今年もゴマモンガラのサンゴ破壊行動が始まった。(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1
【水温】 23.8℃ / 24.6℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 08:46-09:42 / 10:31-11:30
【潮まわり】 04:10 118cm 干潮 / 09:27 188cm 満潮 / 16:22 47cm 干潮 / 中潮(月齢:19.6)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:16

ゲストAさんの最終日。
3日間、天気には恵まれ、ずっと晴れてた!(^^)

そして今日もマンツーマン。。。
最後はAさんのリクエストで浅場でじっくり&のんびりダイビング。。。

最近、ハナミノカサゴやネッタイミノカサゴ、そして写真のキリンミノカサゴなどの幼魚をそこら中で見かける。

ソラマメくんこと、ノコギリハギのチビが出始め。。。

今年もまたゴマモンガラのウスサザナミサンゴは破壊活動が激しい!
今日もかなり大掛かりに破壊していた。
ここに産みつけられるコブシメやオキザヨリの卵を食うためでもあるのだが、今日の行動はちょっと面白かった。

壊したウスサザナミサンゴの破片を咥えて、他所に移動しているのだ。
何をやっているのかガイド中だったので調べる事はできなかったけど、ちょっと興味深い。


環境破壊王!ゴマモンガラ!(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 29℃ / 29℃
【透明度】 50m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:51-10:00 / 11:05-11:47
【潮まわり】 09:23 240cm 満潮 / 15:34 69cm 干潮 / 中潮(月齢:19.4)
【日の出・日の入】 日出05:59 日没18:30

今日からまたファンダイビングのガイドが続く。。。(^^)
今日は午前中に一湊エリアで2本潜った。

僕が屋久島に来た15年前に比べてホームの「一湊タンク下」はどんどん環境の荒廃が進んでいるんだけど、特にオオハナガタサンゴやウスサザナミサンゴなどのサンゴ類の衰退が酷い。

まぁ、原因はいろいろと考えられるんだけど。。。

ゴマちゃん!あんた。。。完全にその原因のひとつだから!(笑)

毎年5月頃、サンゴに産みつけられたオキザヨリやコブシメの卵を狙ってウスサザナミサンゴ群体を大きく破壊するのは前にも紹介したけど、今度はサンゴの隙間に棲む甲殻類などを狙って、オオハナガタサンゴを骨格ごと引っこ抜いてるし!!!おいおいおいおい。。。!!!!

よくサンゴの天敵としてシロレイシガイやオニヒトデなんかが挙げられたり、リーフチェックなどではサンゴ礁に影響を与えそうな調査対象魚として、ブダイ類やチョウチョウウオ類などが挙げられているけど、屋久島ではゴマちゃんもかなりヤバい存在だ。。。(;´・ω・)


恐怖!繁殖期間中のゴマモンガラ!

【ポイント】 観音 / オツセ / 一湊タンク下No.1
【水温】 28℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:24-10:25 / 11:40-12:39 / 14:19-15:23
【潮まわり】 05:13 77cm 干潮 / 11:20 202cm 満潮 / 17:22 98cm 干潮 / 小潮(月齢:21.7)
【日の出・日の入】 日出05:44 日没19:01

昨日は若い新規ゲストHさんも加わって永田で2本潜ったあと、一湊で1本。

やっぱり永田の海は綺麗だった!
青く澄んだ永田の海は明るく感じ、生き物たちも心なしか活発な感じがした。

オツセなんかは非常に接近した2カ所でゴマモンガラのメスが卵を守っていた。
こういう場合、旦那は同じオスなのだろうか???
それとも別のオス???

別のオスだとしたら喧嘩にならないのだろうか?
テリトリーが重なり過ぎているような。。。(;´・ω・)


ウミガメ天国

【ポイント】 オツセ / オツセ / 一湊タンク下No.1
【水温】 30.0℃ / 28.4℃ / 30.5℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:28-10:26 / 11:35-12:31 / 14:28-15:28
【潮まわり】 06:36 97cm 干潮 / 12:48 168cm 満潮 / 18:11 130cm 干潮 / 小潮(月齢:8.2)
【日の出・日の入】 日出05:42 日没19:03

今日は週明けから滞在中のゲストさんたちの最終日。。。

2本永田で潜ったあと、最後は一湊で1本!

いや~またゴマモンガラが卵を守っててドキドキの永田での2本だった。(^^;;
その反動で最後の一湊での1本がメチャクチャのんびりした1本に感じた。(笑)

一湊タンク下は相変わらずのウミガメ天国だった。


今年はヒオドシベラが多い?

【ポイント】 オツセ / 観音 / オツセ
【水温】 29.6℃ / 28.8℃ / 30.2℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:23-10:19 / 11:30-12:33 / 14:10-15:10
【潮まわり】 04:12 84cm 干潮 / 09:58 208cm 満潮 / 16:13 78cm 干潮 / 中潮(月齢:5.2)
【日の出・日の入】 日出05:40 日没19:06

永田で3本。。。
何人かのゲストさんたちのリクエストで、シコンハタタテハゼを見に行った。
水温も上がり、滅多なことでは引っ込まないほど出が良くなった!(^^)
ほぼ最短まで寄れた上に、かなり長い時間撮影に費やすことができたくらい。

一緒に乗り合った同業者のFくんが「最近、ヒオドシベラが目立ちますよね~?」と出がけに言っていたのだが、「そ、そうかな。。。?(^^;)」とその時はあまり共感できなかった。

しかし、今日潜ってみて納得。。。確かに今年は例年以上に多いかも。。。

あ、そうそう。。。ゴマモンガラがまた卵を守っていて狂暴化していた。
前回、同じ場所で卵を守っているのを見てからまだ1週間くらいしか経っていないのに。。。(ーー;)

繁殖の間隔が短くなっているような気がする。。。高水温のせいかな?(;´・ω・)