい海は早くも終わったようで、水温は24℃台に、透明度もまぁまぁ。。。例年通りのこの時期相応の海だった。(笑)

でも海はベタベタに凪ぎ、天気も最高!
ゲストIさんは好コンディションの海を独占だ。(^^)

例の卵保護中を観察していたシモフリタナバタウオは、また新たな卵を守っていて、それも早くも孵化間近だった。
新たな発見があった。
まったく同じ場所にその卵塊とは別にもう1パッチ、産卵時期の違う卵塊があった!

シモフリタナバタウオもスズメダイ類などと同じように産卵床には産卵時期の異なる卵が共存しているようだ。。。
産んだメスは同じ個体なのか?違う個体なのか?この辺がちょっと興味深いところ。。。(^^;)

3本目はIさんのリクエストでタイドプールへ。。。

もうどのロウソクギンポもバリバリの婚姻色で激しい求愛がそこら中で見られた。
背景の緑の海藻もメチャ綺麗だし、タイドプール観察&撮影にはベストな時期だ!(^^)