一湊タンク下のピグミー?

【ポイント】 横瀬 / その他
【水温】 26.6℃ / 26.8℃
【透明度】 30m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:57-11:54 / 13:52-14:50
【潮まわり】 09:06 222cm 満潮 / 15:35 51cm 干潮 / 中潮(月齢:19.0)
【日の出・日の入】 日出05:36 日没19:12

台風一過。。。と言いたいところだけど、まだ何故か台風12号は屋久島近海にいる。。。(^^;)
しかし、天気は快晴、海もベタ凪だ。
結局、北部の海はずっと荒れることなく終わった。

本来は昨日来島予定だったのだが、大事を見て今日来島した常連ゲストKさん。
結果的には昨日来てもまったく問題なかった。。。お騒がせ台風だ。

今日はこのKさんとマンツーマンで2本。
1本目はKさんのリクエストで横瀬へ。
2本目は普段はあまり行かない、というか、ここ潜るの何年ぶりだろ。。。?という一湊タンク下の「さらに沖」へ。。。

一湊タンク下には昔、ピグミーシーホースが2-3ヵ所で見られたのだが、彼らが着くウミウチワがことごとく無くなり、今ではまったく見られなくなってしまった。
ここにも大きなウミウチワがあるのだが、こちらはまだ健在だった!(^^)


永田も変わらず

【ポイント】 オツセ / オツセ / 観音
【水温】 24.6℃ / 25.2℃ / 24.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:17-10:06 / 11:16-12:08 / 14:20-15:05
【潮まわり】 08:50 199cm 満潮 / 15:44 35cm 干潮 / 中潮(月齢:18.6)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:16

今日は永田でマンツーマンで3本。
永田は一湊よりは温かく、透明度も良いかと思いきや、まったく同じだった。。。(-_-;)

24℃台の水温はさすがに5mmウェットスーツだと後半が寒く感じる。
そんな水温だからかアケボノハゼの出はまだちょっと悪い感じ。。。警戒心も強い。

ヒオドシベラのチビをそこら中で見かける。
今年は当たり年かも。。。

ピグミーシーホースは抱卵中の子が多い。


永田も真っ白!(;´・ω・)

【ポイント】 オツセ / オツセ / 元浦
【水温】 27.6℃ / 28.0℃ / 29.2℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:58-9:54 / 10:58-11:57 / 15:27-
【潮まわり】 06:05 237cm 満潮 / 12:35 36cm 干潮 / 18:47 239cm 満潮 / 大潮(月齢:28.4)
【日の出・日の入】 日出06:04 日没18:18

この日は常連Kさんや初屋久島のHさんの最終日。。。
途中、台風18号の接近で2日間ほど潜れなかったお二人だったが、一湊エリアだけでなく、今日は永田エリアも潜れ、とりあえず主だったポイントは一通り潜って帰っていただく事はできた。。。(^^;;

永田もそれほど台風の影響は受けておらず、地形もそのまま、透明度もそれほど悪くはなかった。

ピンクダートゴビーやアケボノハゼなども普通に穴から出て元気にホバーリングしていた。

気になったのは前回、永田で潜った時と比べてもサンゴの白化比率が格段に上がっていた事。。。(-_-;)

水底はほとんど真っ白!!


シノノメサカタザメ!

【ポイント】 オツセ / 観音 / 安房泊
【水温】 29℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:14-10:00 / 11:13-12:02 / 13:52-14:43
【潮まわり】 05:23 213cm 満潮 / 12:04 50cm 干潮 / 18:28 225cm 満潮 / 大潮(月齢:13.4)
【日の出・日の入】 日出05:56 日没18:37

Sさんたちの2日目。。。
今日は永田エリアで3本潜った。

ポイントに向かう途中に出会ったイルカの群れ。
永田エリアでは結構、頻繁にイルカの群れに遭遇する。。。

初記録のシノノメサカタザメ!

眼下の深場を悠々と泳いでいて、最初はもっと寄って撮影していたのだが、途中で動画が作動していない事に気づき、慌てて動画スイッチをオン!
時すでに遅し。。。(;´・ω・)

最近、こういうのが多い。。。(^^;;

最初の方で巨大マダラエイとニアミスしています。。。(笑)

ここしばらく見られなかった-20mの赤いウミウチワに着く赤いピグミーが復活!(^^)


ヘルフリッチ、まだ健在。。。(^^)

【ポイント】 オツセ / 観音
【水温】 26℃ / 26℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:21-10:13 / 11:22-12:17
【潮まわり】 04:21 111cm 干潮 / 09:47 196cm 満潮 / 16:33 47cm 干潮 / 中潮(月齢:20.3)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:21

今日は朝からよく晴れ、夏のような1日だった。
梅雨とは思えない。。。(^^;)

今日は他店と乗り合いで永田で潜った。
オツセではお腹が卵でパンパンのピグミー、屋久島では珍しいヒメテングハギの成魚群れなんかを見た。

2本目は観音へ。。。
前回の観音ではシコンハタタテハゼが見つからず、もういなくなったのかな。。。とか言っていたけど、昨年よりも浅いところで無事に確認!(^^;)
-40m付近は結構、魚影が濃く楽しい!


ウデフリツノザヤウミウシの当たり年?

【ポイント】 オツセ / オツセ
【水温】 19℃ / 19℃
【透明度】 ~20m
【海況】 かなり時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:22-10:08 / 11:31-12:17
【潮まわり】 04:59 173cm 満潮 / 10:58 87cm 干潮 / 16:29 170cm 満潮 / 若潮(月齢:25.5)
【日の出・日の入】 日出06:16 日没18:31

愛知県豊橋市のダイビングショップ スナッパーズ​さん御一行様の2日目。

今日は永田へ行ったのだが、北東の風が強過ぎてかなりの大荒れ。。。(◎_◎;)
少数精鋭のスタッフ中心のツアーだったから行けたけど、通常のショップツアーだったら大人しく静かな一湊で潜っていたかも。。。というくらい、かなり時化気味の海だった。

海の中はそれほど揺れてはおらず、それなりに楽しんでいただけたようだったのでホッとした。(^^;)

一時、21-22℃まで上がった水温も、現在はまた19℃まで落ちてしまっている。
こうなると、ハナヒゲウツボやアケボノハゼなど穴から顔を出している系の魚は全滅。。。

前回、永田で潜った時も思ったのだが、今年の春はウデフリツノザヤウミウシの当たり年だ。
なんか、そこら中で見かけるイメージ。。。(;´・ω・)
まとまって潮に乗ってやってきたかのような感じだ。


イシガキカエルウオ祭り!(^^)

【ポイント】 観音 / オツセ / オツセ
【水温】 27.7℃ / 27.5℃ / 29.5℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:35-10:41 / 12:05-13:13 / 14:55-16:01
【潮まわり】 09:30 229cm 満潮 / 16:00 44cm 干潮 / 中潮(月齢:19.7)
【日の出・日の入】 日出05:31 日没19:17

この日は永田へ!
一番のリクエスト・ヘルフリッチだは無事に見せることができたんだけど、巣穴がメチャ変わっていた。。。(-_-;)

あとはひたすらイシガキカエルウオ祭り!(^^)

ここ数日でかなり目立ってきたイシガキカエルウオの極小チビ。。。これを被写体にあらゆるバックでみんなで激写!(笑)

リピーターM嬢なんて昨年に続き、今年も「ウネタケ+イシガキカエルウオ」を撮りまくり!

毎年のように飽きずにこの被写体を撮り続ける彼女は、「ウネタケ+イシガキカエルウオ」に関してはもはや神の域に達しつつあるのだ。。。(笑)

それにしてもカワイイ。。。(⌒∇⌒)


メチャクチャな天気

【ポイント】 オツセ / オツセ
【水温】 25.4℃ / 25.5℃
【透明度】 20m~
【海況】 時化気味
【天候】 雨のち晴れ
【潜水時間帯】 11:42-12:39 / 14:12-15:10
【潮まわり】 09:35 61cm 干潮 / 16:05 193cm 満潮 / 若潮(月齢:25.0)
【日の出・日の入】 日出05:19 日没19:24

何かメチャクチャな天気だ。(-o-;
朝はよく晴れていたかと思うと、次第に雲行きが怪しくなり、ゲストさんたちが来島し、海に向かう頃には豪雨に!!!!(;´・ω・)
日中はシトシトと雨が降っていたけど、夕方にはまた晴天に!!!
めまぐるしく変わる天気に振り回されながら、今日は永田で2本。。。
相変わらず、ちょっと時化気味。。。(^^;)
永田はここのところ連続で時化の海だ。(笑)
明日からは天気もどんどん回復傾向なんだけど、予報通りになるといいなぁ。。。
つーか、早く梅雨明けしてくれー!!!


背景は選び放題!(^^)

【ポイント】 観音 / オツセ / オツセ
【水温】 23.0℃ / 24.3℃ / 24.0℃
【透明度】 ~20m
【海況】 時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:37-10:32 / 11:41-12:44 / 14:19-15:24
【潮まわり】 07:47 97cm 干潮 / 13:33 170cm 満潮 / 小潮(月齢:23.3)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:14

この日は永田で3本。
午前中はかなりウネウネだった永田の海も少しづつ良くなっていったのだが、水中の透明度はイマイチ。。。(;´・ω・)

昨日までの一湊の海とはずいぶんと違っていて、濁っていて暗い!!!
天気はいいのに残念。。。

海の中は季節通りのチビたちが目立ち始めていて、バックを活かした小さな被写体には事欠かない。(^^)

いろいろなサンゴにタテジマヘビギンポのチビが乗っかっており、背景は選び放題!
ホシゾラワラエビの極小チビも今が旬とばかりに、様々な背景をバックに佇んでいる。。。

夏になると目に付くヤマブキスズメダイのチビも今季初観察♪(^^)

GWの頃からピグミーシーホースの白い個体はお腹が大きな個体が多く見られるようになった。


沖縄や奄美が梅雨入り

【ポイント】 観音 / オツセ
【水温】 21.5℃ / 21.6℃
【透明度】 15m
【海況】 時化気味
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:29-12:14 / 13:47-14:29
【潮まわり】 04:16 191cm 満潮 / 10:49 68cm 干潮 / 16:51 174cm 満潮 / 若潮(月齢:10.3)
【日の出・日の入】 日出05:22 日没19:06

P5170019今日はお仕事を引退されてからダイビングを始めたというYさんとマンツーマンで2本。
一湊では乗り合いの船が見つからなかったので、永田で2本潜った。

天気は良かったんだけど、風は北西に変わり海はかなり時化気味。。。
午後になって多少は海も落ち着いてきたんだけど、やっぱり浅場はウネウネ。。。

水温は相変わらずの21℃台だけど、天気がいいとそれほど寒くは感じないのがいい。(^^)

今日は沖縄や奄美が梅雨入りしたようだけど、屋久島はまだそんな気配がない。


イカの仲間のハッチアウト

【ポイント】 オツセ / オツセ / 一湊タンク下No.1
【水温】 22.0℃ / 21.9℃ / 23.0℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:20-10:20 / 11:26-12:28 / 14:23-15:09
【潮まわり】 08:59 99cm 干潮 / 14:36 155cm 満潮 / 小潮(月齢:8.3)
【日の出・日の入】 日出05:23 日没19:05

今日はリピーターK夫妻の最終日。
最終日もガッツリ潜りたいという事で、トッピーの最終便に間に合うように朝から3本。。。
かなり忙しい感じで無事にトッピーには間に合った~(^^;)

今日も転石下の謎のイカの仲間のハッチアウトを観察した。
だんだんいろいろと分かってきたことがある。

まず、こいつらの自然状態でのハッチアウトの時間なのだが、ずっと早朝、朝の光が入り始めそれに呼応してハッチアウトするのでは?と思っていたのだが、どうもそういうわけではないようだ。

今年は日中、こいつらの自然状態の孵化直後に出くわすことが多かった。
どういうタイミングで孵化するのかは分からないのだが、日中、時間を問わず、堂々とハッチアウトするようだ。

今日は昨日、孵化した場所の横に新しく卵が産みつけられていた。
何日くらいで孵化するのかちょっと追ってみたい。。。

この時期、転石下から次々に湧き出てくる小さな小さなイカの子供たちをよく見かける。
今年はこのイカのハッチアウトを動画で撮ろうと、ガイドそっちのけで撮影に集中。。。(おいおい。。。(;´・ω・))
TG4で撮影した73秒の動画です。
00:45(-00:30)くらいから出てくる、孵化後もなかなか飛び立てない子が卵の上を歩く様子が面白いです!(^^)


出てない。。。(;´・ω・)

【ポイント】 元浦 / 観音 / オツセ
【水温】 -℃ / 21.3℃ / 21.4℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:00-10:30 / 13:50-14:48 / 15:56-17:07
【潮まわり】 06:14 228cm 満潮 / 12:43 -3cm 干潮 / 19:01 234cm 満潮 / 大潮(月齢:28.6)
【日の出・日の入】 日出05:29 日没18:59

今日は午前中に団体さんの体験ダイビングを行ったあと、午後からはリピーターK氏とマンツーマンで永田へ。。。
目的はもちろん観音のヘルフリッチなのだが、今日はまったく出てなかった。。。(-_-;)
天気があまり良くなく、水中が暗かったのが原因かなぁ~
GW中も一度見かけただけなので、もう少し水温が上がって、水中も青々と明るくならないと確実にお見せできる気がしない。。。(笑)


超久々の永田!

【ポイント】 観音 / オツセ / ヨスジ漁礁
【水温】 19.7℃ / 19.9℃ / 20.6℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:34-10:32 / 12:37-13:43 / 14:57-15:44
【潮まわり】 06:46 112cm 干潮 / 12:09 161cm 満潮 / 小潮(月齢:22.6)
【日の出・日の入】 日出05:34 日没18:55

永田で3本。。。
実は永田は僕も超久しぶり!(^^;)
だって、冬季はほとんど入れないんだもん。。。

黒潮が近い永田なら透明度が良いのでは!?と期待してエントリーしたけど、むしろ永田の方が濁っていた。。。水温も一湊と同様に低いし。。。

ヘルフリッチも無事に冬を越し、外にも出ていたんだけど、暗い水中では警戒心強し。。。(;´・ω・)

タテジマヘビギンポの極小チビが早くも目立ってきている。(^^)


冬の永田

【ポイント】 オツセ/オツセ
【水温】 23.9℃/23.9℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:19-10:05/11:15-12:11
【潮まわり】 09:02 215cm 満潮 / 14:52 86cm 干潮 / 中潮(月齢:2.7)
【日の出・日の入】 日出07:06 日没17:18

今日は久々に永田で2本ガイド。。。
11/6以来だから1か月以上、永田では潜っていないことになる。。。(笑)
お客さんがいないからという事もあるんだけど、基本的に冬季は風向きの関係でなかなか永田で潜れない日が多く、冬に永田エリアが凪るのは珍しいくらいなのだ。

今日は天気も良く、ベタ凪。
海も一湊ほどではなかったけど、十分に透明度はよく気持ちよく潜れた。(^^)

水温は相変わらず24℃近くあり、例年に比べても温かいくらいの海だ。

現在、オツセのピグミーシーホース(黄色)は極小個体が多く見られる。
あまりにも小さ過ぎて、ゲストさんもコンデジではなかなか思うように撮らせてくれず苦労しているようだった。。。(^^;)

転石下で超極小フリソデエビがよく見つかるのはもう少し水温の高い時期だと思うのだけど、今日もまだ見られた。


ようやく永田が凪ぎて。。。

【ポイント】 観音/オツセ
【水温】 25.6℃/25.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:31-12:24/14:16-15:19
【潮まわり】 05:35 57cm 干潮 / 12:31 189cm 満潮 / 18:30 124cm 干潮 / 小潮(月齢:21.1)
【日の出・日の入】 日出06:33 日没17:29

先日のゲストさんに続き、今回のゲストさんたちもシコンハタタテハゼが一番のリクエスト。

時化ていた永田もようやく凪ぎて、今回はリクエストに応えることができた!(^^)

しかも、ずっと曇りがちだった空も快晴となり、水中は明るかったため、今日も寄れる!寄れる!
ほぼ最短近くまで寄ってシコンハタタテハゼを撮影してもらった。(。。。っていうか寄り過ぎっ!(笑))

浅場はまだまだウネリが当たっていて、体が落ち着かないような状態だった。
明日はもっともっと凪ぎるといいけど。。。


ハナヒゲウツボは良い海の指標?(笑)

【ポイント】 オツセ/オツセ/一湊タンク下No.3
【水温】 28.4℃/29.0℃/28.5℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】9:18-10:21/11:36-12:42/14:57-15:52
【潮まわり】 06:28 229cm 満潮 / 13:08 34cm 干潮 / 大潮(月齢:29.0)
【日の出・日の入】 日出05:43 日没19:01

先日の永田とは打って変わって、今日の永田はベタ凪ぎ!
海も明るく潮もそれほど速くなかったので、のんびり潜ることができた。

ただ天気は下り坂なのか、1日中曇っていて、個人的にはやや肌寒かった。(-_-;)

屋久島ではハナヒゲウツボはどこにでも見られる普通種なのだが、そうは言っても頻繁に見られるようになるのは海の状況が良い高水温期だけだ。

今日はオツセの斜面にそこらじゅうでハナヒゲウツボが見られた。
海の状態がメチャクチャ良い証拠だ。


ギンガメアジの壁

【ポイント】 オツセ/オツセ/観音
【水温】 27.2℃/27.1℃/27.2℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:38-10:41/11:46-12:49/14:25-15:26
【潮まわり】 10:50 53cm 干潮 / 17:31 204cm 満潮 / 中潮(月齢:12.0)
【日の出・日の入】 日出05:33 日没19:15

今日は永田で3本潜ったんだけど、まさに「夏の1日」!!!ってな感じで、ギラギラした太陽が照りつけ、肌がよく焼けた!!!(^○^)

水面休息中はようやく近くの川をシャワー代わりに塩を落とせるくらいの暑さ。。。

7月も終わろうとしている今頃になってようやく夏らしくなってきた。。。(^^;)

台風12号が通り過ぎてからやや濁り気味だった海も、今はかなり青くなってきて潜っていても気持ちがいい。。。

3本目の観音では久々にギンガメアジが一面の壁になってた。(^O^)
今日は潮が速かったのであっという間に通り過ぎて行ったけど、今までは壁状態のままボォーと群れで佇んでいることが多かった。

これ、撮りに行きたいなぁ~といつも思うんだけど、さすがに観音にプライベートで潜りにくるチャンスはなかなかない。。。(ーー;)


最終日!(^^)

【ポイント】 横瀬/一湊タンク下No.3/一湊タンク下No.1
【水温】 22.5℃/22.7℃/23.0℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:25-10:21/11:33-12:18/13:51-14:40
【潮まわり】 05:27 107cm 干潮 / 10:48 176cm 満潮 / 17:17 77cm 干潮 / 小潮(月齢:6.5)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:23

長期滞在中のFさん夫妻の最終日(6日目)。
最後の朝もやっぱり雨で始まった。。。(・_・;)

でも、潜り始める頃には雨もなんとか上がり、時折、晴れ間も!(^^)

でも海は相変わらず、今ひとつクリアーではなく、水温も23℃止まり。
結局、滞在中に黒潮がかかることは一度もなく終わってしまった。。。

横瀬では共に久々のコガネオニヤドカリや黄色いピグミーシーホースが、ゼロ戦ではヤドカリ類の殻上に共生するペリクリメネス・ダルダニコラ(ホンカクレエビ属の一種=和名なし)などが見られた。


またヤドカリストが。。。!(^^)

【ポイント】 湯泊/平内
【水温】 19.2℃/17.9℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 12:38-14:22/15:42-16:58
【潮まわり】 10:04 206.1cm 満潮 / 16:13 86.6cm 干潮 / 中潮(月齢:19.1)
【日の出・日の入】 日出07:16 日没17:35

今日こそは北部の海でボートが出せるっ!とか思っていたんだけど、今日も北西の風は強かったので早々に諦め、またまた島の南部に遠征。。。

今日は11月のM嬢に引き続き、今度は男性ヤドカリストI氏が屋久島初上陸!(笑)

本当はゼロ戦のヒメホンヤドカリ属の未記載種がお目当てだったのだが、仕方なく今日は南部のポイントでウダウダと「動かないダイビング」(笑)

連日、TG-3修行に打ち込むHさんも巻き込んで、ひたすらヤドカリ撮影。。。
Hさんもすっかりヤドカリにハマり、「ヤドカリ、楽しいっす!」と一言!(爆)

また1人、ヤドカリストを増やしてしまった。。。(^^)


ピグミーにヨコエビ!!(^^)

【ポイント】 観音/オツセ
【水温】 22.0℃/23.0℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:53-12:55/14:55-15:54
【潮まわり】 04:31 21cm 干潮 / 10:58 202cm 満潮 / 17:10 70cm 干潮 / 中潮(月齢:5.0)
【日の出・日の入】 日出07:13 日没17:24

今日は永田で2本。
水温は永田でも23℃はあり、水中は温かいのだけど、外は寒い。。。(^_^;)

海はちょっと時化気味だったけど、この時期に永田に入れるだけでも御の字だ。

オツセのピグミーシーホースに何やら茶色っぽいゴミのようなものがついていたので、よく見てみるとそれはヨコエビの仲間だった。(・・;

ヨコエビの仲間は4匹ついていて、僕らの撮影を嫌がってピグミーがクネクネ動いてもまったく離れようとはせず、一度離れてもスグに戻ってきた。。。

ピグミーの背中の上で横並びで並んだヨコエビの仲間はメチャ可愛かった!(^^)

でもゲストNさんは、帰ってからPCで見るまでそれには気づかなかったみたい。。。マジっすか。。。(・・;

むしろピグミーじゃなくて、ヨコエビの仲間が主役だったんですけど。。。(笑)


安房泊

【ポイント】 観音/安房泊
【水温】 25.4℃/28.3℃
【透明度】 25m
【海況】 時化気味
【天候】 雨
【潜水時間帯】 11:54-12:56/14:46-15:56
【潮まわり】 10:03 84cm 干潮 / 16:56 196cm 満潮 / 若潮(月齢:24.5)
【日の出・日の入】 日出06:04 日没18:19

ゲストは久々のリピートのTさんご夫妻。
今日は一湊の船が使えなかったので、初っ端から永田で2本。。。

永田はいつものオツセは北東の風を受け、かなりの時化気味!
仕方なく、灯台をまわってベタ凪ぎの西側へ。。。

1本目はよく潜る「観音」に行ったのだが、2本目は数年ぶりの「安房泊」で潜った。
ここは-25m付近の砂地に沢山のチンアナゴが出ているという記憶しかなかったけど、その砂地が見つからない!!!(・・;)

どうも場所がややズレていたようなのだが、そこそこ楽しめた気がする。。。
またもう一度、調査がてら潜ってみたいなぁ。。。


カイワリ類の捕食

【ポイント】 オツセ/一湊タンク下No.3
【水温】 28.6℃/28.6℃
【透明度】 20m
【海況】 永田は時化気味/一湊は凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:48-10:46/12:26-13:22
【潮まわり】 04:58 60cm 干潮 / 11:22 198cm 満潮 / 17:08 121cm 干潮 / 小潮(月齢:20.5)
【日の出・日の入】 日出06:02 日没18:24

今日は連休最終日。。。
東京組は飛行機に乗るので当然潜れず、高速船で帰る西日本組に縄文杉疲れのゲストさんたち(笑)が加わって、永田と一湊を1本づつ。。。

今回の連休はメチャクチャ天気が悪くて陸上は寒かったのだが、最終日はそれが最高潮に。。。やっぱり西日本組の中に雨雲を連れてきた人がいると思うなぁ~(笑)

ウネウネの永田に対して一湊はベタ凪ぎでのんびり潜れた。
漁礁とゼロ戦にはカイワリの仲間が乱入し、テンジクダイたちを襲っていた。

ワイドレンズを着けた2人だけゼロ戦には行かず、漁礁に残ったのだが、漁礁の方がカイワリ類の捕食が激しかったようだ。


久々の深場。。。

【ポイント】 オツセ/オツセ
【水温】 26.2℃/27.7℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:41-11:47/13:36-14:42
【潮まわり】 07:38 235cm 満潮 / 14:01 51cm 干潮 / 中潮(月齢:1.5)
【日の出・日の入】 日出05:51 日没18:47

今日から4日間はリピーターIさんとマンツーマン。
まだ8月なのに。。。(^^;;

Iさんは超ベテランダイバーなのだが、基本的に水中写真を撮らないため、僕がカメラを持って入る事に。。。
いやいやいや、、、決して一緒になって遊んでやろう!などと邪な気持ちはないですよ?多分。。。(^^;;

Iさんのリクエストはいつでも深場だ。(笑)
いつものガイドではほとんど深場へ行く事はないので、Iさんが来た時だけはここぞとばかりに深場に下りる。。。(^^;;

だけど、普段はほとんど深場に下りないため、久々に水深を下げると窒素酔いが。。。(・・;)
平気でガンガン下りていくIさんを抑えながら水深を下げる様は、もはやどっちがガイドなんだかよく分からない。。。(笑)

しかし、ホント久しぶりだと全然ダメだなぁ~
結局、底の方ではほとんど写真が撮れていなかった。。。(;゚Д゚)

_DSC1359写真は-20mのピグミーシーホース。
深場の写真はほぼ全滅。。。


弾丸ツアー

【ポイント】 オツセ/オツセ/一湊タンク下No.2
【水温】 25.8℃/25.9℃/28.3℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:31-10:33/11:50-12:48/14:28-15:29
【潮まわり】 06:46 225cm 満潮 / 13:29 32cm 干潮 / 19:53 227cm 満潮 / 大潮(月齢:0.2)
【日の出・日の入】 日出05:32 日没19:16

今週末は偶然にも1泊弾丸ツアーのゲストさんたちが揃ってしまった。
ほぼみんな揃いも揃って、高速船の1便で来て、翌日(今日)の高速船の最終便で帰るという忙しいスケジュール!(笑)

初日も最終日も3本づつ、合計6本潜って帰っていくという。。。(^^;;

でも、一緒に一度は行ってみたい島と言われるよりは、こんな感じで普通の週末を利用して気軽に遊びに来てくれる方が嬉しいかも。。。(^^)

特に九州のダイバーには、こんな感じでもっと気軽に週末利用で遊びに来て欲しいなぁ。。。

峯水さんによると、今日も雌雄ペアのゴマモンガラに襲われたらしい。
でも、巣穴は特定できず。


異常事態!!!(;゚Д゚)

【ポイント】 オツセ/オツセ/一湊タンク下No.2
【水温】 25.0℃/25.0℃/25.7℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:16-10:12/11:24-12:30/15:00-16:30
【潮まわり】 05:14 77cm 干潮 / 11:07 204cm 満潮 / 17:23 77cm 干潮 / 小潮(月齢:20.8)
【日の出・日の入】 日出05:27 日没19:20

まだ黒潮が接岸しない。。。
今日は永田で潜ったのだが、あまりの透明度の悪さにリピーターT氏もビックリしていた。(・・;)
そりゃそうだ!
7月も下旬になろうとしているのに、未だに黒潮がかからず24-25℃!!
本来なら27-28℃はある時期なのに。。。
異常事態!!!(;゚Д゚)

3本目はゲストさんたちの希望でビーチからエントリー。
透明度の悪い海ではマクロに限る。。。(^^;;

のんびり、まったり、水底を這いながら、粘質ダイビングをするっきゃない!!!(笑)


大時化。。。(¨;)

【ポイント】 横瀬/お宮前
【水温】 26.7℃/26.8℃
【透明度】 20m
【海況】 時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 13:24-14:10/15:11-16:07
【潮まわり】 09:40 80cm 干潮 / 16:14 200cm 満潮 / 若潮(月齢:25.0)
【日の出・日の入】 日出06:17 日没17:51

長期滞在しているNさんの5日目。
今日もマンツーマン。

相変わらず、北寄りの風(今日は北東)が続いていて、海はかなり時化気味。。。
ゲストNさんは「時化女」を自称するだけのことはある。。。(笑)

それでも長期滞在中のNさんを少しでも違うポイントに連れて行きたくて、1本目は大時化の横瀬へ。^_^;
クマザサハナムロやニセタカサゴ、ササムロ、ウメイロモドキなどが大量に流れてきて、なかなか迫力があったけどエクジットはかなりキツかった~(¨;)
横瀬のピグミーシーホースは抱卵中だった。
浅場ではコガシラベラが群れ産卵していた。

2本目はのんびりやろうとお宮前にエントリー。
しかし、こちらも浅場は結構ウネリがスゴかった。。。
風は北東なのに。。。(¨;)

お宮前では数年ぶりのクレナイニセスズメ(yg)に出会った!
屋久島で潜り始めて以来3例目だ。

スミレナガハナダイが模擬産卵中だった。
模擬産卵といっても、メチャ分かりやすいくらいしっかり産卵しているのだが、同じメスと何度も産卵している事からも、本番ではないことがよく分かる。。。(笑)
オスの婚姻色はとても綺麗だった。。。

エクジット直前にアオヤガラの50匹くらいの群れを見かけた。
付近に獲物となるようなキビナゴなどはいなかったにも関わらず、ここまで多くの成魚が群れているのは初めて見た。
繁殖行動と関係したりするのだろうか。。。?


秋晴れっ!(^^)

【ポイント】 オツセ/オツセ/観音
【水温】 26.5℃/27.0℃/26.7℃
【透明度】 30m
【海況】 やや小波
【天候】 秋晴れ!
【潜水時間帯】 9:11-9:51/11:20-12:18/14:19-15:21
【潮まわり】 10:27 193cm 満潮 / 15:58 125cm 干潮 / 中潮(月齢:20.0)
【日の出・日の入】 日出06:14 日没17:57

今日は永田へ。。。
うろこ雲が薄く広がる秋らしい空の下3本。
しかし瀬際は結構、白波が当たっていて、永田のメイン・ポイントオツセは浅場がかなり揺れていた。

2匹着いていたピグミーシーホース

2匹着いていたピグミーシーホース

最近、-20m程度の小さなウミウチワにピグミーが着いている。
このオツセというポイントでは-35mくらいのところに大きなウミウチワがあって、ここまで降りればかなりの数のピグミーが着いているのだが、水深が水深なだけにあまり行く事はない。
しかし、ここは-20mの割と浅く、ブイからもメチャ近いので重宝している。

ずっと1匹だと思っていたのだが、今日はも1匹着いていることに気づいた。(¨;)
ともにかなり小さいけど、ウミウチワが小さく1枚ものなので写真は撮りやすい!!(^^)

基本的に今日のゲストは2人とも完全マクロだったので、3本ともオツセで良かったのだが(笑)、2-3本目は乗り合いだったこともあり、3本目はワイド的なポイントの観音へ。。。
いつもは群れや大物を求めてひたすら流すポイントで、ずっと壁面のソフトコーラルなんかを見ながらウダウダと小物探し。。。(笑)

トゲトサカなんかを丹念に見てたら、初見のウミウサギガイの仲間を結構目にする。。。(¨;)
一時、冬季にホームの一湊タンク下(湾内性のポイント)でウミウサギガイの仲間探しにハマったことがあったが、潮通しの良い外海的なポイントではやはり生息しているウミウサギガイの種類も違う事を実感した。

ヒナコダマウサギガイ(赤タイプ)

ヒナコダマウサギガイ(赤タイプ)

 
ヒナコダマウサギガイ(黄タイプ)

ヒナコダマウサギガイ(黄タイプ)



激流!!!!

【ポイント】 オツセ/オツセ/観音
【水温】 28.6℃/28.2℃/29.1℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 豪雨
【潜水時間帯】 9:22-10:13/11:14-12:10/14:11-15:03
【潮まわり】 05:23 62cm 干潮 / 11:50 195cm 満潮 / 17:28 123cm 干潮 / 小潮(月齢:6.5)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:50

Oさん夫妻の最終日。
今日も彼らの初日同様に2人だけのプライベート・ガイドだ。
海の良い時期に好きなように潜れるお盆明けの翌週はかなり狙い目かもです。。。(^^)

ロウニンアジが2匹、急接近!

ロウニンアジが2匹、急接近!

ほんと、最近は永田エリアで潜る割合がガンガン増えてきていて、今回のOさん夫妻も3日間のうち2日間は永田エリアで潜った。
こりゃもっと永田エリアのポイント開拓を進めねば!!

今日の観音は激流だった。
といっても、ほとんどドリフトでボートまで帰れるような良い潮だったのだけど、ちょっと油断すると別の方向に流されそうなそんな潮だった。

岬の先端付近が最も強く流れていて、ここでしばし大物待ちしたんだけど、遠くにギンガメアジなんかも見えたけど、目の前まで寄ってきたのは巨大な老成ギンガメアジ2匹だけだった。
それなりに迫力はあったけど、一昨日の観音の方が群れモノが凄くて面白かったかな。。。^_^;


ワカヨウジの産卵

【ポイント】 一湊タンク下No.1/横瀬
【水温】 28.6℃/28.8℃
【透明度】 30m/30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:42-12:00/14:15-15:24
【潮まわり】 05:28 83cm 干潮 / 11:31 179cm 満潮 / 17:07 119cm 干潮 / 小潮(月齢:21.0)
【日の出・日の入】 日出05:41 日没19:05

いや~今日はいいものを見てしまった!!!
ワカヨウジの産卵!!
メスが卵をオスの育児嚢に産み付ける行動を終始観察できた。
時間は11:35くらい。

育児嚢を大きく開いたオスとお腹の大きなメスが何やら直立して絡み合っている。。。
しばらく観察していると、メスが真っ赤な卵をオスの育児嚢にあっという間に移した!( ̄□ ̄;)!!

産卵後はオスは卵の収まりが悪いのかしばらく体を震わせて卵の位置を整えたりしていたけど、スグに育児嚢を閉じた。

1本目の後半30分はみんなでこれに被りついていた。(笑)


青くなってきたぞぉ。。。!!!

【ポイント】 一湊タンク下No.1/横瀬
【水温】 29.9℃/27.1℃
【透明度】 25m/25m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:49-11:20/13:48-14:39
【潮まわり】 04:06 74cm 干潮 / 10:00 220cm 満潮 / 16:17 65cm 干潮 / 中潮(月齢:5.0)
【日の出・日の入】 日出05:31 日没19:17

今日は常連ゲストさんお二人とのんびり一湊湾内で2本。
1本目はこんなときしか行けない潮の速い横瀬へ。。。
やっぱり、今日も速かった~!!(¨;)

ピグミーシーホース

ピグミーシーホース

沖ではもうほとんどフジイロサンゴアマダイとピグミーシーホースの2点狙い。
どんどん速くなる潮に恐れをなし、スグに浅根に帰ってきた。

何かどんどん水中は青々してきているようで、まだ水面直下にはややクラゲ類が残っているが、昨日よりもずっとクリアーで青い海!!
浅根のキンギョハナダイたちの乱舞も美しかった。

そこへ何度もツムブリ&カスミアジの連合軍が乱入!!

一湊タンク下ではたまたま覗いたジョーの巣穴では抱卵中だった。
見るとすでに卵は透明感があって、稚魚の目玉もクッキリ!!!
明日にもハッチアウトしそうだ。。。

こりゃ見に行くか???


南部へ逃げる。。。

【ポイント】 平内/湯泊
【水温】 22.4℃/22.0℃
【透明度】 15m/15m
【海況】 やや時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 12:40-14:05/15:15-17:06
【潮まわり】 05:11 46cm 干潮 / 11:43 193cm 満潮 / 18:01 79cm 干潮 / 小潮(月齢:21.9)
【日の出・日の入】 日出07:08 日没17:19

今週末は冬季、うちの家計を支えてくれている超常連のお二人が来島~(^^)
でも、やっぱり週末は冬型の気圧配置となり、今日も一湊湾内は大時化。

今日は最初から一湊には行かず、南部へ。。。
ゲストと南部に行くのは久しぶりだ。

寒く、厚い雲がかかっていて暗~い北部とは逆に南部は太陽が照っていて明るい♪
水温はあまり変わらないけど、そんな陽気だと何か暖かく感じた。

1本目の平内は実に2007年の3月15日以来の5年ぶり!w( ̄▽ ̄;)w!!
泳いで沖に出たけど、久々過ぎてちょっと怖かった。。。実際、帰りはちょっと迷ったし。(笑)

久々に見たピグミーシーホース(笑)

久々に見たピグミーシーホース(笑)

沖はやっぱりやや潮がかかっていて、さらに泳ぎが多過ぎてちょっとバテた。
ここには大きなウミウチワがあるのだが、確か赤かったはずなのだが、今日は黄色かった。。。あれ???(・_・;
ウミウチワって色変わるの???
ずっと入っていなかったから、勘違いかな。。。?(笑)

帰りにアカササノハベラの産卵を観察。
時間は13:41。
昔から伝統的に産卵している根で今も変わらず産卵していた。
3-4匹のメスと次々に産卵していった。

タテガミカエルウオのメス

タテガミカエルウオのメス

2本目はもっとのんびり潜ろうという事で湯泊へ。
ここは屋久島では珍しいミドリイシが群生するサンゴ・ポイントで、この中に棲むコバンハゼの仲間がいろいろいるという記憶だったのだが、何か全然いなかった!!

ここでもアカササノハベラの産卵が見られた。
時間は15:49。
メスの数は少なく、たった1匹だった。

この2人の常連さんが来ると僕も完全に遊びモードになってしまう。。。
もうガイドというよりは、僕もカメラを持って勝手に遊んでるって感じだもん。(-o-;

先日、みなべの同業者がウミシダに着くタスジウミシダウバウオの写真をFacebook上に上げていて、いいな。。。メルヘンだな。。。と思っていたのだが、タイミングよく見つけた!!
ウミシダの種類はちと違うけど、タスジウミシダウバウオが着いているのに遭遇した。

絞りを開放にしたり、やや絞ったりしながらいろいろ撮った。
ウミシダの先端の黄色がボケると美しいのだけど(下2枚の写真はともに絞り値F4)、どうも僕はある程度背景にもピントが合っていないと気持ち的にスッキリしないようで、一番お気に入りの1枚はF8くらいの絞り値のやつ。(それでもいつもよりかなり開けているんだけど。。。笑)
絞って撮ることを「おっさん撮り」というそうなのだけど(^_^;)、僕はやっぱりおっさんだったようだ。

1/125  F4

1/125  F4

1/125  F4

1/125  F4