やっぱり今年も山桜とリンクするアマミスズメダイ(yg)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前
【水温】 22.2℃/22.3℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:04-10:10/11:29-12:37
【潮まわり】 09:22 107cm 干潮 / 14:41 148cm 満潮 / 長潮(月齢:8.7)
【日の出・日の入】 日出06:11 日没18:34

現在、僕が使っている水中撮影用のハウジング「Nexus」を作っている古澤さんが来店していて、今日は2日目。。。
今日は一湊で2本潜った。
昨日はよく晴れ、海もベタ凪だったのだが、今日は天気も悪く、海もややシケ気味。
しかし、それも僕らが潜っている午前中だけで、午後からはまた青空が戻ってきた。
春の風物詩・アマミスズメダイの幼魚を今季初確認。
毎年、山桜が屋久島の里の山々を彩る頃とリンクするのだが、今年もまさにそんな感じ。(^^)
水中はやはり透明度がイマイチで、水底付近にはアミ類が多い時期になった。
ヒメオウミアミもそこらじゅうで見られる季節だ。
先日、口内保育を今季初確認したアオスジテンジクダイはよく見るとすでに卵は発眼しているものもあるようで、1回目の孵化が近い。
ここ数日で急にカギケノリ(海藻)が増え始めた。
まだ若い株は蛍光ブルーがとても綺麗だ。


やっぱり、つかの間の高水温だった。。。(・。・;

【ポイント】 一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.1
【水温】 20.6℃/20.0℃/20.9℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:27-10:44/11:39-13:06/14:35-15:44
【潮まわり】 04:00 87cm 干潮 / 09:38 196cm 満潮 / 16:30 19cm 干潮 / 中潮(月齢:20.3)
【日の出・日の入】 日出05:45 日没18:48

やっぱり、つかの間の23℃台だった。。。(^^;;
また水温は20℃台に下がり、元に戻ってしまった。
透明度だけは相変わらず良くて30mくらいは抜けているので、今日は朝から雨の天気だったにも関わらず、水中はかなり明るかった。

今日は常連ゲストHさんとマンツーマンで3本。
今年から高速船の最終便が17:15と昨年よりも1時間も遅くなったため、最終日でも3本潜れるようになった。(^^)
鹿児島で1泊して帰る方や九州圏内の方にはおススメです!

6日前に確認したクマノミノ卵がやはり見事に半分以上が無くなっていた!
産卵期初期のクマノミの卵は自分たちで食べてしまうのか、それとも食べられてしまうのか知らないけれど、孵化前に無くなってしまう事がよくある。
一部、残っていたけど、すでにその卵には稚魚の目玉が見えていた。
まさかこれも明日には無くなってる???(◎_◎;)

一方で先日、孵化したクマノミの産卵床にはすでに今季2回目の産卵が行われていた。
2-3日くらい前に産みつけられた卵だろうか?
だとしたら、中4日くらいの産卵だ。
同時に今季初観察したもう1か所の産卵床はまだ2回目の産卵は行われていない。


春の風物詩ぞくぞく。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 19.4℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 15:02-16:30
【潮まわり】 05:59 112cm 干潮 / 11:16 154cm 満潮 / 18:42 62cm 干潮 / 小潮(月齢:7.3)
【日の出・日の入】 日出06:00 日没18:40

今日も午後から海へ。

相変わらず、透明度は悪く、水温も低い最低な状態。。。(・・;)
水底にはアミ類が湧くように広がっていて、それがさらに透明度を悪くしている。
まぁ、これも春の風物詩でもあり、上手く海の生態系がまわっていく上で欠かせない状況なので、我慢するしかない。(^^;;

春の風物詩・アマミスズメダイの幼魚

春の風物詩・アマミスズメダイの幼魚

ようやく春の風物詩・アマミスズメダイの幼魚を見つけた。(^^)
毎年、山に桜が満開となる時期に合わせて、初確認するのがアマミスズメダイの幼魚なのだが、今年はすでに山の桜は散り始めている。。。
屋久島では山桜は3月下旬くらいに満開となるので、今年のアマミスズメダイの初確認はやや遅く感じる。

春の風物詩・タキベラの幼魚

春の風物詩・タキベラの幼魚

同所では同じく春の風物詩であるタキベラの幼魚も見られた。
こちらは数週間前にすでに初確認しているのだが、今年はちょっと少ないような感じがする。

死んでしまった卵を守っていた母親

死んでしまった卵を守っていた母親

1か月くらい前に卵守りを確認したワモンダコの巣穴を覗いてみると、なんと卵を守っていた母親は死んでいた。
タコの仲間は卵を守ってそのまま死を迎えるというのは聞いていたけど、実際にそのままそこで死んでいるのは初めて見た。
最後の力を振り絞って卵を守り、孵化を見届けたら、そのまま弱って死んでいくのだろうか。。。
その過程を想像すると、何か切ない気持ちになってしまった。。。(・・;)

ワモンダコに食いつくヒレナガスズメダイ

ワモンダコに食いつくヒレナガスズメダイ

すでに何者かにつつかれたり、食べられたりしているのか、体はボロボロだった。
この死体を穴から引っ張り出そうとすると、何やら穴の中から逆に引っ張る者あり。。。
穴の中の住人は何者なのか調べるために、ややタコの死体を外に出し待ってみたけど、結局分からなかった。
逆に穴の外からはヒレナガスズメダイがこの死体に食いつき引っ張ったりしていた。


今年もアマミスズメダイのチビを確認(^^;;

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 22.5℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨&雷
【潜水時間帯】 14:30-16:13
【潮まわり】 04:21 89cm 干潮 / 10:09 176cm 満潮 / 17:08 45cm 干潮 / 小潮(月齢:6.3)
【日の出・日の入】 日出06:24 日没18:27

今日は久しぶりに雨が降り、午前中は一時的に雷も凄かった。
午後からカメラを持って海へ。。。

多分オス。。。ハサミを誇張して撮ってみた

多分オス。。。ハサミを誇張して撮ってみた

今日もワレカラの幻想的な1枚を求めて、シロガヤ地帯に一直線!
今日も例のシロガヤにはワレカラは着いておらず、スグに諦めて普通にワレカラを撮ったり、周辺でヒドロ虫やコケムシの仲間などを観察して過ごした。

ワレカラは基本的に何かパッとしない生き物なのだが、ハサミ足だけは妙にカッコいい。。。
メカニックな感じで、何かアニメに出てきそう。。。(笑)
大きなハサミを持った大きめの個体に張り付き、ハサミを広げた瞬間を狙って、ハサミ足を誇張して撮ってみたところ、これがメチャ、カッコいい!!!
この感覚は男にしか分からないかもなぁ。。。(^^;;

ちなみに写真の子はオスだと思う。。。

出産後、ある程度までは胸元で子供を育てる

出産後、ある程度までは胸元で子供を育てる

白い卵をお腹に抱えたメス

白い卵を育房に抱えたメス


子育て中のメスもいた。
今の時期、メスは育房でどいつも白い卵を抱えているのだが(右写真)、中にはすでに子供が生まれて、それを胸元で育てている母親も見かけた。(左写真)
その母親もお腹にはすでに次に産む白い卵を抱えていた。
出産サイクルは早そうだ。

今季初記録、アマミスズメダイ(yg)

今季初記録、アマミスズメダイ(yg)

昨日、ガイド中にようやくアマミスズメダイのチビを見かけた。
アマミスズメダイのチビは春の風物詩。。。
毎年、山々に山桜が目立ち始めるのに合わせて爆発的に増える。
今年は桜が咲くのが10日ぐらい早いのだが、海の中も今年は水温が高いせいか、同じように春の訪れが少し早い気がする。

アマミスズメダイの幼魚はそこら中で毎年見られ、しかも成魚は通年見られるメチャクチャ普通種なのだが、こういう季節の訪れを告げる魚は無事に確認すると何か嬉しくなる。。。(^^)
あ~今年も春が来た。。。(*´∇`*)


透明度40m!!!でも冷た~い潮だった。。。( ̄□ ̄;)!!

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前/一湊タンク下No.3
【水温】 19.5℃/20.8℃/19.8℃
【透明度】 40m/30m/20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:21-11:10/12:23-13:16/15:05-15:53
【潮まわり】 09:12 86cm 干潮 / 15:05 168cm 満潮 / 若潮(月齢:9.8)
【日の出・日の入】 日出05:34 日没18:56

今日はエントリーするなり超ビックリ!!!
昨日まで白く濁って透明度の悪かった海が一転!遙か先の方まで見渡せるようなメチャクリアーな海!!!
透明度40mといってもいいくらいだったのだ。

今季初・ベニハナダイ(yg)

今季初・ベニハナダイ(yg)

一瞬黒潮到来???と喜んだのもつかの間。。。スグにウェットスーツに染みこんできた海水の冷たさで、それが違う事を悟った。。。
そうメチャクチャ冷たく、そして綺麗な潮が入り込んでいたのだ。( ̄□ ̄;)!!

こうなるとむしろ濁っててもいいから、温かいほうがいいかも。。。
実際、今日は陸上も寒かったこともあって、1本で寒さのためリタイアしたゲストも出たくらい。
まさかの19℃台!!!

春の風物詩その1・キツネベラ(yg)

春の風物詩その1・キツネベラ(yg)

春の風物詩その2・アマミスズメダイ(yg)

春の風物詩その2・アマミスズメダイ(yg)


ベニヒレイトヒキベラも求愛を始めた

ベニヒレイトヒキベラも求愛を始めた

2本目のお宮前も透明度は良くて水温は超低い状態。
今回のこの潮は表層にニチリンクラゲがものすごかった。
寒くて帰りは上層を泳いで帰ると、こいつらがウジャウジャ。。。
これはこれで綺麗なのだけど、やっぱり冷たい水は辛い。。。(^^;)

お宮前ではベニヒレイトヒキベラが求愛を始めていた。
スミレナガハナダイもバリバリの婚姻色だった。

フタイロハナゴイ(yg)は着き始め

フタイロハナゴイ(yg)は着き始め

3本目はゼロ戦へ。。。
こちらはガクーンと透明度が落ちていたけど、昨日よりは全然クリアーだったので、メアジの群れの全貌が明らかに!!!
昨日までは濁っていて全体が見渡せなかった漁礁のメアジの群れはものすごい数だった。
2つの漁礁にまたがる形で全体をメアジの子供の群れが覆っていた。
それを狙うヒレナガカンパチの群れ!!!
うぉ~!!!GW後の個人的なターゲットはこれで決まりだな。。。
ワイドで撮ったら最高の絵になりそうだ。
GW後もカンパチに食われずにこの数、このボリュームが維持されて欲しいなぁ。。。