海水浴場のサメ除けネット

【ポイント】 観音 / オツセ / 一湊海水浴場
【水温】 28℃ / 28℃ / -℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:02-9:44 / 10:56-12:03 / 13:45-15:30
【潮まわり】 04:03 92cm 干潮 / 09:48 214cm 満潮 / 16:10 65cm 干潮 / 中潮(月齢:20.0)
【日の出・日の入】 日出05:36 日没19:11

今日も常連ゲストKさんとマンツーマンで永田で2本。
風は南寄りの風で、永田界隈はベタベタに凪ぎていた。

浅い上に片手にライトを持っての撮影なので、かなりキツかった。
しかも、動きまくりのヘビギンポなので、なかなか落ち着いて撮らせてくれない。。。(^^;)

オスの吻部、上顎の皮膚が伸びているんだけど、この部分を伸ばす意味がよく分からない。。。いったい何の役に立ってるの?これ。(笑)

午後からは2組のゲストを連れてシュノーケリング・ガイド。
最近、ホント、シュノーケリングの予約が多く入る。
もしかして、流行ってるの?(^^;)

元浦が時化気味だったので、一湊海水浴場から入ってテトラポット周辺で遊んだ。
ウミガメにも沢山出会えたんだけど、1匹悲しい光景を目撃してしまった。。。

海水浴場を仕切るアミに絡まって1匹のアオウミガメの子が死んでいた。
要は絡まって呼吸のために水面に上がることができなかったのだ。。。
屋久島は回遊性ではなく、ここで生活する未成熟のウミガメが多い海域なので、こうした海水浴場のサメ除けネットも何か特別な対策を考えないとならないのかもしれない。。。


アオウミガメの摂食

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 一湊海水浴場
【水温】 25.0℃ / 24.8℃ / 24.2℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:50-9:24 / 10:21-11:06 / 15:39-16:13
【潮まわり】 04:20 103cm 干潮 / 09:44 200cm 満潮 / 16:43 21cm 干潮 / 中潮(月齢:4.6)
【日の出・日の入】 日出05:20 日没19:08

今日は午前中にファンのガイドで2本、午後からは体験ダイビングで1本。
朝から雨で香港からのゲストさんもちょっとテンションが低めかな。。。と思っていたけど、温かく、意外に明るい海に1本潜ってみると、それなりにテンションは回復!(笑)

今日はいつも以上にウミガメに出会った気がする。。。
お宮前も一湊タンク下もそれぞれ10個体以上みている気がする。

しかもどの子もまったく逃げないから、ゲストさんも驚いていた。

下の動画はアオウミガメが海藻を食べる様子。
歯で前後に磨り潰しながら食べてる。。。

午後からは体験ダイビング。
北東の風が強く、いつもの元浦は潜れない。。。そしてメチャ潮が引いていて女性のお客様には一湊タンク下はつらいと判断し、初めて一湊海水浴場で体験ダイビングを行った。
真っ白い砂地が続く海は天気の割にメチャ明るく、綺麗なのだが、生き物がまったくいないっ!(^^;;

ウミガメも遠くに1匹見た程度。
う~ん。。。でもゲストのお二人はとても楽しんでいたようで安心した。(^^;;


雑食・アオウミガメ

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 23.2℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:35-10:45
【潮まわり】 05:54 220cm 満潮 / 12:23 14cm 干潮 / 18:39 223cm 満潮 / 大潮(月齢:28.0)
【日の出・日の入】 日出05:24 日没19:04

今日は朝一でOW講習の海洋実習1日目。
海のコンディションは相変わらずいい感じだ。
天気も朝から快晴!(^^)

今日は講習だからと海にデジカメを持って行くのを止めた。
ところがこれがミスチョイスだった!!!!(◎_◎;)

一通り、スキルの練習が終わり、ちょっと中性浮力をとりながら砂地で泳ぐ練習をしたのだが、その時にアオウミガメのチビが何かを喰ってるのに遭遇した。
近寄って見るとそれはシイラの頭だった。
釣り人か漁師さんが捨てたものだと思うのだが(^^;)、それをむさぼり食っていた。

アオウミガメというと草食性寄りの雑食だと言われているけど、基本的には海藻が食事の中心で、動物性のものはクラゲくらいしか食べているのを見たことがなかったので、死体とは言え、魚の肉をムシャムシャと食っているのは初めて見た!!(-o-;

う~!!!!動画で撮りたかった。。。
なぜに今日に限ってデジカメがないんだ~!!!!


ランデブー(ウミガメ多過ぎっ!)

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 29℃ / 28℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:38-9:27 / 10:38-11:19
【潮まわり】 07:21 248cm 満潮 / 13:46 36cm 干潮 / 中潮(月齢:16.4)
【日の出・日の入】 日出05:57 日没18:34

今日はゲスト無しの予定だったのだが、急きょ入ったファンダイビングのマンツーマンガイドで午前中に2本。。。
まだまだ海は高水温&高透明度を保っている。
青々とした海はかなりクリアーで気持ちがいい!

今日のゲストさんはカメラ無しだったので、僕が撮った動画を。。。
相変わらず、一湊タンク下はウミガメが多く、1ダイブで10個体近く見ることも普通によくある。
ちょっと前まではここまで多くはなかったので驚いている。

ちょっと前までは狙ってもなかなか撮れなかった2匹が一緒に泳ぐランデブーも最近ではよく見かけるため余裕で撮れるようになってきた。。。(^^;)


なんだ?この透明度の悪さは。。。(-_-;)

【ポイント】 元浦 / オツセ / 一湊タンク下No.3
【水温】 28℃ / 27℃ / 27℃
【透明度】 ~10m
【海況】 時化気味
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:16-9:47 / 11:46-12:30 / 13:49-14:49
【潮まわり】 08:09 241cm 満潮 / 14:40 32cm 干潮 / 中潮(月齢:17.7)
【日の出・日の入】 日出05:41 日没19:05

ウミガメと一緒に泳ぐ!

ウミガメと一緒に泳ぐ!

今日は午前中に仲良し家族6人を連れて元浦でシュノーケリング。
この時はそれほど海が悪い感じはせず、むしろ夏らしい青々とした海だと思っていた。
ウミガメにも2匹出会え、大満足で帰っていったのだが、午後からの永田でのファンダイビングでは思わず絶句。。。海悪っ!(-_-;)

メチャクチャ透明度が悪く、ワイド・オンリーのリピーターゲストFさんにはちょっと残念な海だった。。。
しかも、Fさんは毎年、うみが最も良いこの時期に来店するので、今年の海の悪さには驚いたのではないだろうか。。。?(^^;)

しかし、これも先日通過した台風の影響だと思うので、多分、Fさん滞在中には元に戻るかと思うのだけど。。。


台風一過後の海は超低水温!(-_-;)

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 25℃ / 26℃ / 25℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:38-10:52 / 14:55-15:45 / 16:27-17:08
【潮まわり】 06:16 225cm 満潮 / 13:01 32cm 干潮 / 大潮(月齢:14.7)
【日の出・日の入】 日出05:39 日没19:07

台風5号の直撃で3日間、宿に缶詰状態だった常連ゲストKさん。
予定よりも1日滞在を伸ばし、何とか最後に1本だけ潜ることができた。。。(^^;)

しかし、台風一過後の海は超低水温だった!(-_-;)
3本とも25℃まで落ち、メチャクチャ寒く感じた。。。
当然、台風接近前の高水温のままだと思ってエントリーしたので、ペラペラの5mmウェットスーツだったし。。。(ーー;)
実に台風接近前から4℃も下がった計算だ。
透明度も悪いし。。。

まぁ、一時的なものだとは思うけど、早く元の海に戻って欲しいなぁ。。。

午後からはリピーターゲストTさんとそのお友達を連れてのんびり2本。。。
海の状況は悪いけど、まぁ、台風5号が過ぎ去り、無事に来島でき、潜れただけでも本当に良かった!

次回はもう少しまともな海に潜りに来てくださいねー!!!(^▽^)/

上記ビデオはゲストの辻さん撮影のタイマイとアオウミガメのニアミス。。。


温か~いっ!(^▽^)/

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.2
【水温】 26℃ / 26℃ / 26℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:52-9:54 / 10:55-11:49 / 13:07-14:01
【潮まわり】 06:45 236cm 満潮 / 13:23 -14cm 干潮 / 19:51 238cm 満潮 / 大潮(月齢:0.3)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:12

今日は初来店のゲストさんとマンツーマンでビーチから3本。

いや~温かい!(^^)
というか、メチャ海が青いっ!メチャ綺麗っ!

3日前から潮が変わり、それまでの低水温&暗い海は一気に変わった!
水温は26℃まで上がっており、透明度も40m超!水中は青々して明るい!
完全に黒潮の海だ。

こうなると潜っていてもメチャ楽だ~天国だ~!(^^)
オキザヨリも気持ちよさそうだし。。。(笑)

アオスジテンジクダイは低水温時は産む卵の量が少ない傾向がある。
寒いと口いっぱいの卵を咥えたオスは少なく、こんな感じでみんな少量の卵を咥えた子が多く見られるのだ。


でも、この高水温が続けば次回はパンパンに大量の卵を咥えたオスが目立ってくるかな。。。(^^)

今日はいつも以上にアオウミガメが多く見られた。
1ダイブで10個体近く見てるし。。。(^^;)
しかも、だいたい1か所に3匹くらいはまとまって休んでいるような状態。。。


いつでも笑顔な人は写真写りもいいのだ!

【ポイント】 元浦
【水温】 24℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 13:50-14:30
【潮まわり】 05:27 224cm 満潮 / 12:00 12cm 干潮 / 18:20 227cm 満潮 / 大潮(月齢:27.6)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:10

今日は事前の予約はまったくなくて、朝から完全に休養モードだったのだが、お付き合いのあるホテルから急な電話。
「午後からシュノーケリングができませんか?」
聞けばお客さん自身が予約したお店が予約を把握しておらず、受け入れてもらえなかったそうな。。。(^^;)
当然、暇なので(笑)、喜んでガイドをお受けした。

午後からの空は曇っていたけど、海はまずまずのベタ凪。
相変わらず水温は高いけど、ちょっと白く濁っている感じ。。。
でもコンディションは前回のシュノーケリングに比べたら、それほど悪くないっ!(^^)

ゲストは新婚さんのカップル。
明るいお二人だったので、僕もあまり気負わず、一緒になって楽しくシュノーケリングができた。
いろいろなお客さんがいるけど、自然の条件に関係なく、いつでも笑って楽しむことができるお客様だと、ほんとガイドが一気に楽になる!(笑)
いつでも笑顔だと、ほら!写真写りもメチャいいでしょ?(⌒∇⌒)

僕だけ水中にもぐって撮った1枚

今日の午後は潮が引いている時間帯だったので、落ち込み周辺に魚がよく溜まっており、魚影も濃く見えた。(^^;)
冬から春にかけての時期は元浦でもよく会っていたウミガメにもここ最近はほとんど会わなくなっていたので期待していなかったけど、バッチリウミガメにも出会え、お客様は大満足しているようだった。

ちなみにウミガメをシュノーケリングで水面から見ると、こんな感じで見えます。。。


寒々しい冬のような光景。。。(^^;)

【ポイント】 クレーン下
【水温】 26℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 10:53-11:30
【潮まわり】 05:21 225cm 満潮 / 11:40 51cm 干潮 / 17:47 234cm 満潮 / 大潮(月齢:13.1)
【日の出・日の入】 日出06:19 日没17:48

今日は午前中に半日体験ダイビングで1本。

今日もずっと続いている北東の風が強く、どんより曇った寒空の中、ビュービューと吹き付ける冷たい風は、もはや冬のような雰囲気。。。(-_-;)
そんな中でもゲストの2人は元気いっぱいで、これから始まる体験ダイビングにワクワクしているようだった。
それがせめてもの救いだ。
テンションが下がり気味だった僕も俄然やる気になってくる。。。

正直、会った瞬間のゲストさんたちのテンションがそのままガイドである僕にも影響する。

海の中はすばらしく青く、透明度の良い海だった。
暗~い寒空の陸上とは違って、水中はけっこう明るく感じた。

エントリー前に「ウミガメは見れますか?」と聞かれたけど、その時は心の中で「ちょっと厳しいかな、、、」と思っていた。
しかし、今日はメチャ当たりの海だった。

今日はいつもは行かないエリアに行ってみたところ、合計3匹のアオウミガメがのんびり海藻をついばんでいて、まったく逃げる気配がなかった。
まさかの複数匹のウミガメ!!!

そっか。。。こっちに来れば体験ダイビングでもウミガメ遭遇率は高くなるのかな。。。
ちょっとした新発見だった。(^^)


ワイヤーが好き過ぎてたまらないウミガメ。

【ポイント】 クレーン下 / 一湊タンク下No.1
【水温】 27℃ / 27℃
【透明度】 30m
【海況】 ややウネリ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:06-10:37 / 11:42-12:29
【潮まわり】 09:57 71cm 干潮 / 16:30 208cm 満潮 / 中潮(月齢:11.1)
【日の出・日の入】 日出06:18 日没17:50

今日は体験ダイビングで2本。

1年半くらい前に「抱きつきガメ」という事で、チェーンが好き過ぎてたまらないウミガメを紹介した事があったけど(→ https://www.facebook.com/moriumi/videos/989071881111517/)、今年は一湊タンク下にどうも水底に落ちているある特定の太いワイヤーが好き過ぎてたまらないと思われるアオウミガメがいる。(笑)

いつ行ってもこの場所で寝てるし、僕らダイバーが至近距離で観察していてもまったく逃げる気配がない。。。むしろ、さらに深くワイヤーに潜り込んでいく。。。(^^;)

あまりしつこく写真を撮っていると、時にはゆっくりこの場から泳ぎ去ってしまう事もあるのだが、スグに舞い戻り、僕らの目の前でまた元のこのワイヤーの下にすっぽりと収まる。
メチャクチャ、このワイヤーがお気に入りみたい。(^^)


ようやく入れた一湊タンク下

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2 / 元浦
【水温】 29.1℃ / 29.1℃
【透明度】 ~10m / ~25m
【海況】 ややウネリ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:20-10:08 / 11:02-11:53
【潮まわり】 06:39 239cm 満潮 / 13:12 35cm 干潮 / 大潮(月齢:29.2)
【日の出・日の入】 日出05:54 日没18:41

今日は午前中、ファンダイビングのガイドをマンツーマンで行ったあと、午後からは体験ダイビングで元浦へ。

昨日までの3日間、大荒れだった一湊湾内がようやく凪ぎた。
ただし、透明度はイマイチ。。。沖に出ると一部(ハナヒゲロード付近)はそこそこ青く、透明度もまずまず良かったのだが、他は深度に関係なくニゴニゴだった。

大きく時化た割に、それほど砂も掘れてはおらず、地形も変わっていなかった。
白化は依然としてひどく、水温もそれほど下がってはいなかった。。。

午後からの元浦の方がむしろ透明度は良く、手前の浅場はまったく先が見えなかったけど、砂地まで出るとかなり青々とした海が広がっていた。。。(^^)
ウミガメものんきに海藻を食っていて、ゲストさんも大満足の体験ダイビングだった。

P9010075


夏っ!

【ポイント】 横瀬 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 30.4℃ / 30.5℃ / 30.1℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:01-9:47 / 10:41-11:38 / 14:00-14:53
【潮まわり】 07:51 96cm 干潮 / 14:39 167cm 満潮 / 19:36 142cm 干潮 / 長潮(月齢:9.2)
【日の出・日の入】 日出05:43 日没19:02

1泊弾丸ツアーでお越しのリピーターFさんたちの2日目。。。
いや~海は相変わらず、水温30℃超のぬるま湯&透明度40mオーバーのメチャクチャクリアーかつブルーな海だ。

ホント、気持ちがいい!(^^)

ワイド一辺倒のFさんたちのリクエストに応えて、今日はとことんワイド向きのポイントをまわった。

先日もそうなんだけど横瀬の-30m付近は現在、メチャクチャ魚影が濃いっ!
その中心はニザダイなんだけど、ここのところ、いつもボォ~と大きな群れで佇んでいる。

ゼロ戦では毎日、ツバメウオの群がりが見られ、まさに真夏の海。(^^)

まとまった雨ももう何日も降ってないし、今年は連日暑いっ!


ウミガメ天国

【ポイント】 オツセ / オツセ / 一湊タンク下No.1
【水温】 30.0℃ / 28.4℃ / 30.5℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:28-10:26 / 11:35-12:31 / 14:28-15:28
【潮まわり】 06:36 97cm 干潮 / 12:48 168cm 満潮 / 18:11 130cm 干潮 / 小潮(月齢:8.2)
【日の出・日の入】 日出05:42 日没19:03

今日は週明けから滞在中のゲストさんたちの最終日。。。

2本永田で潜ったあと、最後は一湊で1本!

いや~またゴマモンガラが卵を守っててドキドキの永田での2本だった。(^^;;
その反動で最後の一湊での1本がメチャクチャのんびりした1本に感じた。(笑)

一湊タンク下は相変わらずのウミガメ天国だった。


ウミガメ・ボランティアで来島の2人

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29.5℃ / 29.4℃ / 30.1℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:37-12:40 / 14:05-14:58 / 15:58-17:00
【潮まわり】 08:42 233cm 満潮 / 15:12 44cm 干潮 / 中潮(月齢:3.2)
【日の出・日の入】 日出05:39 日没19:08

今日のゲストさんはウミガメ・ボランティアで来島し、最終日の今日はダイビングを。。。という学生さん2人。
今日までの2週間はアカウミガメばかりを見ていたことになるのだが、海に潜る今日はアオウミガメ三昧。。。

屋久島では通年見られるウミガメはアオウミガメなのだ。

今日もそこら中でアオウミガメが海藻を食っており、じっくり観察させてくれた。

これで彼女たちの目には「屋久島は海も陸上もウミガメだらけ。。。」そんな印象をもったに違いないっ!(笑)


ウミガメだらけ。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 27.6℃ / 27.8℃ / 29.0℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ時々くもり
【潜水時間帯】 10:53-11:40 / 12:58-13:44 / 14:56-15:43
【潮まわり】 08:05 240cm 満潮 / 14:39 31cm 干潮 / 中潮(月齢:2.2)
【日の出・日の入】 日出05:38 日没19:09

一湊エリアで潜っているとアオウミガメは鉄板で、もはや必ず見れる。。。というか、ダイビング中に何匹出会えるか?というレベル。(笑)
それでもウミガメがいると必ずゲストさんを呼んで指し示してしまうのだが、最初は反応してくれたゲストさんたちも2本目、3本目と重ねるうちに、終いには無視!(ーー;)
今日は特に多かった。。。
一番、ウミガメに出会う「一湊タンク下」はもちろん、「お宮前」でも何匹ものアオウミガメに出会い、一湊タンク下では視界に一度に5匹、「お宮前」では一度に6匹のウミガメが目に入ってくる事もあった。。。(^^;)
いったい何なの?今日は。。。?(;´・ω・)
ウミガメのお祭りか何かあるの???(笑)


ボートの手配に一苦労。。。(;´・ω・)

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29.2℃ / 28.9℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:58-9:40 / 10:44-11:34
【潮まわり】 06:46 102cm 干潮 / 12:29 167cm 満潮 / 18:24 108cm 干潮 / 小潮(月齢:7.7)
【日の出・日の入】 日出05:24 日没19:22

ただ今、14:00。。。
現在、最干潮(18:24)待ち。
暇なので午前中の2本分の写真をゲストさんからお借りして、ログを更新。(^^;)

今日もメチャクチャいい天気で、夏らしい1日だった。
マンツーマンだったこともあり、今日もボートの手配に苦心。

結局、普段、乗り合っているショップさんはどこもゲストがいなかったので、今日は普段まったく乗り合う事がないショップさんに頼み込んで船に乗らせてもらった。
夏のハイシーズンなのに、この状況はちょとキツイ。。。(;´・ω・)

海は潮が速いっ!
ゼロ戦界隈は激流で、ワイドでムレハタタテダイを狙うつもりが、あまりにも潮が速いのでムレハタタテダイたちは中層に大きく広がり、全然まとまってくれなかった。。。

さて、、、ちょっと早いけど、これから夕方のタイドプールに行ってきま~す!!(^^)


ようやく晴れた!(^^)

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 28.6℃ / 28.5℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:27-12:43 / 14:25-15:42
【潮まわり】 05:45 101cm 干潮 / 11:19 179cm 満潮 / 17:35 90cm 干潮 / 小潮(月齢:6.7)
【日の出・日の入】 日出05:24 日没19:23

ようやく晴れた~!!!(^^)
3-4日ぶりに見る青空!!!

完全に週末のゲストさんの中に「雨女」or「雨男」がいる事が判明。。。(笑)

今日は初来店のゲストさんとマンツーマンで2本。
やっぱり晴れた日の海の中は明るいっ!(^^)
あまりの陽気の良さにサンゴの上でウミガメもうつらうつら。。。

水温はいよいよ28-29℃台に!
ちょっと白濁りしているけど、水中は相変わらず絶好調だ。(^^)


どうしよう?明日、行ってみようか。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 25.6℃ / 25.0℃ / 25.7℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:17-10:27 / 11:25-12:21 / 14:25-15:00
【潮まわり】 10:36 42cm 干潮 / 17:10 206cm 満潮 / 中潮(月齢:26.0)
【日の出・日の入】 日出05:19 日没19:24

7月に入った!
今日は朝から良く晴れて暑いっ!
夏らしい1日。。。(^^)
しかし、今度は水中がちょっと濁り気味。。。黒潮はまた少し外れたようで、浮遊物も多い海だった。。。

お宮前でもコブシメの産卵が見られた。
とはいっても、メスが2匹のみの小規模産卵で、オスの姿は見られなかった。。。
屋久島のコブシメの産卵ピークは5月の初旬なのだが、今年はその時期、ほとんど産卵が見られなかったのに、今頃になって産卵ラッシュ!(^^;)

一湊タンク下は相変わらず、アオウミガメ多し。
何か最近、普段は見ない子が数匹新たに入り込んでいるような。。。

明日か明後日の早朝にハッチアウトしそうな卵を咥えたジョーフィッシュのオスが。。。でもガイド中だから卵の成熟具合を確認できないっ!
どうしよう?明日、行ってみようかどうか。。。迷う!


季節外れのコブシメの交接

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / オツセ
【水温】 25.4℃ / 24.9℃ / 25.2℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:11-10:21 / 11:10-12:15 / 14:11-15:06
【潮まわり】 07:07 90cm 干潮 / 13:06 180cm 満潮 / 小潮(月齢:23.0)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:24

連日のマンツーマン続き。。。乗り合いの船が見つからなければ、ビーチエントリーという、いまだにとっても不安定な屋久島のダイビング事情。。。(^^;)

でも、今日はビーチエントリーで良かった~!!!(^^)

今日はちょっと季節外れともいえるコブシメの交接を観察。

最初は2匹のメスが産卵しそうで、ずっと観察していたんだけど、なかなか卵を産んでくれない。。。
オスは1匹が傍らで見守っており、僕らが近づくとメスを防御するいつもの行動。。。

当然、産卵するとばかり期待して見ていたのだが、突然雌雄2匹が交接を始めた!(;´・ω・)

産卵じゃないんかいっ!(笑)

ガッツリ交接して、無事にオスは精子カプセルを渡せた模様。。。実はここからが産卵だったとは!!
ここまでの産卵しそうな雰囲気はいったい何だったんだろ。。。?(^^;)

今日もウミガメ多し。。。1ダイブで10匹以上見ている気が。。。なんかいつもより異常に多い気がする。。。いつもの子ではないアオウミガメも何匹か混じっていた。

3本目だけはボートで永田・オツセへ。。。
ちょっと水中が暗い。。。(^^;)


異常に多かった今日のウミガメ。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.1
【水温】 24.8℃ / 23.9℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:24-12:23 / 14:01-14:58
【潮まわり】 07:47 234cm 満潮 / 14:33 -6cm 干潮 / 中潮(月齢:2.0)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:18

今日は香港からのゲストさんとビーチから2本。
まだダイビングを始めたばかりの若い女の子だったのだが、かなりしっかりOW講習を受けたようで、上手い!(^^)
2本目なんて一湊タンク下No.1からゼロ戦まで泳ぎ、さらには漁礁をまわって帰ってきたくらい。(笑)
というか、通常、経験本数が20本以下だと、器材のセッティングすら怪しい方が多いのだが(笑)、この子は全然、大丈夫だった。

P6070007

今日の一湊タンク下は異常にウミガメが多かった!
いつでも4-5匹のアオウミガメを見かけるのだが、今日は何回出会っただろう。。。やや白濁りした海で見通しはあまり良くないにも関わらず、のべ20匹くらいのウミガメに出会ってる。
おかげで多分、ゲストさんの記憶には「屋久島はウミガメ・アイランド」だとインプットされたに違いない。。。(笑)

現在、一湊タンク下は、4-5月に多かったアオサはほとんど溶けてしまい、今は水底にミルが繁茂している(今年はやや少なめ)。
基本的にアオウミガメはその時期、その時期で食べる海藻をしっかり変えているので(つまり旬の食べ物をしっかり食べてる!(笑))今はこのミルを食べてる。
しかし、どちらかというとアオサの方が好きなようで、わずかに残っているアオサを見つけると、周りにミルが繁茂していても、選択的にそれを好んで食べているようだ。(^^;)

よ~く観察するとスグに分かるのだが、アオウミガメはその海藻を下顎で何度も何度も磨り潰してから飲み込む。
これがよく分かる動画を。。。

TG4で撮影した80秒の動画です。


妙なやつに憑りつかれたウミガメ(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 24.8℃ / 24.9℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり時々晴れ
【潜水時間帯】 11:22-12:07 / 13:51-14:37
【潮まわり】 04:11 105cm 干潮 / 09:39 196cm 満潮 / 16:29 35cm 干潮 / 中潮(月齢:20.3)
【日の出・日の入】 日出05:17 日没19:12

久々のゲスト&久々のガイド。。。(^^;;
海は日に日に良くなっていて、今日は昨日以上に青々とした透明度の良い海だった。(^^)
水温もガンガン上がり続けている。(現在25℃)
今週末のゲストさんたちも喜んでくれるかな~?(^▽^)/

今日も水中は常時わさわさしていて、アオヤガラは相変わらず数十匹の群れをつくってる。。。

アオウミガメに着くアオヤガラ

アオウミガメに着くアオヤガラ

今日も一湊タンク下ではたくさんアオウミガメがたむろしていたんだけど、そんな中でも浅場で出会った1匹は妙なやつに憑りつかれていた!(笑)
大型のハタ類の頭部付近にヘラヤガラが着き、ずっとつきまとう光景は頻繁に見かけるのだが、アオウミガメにアオヤガラがつきまとうのは初めて見たかも。。。(-_-;)

ヘラヤガラやアオヤガラがこんな感じで大型の魚につくのは一応、捕食戦略のひとつだと言われている。
こうして大きな生き物に付き、同化しながら獲物に近づき、機会を伺って、一瞬でバクっ!と捕食するのだ。
何か僕らダイバーから見るとメチャクチャ目立っちゃってるけど、一応隠れているつもりらしい。。。(笑)

ちなみに憑りつかれている方(今回はアオウミガメ)はそれほど迷惑しているようには見えず、むしろまったく気づいていない感じがアホっぽくてウケる。。。(^^;)


元浦もウミガメ多し。。。

【ポイント】 元浦
【水温】 21.5℃
【透明度】 30m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:00-11:45
【潮まわり】 06:59 112cm 干潮 / 12:33 155cm 満潮 / 小潮(月齢:23.0)
【日の出・日の入】 日出06:06 日没18:36

いよいよ、4月に入った。

今日は朝から曇っていて見た目は冬のような光景なのだが、もうそんな天気の日でも寒くはない日が増えてきた。

今日も18-19℃くらいまで気温が上がり、冬季は10℃以上あった気温と水温の差は一気に縮まっている。

でも逆にそうなるとダイビング時は余計に寒く感じる方もいるようで、今日のゲストさんの1人はエクジット後、寒すぎて思考停止状態に。。。(^^;)

今日の元浦は30m以上のメチャクチャ、クリアーな透明度でとても明るかった!(^^)

なんか合成写真みたいだけど。。。(^^;)

なんか合成写真みたいだけど。。。(^^;)

シーズン中、このポイントではあまりウミガメニは出会わないんだけど、今日はなんと3匹のアオウミガメに出会った。

ダイバーが少ない時期は元浦もウミガメ遭遇率は一気に上がる!


暴風雨なのにベタ凪っ!

【ポイント】 元浦
【水温】 21.0℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 暴風雨
【潜水時間帯】 10:30-11:20
【潮まわり】 07:19 218cm 満潮 / 13:25 23cm 干潮 / 大潮(月齢:0.0)
【日の出・日の入】 日出06:34 日没18:22

今日は体験ダイビングで午前中に1本。

でも朝から暴風雨!(-o-;
といっても、風向きが南から次第に西に変わっていくような風だったので、体験ダイビングのポイント・元浦は波ひとつないベタベタに凪ぎた海だった。

でも背後から吹く風は台風並みの暴風だったので、海まで歩くのも一苦労。。。

逆に水中は潜っちゃえば静かなんだけど、水中から見上げる水面は強烈な風の流れ(オフショア)がよ~く分かって、面白かった。。。(^^;)

透明度や明るさは昨日よりも良くなっていて、今日の水中はいい感じ。。。
よく晴れた昨日の海よりも明るく、青々していた。(^^)

しかも、今日の元浦はアカカマスやムロアジの群れなどが沢山いて、賑やかだった。
小さいけど、ウミガメも!


また明るい海が帰ってきた!(^^)

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 21.6℃
【透明度】 20m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 14:30-15:33
【潮まわり】 07:21 109cm 干潮 / 13:15 156cm 満潮 / 小潮(月齢:23.5)
【日の出・日の入】 日出06:41 日没18:18

2日連続のベタベタ凪ぎ!(^^)
海は波ひとつないベタ凪の湖状態で、しかも天気は快晴で暖かい!
正直、陸上ではドライスーツも暑いくらいだった。。。(^^;)

ここ数日、春の風物詩のひとつである流れ藻がちらほら見られ始めた

ここ数日、春の風物詩のひとつである流れ藻がちらほら見られ始めた

海も今週に入ってからは水温が上昇傾向で、今日はとうとう22℃まで上がり、一時は16-17℃まで落ちた水温はまた元に戻った!
天気が良かったこともあるんだけど、海も比較的青々していて、一時は多かった浮遊物も少なくなってきて黒潮の海を思わせるくらいだった。

水面には春の風物詩のひとつ、流れ藻がちらほら見られ始めた。
まだ大きなものは流れ着いていないけど、すでに動きはじめていることは確か。
じきに一湊タンク下のエントリー口も大きな流れ藻に覆われることだろう。。。(^^;)

イカ柴はエントリーしてからスグの-12m付近に散らばっているのだが、今日は青かったので、そこまで泳ぐのはとても気持ち良かった!!!
こういう時にこそゲストがいれば良かったのに~!!!と悔しがりながら、今日も釣り人がイカ柴用に一湊タンク下に投棄した常緑樹の枝を1か所に集め、ウェイトなどでより強固に固定する作業ですべてを費やした。(^^;)

今日は22℃と水温が高かったこともあり、ドライスーツでの作業でスーツの中は汗でびっしょになった。(笑)
タンクは12Lに変えたんだけど、やっぱりエアーの減りは早く、50分程度で残圧がすでに30でまたまたビックリしてしまった。(^^;;
多分、ロクハンだったら、ここまで減りは早くないと思うんだけど。。。(-_-;)

くそー!!あと少し。。。あと少しで終わったのにー!!!
でももう少し補強しないとマズいので、もう2回くらいは行かないとダメかなぁ。。。

今日の作業 - before

今日の作業 – before

今日の作業 - after

今日の作業 – after


なんか写真で見るとあまり変化を感じないかもしれないけど、結構、集積して盛ったはずなんだけど。。。

運ぶのが辛いので、他所にもう1か所集積場所を増やした。。。(^^;)

運ぶのが辛いので、他所にもう1か所集積場所を増やした。。。(^^;)

今日は透明度が良かったので、周囲が前回以上に見渡せたのだが、前回は気づかなかったのだが、かなり広範囲にウェイト付きの常緑樹の枝は散らばっていて、移動するのも大変なくらい離れた場所にもちらほら。。。

これらはさすがに面倒になってきたので、もう1か所集積場所を設けて、ここに集めておいた。(^^;)
ここのイカ柴は下地が砂地なんだけど、もう1か所の下地が岩盤のイカ柴といろいろと比較する楽しみができてかえって面白いかも。。。

危ないっ!(^^;)もう少しでテーブル状のサンゴに直撃しそうだった土嚢

危ないっ!(^^;)もう少しでテーブル状のサンゴに直撃しそうだった土嚢

そんな今日、気づいたウェイト付きの常緑樹の枝の中にはこんなメチャクチャ際どい場所に落ちたモノもあった。(;´・ω・)
あと少しでテーブル状のミドリイシがヤバかった。。。
危ない、危ない。。。(^^;)


17℃!?マジっすか。。。(-_-;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.1
【水温】 17.1℃/17.6℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 10:18-11:04/12:09-12:46
【潮まわり】 07:15 199cm 満潮 / 13:13 56cm 干潮 / 18:53 202cm 満潮 / 大潮(月齢:13.5)
【日の出・日の入】 日出06:52 日没18:10

今日は久しぶりにガイドで2本。

逃げ出すアオウミガメ

逃げ出すアオウミガメ

ゲストさんはフル器材レンタル(5mmフルスーツ)で潜るというので寒さを心配していたのだが、やっぱり寒かったみたい。。。(^^;)

それもそのはず、今日の屋久島は通常のダイビングポイント、ダイビング水深ではめったにない17℃台前半の水温。。。
冷たい北西の風が吹き荒れたあとの浅場は一時的によくこの水温になるのだが、通常のダイビング水深ではあまりない事だ。

透明度がよく見えるけど実は。。。(-_-;)

透明度がよく見えるけど実は。。。(-_-;)

海は昨日まで大きく時化ていたので、ちょっとでも時化ていたら中止にしようと思っていたのだが、今日はよく凪ぎベタベタ。
水中は相変わらず濁り気味で暗く、最悪のコンディションだったけど、そこら中でウミガメが見られ(うち1匹はタイマイ)楽しんでもらえたようだ。

まだ卵を守っていたワモンダコ

まだ卵を守っていたワモンダコ

先日、卵守りをレポートしたワモンダコ。(⇒ワモンダコの卵守り
今日もまだ卵を守り続けていたのだが、ずいぶん手前にも新たな卵が増えているような。。。
今まで意識したことはなかったんだけど、もしかしてワモンダコって何回かにわけて産卵するの???(-_-;)
成熟段階の違う卵が混じっているのは前から気づいていたけど、まさか複数回に分けて産卵しているとは思ってもみなかった。

よく考えるとコブシメなんかもそんな感じだし、可能性としては十分にありうるのだけど。。。


1泊の弾丸ツアー

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.3
【水温】 26.1℃/25.0℃/26.0℃
【透明度】 30m
【海況】 やや時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:44-9:51/11:03-12:06/13:54-14:43
【潮まわり】 09:34 229cm 満潮 / 15:29 93cm 干潮 / 中潮(月齢:18.1)
【日の出・日の入】 日出06:31 日没17:31

今日はシコンハタタテハゼを見たいがために1泊の弾丸ツアーで来島されたKさんのリクエストで永田で潜る予定だったのだが、思いのほか北寄りの風が強く永田エリアはクローズ。。。(ーー;)

Kさん、いったい何のために来島されたのかよく分からない状態に。。。(^^;;

気を取り直して一湊エリアでのんびり3本潜った。
天気が今日も悪く、やっぱり上がると肌寒いっ!
海の中の方がずっと温かいという。。。

海は依然として青々していて、透明度も抜群に良く綺麗だ。(^^)


シロブチハタ

【ポイント】 元浦
【水温】 25.6℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:03-10:43
【潮まわり】 07:21 250cm 満潮 / 13:26 60cm 干潮 / 19:11 246cm 満潮 / 大潮(月齢:15.1)
【日の出・日の入】 日出06:29 日没17:34

2日間ゲストなしが続き、今日は1日体験ダイビングのグループが1組のみ。。。
ずっと続いていた北東傾向の風は北西に変わり、とうとう一湊湾内はかなりの大時化に。
晴れて、そこそこ気温は高かったけど、海はまさに冬のような光景。。。

元浦のウミガメ

元浦のウミガメ

こんな時に凪ぎるのが体験ダイビングのメイン・フィールド「元浦」だ。
ということで今日の1日体験ダイビングは2本とも静かな元浦で行った。

ガイドはスタッフの詩帆に任せて、僕は水中をフラフラ。。。(^^;)

ただ今、ある人にキツネブダイの成魚(オス・メス)の写真を頼まれているのだが、このブダイは過去にこの元浦でのみ観察例があるのだが、僕はまだ撮影していない。
今日はこのキツネブダイをキョロキョロしながら探しまくったけど、見つからなかった。。。(ーー;)
もっと沖の方にいるのかなぁ。。。うーん。。。

シロブチハタの若魚

シロブチハタの若魚

帰りに浅場でシロブチハタの若魚を見かけた。
どちらかというと淡水混じりの汽水域などでよく見られるハタの仲間だ。
普段のダイビングエリアではあまり見ない子なので、思わずコンデジのシャッターを切ったのだが、これ1枚切って電池切れ。。。(笑)
しょぼい写真で申し訳ない。。。(^^;)


西風強し!

【ポイント】 一湊タンク下No.3/一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.1
【水温】 29.3℃/29.3℃/29.3℃
【透明度】 30m~5m
【海況】 時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:27-10:27/12:04-13:10/14:48-16:04
【潮まわり】 05:47 223cm 満潮 / 12:33 36cm 干潮 / 大潮(月齢:28.0)
【日の出・日の入】 日出05:43 日没19:02

今日は西の風が思いのほか強く、一湊湾内はかなりの時化気味。。。
入れるポイントが一湊タンク下界隈だけになってしまった。

オマケに湾内は濁りが入り、透明度は5m程度。。。(-_-;)

時化よりもこの透明度の悪さが予想外!

お盆の繁忙期ということもあって、ゲストさんの数も多かったため、この透明度はちょっとドキドキだ。。。(笑)

お盆の混雑も今日、明日で終わる。
最後まで事故がないように気を引き締めて頑張ろっと!(^^)


ウミガメの肛門からビニール。。。(-_-;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 29.0℃/27.1℃/29.6℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:16-10:21/11:32-12:25/13:54-14:59
【潮まわり】 04:04 206cm 満潮 / 11:05 52cm 干潮 / 17:50 210cm 満潮 / 中潮(月齢:26.0)
【日の出・日の入】 日出05:42 日没19:04

この日は一湊でのんびり3本。。。
一湊と永田を交互に潜ってるんだけど、なんか一湊のほうが青くて透明度がいい気がする。。。(^^;)
おまけに一湊の方がよりベタ凪ぎ!

今はのんびり気持ちよく潜るのだったら一湊のほうがいいのかな。。。

ホームの一湊タンク下はウミガメ遭遇率が99.9%のウミガメ・ポイントなのだが、これは根付きのアオウミガメが数個体いるからだ。

このうち、今年に入って新規参入した小さなアオウミガメがいるのだが、この子の肛門から何やらビニールのようなものが出てる。。。(-_-;)

ゆっくり引き出してみるとスルスルと抜け出てきて、その先にはウンコが。。。(-o-;

ウミガメは人間の捨てたビニール袋をクラゲと勘違いして口にし、窒息死するケースがよくあると聞いてはいたものの、実際にビニールを食っているところは見たことはなかった。

なので半信半疑だったんだけど、こいつらマジで食ってる。。。(-o-;
ただ窒息死はせずに、しっかり肛門から出てるけど。。。(笑)

当たり前だけど、やっぱり、ビニールはまったく消化されないんだなぁ。。。恐ろしい。。。


まったく逃げない一湊タンク下のウミガメ

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.1
【水温】 22.2℃/21.7℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 12:20-13:01/14:24-15:21
【潮まわり】 08:42 108cm 干潮 / 13:59 145cm 満潮 / 中潮(月齢:8.3)
【日の出・日の入】 日出05:38 日没18:52

今日は午前中が体験ダイビングで1本、午後からはファンダイビングで1本。

体験ダイビングはダイバーとノンダイバーの友達同士。
しかも他にゲストはいなかったため、一湊タンク下でやることにした。

一湊タンク下は昨日の元浦ほどではないけど、やっぱりちょっと濁り気味。。。(・_・;)
浮遊物も多くてなんか汚い感じ。
GWを前にして状況はちょっと最悪だ。^^;

ただ天気も良く暖かかったので、気分的にはアゲアゲ。(笑)
ウミガメにも大量に会えて、ゲストさんたちは満足された様子だった。(^^)

まったく逃げないウミガメ。。。

まったく逃げないウミガメ。。。

しかし、相変わらず、どのウミガメも逃げない。。。
どんなに近づいても(顔を目の前に近づけても)、海藻を食べることに必死で、まったく逃げる様子がない。
大丈夫か?こいつら???(・_・;)

数日前の高水温の間でさえ出ていなかったハナヒゲウツボが今日は久々に元気に顔を出していた。
水温はかなり下がっているのに。。。


アオスジテンジクダイ、産卵タイミング

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 23.8℃
【透明度】 20m
【海況】 やや時化気味
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:10-12:08
【潮まわり】 09:39 87cm 干潮 / 15:24 172cm 満潮 / 若潮(月齢:24.7)
【日の出・日の入】 日出05:52 日没18:44

海はやや時化気味。。。
水中はややウネリがあって、今日一番の目的だったカギケノリという海藻の撮影は困難を極めた。。。(笑)

この海藻はさすがに揺れていると思うように撮れない。
この海藻でメルヘンの世界を作ろうと、いろいろ構想はあったんだけど、この揺れだとさすがに厳しい。。。^^;

結局、今日も1時間以上、今にも産卵をしそうなアオスジテンジクダイのペアにずっと張り付いた。
寒がるスタッフのロクハンも届いたので、もう気を遣うことなく粘れるのだが、今日も産卵は見れずにタイムアウト。

未だにアオスジテンジクダイの産卵直前の動きが掴めない。。。
やりそうでやらない。。。

動画は食事中のアオウミガメ。
冬季と違って餌となる海藻が沢山あるので、やつらも嬉しそう。。。(^^)