夏の海の象徴!

今年もたまにツバメウオの群れが見られるようになってきた。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 26.4℃ / 26.0℃ / 26.8℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:59-9:44 / 11:35-12:38 / 14:31-15:38
【潮まわり】 10:44 49cm 干潮 / 17:26 202cm 満潮 / 若潮(月齢:10.3)
【日の出・日の入】 日出05:24 日没19:22

浜松のダイビングショップ・アースダイバーズさん御一行様の2日目。
うちのお客様グループも合わせて、船の上はかなりの人数。。。(^_^;)

今年もたまにツバメウオの群れが見られるようになってきた。
こいつらがのんびり群れている姿を見ていると、ものすごく「夏の海」って感じがする。。。(^^)


1人元気な妹さん(^^)

今日の午前中は中国に住んでいるという4人の日本人家族のシュノーケリング・ガイド。

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 -℃ / 26.8℃ / 26.8℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:00-11:00 / 14:33-15:25 / 16:25-17:17
【潮まわり】 05:23 197cm 満潮 / 11:29 82cm 干潮 / 17:28 212cm 満潮 / 中潮(月齢:12.3)
【日の出・日の入】 日出06:23 日没17:42

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今日の午前中は中国に住んでいるという4人の日本人家族のシュノーケリング・ガイド。
海はとても凪ぎていたのだが、もともと車酔いしやすいというお母さんとお姉ちゃんが波酔いしてしまい、途中から離脱。。。
お父さんもややグロッキー気味だったが、たた1人元気で笑顔が絶えなかった妹さんだけが最後まで楽しんでいた。(^_^;)
案の定、あとから撮った写真を見てみるともはや妹さんの単独写真集のような感じになっていた。。。(笑)
でも、いい写真でしょ?(^^)

午後からは海の日の連休を利用して来島された浜松のダイビングショップ・アースダイバーズさん御一行様のガイドで2本。
明るいお客様たちで、楽しく潜れた!(^^)
明日からもよろしくお願いします!


バイカナマコの模様

バイカナマコにも様々な模様があって、和柄のこの模様の子が最近よく見られている。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1
【水温】 26.0℃ / 27.2℃ / 27.4℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:41-9:42 / 10:46-11:44 / 13:28-14:35
【潮まわり】 08:35 80cm 干潮 / 15:01 184cm 満潮 / 小潮(月齢:8.3)
【日の出・日の入】 日出05:23 日没19:23

バイカナマコにも様々な模様があって、和柄のこの模様の子が最近よく見られている。
ここにウミウシカクレエビなどが付いていれば、それは最高の被写体になる。
今日の最後の浅場フリータイムはこれにハマった。。。(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先日(7/5)にハッチアウトを観察した子がまた卵を咥えていて、かなり成熟した状態になってる。。。
多分、ホシカゲアゴアマダイはハッチアウトしたその日には新たな卵をくわえる事が多いので、この卵の状態はすでに5-6日目くらいだと思う。
水温が上がってきて卵の成長が早い気がする。。。


ずいぶん深い水深に。。。

オツセで-15m付近にテングヘビギンポのような魚を見つけた。
通常、テングヘビギンポは-5m以浅で見られる魚で、このような深い場所では見られない魚だ。

【ポイント】 オツセ / オツセ / 観音
【水温】 26.2℃ / 27.2℃ / 26.8℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:13-10:02 / 11:07-11:59 / 13:44-14:38
【潮まわり】 07:20 90cm 干潮 / 13:24 184cm 満潮 / 小潮(月齢:7.3)
【日の出・日の入】 日出05:23 日没19:23

久々の永田!
昨年の台風で永田の堤防が決壊し、今年は永田で使っているボートがずっと一湊に停泊しているため、絶対的に凪ぎの海じゃないと永田には走ってくれなくなってしまった。
今日は昨日、永田で船を出しているという情報をキャッチして、そのまま永田にいてもらうことにして、ようやく永田で潜ることができた。。。

ただ永田の各ポイントもその大きな台風以来、ポイントが崩壊しており、いまいち面白味に欠ける海が続いている。。。

深場ではアケボノハゼのチビが目立ち、水温が上がったというのにまだカンナツノザヤウミウシなどが見られた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
オツセで-15m付近にテングヘビギンポのような魚を見つけた。
通常、テングヘビギンポは-5m以浅で見られる魚で、このような深い場所では見られない魚だ。
しかもかなりの大型個体なのにも関わらず、テングの由来となった立派な鼻(皮弁)が短い!

僕のカンではテングヘビギンポではないと思うのだけど。。。


見つかるときは連続で見つかるの法則(笑)

トンネル下では、昨日同業者から教えてもらったハチジョウタツをこちらでも見つけた!

【ポイント】 横瀬 / トンネル下 / お宮前
【水温】 26.6℃ / 26.6℃ / 26.2℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:30-10:09 / 11:18-12:10 / 14:22-15:21
【潮まわり】 06:09 96cm 干潮 / 11:55 193cm 満潮 / 18:20 77cm 干潮 / 小潮(月齢:6.3)
【日の出・日の入】 日出05:22 日没19:23

今日からの3日間は昨日来島したAさんグループのみ!
ただ相変わらず、永田がNGの状態だったため、一湊界隈のみで4日間潜る事になりそうだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
元気なうちに普段はあまり行かないポイントや沖合のポイントに行っておこうという事で、今日は横瀬や普段はあまり潜らないトンネル下などで潜った。
トンネル下では、昨日同業者から教えてもらったハチジョウタツをこちらでも見つけた!
今回は自力で見つけることが出来た。。。ずっと見つからなかったのに、見つかるときは連続で見つかるものなんだな。。。とちょっと感心した。(^_^;)


17年ぶりの日本版ピグミーシーホース(笑)

昨年、新種(Hippocampus japapigu)記載され「ハチジョウタツ」という標準和名が提唱された小さなタツノオトシゴの仲間がいる。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 27.6℃ / 27.6℃ / 27.8℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:55-9:58 / 11:49-12:35 / 14:14-15:15
【潮まわり】 05:07 99cm 干潮 / 10:43 206cm 満潮 / 17:22 54cm 干潮 / 中潮(月齢:5.3)
【日の出・日の入】 日出05:22 日没19:23

透明度が黒潮接岸時にしてはイマイチだけど、まぁ、水温は高く、透明度も良い夏の海が続いている。(^^)

今日海の中で17年ぶりの出会いが。。。(^^)

昨年、新種(Hippocampus japapigu)記載され「ハチジョウタツ」という標準和名が提唱された小さなタツノオトシゴの仲間がいる。
永らくジャパピグの愛称で呼ばれていた魚なのだが、実はこいつは僕の古巣である八丈島レグルスダイビングが17-18年前に初めて世に発信した魚だった。
ちょうどその2-3年前にピグミーシーホースが国内では小笠原に続き2番目に八丈島でも見つかっており、これに対する種として当時、レグルスダイビングでは「日本版ピグミーシーホース」という愛称で呼んでいた。
それがその後、国内の各地で見つかり、いつの間にか「ジャパピグ」などと呼ばれるようになっていったという経緯がある。

この一連の発見が八丈島であった頃、僕はまさに八丈島・レグルスダイビングでガイドをしており、その辺の最新情報は当然リアルタイムで得ることが出来ていた。
そして当時まだ若かった僕は体長8mm程度の日本版ピグミーシーホース(ハチジョウタツ)などは楽々見つけることができる目を持っており(つまり老眼ではないという意味(笑))、よくガイド・ネタにしていた。

3年ほど前から他店の若いガイドさんが「ジャパピグ見つけた!」などと言い始めていたのだが、僕にはさっぱり見つけることが出来なかった。
今年に入ってからも何度か「ジャパピグいますよー!」などと聞いていたのだが、僕の目ではまったく見つからない。。。(^_^;)
今日はその若いガイドさんと海で出会い、教えてもらった!

うーん。。。多分僕にとって17年ぶりくらいの日本版ピグミーシーホースとの出会いだった。(笑)
懐かしい。。。若かりし頃、必死でこの魚を探してゲストに見せていた自分を思い浮かべ、ちょっと懐かしんでしまった。。。(^^)


海の中の光るキノコ?

最近、個人的にハマっているのが、ダイビングの最後の浅場でのフリータイム中、ひたすら「海のキャンドルナイト」ことホソガヤ科の一種を動画で撮ることだ。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1 /お宮前
【水温】 27℃ / 27℃ / 27℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:10-10:03 / 11:14-12:26 / 14:45-15:53
【潮まわり】 09:45 221cm 満潮 / 16:30 33cm 干潮 / 中潮(月齢:4.3)
【日の出・日の入】 日出05:21 日没19:23

最近、個人的にハマっているのが、ダイビングの最後の浅場でのフリータイム中、ひたすら「海のキャンドルナイト」ことホソガヤ科の一種を動画で撮ることだ。
これを撮るために、最後の最後はフリータイムにしていると言っても過言ではない。(笑)

ただ撮るだけではなく、可能な限りバックを暗くして、かつホソガヤ科の一種は青く光らせることで「光るキノコ」のような感じで動画を撮りたいのだ。
青が薄すぎたり、逆にバックが暗すぎてヒドロ虫の触手が黒く潰れてしまい綺麗に浮かび上がってこなかったりと、なかなか難しく撮りがいがある。

さらにあまり揺れておらず、静かになびく感じで揺れているのが理想だ。。。
そうなると撮影環境(海況)も関係してくるのでなかなか満足のいく動画にはならない。。。

そうこうしているうちに水温が上がってきてしまい、綺麗に青く発色した個体が少なくなってきてる。。。(このヒドロ虫は低水温時の方が元気!)
早く撮らねばこいつが最も綺麗な時期が終わってしまう。。。(・_・;)


屋久島オープンウォータースイミング2019

今日は毎年、この時期に行われる屋久島オープンウォータースイミング2019の日。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 26.2℃ / 25.6℃ / 26.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:51-9:35 / 11:33-12:44 / 15:00-16:06
【潮まわり】 08:55 231cm 満潮 / 15:42 15cm 干潮 / 中潮(月齢:3.3)
【日の出・日の入】 日出05:21 日没19:24

今日は毎年、この時期に行われる屋久島オープンウォータースイミング2019の日。。。
しかし、今年は参加者が少ないと聞いていたのだが、その通り、こじんまりとした大会のように見え、潜れる範囲にもあまり制限は感じられなかった。(^^)
2本目から宮崎のダイビングショップ・グリートダイバーズさんが加わった。

今日は本当なら永田エリアで潜る予定だったのだが、風向きがあまりよくなく仕方なく一湊で潜った。。。
最近、まったく永田で潜れてない。。。(・_・;)


新種・ホシカゲアゴアマダイのハッチアウト

今朝、昨年11月に日本産アゴアマダイ属12番目の種として和名がついたばかりの「ホシカゲアゴアマダイ」のハッチアウトを今季初めて見に行った。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2 / 春田浜タイドプール
【水温】 27.4℃ / 26.8℃ / -℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 4:23-5:36 / 11:28-12:33 / 14:20-16:20
【潮まわり】 08:08 238cm 満潮 / 14:57 2cm 干潮 / 中潮(月齢:2.3)
【日の出・日の入】 日出05:20 日没19:24

今朝、昨年11月に日本産アゴアマダイ属12番目の種として和名がついたばかりの「ホシカゲアゴアマダイ」のハッチアウトを今季初めて見に行った。
つまり、「祝・令和初」ならぬ「祝・ホシカゲアゴアマダイ初」(笑)

大きな卵塊を咥えて外に出てきたのだが、なかなかハッチアウトしないので痺れを切らして一度動画のスイッチを切ってしまった直後に始まってしまった!
あわてて再度、動画のスイッチを押したけど、孵化し初め、下手すればピークが撮れなかったかも。。。

ちなみに今朝は2個体のハッチアウトを観察したのだが、もう1ヶ所は臆病な子で穴の中からハッチアウトしてしまった。。。(・・;)

普段から警戒心が強くてなかなか顔を出してくれないような個体はこの動画のように穴の中からハッチアウトさせてしまうことがある。。。
過去にも2回ほどそんなことがあった。

今回は5:00過ぎに自然の状態でハッチアウトさせようとしていたところ(この日の常用薄明時間は04:53)に出くわしたため、ちょっと焦ってしまい、光の当て方やカメラを構える振る舞いなどに激しさがあり、かなりこの個体にプレッシャーを与えてしまったのかもしれない。。。

孵化のほとんどを穴の中で行ってしまい、最後の数匹だけを外に出てきて孵化させた。


卵の成長度合いが明らかに速くなってる。。。

卵の成長は異常に早い気がするけど、それでもハッチアウトは明日ではなく、明後日か明々後日かな。。。と個人的には思っているのだが、この卵の成長の速さからすると明日の早朝も一応行っておかないと何か怖い。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 27.8℃ / 26.8℃ / 27.8℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:54-9:44 / 11:53-12:51 / 14:28-15:37
【潮まわり】 07:23 240cm 満潮 / 14:14 -4cm 干潮 / 大潮(月齢:1.3)
【日の出・日の入】 日出05:20 日没19:24

ホシカゲアゴアマダイのハッチアウトをリクエストしていたTさんは結局、これを見ることが出来ないまま最終日を迎えてしまったが、今週はもう1人このハッチアウトをリクエストしていたリピーターさんが1人。。。
今日、来島したUさんだ。
彼が滞在中にハッチアウトしそうな個体は2匹もいるので、確実に見れそうだ。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今日の卵の様子はこんな感じ。
卵の成長は異常に早い気がするけど、それでもハッチアウトは明日ではなく、明後日か明々後日かな。。。と個人的には思っているのだが、この卵の成長の速さからすると明日の早朝も一応行っておかないと何か怖い。。。
水温が上がったからだろうか。。。卵の成長度合いが半端なく速い。

Uさんと話し合って、一応、明日の早朝は見に行くことにした。

ちなみに前日までに行う卵チェックはメチャクチャ大変だ。
普段は卵を咥えていないので、ちょっとプレッシャーを与えると咥えて出てくる。
このときに急いで卵の状態を写真に撮らねばならないのだ。。。

しかし、この動画のようにスグにまた卵を巣穴の奥深くに置いてきてしまうので厄介だ。

ホシカゲアゴアマダイのオスはテンジクダイ類のように、四六時中、卵を咥えているわけではなく、咥えていないことの方がむしろ多いくらいだ。
簡単に卵を巣穴の奥に置いてきて摂餌に励んだりしてる。。。

巣穴の石の蓋を取った瞬間は卵を咥えている事が多いので、基本的には咥えていることがスタンダードだと思いがちだけど、僕が長年観察した限りでは「危険を感じる」と咥えるのではないか?と考えている。

事実、石の蓋を開けたあと、しばらくするとスグに卵を巣穴の奥深くに置いてきて、何食わぬ顔で再び出てくる。。。
そしてライトを強く照らしたり、指示棒を近づけたりすると再び巣穴の奥から卵を咥えて出てくるのだ。

そしてまたしばらくすると卵を巣穴の奥深くに置いてきて、再び顔を出す。。。その繰り返しだ。(動画参照)

だからハッチアウト観察には欠かせない前日の卵の状態チェックは困難を極める。
コンデジのオートフォーカスだとなかなかピントが合わない上に、ようやく合ったと思ったら、今度は卵を咥えない状態に戻ってしまう。。。(・_・;)


まだまだだなぁ。。。

今日も3本目でホシカゲアゴアマダイの卵の状態をチェック。
卵を診る限りではまだまだかなぁ。。。という感じ。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 27.2℃ / 26.0℃ / 27.0℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:57-9:44 / 10:53-11:52 / 13:54-15:03
【潮まわり】 06:41 238cm 満潮 / 13:31 -3cm 干潮 / 大潮(月齢:0.3)
【日の出・日の入】 日出05:19 日没19:24

今日も3本目でホシカゲアゴアマダイの卵の状態をチェック。
卵を診る限りではまだまだかなぁ。。。という感じ。

このハッチアウトをリクエストのTさんは5日は飛行機に乗って帰るので、明日の朝が最後のチャンスなのだが、まだまだハッチアウトまでは時間が掛かりそうだ、、、
残念だけど、仕方がない。


ハッチアウト狙いでイギリスから。。。

今週の前半はホシカゲアゴアマダイのハッチアウト狙いでなんとイギリスから来島中のTさんがいる。
ちょうど彼女が来島直前に卵を咥えているオスを2ヶ所で確保し、上手くすればどちらかの個体のハッチアウトが見られるかもしれない。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 春田浜タイドプール / 一湊タンク下No.2
【水温】 26.6℃ / -℃ / 27.6℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨時々晴れ
【潜水時間帯】 8:46-10:03 / 11:40-13:40 / 15:15-16:20
【潮まわり】 05:58 231cm 満潮 / 12:48 5cm 干潮 / 大潮(月齢:28.7)
【日の出・日の入】 日出05:19 日没19:24

今週の前半はホシカゲアゴアマダイのハッチアウト狙いでなんとイギリスから来島中のTさんがいる。
ちょうど彼女が来島直前に卵を咥えているオスを2ヶ所で確保し、上手くすればどちらかの個体のハッチアウトが見られるかもしれない。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そのためには毎日卵の状態をチェックしなければならない。
今日ももうひとつのリクエストであるタイドプールに行ったあとまた一湊に戻り、夕方から卵をチェックするために一湊タンク下で潜った。

うーん。。。まだまだ卵が黄色いなぁ。。。
ホシカゲアゴアマダイの卵は産卵時は黄色く、これがどんどん透明になっていく。
黄色い部分は稚魚の栄養分にあたるらしく、これがなくなって透明になると孵化だ。

今日の卵はまだまだ黄色く、Tさんの滞在中は間に合わないかも。。。そう思わせるほど大きく栄養分が残っていた。。。


黒潮の海は気持ちがいいっ!(^^)

昨日、急に22-23℃から一気に27℃台まで水温が上がり、今日もその温かい海が継続中。。。
透明度も青さも最高!
潜っているだけで気持ちがいい海だ。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 25.0℃ / 26.6℃ / 27.2℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:52-9:59 / 11:13-12:11 / 13:47-15:00
【潮まわり】 05:16 224cm 満潮 / 12:07 18cm 干潮 / 18:41 223cm 満潮 / 大潮(月齢:27.7)
【日の出・日の入】 日出05:19 日没19:24

昨日、急に22-23℃から一気に27℃台まで水温が上がり、今日もその温かい海が継続中。。。
透明度も青さも最高!
潜っているだけで気持ちがいい海だ。

今日は平日なのにそこそこゲストさんの予約が集中した。
直前まで「水温が低いので覚悟してくださいね~」と伝えていたので、ロクハンを持ってきている人もいた。(笑)
嬉しい誤算。。。

このまま黒潮が完全接岸してくれるといいなぁ。。。

ニシキフウライウオが抱卵中。。。(^^)


祝・黒潮接岸?

今日は1本目から激流だった!
そう。。。黒潮が動いてる!

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.1
【水温】 25.0℃ / 25.8℃ / 26.2℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:25-10:14 / 11:24-12:27 / 14:00-15:02
【潮まわり】 04:33 215cm 満潮 / 11:24 36cm 干潮 / 17:57 210cm 満潮 / 中潮(月齢:26.7)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:24

今日は1本目から激流だった!
そう。。。黒潮が動いてる!

一昨日が22-23℃、昨日が24℃だった水温が一気に上がって今日は26-27℃!!
透明度もグーンと上がった。

このまま黒潮完全接岸!と行くと良いのだけど。。。

激流をさけて2本目、3本目は一湊タンク下の浅場でまったり。(^^)
そこらじゅうで「謎のイカ」のハッチアウトが見られた。

過去に静止画はよく撮ってるけど、動画は初めて。
TG5の顕微鏡モードはすごい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ようやく卵をくわえたホシカゲアゴアマダイのオスが見つかった。。。(・・;)
今年は例年に比べてホシカゲアゴアマダイ自体が少ない気がする。


ウミウシ大好き!なのにウミウシ苦手なうちに来てくれるリピーターさん(笑)

ウミウシ大好き!なのに、ウミウシが弱いうちのお店に最近よく遊びに来てくれる(笑)リピーターのSさんと前にダイビング業界にいたというTさんご夫婦がゲスト。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 24.0℃ / 23.8℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:43-12:46 / 14:25-15:12
【潮まわり】 10:40 55cm 干潮 / 17:08 195cm 満潮 / 中潮(月齢:25.7)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:24

ウミウシ大好き!なのに、ウミウシが弱いうちのお店に最近よく遊びに来てくれる(笑)リピーターのSさんと前にダイビング業界にいたというTさんご夫婦がゲスト。
海は相変わらずの凪ぎなんだけど、水温はいまだなかなか上がらない。。。

まだ黒潮のかからない海はちょっと暗いけど、ウミウシや極小生物好きのSさんにはあまり関係ないみたい。。。(笑)


早く梅雨が明けないかなぁ。。。

水中は相変わらず暗く、寒い。。。
周囲が暗く、自然光があまり入らないから、ウメイロモドキにライトを当てるとメチャ映える!(笑)

【ポイント】 横瀬 / お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 22.6℃ / 22.8℃ / 23.2℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:43-9:21 / 10:29-11:32 / 12:52-14:03
【潮まわり】 09:51 75cm 干潮 / 16:12 179cm 満潮 / 若潮(月齢:24.7)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:24

ここ3日間、日中は雨、夕方になるとメチャクチャ晴れるというパターンが続いている。
だから夕方になると明日の晴れた1日をつい想像してしまうのだが、翌日の雨でガッカリ。。。その繰り返しだ。

昨日の夕方も明日はもしかしたら河口の泥地で潜れるかもね!なんて言っていたのに、蓋を開けてみるとこの3日間で最も雨が降った1日だった。
今日はとうとう飛行機が朝から全便欠航してしまうほど。(・・;)

水中は相変わらず暗く、寒い。。。
周囲が暗く、自然光があまり入らないから、ウメイロモドキにライトを当てるとメチャ映える!(笑)


口の中からこんにちは!

トラギス類の目玉にテンジクダイ類の頭に、スズメダイ類の口の中に!
寄生する連中はそこらじゅうで見られるのが黒潮接岸直前の海。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / 楠川
【水温】 23.2℃ / 23.4℃ / 24.0℃
【透明度】 ~15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもりのち晴れ
【潜水時間帯】 8:46-9:43 / 10:54-12:01 / 14:32-15:43
【潮まわり】 08:56 93cm 干潮 / 15:00 166cm 満潮 / 中潮(月齢:23.7)
【日の出・日の入】 日出05:17 日没19:24

2日連続、寄生虫ネタで申しわけないのですが、まさに今の屋久島の海の状態を表しているのだから仕方がない。。。^^;

トラギス類の目玉にテンジクダイ類の頭に、スズメダイ類の口の中に!
寄生する連中はそこらじゅうで見られるのが黒潮接岸直前の海。。。

それはそれで個人的には好きなので良いのだけど、寒いのは嫌だ~!!!
依然として水温は24℃台。。。


とても評判のいい歯医者さん

水温の低いときは寄生虫をつけた魚が多く見られ、実際ゼロ戦のテンジクダイ類も寄生虫付きの子が多く見られる。。。ゼロ戦の”歯医者さん”・アカシマシラヒゲエビもまだまだ忙しそうだ。(^^)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 23.4℃ / 24.0℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 11:25-12:25 / 13:45-14:35
【潮まわり】 07:49 107cm 干潮 / 13:26 160cm 満潮 / 小潮(月齢:22.7)
【日の出・日の入】 日出05:17 日没19:24

今年の梅雨はメチャクチャ雨が少ないなぁ。。。とか思っていたら、最後の最後に大雨になりそうだ。(・_・;)

こんな時に限ってゲストさんのリクエストが河口の泥ハゼ!とかだったりするのだが(笑)、それ。。。無理かも。。。(笑)

一湊湾内はベタ凪ぎなんだけど、また黒潮が外れているようで海は濁り気味。。。浮遊物も凄かった。

水温の低いときは寄生虫をつけた魚が多く見られ、実際ゼロ戦のテンジクダイ類も寄生虫付きの子が多く見られる。。。ゼロ戦の”歯医者さん”・アカシマシラヒゲエビもまだまだ忙しそうだ。(^^)


まだまだ黒潮接岸中

海水浴場側はとても静かで透明度も最高!
ただ水面直下2mくらいにサーモクラインが立ち、やや視界を悪くしていた。

【ポイント】 元浦 / 一湊海水浴場
【水温】 -℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 14:00-15:30
【潮まわり】 09:12 199cm 満潮 / 16:05 44cm 干潮 / 中潮(月齢:18.7)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:23

今日は午後からシュノーケリングのお客様が2組。
相変わらず黒潮は接岸中のようで、透明度も青さも申し分ないのだが、風表の元浦はかなりの濁りとウネリ。。。
少しだけこちらで入ったあと、スグに海水浴場側に移った。

海水浴場側はとても静かで透明度も最高!
ただ水面直下2mくらいにサーモクラインが立ち、やや視界を悪くしていた。
珍しくウミガメにはなかなか会えず、最後の最後に逃げ去る子ガメに遭遇。。。見れなかった人もいて悔しがっていた。。。^^;


相変わらず引きまくりの元浦

午後からは元浦が凪ぎたのでこちらで行った。
しかし、やっぱり午後は大きく潮が引くようで、浅場はかなり濁りあり。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 元浦
【水温】 25.0℃ / 25.4℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:08-9:48 / 14:29-14:58
【潮まわり】 08:35 210cm 満潮 / 15:29 30cm 干潮 / 中潮(月齢:17.7)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:23

今日は午前も午後もゲストはカップルさんで、体験ダイビング。
午前中は元浦が東寄りの強風を受けてやや時化気味だったので一湊タンク下で行った。
こちらはとても静かでのんびり潜ることができた。。。(^^)

午後からは元浦が凪ぎたのでこちらで行った。
しかし、やっぱり午後は大きく潮が引くようで、浅場はかなり濁りあり。。。
でもウミガメにも会えたし、外はそこそこ抜けていて思い切り楽しんでくれたようだ。(^^)


表層が濁っている

海に入る前から黒潮の海を想像して入ったけど、潮がドン引きしていたせいで水面直下-2mくらいはモヤがかかったように白く濁っていて水の中の様子もフィルターがかかったような感じになっていた。

【ポイント】 元浦
【水温】 -℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 14:30-15:30
【潮まわり】 08:00 218cm 満潮 / 14:55 18cm 干潮 / 中潮(月齢:16.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:22

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今日は午後からシュノーケリング。
海に入る前から黒潮の海を想像して入ったけど、潮がドン引きしていたせいで水面直下-2mくらいはモヤがかかったように白く濁っていて水の中の様子もフィルターがかかったような感じになっていた。
でも、少し潜ると青々とし黒潮の海が広がっていた事からも、まだ黒潮は依然として接岸中のようだ。

今日もウミガメには何匹も出会えた。
ただ表層が濁っているせいか、撮ってあげた写真はどれもイマイチだな。。。^^;


お!!黒潮接岸か?

いや~黒潮が絶賛接岸中かも!!!(^^)
天気は最高に悪いけど(笑)、いきなり暖かくて、青くクリアーな海!!!

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 25.0℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:30-10:55
【潮まわり】 07:26 224cm 満潮 / 14:20 9cm 干潮 / 大潮(月齢:15.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:22

今日は午前中に体験ダイビングをボートで1本。
本来なら元浦でビーチからやるのだが、東寄りの風が強く、静かな一湊湾内でやろうとボートでのエントリーを提案。。。

いや~黒潮が絶賛接岸中かも!!!(^^)
天気は最高に悪いけど(笑)、いきなり暖かくて、青くクリアーな海!!!
突然の黒潮接岸。。。こんどはいつまで続くかな。。。^^;


なかなか上がらない水温

いや~完全に黒潮が外れてる。。。ちょっと水温が低くて、透明度もイマイチで水中が暗い。。。
ガイドとしては綺麗で明るい海を見せられないのが残念。

【ポイント】 元浦 / 元浦 / 一湊タンク下No.1
【水温】 -℃ / 23.0℃ / 22.6℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:00-10:00 / 14:25-15:01 / 15:53-16:16
【潮まわり】 06:17 225cm 満潮 / 13:07 5cm 干潮 / 大潮(月齢:13.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:22

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今日は午前中にシュノーケリング、午後からは体験ダイビングで2本潜った。
ともに透明度は最悪だったのだが、1本目はウミガメにも大量に会えてかなり楽しめたシュノーケリングだった。

午後からは体験ダイビングを2ダイブ。
いや~完全に黒潮が外れてる。。。ちょっと水温が低くて、透明度もイマイチで水中が暗い。。。
ガイドとしては綺麗で明るい海を見せられないのが残念。

しかし、GWの頃よりも水温が低いなんて。。。どういう事?(・・;)


苔虫類が無くなったあとのカンナツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシの仲間の中でも苔虫類を餌とするカンナツノザヤウミウシなんかは、水温が上がってくると彼らの餌となる苔虫類が少なくなるため、どんどん彼らも少なくなっていくのだが、水温は依然として低いのでまだ苔虫類はかなり繁茂している。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1
【水温】 21.4℃ / 23.0℃
【透明度】 5m
【海況】 やや時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:56-9:47 / 11:00-11:57
【潮まわり】 05:41 223cm 満潮 / 12:29 11cm 干潮 / 19:01 222cm 満潮 / 大潮(月齢:12.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:21

まだ北西の風はやや強かったけど、一応、潜れるまでには回復し、天気も上々!(^^)
リピーターゲストIさんご夫婦のリクエストは相変わらず、ツノザヤウミウシの仲間!

ツノザヤウミウシの仲間の中でも苔虫類を餌とするカンナツノザヤウミウシなんかは、水温が上がってくると彼らの餌となる苔虫類が少なくなるため、どんどん彼らも少なくなっていくのだが、水温は依然として低いのでまだ苔虫類はかなり繁茂している。。。
今日は成体がたくさん見られたのだが、こうした大きな個体は海藻の上に乗っていたりしている。
こいつら、苔虫類が無いときはどうなっちゃうんだろ。。。?


久々の南部

今日の北部の海は1本目こそ何とか入れて水中もそれほど時化てはいなかったのだが、目に見えて海が悪くなっていき、2本目はかなり厳しい状況に。。。
仕方なく2本目以降は南部に潜りに行くことにした。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 湯泊
【水温】 23.0℃ / 22.4℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:01-9:45 / 11:59-13:14
【潮まわり】 05:04 218cm 満潮 / 11:48 23cm 干潮 / 18:17 216cm 満潮 / 中潮(月齢:11.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:21

今日の北部の海は1本目こそ何とか入れて水中もそれほど時化てはいなかったのだが、目に見えて海が悪くなっていき、2本目はかなり厳しい状況に。。。
仕方なく2本目以降は南部に潜りに行くことにした。

潮もそこそこ引いている時間帯だったので、まさにタイドプールが最高の状態ではあったのだが、ゲストさんの希望で「ダイビング」ができる南部の海へ。。。(笑)
どんより曇っていた一湊とは違って、やはり北西の風の時の南部は暖かくて、よく晴れていた。

ただ、海はかなり濁っていて、水温も北部以上に低かった。。。^^;
1本だけで切り上げて終了。。。


どんどん下がる水温

どういうわけか水温はどんどん下がってる。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 22.4℃ / 22.8℃
【透明度】 20m
【海況】 水面バシャバシャ(風強し)
【天候】 雨
【潜水時間帯】 11:31-12:18 / 14:03-14:59
【潮まわり】 04:23 211cm 満潮 / 11:04 40cm 干潮 / 17:29 206cm 満潮 / 中潮(月齢:10.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:21

どういうわけか水温はどんどん下がってる。
GWの後半ですら26℃台だった水温がもう6月も後半に入ろうとしているのに22℃台にまで落ち込んでる。

どういうわけか低水温時によく見られる寄生虫類もまだまだ普通に見られるし。。。(・_・;)


一湊湾内よりも元浦の方が青々として綺麗

午後からは仲良し姉妹の体験ダイビング。

うーん。。。一湊湾内よりも元浦の方が青々として綺麗な感じ。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.1 / 元浦
【水温】 22.8℃ / 23.0℃ / 23.6℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:53-9:20 / 10:03-10:35 / 16:01-16:32
【潮まわり】 06:44 110cm 干潮 / 12:10 178cm 満潮 / 18:55 63cm 干潮 / 小潮(月齢:6.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:19

OW講習の2日目。
屋久島出身のゲストOさんから昔の屋久島高校はヤンキーが多かったとか、そんな話をいろいろ聞いて面白かった!(笑)
ちなみに今の屋久島高校は真面目な子ばかりですよ。。。

そして無事にOW講習は終了。
楽に終わった講習だった。。。(^^)

午後からは仲良し姉妹の体験ダイビング。

うーん。。。一湊湾内よりも元浦の方が青々として綺麗な感じ。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋久島出身のお客様!

今日からOW講習。
ゲストは関東にお住みなのだが、高校卒業まで屋久島に住んでいたという方!

【ポイント】 元浦 / 元浦 / 元浦
【水温】 23.6℃ / 24.0℃ / 24.2℃
【透明度】 30m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 10:47-11:33 / 12:46-13:13 / 15:17-15:42
【潮まわり】 05:27 112cm 干潮 / 10:47 189cm 満潮 / 17:44 46cm 干潮 / 小潮(月齢:5.7)
【日の出・日の入】 日出06:23 日没17:42

今日からOW講習。
ゲストは関東にお住みなのだが、高校卒業まで屋久島に住んでいたという方!

何やら友人たちと沖縄にダイビングに行くことになり、急遽ダイビングのライセンスを取らなければならなくなり、いろいろ調べているうちに故郷の屋久島でも取れるんだ!と気付き申し込まれたそうな。。。
実家は島の反対側にあるので、故郷とはいえ宮之浦に宿を取っての受講。。。(笑)

海はベタ凪で講習日和!(#^^#)


ガイドとしてはもっと良い海を見せたかったなぁ。。。

水温も透明度もイマイチだったけど、どんな海でも楽しめる方々で本当に良かった。(^_^;)
でも、ガイドとしてはもっと良い海を見せたかったなぁ。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 23.4℃ / 23.6℃ / 23.2℃
【透明度】 20m
【海況】 やや時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:44-9:49 / 10:55-11:48 / 13:34-14:18
【潮まわり】 04:23 111cm 干潮 / 09:46 204cm 満潮 / 16:44 28cm 干潮 / 中潮(月齢:4.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:18

愛媛県松山市のダイビングショップ・EBダイバーズさんの屋久島ツアー2日目。
当初予定していた永田では潜れず、北西の風でやや時化気味の一湊湾内で3本。

そうは言っても昨日の南の強風よりは全然マシ!
やや低い水温の海でのんびり潜れた。。。

水温も透明度もイマイチだったけど、どんな海でも楽しめる方々で本当に良かった。(^_^;)
でも、ガイドとしてはもっと良い海を見せたかったなぁ。。。


南の強風。。。

今日は北部の海が風裏になる南南西の風だったのだが、あまりにも強くて吹き飛ばされそうな強風だった。(・_・;)

【ポイント】 お宮前(OMIYAMAE) / 一湊タンク下No.3(ISSO-TANK-SHITA No.3) / 一湊タンク下No.2(ISSO-TANK-SHITA No.2)
【水温】 24.2℃ / 23.4℃ / 23.8℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れのちくもり
【潜水時間帯】 8:53-9:45 / 10:56-11:39 / 13:04-14:02
【潮まわり】 08:56 216cm 満潮 / 15:51 11cm 干潮 / 中潮(月齢:3.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:18

愛媛県松山市にあるEBダイバーズさんの屋久島ツアー1日目。

前にスタッフのHさんが個人的に遊びに来てくれたのだが、今回はショップツアーを組んで遊びに来てくれた。(^^)

今日は北部の海が風裏になる南南西の風だったのだが、あまりにも強くて吹き飛ばされそうな強風だった。(・_・;)
一湊湾内はウネリもない静かな海なんだけど、風が強すぎて水面はかなりパシャパシャしていた。
水中はどのポイントも特に問題なく潜れたのだが、ちょっと暗いかな。。。(^_^;)

しかし、EBダイバーズの皆さんはどんな海でも楽しそうに潜ってくれるのでありがたい!!!


ギンガメ・トルネード。。。?

久々に観音でギンガメの群れに巻かれた!😊

【ポイント】 オツセ(OTSUSE) / 観音(KANNON) / 一湊タンク下No.2(ISSO-TANK-SHITA No.2)
【水温】 23.8℃ / 23.6℃ / 23.0℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 09:04-09:56 / 11:00-12:06 / 14:11-15:09
【潮まわり】 08:12 224cm 満潮 / 15:04 0cm 干潮 / 中潮(月齢:2.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:17

気持ちのいい快晴&ベタ凪ぎの日々が続いてる。
今日は永田へ。。。

久々に観音でギンガメの群れに巻かれた!😊