好コンディションの日が続いています。。。(^^)

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 23.8℃ / 23.8℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:52-9:29 / 10:23-11:02
【潮まわり】 09:39 198cm 満潮 / 15:24 104cm 干潮 / 中潮(月齢:3.8)
【日の出・日の入】 日出07:04 日没17:17

1週間ぶりのガイド。。。
相変わらず、黒潮は接岸中のようで、透明度は最高によく、水温も24℃前後をキープしてる。。。

しかも、今日もよく晴れ、海もベタ凪ぎ!
11月下旬から、ゲストのいる日はたいていは晴天&ベタ凪ぎの好コンディションが続いてる。。。冬季とは思えない。。。(^^;)

年内はずっとこのまま突き進んでほしいなぁ。。。お願いします!m(__)m


何とか潜れた!(^^)

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 28.6℃ / 28.8℃ / 28.6℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:38-9:29 / 13:26-14:10 / 15:02-15:50
【潮まわり】 08:28 87cm 干潮 / 15:38 178cm 満潮 / 長潮(月齢:8.7)
【日の出・日の入】 日出05:47 日没18:55

久々に名古屋のダイビングショップ「evis」さんご一行様が来島!(^^)
昔からのお得意様なのだが、ここ最近は屋久島ツアーを実施していなくて、実に5年ぶりの来島だ。

しかし。。。タイミングが悪く、台風19号の最接近予定の21-22日がバッチリと中日の2日間!!完全にハマってしまった。。。(;゚Д゚)
しかも、運がいいのか、悪いのか、行きと帰りは問題なく飛行機は飛びそうで、つまり、無事に来れて、無事に帰れるけど、ほぼ潜れない。。。という「ダイビング・ツアー」ならぬ、「台風体験ツアー」になりそうな感じに。。。(^^;)
それでも参加者の皆さんはノリノリなのが怖い。。。(笑)

一湊の漁船は昨日には台風つなぎを済ませてしまっていたので、到着日の今日はビーチ・エントリーで2本の予定だったのだが、ラッキーなことに普段永田でお世話になっている葵丸が一湊で船を出してくれることになった。。。(^^)

台風が近づきつつあり、天気も悪かったのだが、海は凪ぎていて、水中もメチャ青くて綺麗だった!
明日からは潜れなくなりそうだけど、何とか1日だけでも潜れて良かった。。。ε-(´∀`*)ホッ
何とか台風一過後にも潜れるといいんだけど。。。


ようやく夏に突入!

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 27.6℃ / 27.8℃ / 28.2℃
【透明度】 40m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:05-12:07 / 13:52-14:38 / 15:43-16:45
【潮まわり】 07:13 248cm 満潮 / 14:00 -6cm 干潮 / 大潮(月齢:1.0)
【日の出・日の入】 日出05:25 日没19:22

ようやく黒潮が接岸!
。。。と思ったら、極端に低い水温の水が入り込み、ウェットスーツの選択に悩みつつ週末に突入!(◎_◎;)

しかし、それも杞憂に終わり、週末の出だしはバリバリ黒潮の海で始まった!(^^)
晴天の陸上も含め、ようやく夏に突入した感じだ。

ゼロ戦でツムブリ成魚とカスミアジの群れに巻かれた。
これも夏らしい光景だ。(^^)


なんか6月の海っぽい。。。(^^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / お宮前 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 24.8℃ / 25.0℃ / 25.4℃ / 25.0℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり時々雨
【潜水時間帯】 8:39-9:26 / 10:38-11:20 / 13:15-14:15 / 15:43-16:49
【潮まわり】 04:00 216cm 満潮 / 10:54 39cm 干潮 / 17:30 212cm 満潮 / 中潮(月齢:26.3)
【日の出・日の入】 日出05:23 日没19:23

現在、黒潮はやや外れているような感じ。。。7月も1/3が過ぎようとしているのに、水温は25-26℃と超低く、透明度も青さも黒潮接岸時のそれとはかなり差がある。

今日のゲストさんはよく7月に遊びに来てくれる常連さんなのだが、いつもより水温が低くて驚いていた。(^^;)

実は梅雨もまだあけておらず、空もメチャ不安定だ。。。青空も見られるのだが、時折やや激しく雨が降ったりとかなり不安定だ。
夕方には虹も出た。(^^)

海の中はなんか「夏!」というよりは、6月の海に近い。
ようやくヒレナガスズメダイの幼魚群れがあちらこちらに見られ始めたり、クマノミもまだまだ卵を守っていたりする。。。

リクエストのイシガキカエルウオの幼魚の例年なら、沢山見られる時期なのだが、今年はまだまだ少ない。

いつになったら夏の海になるんだろ。。。
寒すぎて、ここ半月着ていたレンタル用の薄いウェットスーツから、またちょっと厚手の5mmウェットスーツに変えた。。。(笑)


久々のファンダイビング

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 29℃ / 29℃ / 30℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:11-10:00 / 11:02-11:45 / 13:16-13:56
【潮まわり】 10:43 75cm 干潮 / 17:30 200cm 満潮 / 中潮(月齢:11.4)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:40

相変わらず、体験ダイビングのポイント「元浦」は大きく時化ていたけど、一湊湾内はよく凪ぎていた。
今日は久々のファンダイビングのガイド。(笑)

今日は天気も海況もよい上に、水中もかなりクリアーな海だった。
40m以上はありそうな透明度でメチャクチャ気持ちのいい海だった。(^^)

一湊タンク下でも、ゼロ戦でも、終始、ツムブリとカスミアジの群れに巻かれ(それもかなりデカい!)、タンク下では上層にものすごい数のキビナゴたちがたまっていて、それを狙うニジョウサバの捕食が頻繁に見られた。
透明度が良かったこともあって、メチャクチャ、ワイドの海だった。。。(^^;)


晴天!ちょっとだけ水温が上がってた!(^^)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 22℃ / 22℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:11-10:56 / 12:03-12:52
【潮まわり】 05:41 117cm 干潮 / 10:56 168cm 満潮 / 17:55 60cm 干潮 / 小潮(月齢:21.6)
【日の出・日の入】 日出05:21 日没19:07

今日はガイドで午前中に2本。
今日のゲストさん(2組2名)は偶然お二人とも海外に住む日本人の方だった。
ともに普段はアメリカとドイツに住んでいるとの事。。。

昨日、同業者のブログに水温が23-24℃に上がった!と透明度の良い青々とした水中写真がアップされていたので、今日はメチャ期待してエントリー!(笑)
確かに透明度は上がっていたけど、依然として白っぽく濁り、晴天なのに光が満足に入らず、やや暗い印象。。。(-_-;)
水温も22℃とちょっと上がったのだが、23-24℃には程遠い感じなんですけど。。。(^^;;

お宮前ではツムブリとカスミアジの群れが立て続けに入り込み、フィーバー!(^^)
お二人ともワイド嗜好の方だったので、今日はめったに着底せずに泳いだ~笑

そんな感じでゲストさんたちはワイド嗜好なんだけど、そんな中、安全停止中に1人寂しく撮影した「今日のシモフリタナバタウオの卵」です。(笑)
あれから2日経って、ちょっと黒ずんできたかなぁ。。。って感じ。。。


抱卵中のモンハナシャコ

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 21℃ / 21℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:33-12:25 / 13:47-14:41
【潮まわり】 07:11 229cm 満潮 / 13:39 -10cm 干潮 / 大潮(月齢:0.6)
【日の出・日の入】 日出05:38 日没18:53

いや~浅場のメアジ&ゴマサバ(?)の幼魚だと思われる連中の数がスゴイ!(◎_◎;)
日に日に増殖しているんじゃないか?というくらい数がガンガン増えてる。。。

今ではかなりの広範囲を水底から水面直下まで埋め尽くしていて(もちろん浅場です!)、目の前が見えなくなるくらい。。。
やや上から見るとそれはまるで高山に登った時の雲海のよう。(;´・ω・)

それを狙っているのか相変わらず、カンパチ、カスミアジ、シマアジなどの成魚群れを頻繁に見かける。

4/14(約10日前)にペアで穴に入っているのを確認したモンハナシャコがやっぱり卵を抱え始めていた。

クマノミは卵を守っているペアが数カ所で見られている。

今日は浅場が濁っていて浮遊物もすごかったのだが、沖に出るとかなり透明度は良かった!(^^)


ヒレナガカンパチやカスミアジの成魚群れ

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 春田浜タイドプール
【水温】 20℃ / 20℃ / -℃
【透明度】 20m
【海況】 やや時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:28-10:23 / 11:35-12:24 / 15:15-16:45
【潮まわり】 04:43 108cm 干潮 / 10:17 169cm 満潮 / 17:24 52cm 干潮 / 小潮(月齢:21.0)
【日の出・日の入】 日出05:47 日没18:47

ゲストOさんの2日目。
今日もOさんのリクエストでタイドプールへ。。。

。。。とその前に、一湊湾内で2本潜った。
相変わらず海は濁っていて、浮遊物(生物じゃなくて)がものすごい。
でもフィッシュアイって不思議だ。
写真を見る限りでは、なんかメチャクチャ青くて綺麗な海に見えるんですけど。。。(笑)

現在、海はヒレナガカンパチやカスミアジの成魚群れに頻繁に出会う。
前者は春の風物詩なんだけど、カスミアジの成魚群れは普段はあまり一湊湾内では見ない群れだ。
お宮前でも漁礁でもカスミアジに巻かれた。。。(◎_◎;)

「ゼロ戦はこの時期、魚影が薄い」とブリーフィングで説明したのだが、行ってみると何とメチャ魚影が濃いっ!

流れ藻に付いていた連中が着底したのだろうか。。。?メアジやブリの子供などがたくさん着いていて、いつもの魚影の薄いこの時期のゼロ戦とはちょっと違っていて唖然としてしまった。。。(;´・ω・)

さて、タイドプールは小潮でしかも、最干潮が17:24とかなり遅い時間だったので、今回はまったく期待していなかったのだが、2時間以上前に行っても潮は完璧に引いていて、十分過ぎるほど遊べた!

これまでタイドプール遊びをする場合、小潮はダメだと思っていたけど全然OKみたい。。。(;´・ω・)


今季初タイドプール

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 春田浜タイドプール
【水温】 21℃ / 21℃
【透明度】 10m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 13:02-14:17 / 15:20-16:40
【潮まわり】 09:39 181cm 満潮 / 16:32 41cm 干潮 / 中潮(月齢:20.0)
【日の出・日の入】 日出05:48 日没18:46

ゲストさんは本来なら昨日には来島しているはずだったのだが、欠航で今朝ようやく屋久島に入れたOさん。

今日も天気はイマイチだったけど、Oさんのかねてからのリクエストで、今日は今季初タイドプール。

そもそも、今週は潮周りが悪いので、あまり期待していなかったけど、やっぱり春はメチャ引く!(^^;;

中潮が終わり、小潮に入ろうとしているのに、最干潮の2時間前にはもうすっかり潮は引き、すべての潮だまりが出来上がっていた。

ただ、まだロウソクギンポは繁殖期に入っていないようで、姿もまばらだし、天気も悪く、風も強かったので、鏡面写真はほぼ絶望的だった。(笑)

緑の海藻は増えてて、写真の背景はメチャいい感じだったこともあり、ゲストOさんは「夢にまで見た憧れのタイドプール!」と喜んでいたのが幸いだ。。。(^^)

タイドプール的な状況はイマイチだけど、明日も午後からタイドプールに行く予定!(^^;;


一湊もかなりの時化海。。。(-_-;)

【ポイント】 横瀬 / 一湊タンク下No.1
【水温】 18℃ / 19℃
【透明度】 20m
【海況】 時化気味
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:25-10:43 / 12:10-13:04
【潮まわり】 05:34 188cm 満潮 / 11:37 68cm 干潮 / 17:19 189cm 満潮 / 中潮(月齢:26.5)
【日の出・日の入】 日出06:15 日没18:32

愛知県豊橋市のダイビングショップ スナッパーズ御一行様さまの最終日。
昨日の永田はかなり時化ていてハードだったので、最後は静かな一湊の海でのんびり。。。と考えていたのだが、一見、ベタ凪に見える一湊も強い北東の風にさらされてかなり時化気味。。。
相変わらずハードなダイビングになってしまった。(-_-;)

横瀬の-30m付近の魚だまりには昨年の秋からテングダイが2匹見られていたのだが、今日行ったらこれがさらに増えていて10匹くらいになっていた。
このまま居ついて、横瀬の名物になってくれるといいなぁ。。。
しかし、かなり暗い海だった。。。(笑)

2本目は一湊タンク下へ。
沖合にある横瀬よりも湾奥のこちらのポイントの方が透明度も良く明るかった。
水底付近には早くもアミ類が湧き始めていて、視界がかなり悪くなってる。
途中、カスミアジの大きな群れが入り込んできた。。。

結局、3日間のうち凪ぎていたのは初日だけ。(^^;)
しかもそんな初日も天気は悪かったりして、海況・天気には恵まれなかったけど、次回はぜひ暖かい時期に遊びに来てくださいね~!お待ちしております!(^^)


カメガイの仲間がウジャウジャ。。。

【ポイント】 オツセ / 観音 / オツセ
【水温】 25.0℃ / 26.1℃ / 23.6℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:22-12:12 / 13:56-14:41 / 16:09-17:01
【潮まわり】 05:45 231cm 満潮 / 12:27 0cm 干潮 / 18:54 231cm 満潮 / 大潮(月齢:28.3)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:17

昨日から潜っている鹿児島のダイバーTさんの2日目。
今日は永田でマンツーマンだ。

昨日は21℃台まで下がって非常に寒い水中だったのだが、今日は一転して温かいっ!(^^)
水底は2-3℃低かったりしてちょっと不安定だけど、25-26℃の高水温で、海も青々としていた。
ただ、透明度はイマイチで、水中にはカメガイの仲間が大量に漂っていた。。。(;´・ω・)
黒潮の際(きわ)っぽい感じの海だった。
今日、屋久島も梅雨に入ったのだが、このまま海は黒潮が接岸して欲しいなぁ。。。

オツセの浅場ではカスミアジ&ツムブリの群れに、観音ではその多くがペアリングしたギンガメアジの群れに出会った。


カスミアジの成魚群れ

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 22.1℃ / 22.7℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:05-11:03 / 11:58-12:59
【潮まわり】 09:40 98cm 干潮 / 15:10 155cm 満潮 / 長潮(月齢:8.6)
【日の出・日の入】 日出05:49 日没18:46

今日は快晴&ベタ凪!
まさにダイビング日和の1日だった。

でも相変わらず、マンツーマンガイドなので、ビーチからエントリー。。。

海の中は明るく、透明度もまずまず。
そこらじゅうで繁殖期に向けてモンハナシャコの巣が目立ち始め、ムラサキウミコチョウなどが目に付くなど、海の中は順調に4-5月らしい海になってきた。

この時期の回遊魚(群れ)はカンパチやシマアジなどが定番なのだが、今日はカスミアジの成魚群れに遭遇した。

永田エリアでは珍しくないカスミアジの成魚群れも、一湊エリアではあまり見かけない。
突然の遭遇にちょっとビビった。。。(^^;)


照り付ける日差しが痛い。。。(^^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.3/横瀬/一湊タンク下No.3
【水温】 28.3℃/28.1℃/28.0℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:16-10:17/11:19-12:17/13:49-14:37
【潮まわり】 09:51 209cm 満潮 / 15:56 86cm 干潮 / 中潮(月齢:5.5)
【日の出・日の入】 日出05:47 日没18:55

今日は朝から照り付ける日差しが痛いくらいの晴天だった。
そんなまだまだ真夏の屋久島なんだけど、お盆を過ぎると途端にダイバーの数は減り、今日なんて2人のゲストさんをそれぞれマンツーマンでガイド。。。(笑)
趣向に合わせて、のんびり潜る1日だった。
お盆明けの屋久島の海!狙い目です!(^^;)

僕はワイド趣向のリピーターFさんとマンツーマンで泳ぎまくりの3本。

一昨年まではジュニアOWDの息子さんと2人で遊びに来られていたのだが、今年からは息子さんにフラれ、1人で来島。。。(笑)
小学生の息子さんがいたらしないようなダイビングスタイルで3本。

返って一昨年までと比べて自由にノビノビと潜っているような印象。。。(^^)


西へ東へ。。。

【ポイント】 オツセ/春田浜タイドプール/一湊タンク下No.2
【水温】 28.0℃/-℃/29.4℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:09-10:19/12:30-14:30/16:19-17:40
【潮まわり】 07:28 264cm 満潮 / 13:50 33cm 干潮 / 19:51 254cm 満潮 / 大潮(月齢:15.5)
【日の出・日の入】 日出05:59 日没18:30

今日は1本目は永田の深場、2本目は春田浜タイドプール、3本目は一湊ビーチエントリーと屋久島の北~東面を大きく移動。
朝早くから夕方遅くまで思い切り遊んだ!!!(^^;;

タイドプールではまだまだロウソクギンポの繁殖期は続いているけど、何か屋久島の東面は時化ていて、最干潮でも潮だまりには波が入り込む始末。。。(・・;)

3本目はリクエストだったビーチダイビング。
時間を気にせず長々とダラダラ潜るのだったらやっぱりビーチがいい。

ビーチなのに永田よりも回遊魚がいろいろとまわっていた。(笑)
ツムブリ、カスミアジ、シマアジ、ヒラソウダ、カンパチ、ナンヨウカイワリなどが次々に群れになって入り込むんだけど、夕方の海は暗くなんか不気味。。。(;゚Д゚)


青いっ!

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前
【水温】 28.0℃/27.0℃
【透明度】 40m/30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れのちくもり
【潜水時間帯】 13:26-14:29/15:33-16:37
【潮まわり】 05:38 73cm 干潮 / 12:09 187cm 満潮 / 17:40 128cm 干潮 / 小潮(月齢:7.5)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:40

いや~青いっ!
今頃になって、今季一番のブルー&クリアーな海が続いている。
8月末になってようやく安定した黒潮ブルーな海が到来し、水温も連日28℃台後半から29℃台をキープしてる。(^^)

今日なんて曇っていたのに水中は青々として明るい。
これが黒潮ブルーの特徴だ。

今日も2人のゲストさんとのんびり潜った。
ゲストさんの1人が200本記念だというので、片っ端から出会ったアオウミガメと「祝!200本記念!」のプラカードを持って記念撮影。。。(笑)

全然、逃げないので一緒に記念撮影するのは簡単なのだが、どいつもこいつも必死に海藻を食ってるので、全然こっちを向いてくれない。。。(^^;;


休日なのに疲れてどうする。。。(・・;)

【ポイント】 観音/永田灯台下
【水温】 28.3℃/30.7℃
【透明度】 30m
【海況】 やや時化
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 14:06-14:53/16:32-17:21
【潮まわり】 07:23 235cm 満潮 / 13:56 36cm 干潮 / 大潮(月齢:1.2)
【日の出・日の入】 日出05:40 日没19:06

今日は真夏にポッカリと空いたゲストなしの1日。
久しぶりの休日だ。
同業者が永田で船を出すというので、午後から2本これについていった。。。(^^)

ガイドで使う事はほとんどない永田灯台下に行くというのでワイド仕様。
久々のワイドなので1本目の観音で露出を確認して、いざ永田灯台下へ。。。

いや~カスミアジやギンガメアジが渦巻いていて凄かったけど、マジで疲れた。。。(^^;;
ずっと温室でのんびり&まったりと水底を這うようなダイビングをしていると、たまに潮当たりの良い場所で泳ぐと体力のなさを実感する。。。
基本、ドリフトなんだけど、ずっと中層にいると疲れがハンパねー!
前はこんなん平気だったんだけどなぁ。。。
年齢も関係するのかな?(笑)

潮流に負けてハァハァゼィゼィしているから積極的に攻める事ができず、写真もただ「撮りました!」的な写真を量産。。。(・・;)
次に行くときにはもう少し体力をつけて、構図や太陽の位置を考えた写真を撮りたい。。。(笑)


”のんびり&まったり” 。。。ではないダイビング!(笑)

【ポイント】 観音/オツセ/横瀬
【水温】 26.0℃/26.2℃/26.5℃
【透明度】 20m~
【海況】 時化気味
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:53-10:42/12:15-13:17/15:13-16:13
【潮まわり】 05:18 86cm 干潮 / 11:01 198cm 満潮 / 17:26 67cm 干潮 / 中潮(月齢:20.5)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:24

今週末のゲストさんのリクエストは”のんびり&まったり”
。。。ではないダイビング!(笑)

豪快なポイントをガンガン泳いで群れや大物、地形などを見たい!とのリクエスト。(笑)

なので昨日は永田で2本。3本目は一湊に帰って来て横瀬で1本。。。

普段は基本的に”のんびり&まったり”のスタイルで潜る事が多いので久々に泳ぐとさすがに僕も疲れた。。。(^^;;

最も群れや大物を期待して入った観音はイマイチだったけど、2本目のオツセでは巨大イソマグロ10本くらいがまわっていて、ツムブリやカスミアジの群れに囲まれた~(^^)

横瀬もロウニンアジなど定番の大物には会えなかったけど、マダラトビエイが舞い、グルクンやニザダイなどが流れるように入り込み、一応リクエストには応えたつもりだけど。。。(^^;

オツセではナポレオン、横瀬ではセンネンダイなんかも見られ、ここはどこ?状態。。。(笑)


マクロじゃなくてワイドでしたね。。。(^^;;

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 25.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:12-12:19
【潮まわり】 10:48 77cm 干潮 / 16:54 210cm 満潮 / 中潮(月齢:10.6)
【日の出・日の入】 日出06:28 日没17:35

今日は午前中に1本ガイドで潜った。
ゲストは最終日のGさん夫妻と今日から潜るAさん夫妻。
最近はメチャ日没が早くなったので、3本希望だったりするとかなり慌しい1日になるのだが、今日は最初から2本のスケジュールだったのでのんびりペースで潜った。

Aさんに1本目はワイド?マクロ?と聞かれたので、元気良く「マクロです!」と断言して一湊タンク下にエントリーしたのだが、蓋をあけてみると思い切りワイドだった。。。(^。^;)
何やらもの凄い数のツムブリが流れてきてしばらく僕らの周りを行ったり来たり。。。
さらにその上にはヒラソウダが珍しく大きな群れをつくってツムブリと行動を共にしていた。
あとはカスミアジなんかも混じっていて、かなり迫力のある群れだった。

基本的にはキビナゴを狙っているのだろうが、どうも水底付近にもキビナゴがたまっていたようで、それを捕食するものだから、何か彼らの通ったあとは砂が舞い散りポイント全体の透明度を下げていた。。。(・_・;
群れがあまりにも大きいものだから、晴天とそれなりに良い透明度だったにも関わらず、この群れにまかれている間は何か水中が暗かった。(笑)

この1本は完全にワイドだったかも。。。


まだ生きていた!!

【ポイント】 一湊タンク下No.1/オツセ/ヨスジ漁礁
【水温】 29.0℃/29.1℃/29.8℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:21-12:26/14:21-15:15/16:27-17:18
【潮まわり】 11:46 49cm 干潮 / 18:20 217cm 満潮 / 中潮(月齢:27.0)
【日の出・日の入】 日出05:44 日没19:00

まだエラ呼吸して生きていた!

まだエラ呼吸して生きていた!

昨日のハリセンボンのペア(→魚には感情や心はあるか?)が気になって、エントリーするなり行ってみると、何とまだ同じ場所でやつは生きていた!!!
昨日同様に逆さになって、水底で口をパクパクさせていた。

これに付き添っていた子はスグ近くにはいなかったので、もう見捨てたのかな。。。と思っていたところ、ゲストさんが見つけてくれた!
この瀕死のハリセンボンから5mくらい離れた場所で佇んでいたのだが、もうピッタリ寄り添うことはなく、遠巻きに見ているという感じ。
すでに死期を悟ったのか、それでも気になって仕方がないのか、見えなくなるくらい遠くまで移動してしまうことはなかったが、確実に瀕死の子とは距離を置いていた。
うーん。。。これの意味するところは???(¨;)

別の場所では大きなヘリシロウツボが完全に死んでいた。
死んでからまだそれほど時間は経っていないようだったけど、この死体はどうも人為的に捨てられたものっぽい。。。
というのもこのウツボの腹部にはウェイトのようなものが入れられていたのだ。
うーん。。。これはどういう状態で、ここに捨てられる事になったのだろうか。。。(¨;)

すぐ近くではこれとは色も大きさも対照的な真っ黒いハナヒゲウツボの幼魚が元気に顔を出していた。


小さな生命は卵の中で必死に命の鼓動を響かせていた。。。(^^)

【ポイント】 お宮前/横瀬
【水温】 27.6℃/26.7℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:14-12:30/14:23-15:16
【潮まわり】 08:52 84cm 干潮 / 15:46 165cm 満潮 / 長潮(月齢:23.5)
【日の出・日の入】 日出05:25 日没19:22

今日のゲストは常連ゲストKさんと2回目の来店Tさんのお二人。
2人のゲストを2人のスタッフがそれぞれマンツーマンでガイドした。(笑)

ニチリンダテハゼ

ニチリンダテハゼ

1本目はお宮前に。。。
ゲストKさんのリクエストはニチリンダテハゼ。
僕のリクエストはオキザヨリの卵の観察。。。(^_^;)

ニチリンダテハゼは見つかってからかれこれ3年目に入った。
未だに独身のまま体だけはどんどん大きくなっていき、態度もでかい!(笑)
かなり寄っても全然引っ込まないどころか、背ビレもなかなか広げてくれない。。。

ヒメアオギハゼ

ヒメアオギハゼ

本来は屋久島ではめったに見ないヒメアオギハゼが数匹の群がりをつくって撮りやすいところで見られた。
過去に一湊タンク下で2回(2匹)ほどしか見たことがなかったが、ここでは数匹が小さな群れをつくっていたので驚いた。
しかも、タンク下の子は狭い暗がりにいたので、撮影は困難だったが、ここの子は撮りやすい!!!(^^)
でも、Kさんにはなかなか気づいてもらえなかった。。。(笑)

今頃になって産卵が盛んに。。。(・_・;)

今頃になって産卵が盛んに。。。(・_・;)

そして後半は例のオキザヨリの卵をチェックしに-12mのウスサザナミサンゴ群体のところへ。
今日もコブシメは産卵していた。。。
しかも、6匹も集まって、ここにきて本格的な産卵に突入していた。
近寄ってもまったく逃げず産卵したり、喧嘩したり。。。ふぅ。。。ようやくコブシメのまともな産卵が見れた~┐(‘~`;)┌
もう7月も中旬になろうとしているのに。。。(例年ならすでにコブシメの産卵は終わっている)
でも、やっぱり今年の子たちはかなり小ぶりだ。

そんなコブシメの産卵をよそに僕はオキザヨリの卵を観察。。。
前回は卵がかなり減ったような気がしていたけど、よく見るとどうもサンゴの下の方に沈んでしまっただけらしく、奥の方にはしっかり多くの卵が沈んでいた。

すでに孵化した卵???

すでに孵化した卵???

肉眼で見る分には全体の9割はまだ透明で何も入っていないような感じなのだが、1割は立派な稚魚が入っている。
透明な卵をよく見ると、破れているものもあるので、すでに孵化しちゃったのかな。。。とか思ったけど、一緒に産み落とされた卵の孵化日がバラバラというのも考えにくい。
通常、魚は一斉に孵化するはずなのに。。。

それで最初考えたのが、すでに7/7前後に一斉孵化があって、いま見られる稚魚はすべて死んでいる。。。という結論。
しかし、卵に入った稚魚をよーくマクロで見てみると。。。動いてる!!!( ̄□ ̄;)!!
口をパクパクさせたり心臓もドクドクと動いているようなのだ。
しっかりした命の鼓動を響かせて、ボクに”生”を主張してた。(笑)

どうも今回のオキザヨリの卵はほとんどが未受精卵で、残り1割の孵化はやっぱり一斉に起こるのかもしれない。。。
すでに7/1の産卵から2週間が経とうとしている。

オキザヨリの稚魚1

オキザヨリの稚魚1

オキザヨリの稚魚2

オキザヨリの稚魚2


キンギョハナダイの乱舞!

キンギョハナダイの乱舞!

2本目は久しぶりの横瀬へ。。。
入ってみると潮がメチャ速くて、沖の魚溜まりに行くのも一苦労だった。
魚溜まりのアジアコショウダイたちは思い切り外に出ていて、冬季によく見られるテングダイも3匹がのんびり佇んでいた。

潮が速い割に回遊魚らしい回遊魚にも会えず、浅根に帰ってくると、ツムブリとカスミアジに巻かれた!!
もの凄い数のキビナゴが集まっていて、ニジョウサバやヒラソウダなどが激しく捕食していた。

テングダイ

テングダイ

ツムブリ&カスミアジの群れ

ツムブリ&カスミアジの群れ



ゼロ戦でアカウミガメが寝る季節

【ポイント】 観音/オツセ/一湊タンク下No.1
【水温】 26.2℃/26.6℃/26.3℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:07-10:49/12:13-13:06/15:13-15:55
【潮まわり】 06:37 241cm 満潮 / 13:27 -3cm 干潮 / 大潮(月齢:14.5)
【日の出・日の入】 日出05:20 日没19:24

新婚ホヤホヤのOさんご夫婦と永田で2本+一湊で1本。
もう完全に梅雨は明けたような感じで、連日、晴天&暑い日々が続いている。。。
もう完全に陸上は真夏だ。

海の方はまずまずで黒潮ブルー!!!というほどではないけど、透明度もまずまずで浅場なんか明るくて気持ちいい。
今日はどこもそれなりに潮が流れていて、観音なんかはなかなか先端には出られなかった。

ここのところ、永田は群れモノに当っていたので、今日も期待して入った。
今日はグルクン(クマザサハナムロ)やニジョウサバ、ツムブリ、カスミアジなどの群れに当った!(^^)
Oさんご夫婦も魚影の濃さにかなり満足されたようだし、ひとまず良しとしよう。。。僕的にはもう一度、ギンガメの群れに巻かれたい。。。(笑)

ゼロ戦では今年初めて、アカウミガメが寝ていた。
この時期はよくゼロ戦で寝ているのだけど、今季は初めて。
昨年までのタグ付きの子ではなく、まったくタグの着いていない子だった。


今季初の永田・オツセ!

【ポイント】 オツセ/オツセ
【水温】 22.2℃/22.2℃
【透明度】 15m/15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:28-11:09/12:49-13:39
【潮まわり】 04:06 96cm 干潮 / 09:55 178cm 満潮 / 16:56 42cm 干潮 / 小潮(月齢:6.5)
【日の出・日の入】 日出06:10 日没18:35

ゲストKさん&Tさんの2日目。。。
今日は今季初の永田に足を延ばした。
永田エリアのホームグラウンドは「オツセ」というポイントなのだが、ここは季節風吹き荒れるシーズンオフ中は時化でなかなか入れないのだ。
今日はベタ凪ぎ~!!!(#^.^#)

永田エリアは黒潮から近いので一湊とは海の状況が全然違うのでは?と期待して入ったら、やっぱり違ってた!!
一湊は水温が18-19℃しかなかったが、永田はこの時期の平均的な水温である21-22℃はあり、浮遊物もなかった。
もちろん、黒潮はかかっていないので、白く濁り抜群の透明度!とはいかなかったけど。

エントリーしてスグに巨大ツムブリの大群(数万匹)に巻かれた!! (・ω・ ;)(; ・ω・)
一湊でもよく巻かれるけど、そのサイズと数が桁違いだ。
どれも丸々と太り、メーターオーバーの巨大なツムブリたちが、上層を埋め尽くし、現れては消え、現れては消えを繰り返す。。。
中にはこれまた巨大なカスミアジの老成魚やロウニンアジの成魚なんかも混じり、迫力があった。
ちょっと怖いくらい。。。(・・;)

終始、ツムブリの大群に巻かれた!

終始、ツムブリの大群に巻かれた!

そのサイズと数は凄かった。。。(・・;)上層を埋め尽くす勢い

そのサイズと数は凄かった。。。(・・;)上層を埋め尽くす勢い


クダゴンベ

クダゴンベ

小物はこれといって出モノはなかったが、魚の動きは活発で、オトメベラ、キホシスズメダイ、ハナゴイなどはすでに繁殖期に入っているみたい。。。
ヒドロ虫とかイトカケガイとか言っている間に、海はどんどん活気に溢れ始めているようだ。。。(^^)
そろそろオトメベラやコガシラベラの動きに注目せねばです!!(^^)


イエローヘッドピグミーゴビーが2匹いた!!

【ポイント】 一湊タンク下No.1/オツセ/オツセ
【水温】 25.4℃/25.6℃/25.8℃
【透明度】 30m/30m/30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:43-10:03/11:34-12:35/14:08-15:36
【潮まわり】 08:36 242cm 満潮 / 14:28 88cm 干潮 / 中潮(月齢:2.3)
【日の出・日の入】 日出06:29 日没17:33

今日もnozatakeさんとマンツーマン。
マンツーマンだとなかなか船が出せなくて、乗り合いを探すのだが、それが11:30くらいからだったので、最初の1本目はビーチから一湊タンク下でウダウダと小物探し。。。

屋久島の浅場でよく見られるオオメタナバタメギス

屋久島の浅場でよく見られるオオメタナバタメギス

警戒心の強いヒメアオギハゼ

警戒心の強いヒメアオギハゼ


来島中のnozatakeさんのもうひとつのリクエストはオツセのベニハゼたちだった。
うちの超常連2人がオツセで見つけたホテイベニハゼとイエローヘッドピグミーゴビーだ。

ホテイベニハゼはきっちり場所は押さえてあるので問題ないのだが、イエローヘッドの方は場所は常連Shimontyさんから何となく聞いておいただけなので、ちょっと自信がない。。。

ちなみにイエローヘッドピグミーゴビーは検索してみると、アクアリストを中心にイエローヘッドドワーフゴビーと呼んでいる方が多く、どちらで呼ぶべきか悩む。(笑)
そもそも僕は「イエローヘッドピグミーゴビー」という英名はどこから拾ってきたんだろ。。。?(・.・;)
英名は和名以上に混乱(乱立)してるなぁ。。。(笑)

昨日はかなり時化ていたオツセ界隈も今日は割と凪ぎて、快適な2本だった。
雨は降ったり止んだりを繰り返していたけど、透明度も30mオーバーで明るい水中だった。

まずはホテイベニハゼから。。。
こちらは超警戒心が強く、なかなか撮らせてくれない。
以前、常連げじさんが横位置&最短でバッチリ撮っていたのを見ているので、楽勝~とか思っていたけど、全然撮らせてくれない!!
あまりにも粘りすぎて、1本で2種のベニハゼを回ることはできなくなってしまった。(ーー;)

2匹いた!!イエローヘッドピグミーゴビー

2匹いた!!イエローヘッドピグミーゴビー

2本目はイエローヘッドピグミーゴビー狙い。
こちらはまだ僕自身がこのポイントでは見ていないので、見つけた常連Shimontyさんから聞いて探してみた。
場所を見つけるまではちょっと時間がかかったが、何とか見つけた~!!!
しかも2匹いる~!!!
手前に小さな子、奥にひとまわり大きな子がいた。
これは屋久島で繁殖しているかも知れない。。。(ーー;)

お~!!!久々のツキチョウ!!!

お~!!!久々のツキチョウ!!!

イエローヘッドはホテイベニハゼと比べてあまり警戒心は強くなく、引っ込んでもスグに出てくるのだが、何せ狭い穴の天井にいるので撮りにくい!!

2本とも最後はオツせの浅場で安全停止するのだが、ここにツムブリとカッポレ、カスミアジの巨大な成魚大群が乱入!!
辺りが一気に暗くなって、ものスゴイ迫力だった。

久しぶりにツキチョウに出会った。
成魚のペアだ。


連休最終日。。。

【ポイント】一湊タンク下NO.1/一湊タンク下NO.3/お宮前
【水温】 26.9℃/27.0℃/27.0℃
【透明度】 25m/25m/25m
【海況】 ベタナギ
【天候】 曇り 
【潜水時間帯】 10:02-10:57/12:13-13:00/14:40-15:31
【潮まわり】12:09 73cm 干潮/18:06 222cm 満潮/大潮(月齢:12.7)
【日の出・日の入】日出06:16 日没17:53

連休も最終日。。。
昨日は前日の山登りで疲れきってテンションの低かったゲストも朝から元気!(笑)
のんびりホームグラウンドの一湊エリアで3本。

昨日の透明度の悪さが嘘のように、今日の一湊エリアはそれなりに抜けていた。
水温もまずまず温かかった。

飛び去るアオウミガメ

飛び去るアオウミガメ

ツバメウオの若魚たち

ツバメウオの若魚たち

アオウミガメ正面顔

アオウミガメ正面顔


ツムブリvsキビナゴ

ツムブリvsキビナゴ

最近、ツムブリの大型個体の群れをよく見かける。
群れの中にはカッポレやカスミアジなども混じり、大きな群れを形成している。
これが一斉にキビナゴの群れに突っ込むのだが、キビナゴは上層に大きな玉を作っているので-25m付近からその捕食を見ているとかなり迫力がある。
大きなキビナゴの玉が襲われるたびに左右に一斉に動くさまはまさにカゴの中の鳥状態。。。


大当たり!!の一湊タンク下!

【ポイント】 クレーン下/一湊タンク下No.1
【水温】 26.6℃/
【透明度】 30m/30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:50-11:35/12:10-12:50
【潮まわり】 07:09 73cm 干潮 / 14:40 186cm 満潮 / 小潮(月齢:7.7)
【日の出・日の入】 日出06:13 日没17:59

今日は朝から思い切り「雨」!!の1日。
空には厚く黒い雲がかかっていて、暗~い感じ。。。

しかし、今日も水中は透明度が良いので明るい!(^^)

1本目は体験ダイビングで、2本目はファンのガイドで2本潜った。
2本目のファンは大当たりで、うん千匹のツムブリの群れに巻かれた~!!

今日もキビナゴの数は相変わらず凄くて、視界が悪くなるほどだった。
しかし、これを狙う回遊魚がなかなか現れないなぁ~と感じていたのだが、このツムブリの群れにはツムブリ以外にカスミアジやカッポレなどいろいろなプレデターが混じっていて賑やかだった。
ツムブリのサイズも丸々と太った大きな成魚が中心で、密度もギューギューに詰まっていたので見応えもかなりあった。

しばらく、僕らの周りをグルグルまわったあと、また沖の方に出ていった。。。