コブシメの産卵がリクエストなんだけど。。。

【ポイント】 お宮前
【水温】 19℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:23-10:07
【潮まわり】 05:27 96cm 干潮 / 11:09 173cm 満潮 / 18:20 38cm 干潮 / 小潮(月齢:6.6)
【日の出・日の入】 日出06:17 日没18:31

今日は午前中にファンのガイドで1本。
ゲストさんは普段は高水温の海でしか潜ったことがないという方で、一応2本希望なんだけど、寒かったら1本で。。。というご予約。(笑)
最近まで23℃はあったので、天気さえ良ければ大丈夫かな。。。と思っていたのだが、水温はガクーンと下がって19℃台。。。(◎_◎;)
水中には浮遊物も浮いていたので、また黒潮がちょっと離れたのかもしれない。。。

コブシメの産卵がリクエストだったんだけど、この日は不発。。。
サンゴの周りに5-6匹は集まっていて、小さな個体はそれぞれが互いに干渉しあっていたりしていたけど、産卵はまったく行われなかった。
一番大きなメスとオスがとにかく大人し過ぎっ。。。

春はブリの老成魚の群れによく出会う。
今日もお宮前の-20m付近で20-30匹くらいの群れが通り過ぎて行った。。。


変な潮、抜けたみたい。。。

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1
【水温】 23℃ / 23℃
【透明度】 30m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 くもり時々雨
【潜水時間帯】 9:57-10:27 / 10:29-10:54
【潮まわり】 08:35 210cm 満潮 / 14:53 15cm 干潮 / 中潮(月齢:2.6)
【日の出・日の入】 日出06:21 日没18:29

今日は午前中に体験ダイビングで2本。

ここのところ水中は連日、白く濁っていて、かなり浮遊物が漂っている汚い海だったのだが、今日は一転して青々とした綺麗な海だった。(^^)
水温もたった1℃だけど上がって、23℃台に。。。黒潮かかったかな?

遠く向こうまで見渡せ、晴れていたら夏の海と間違えてしまいそうなくらい青く抜けていた。。。

真っ白い砂地で丸々と太ったツムブリの群れに遭遇すると、さらに夏っぽい雰囲気。。。と言いたいところだけど、巨大なブリが数匹混じっているのを見てしまうとまだ初春の低水温の海だ!と我に返ってしまう。。。(笑)


マルヒラアジの捕食行動

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 21.8℃ / 21.5℃ / 21.3℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:37-10:08 / 11:22-12:19 / 13:40-14:37
【潮まわり】 08:05 110cm 干潮 / 13:24 152cm 満潮 / 小潮(月齢:7.6)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:45

今日は朝一で体験ダイビングを行ったあと、来島したばかりのゲストYさんを連れてビーチから2本。。。
当初からリクエストはゼロ戦だったので、何としてもボートを出したかったのだが、乗り合いの船も見つからず、仕方なくビーチから泳いでいく事にした。(^^;)

1本目はそのためのチェックダイブと称して、浅場で一緒に潜ってみたのだがエアのもち具合も泳力も問題なかったので、2本目はゼロ戦へ!
昨年末に同業者が一湊タンク下No.1から真っすぐ、ゼロ戦までロープを引いてくれたのだが、そのおかげでゼロ戦がビーチから行きやすくなった!(^^;)
最初は「こんなの要らね~!」とか思っていたけど、かなり重宝してる。(笑)
これまでは泳いで連れていくのはちょっと厳しいかも。。。と思っていたエアがあまりもたない初心者の方でも、今では泳げさえすれば連れて行けそうな感じ。

今日のゼロ戦

今日のゼロ戦

ゼロ戦は相変わらずブリの子供たちが群れていて、それをマルヒラアジが襲っていた。
このマルヒラアジ、当初は「マルヒラアジ」と呼んでいたのだが、途中から自信がなくなってここ3-4年は「カイワリの仲間」と呼んでいた。
しかし、昨日、魚の同定に定評のある方や、この手の仲間に詳しい研究者に聞いたところ、ともに自信を持って「マルヒラアジでしょう!」と太鼓判を押してくれたので、またそのように呼ぼうと思う。。。(^^;)

気になっていた体のスポットは沢山あるものと、全くないものがあるそうな。。。
また、屋久島では水深-20m程度の砂地にあるパッチリーフでよく捕食行動が見られるのだが、マルヒラアジはその水深よりも浅い場所ではほぼ出てこないらしく、幼魚も含めてあまり浅い場所にいない魚だそうな。。。


ゼロ戦に海藻と一緒に藻ジャコが。。。(笑)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 22.1℃ / 20.6℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:00-10:44 / 11:51-12:33
【潮まわり】 08:32 220cm 満潮 / 15:04 -7cm 干潮 / 中潮(月齢:2.6)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:42

今日も雨。。。早朝はバケツをひっくり返したような土砂降りの雨だった。。。

今日は先日、うちでOW講習を受け、無事にダイバーになったOさんも加わり、一湊エリアで2ボート。
天気とは違って水中はまずまずの透明度で、水温も昨日同様にやや上がり調子だ。

久しぶりにボートを出した。
ゼロ戦もメチャ久しぶりだ。

ゼロ戦にはこの時期に水面によく浮いている流れ藻(アカモク?)が沈殿して、それがゼロ戦にからみついていた。
どうもこの海藻の下にいた魚たちも一緒に水底まで落ちたようで(笑)、ブリの子供などがゼロ戦に新規参入者として大量に着いていた。。。(^^;)
おかげで今日のゼロ戦は4月なのにメチャクチャ魚影が濃い状態だ。(笑)

春の風物詩のひとつ、カンパチとシマアジの成魚群れ。
毎年、春になると一湊湾内にカンパチやシマアジの成魚の群れが入り込む。。。
今年はちょっと少な目。。。(;´・ω・)


大型の流れ藻

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 22.3℃
【透明度】 20m
【海況】 やや時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 15:04-16:12
【潮まわり】 07:30 204cm 満潮 / 13:47 27cm 干潮 / 大潮(月齢:15.0)
【日の出・日の入】 日出06:16 日没18:31

エントリー口にたまった流れ藻

エントリー口にたまった流れ藻

今日はいろいろあって、夕方から1人で海へ。。。
いよいよ、この時期の風物詩でもある・流れ藻の漂着が始まっている。
連日、大量の流れ藻が岸に漂着し始めていて、今日の一湊タンク下のエントリー口にも大きな流れ藻の塊がドーンと居座っていた。

天気は良くて、海の中も明るかったのだが、その流れ藻の下だけは暗く、その下から青々とした明るい水中を見るとなんか幻想的で素敵だった。(笑)
流れ藻を水中で下から見るとまるで黒い雲に覆われているようで、その所々から水底に差し込む複数の光の筋はかなり神々しい感じ。

流れ藻の下には大量の小魚たち

流れ藻の下には大量の小魚たち

流れ藻を水中で下から見るとまるで黒い雲のようだ。。。

流れ藻を水中で下から見るとまるで黒い雲のようだ。。。


流れ藻の下には「モジャコ」と呼ばれるブリの子供たちを中心にいろいろな魚が群れていて、賑やかだった。
今日はコンパクトデジカメも持ってきていたので、それが大活躍。。。
一眼のマクロはほとんど使うことなく終わった。(^^;)

つーか、一眼もワイドレンズを着けてくればよかったかな。。。

流れ藻の下には大量の小魚たち

流れ藻の下には大量の小魚たち

流れ藻の下には大量の小魚たち

流れ藻の下には大量の小魚たち


例のイカ柴にはいまだにアオリイカの卵は着いていなかった。
しっかり固定していないので、大きな時化がきたら本当にヤバいんだけど、なかなか固定しに行けてない。
もしかして、こいつらってグラグラしているようなところには産卵しない???
だとしたら、キッチリ固定しないと意味がないのかな。。。早急にガチガチに固定しに行かねば。