ちょっとありえない海。。。(;゚Д゚)

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 27.6℃
【透明度】 5m
【海況】 大時化
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 14:04-15:04
【潮まわり】 04:24 206cm 満潮 / 11:00 50cm 干潮 / 17:27 223cm 満潮 / 中潮(月齢:26.4)
【日の出・日の入】 日出06:14 日没17:58

台風25号は屋久島の西側を通過し、現在は韓国の済州島を直撃して北上中だ。
今日の屋久島は台風一過の秋晴れだったのだが、海は台風後面からのウネリが北部の海に入り込み、一湊湾内は大時化だった。。。(;゚Д゚)

まずは安房のタイドプールに行ってみたのだが、こちらもまだ時化は治まらず、最干潮時間を過ぎていた事もあり、ちょっと厳しい状況だった。。。
仕方なく、大荒れの一湊で潜る事に決め、まずは1本入ってみたのだが、いやいやいやいや。。。。これは無しでしょ!(^^;)

透明度は5m以下、浅場は太陽光が入り、多少は明るいけど、-18m以深は真っ暗だった。。。こんな海、久々に見たんですけど。。。(;゚Д゚)
さらにウネリが凄くて、一眼での撮影はかなり厳しい。。。

当然のごとく、1本で終了。。。
台風が最接近の位置にあった昨日よりも、過ぎ去ったあとの今日の方が圧倒的に海は悪かった。


台風最接近なれど、ベタ凪ぎ&クリアーな海。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 27.8℃ / 27.4℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 12:09-13:18 / 14:53-16:00
【潮まわり】 10:00 61cm 干潮 / 16:45 211cm 満潮 / 若潮(月齢:25.4)
【日の出・日の入】 日出06:13 日没17:59

今日は台風25号が最接近。
屋久島の西側を通過して北上中。。。

船は台風つなぎをしてしまって出れなかったけど、何ら問題なくビーチから潜れた。
風も強く、雨も降っていたけど、海の中はいたって静か。(^^)
心配していた透明度もかなり良かった。

前々回の台風24号はかなり大きな台風だった。
屋久島に来て15年、最もその影響の大きさを感じた台風だったと言ってもいいくらいだ。

想像通り、海の中もガラリと変わっていた。
元々あった大きな岩やサンゴがそこら中で岩盤から離れて、5-6m転がっていたり、長らくそこにあったクマノミ付きのイソギンチャクが無くなっていたり。。。

サンゴもそこら中で破壊された跡が見られ、そこら中で砂が掘れて白い岩盤が顔を出し、地形自体が変わってしまった。

今回の台風時化がいかに凄かったかを物語っていると思われるのが、根つきのアオウミガメたちがことごとく傷だらけだった事だ。
甲羅や顔の周りはそこら中が剥げ、甲羅の縁が破壊されている子もいた。

大ウネリに翻弄され、岩にぶち当たりながらじっと耐えていたのだろうか。。。会うカメ、会うカメ、みんな傷だらけなのには驚いた。。。(;゚Д゚)

生物も何カ所かでいなくなってしまったのを確認しているのだが、逆にこの台風でどこかから流れてきたのか、突然現れた魚も。。。(^^;)

タイワンタマガシラ。
これまで幼魚を2回ほど見たことはあったのだが、この大きさ(20cmくらい)は初めて。
屋久島では常連の魚ではないので、成魚の大きさがどれくらいなのか知らないけど成魚かな?

突然、どこから来たの?君?(^^;)


体験ダイビングで3本!(^^;)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.1
【水温】 28.4℃ / 28.4℃ / 28.4℃
【透明度】 30m
【海況】 やや時化気味
【天候】 雨
【潜水時間帯】 11:10-11:39 / 12:33-13:05 / 14:28-15:06
【潮まわり】 06:55 235cm 満潮 / 13:16 49cm 干潮 / 大潮(月齢:15.4)
【日の出・日の入】 日出06:07 日没18:11

連休も終わり、一気に暇になった。。。(^^;)
今日のゲストはライセンスを持っている男性とノンダイバーの女性のカップルだった。
本来ならファンダイビングと体験ダイビングとでチームを分けてお相手するのだが、他にゲストもいなかったので、お二人一緒に潜ってもらう事が可能に。。。(^^)

まぁ、そうは言っても、水深等で体験ダイビングの範疇を超えるわけにもいかないのだが、可能な限りファンダイビングに近い形でガイドを行った。
当然、そうなるとウミガメにも会いまくりだろう!と思いきや、まったく会えず、3本目でようやく1匹、小さなアオウミガメに出会った。(^^;)

それでもキビナゴのものすごい凝縮した群れの中に飛び込んでもらったりして、なかなかエキサイティングな体験ダイビングになったのでは?と思うんだけど。。。(笑)

ちなみに今日は開店以来、初めて体験ダイビングを3ダイブ行った!(^^;;
お疲れさまでした!


大雨。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / お宮前 / 一湊タンク下No.2
【水温】 28.6℃ / 28.4℃ / 28.0℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:42-9:25 / 10:33-11:29 / 12:54-13:45
【潮まわり】 06:21 224cm 満潮 / 12:45 51cm 干潮 / 18:54 231cm 満潮 / 大潮(月齢:14.4)
【日の出・日の入】 日出06:07 日没18:12

連休、最終日。
今日は一湊で3本。

この連休は天気には恵まれた!。。。と思ったら、最後は雨。。。それも大雨!
普段は見えない「布引の滝」(実際は下部にのみ流れ落ちる滝が見られる)が落差40mの立派な大滝に!
この滝は大雨が降るとできる滝だ。

しかし、一湊湾内はそれほど泥の流入はなく、上層のみ白く濁っていたけど水中は変わらず綺麗だった。


連休2日目

【ポイント】 オツセ / オツセ / 一湊タンク下No.1
【水温】 27.4℃ / 28.8℃ / 28.4℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:17-10:10 / 11:50-12:52 / 14:31-15:29
【潮まわり】 05:46 212cm 満潮 / 12:15 56cm 干潮 / 18:30 225cm 満潮 / 大潮(月齢:13.4)
【日の出・日の入】 日出06:06 日没18:14

連休2日目。
今日は永田で2本、一湊で1本潜った。

今日も永田の2本目は例の「青の洞窟」をガイドしながら調査した。
今回は前回と違って、海も静かで天気も良かったので、洞窟の中はメチャ綺麗だった。(^^)

亀裂の中などには思いのほか、イセエビの仲間も多く見られ、魚は少ないけど、壁などを丹念に見ていくといろいろ生物も着いているので、じっくり観察すればいろいろ出てきそうだ。
そのためには、最後はここで安全停止できるようなダイビング・スタイルにすれば良いのかも。。。

今日は永田の葵丸が乗り合いで混んでいたので、最後の1本は一湊で潜った。
昨日はまったく出会えなかったウミガメに、今日はいつも通り沢山出会えた。。。(^^;)
うーん。。。ますます、昨日はなぜにまったく出会えなかったのか分からない。。。


ウミガメがいない。。。(;゚Д゚)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 28.4℃ / 28.6℃ / 28.8℃
【透明度】 20m~
【海況】 時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:14-10:05 / 11:08-12:07 / 13:47-14:33
【潮まわり】 05:07 199cm 満潮 / 11:42 63cm 干潮 / 18:07 216cm 満潮 / 中潮(月齢:12.4)
【日の出・日の入】 日出06:06 日没18:15

連休初日。
9月の連休は毎年、それほど混むことはないのだが、今年はそこそこ予約をいただき、うちの最大受け入れ人数に達した。

今日のゲストさんの中にウミガメを見たい!という方がいたのだが、屋久島は性成熟する前のアオウミガメがウジャウジャ棲みついているので、当然そのリクエストに対し僕はほぼ100%見れます!と答えた。(笑)
ところが、実際潜ってみると、全然出会わない!
今日は僕1人が1匹泳ぎ去る小さなアオウミガメをお宮前で見かけたのみ、あとは一切ウミガメに出会うことなく3本が終了してしまった。。。(;゚Д゚)
3本潜ってウミガメに一切出会えないなんて事はめったにないため、ちょっと驚いた。。。

いったい、こんな時、一湊タンク下の子たちはどこに行っちゃってるんだろう。。。不思議。。。

ちなみに僕的な今日のトピックスはニセゴイシウツボの死体だ。。。(◎_◎;)
多分、死んだばかりだと思われる綺麗な成魚が静かに横たわっていた。
腹部に怪我をしていたのだが、いったいどうして死んでしまったのだろうか?

お宮前ではこの時期としては珍しい抱卵中のニシキフウライウオに出会った。
屋久島での本来の繁殖期は4-6月。
この時期の抱卵個体は珍しい。


「青の洞窟」調査

【ポイント】 オツセ / オツセ / オツセ
【水温】 29℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 25m~
【海況】 時化気味
【天候】 晴れ時々くもり
【潜水時間帯】 9:23-10:24 / 11:48-12:48 / 14:44-15:40
【潮まわり】 11:04 72cm 干潮 / 17:42 206cm 満潮 / 中潮(月齢:11.4)
【日の出・日の入】 日出06:05 日没18:16

リピーターIさんの3日目。。。
今日はIさんのリクエストで永田で3本潜った。
最後の1本は昨日、オツセの浅場で見つけた「青の洞窟」とその周辺を調査した。
ちょっと時化気味だったので瀬際にあるこの洞窟はもろに波を被っていたけど、水中は意外に静かで無事に中に入れた。

問題はここから真っすぐに沖に落ちたエリアが面白いかだ。
この洞窟は最後の安全停止で使うとして、この沖の15-20m付近が面白くないと、ひとつのポイントとして使うのはちょっと厳しい。。。
結局、この洞窟に長く居すぎて、沖の深いところをゆっくり見ることができなかったけど、うーん。。。イマイチかも。。。(^^;)

もう少しじっくり調査しないと判断が難しい。。。


屋久島の「青の洞窟」??

【ポイント】 観音 / オツセ / オツセ
【水温】 29℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ時々雨
【潜水時間帯】 09:15-10:15 / 11:44-12:44 / 14:30-15:26
【潮まわり】 10:14 82cm 干潮 / 17:13 196cm 満潮 / 若潮(月齢:10.4)
【日の出・日の入】 日出06:05 日没18:18

今日もリピーターゲストIさんとマンツーマン。
彼女の永田でのリクエストはピンクダートゴビーことカグヤヒメハゼ。
今年の夏はオツセの深場斜面でそこそこ大きな個体が大きめの群れを作っていたのだが、今日はその大きな群れは見つからず。。。

3個体ほどが群れていたので、それを観察。。。
なかなかヒレをひろげてくれず、Iさんは明日も行きたい!とリクエスト。。。(笑)

3本目はマンツーマンだった事もあり、オツセの浅場を東に泳いでいき、ポイント調査。。。

で、見つけました!
屋久島の「青の洞窟」!(笑)

まさか、オツセの浅場にこんな洞窟があったとは!!(;゚Д゚)
結構、スケールの大きな洞窟で、差し込む太陽光やブルーは綺麗なんだけど、魚があまりいない。。。(^^;)

体験ダイビングやビギナーの方なんかには喜んでもらえるかな。。。

明日、もう一度、調査してきます!!


ハナガササンゴの仲間・非固着性の群体

【ポイント】 横瀬 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 28℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:52-9:51 / 11:34-12:31 / 14:11-15:26
【潮まわり】 09:01 89cm 干潮 / 16:29 185cm 満潮 / 長潮(月齢:9.4)
【日の出・日の入】 日出06:04 日没18:19

一昨日から来島中のゲストIさんは、うちのリピーターさんの中でも最も潜り込んでいるベテラン・ダイバーの1人だ。
先日、そんじょそこらの若いインストラクターもちびってしまうであろう5,000本記念ダイブを行ったそうな。。。(^^;)
それって本当にアマチュア・ダイバーなのか?(笑)

まぁ、それはともかく、昨日は1本目は彼女のリクエストで横瀬の深場に下りて、フジイロサンゴアマダイを見に行き、2本目は僕のポイント調査に付き合ってもらった。

行った場所は一湊タンク下の沖。
-30m程度まで下りてみると、動画のようにハナガササンゴの仲間が水底一面に広がっていた。
とりあえず、どこまで続いているのかまったく分からないくらい広範囲のコロニーで、ちょっと驚いた。。。(;゚Д゚)

このハナガササンゴの仲間は非固着性の群体で、個体ごとに手で持ち上がってしまうものだった。(種は不明)

ここにアヤタスキベラやアカネハゼ、ピンテール、ツキノワイトヒキベラなどが群れ、そこそこ魚影も濃かった。

今度はもっとじっくり調査したいなぁ。。。


出会ったウミガメの数・10個体以上!(;゚Д゚)

【ポイント】 元浦 / 元浦
【水温】 28.8℃ / -℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:47-10:15 / 14:24-15:30
【潮まわり】 07:28 89cm 干潮 / 15:04 176cm 満潮 / 小潮(月齢:8.4)
【日の出・日の入】 日出06:03 日没18:20

今日は午前中が体験ダイビング、午後からはシュノーケリングのガイド。

午前中の体験ダイビングでは残念ながらまったくウミガメには出会えなかったのだが、午後からのシュノーケリングではメチャクチャ沢山のウミガメに出会った!
その数、多分、10個体以上!
メチャクチャ、ウミガメが多く、多分、元浦では過去最高!(^^;)


屋久島の「南の海」化?

【ポイント】 オツセ / オツセ / 元浦
【水温】 28.0℃ / 28.2℃ / 28.8℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:17-10:09 / 11:20-12:15 / 13:45-14:57
【潮まわり】 06:09 81cm 干潮 / 12:58 177cm 満潮 / 18:19 142cm 干潮 / 小潮(月齢:7.4)
【日の出・日の入】 日出06:03 日没18:21

今日の午前中は2組のご夫婦と一緒にのんびり、永田で2本。。。
相変わらず、天気がよく気持ちのいいダイビング日和の1日だった。(^^)

3本目は常連ゲストIさんご夫婦のリクエストで「元浦」で潜った。
「元浦」は体験ダイビングやシュノーケリングで利用するポイントで、通常はここでファンダイビングをする事は皆無に近い。。。

とにかく、のんびり&まったり潜りたい!というIさんご夫婦には最適なポイントなのかもしれない。(笑)

「元浦」ではコブブダイに出会った。
永田エリアやお宮前の浅場では見かけたことがあったが、「元浦」では初めてだ。
昨日の「一湊タンク下」でのナポレオンといい、ここのところ、屋久島よりももっと南の海で見られる大きめの魚を立て続けに見てる。。。(^^;)


ε-(´∀`*)ホッ。。。(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 26.0℃ / 27.4℃ / 28.4℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:31-11:27 / 13:09-14:06 / 15:11-16:15
【潮まわり】 05:10 69cm 干潮 / 11:34 192cm 満潮 / 17:17 125cm 干潮 / 小潮(月齢:6.4)
【日の出・日の入】 日出06:02 日没18:23

今日は一湊エリアで3本。。。
前日の2本目終了後、船長がちょっとトラブってしまい、今日は急遽、代わりに操船できる人を探してもらって、無事に3本潜れた。。。ε-(´∀`*)ホッ

今日はダイビング中、ずっと明日以降のダイビングをどうするか、ずっと悩みながらガイドしていたのだが、3本目終了後、無事に船長のトラブルが解決したことを聞き、またまた、ε-(´∀`*)ホッ。。。(笑)


忘れられない300本記念ダイブ?(^^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 28.6℃ / 27.6℃ / 28.2℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:31-12:32 / 14:18-15:00 / 16:56-17:38
【潮まわり】 04:23 56cm 干潮 / 10:37 211cm 満潮 / 16:34 104cm 干潮 / 中潮(月齢:5.4)
【日の出・日の入】 日出06:02 日没18:24

連休初日。。。毎年、9月の連休はそれほど忙しくはならないのだが、今年はうちの最大受け入れ人数である6名をちょっとオーバーしてしまった。。。(^^;)
相変わらず、透明度はこの時期としてはあまり良くなかったのだが、天気には恵まれ、水面休息は気持ちよく過ごせるのがいい。(^^)

現在、一湊タンク下、お宮前、ともに浅場にキビナゴがメチャクチャ溜まっていて、ヤバすぎっ。。。!
視界が完全にふさがれ、暗く感じるくらいだ。

今日は2本目を終わったところで、ちょっと船長にトラブルがあって、急遽3本目は他の船が帰ってくるのを待ち、無理やり乗せてもらう事に。。。(;゚Д゚)
その待ち時間がメチャ長かったせいで(約2時間)、3本目がかなり遅くなってしまった!(ーー;)

いつもならゲストさんたちと相談し、2本で切り上げたかもしれないのだが、今日は絶対に3本潜りたい理由があった!
実は今日の3本目は常連ゲストAさんの300本記念だったのだ。
区切りの記念ダイブの場所に屋久島を選んでくれたAさんのためにも、絶対に3本目は外せない!(^^;)

このドタバタでAさんにとっての300本記念ダイブは忘れられない1本になったに違いない。。。(笑)
Aさん、おめでとうございます!(^^)


この時期は狙い目だと思うけどなぁ。。。(ーー;)

【ポイント】 オツセ / オツセ / 観音
【水温】 28.0℃ / 28.4℃ / 26.0℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:05-9:56 / 11:13-12:05 / 13:43-14:33
【潮まわり】 09:50 229cm 満潮 / 15:57 82cm 干潮 / 中潮(月齢:4.4)
【日の出・日の入】 日出06:01 日没18:25

9月の屋久島はまだまだ海も陸も真夏と変わらない状況なのだが、8月のお盆を過ぎてしまうと、連休以外はかなり空いてる。。。(^^;)

昨日に続き、今日の1本目もリピーターゲストAさんとマンツーマン・ガイドだった。

今年は先日の秋雨前線による大雨以来、潮も変わってしまったのか、透明度がイマイチなのだが、本来のこの時期は真夏同様に透明度は40mオーバーの青々とした海に加え、水温も28-29℃はキープしてる。

この時期は狙い目だと思うけどなぁ。。。(ーー;)


いったい何をしたいんだろ?

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 27.8℃ / 27.8℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:24-12:18 / 13:49-14:38
【潮まわり】 09:07 246cm 満潮 / 15:21 61cm 干潮 / 中潮(月齢:3.4)
【日の出・日の入】 日出06:01 日没18:26

今日はリピーターゲストAさんとマンツーマンで2本。

水温が確実に落ち始めていて、ダイビングの後半は寒く感じるようになってきたような。。。(ーー;)
でも、水温をチェックするとまだ28℃はあるわけで、問題は僕のペラペラの5mmフルスーツ(実質2mm!)にあった。

もう限界かなぁ。。。外気温から考えても、もそろそろ、まともな5mmのウェットじゃないとヤバいかも。。。残念だけど、もう夏じゃない。。。(笑)

最近、出会うフグの行動が謎過ぎる。
今日はゼロ戦に突然、傷だらけのサザナミフグがやってきて、アザハタから激しく攻撃されながらも、まったく逃げる気配なし。
終いには僕らダイバーに寄ってくるし。。。(-_-;)

う~ん。。。いったい何をしたいんだろ?
フグ類の考えている事はよく分からない。。。(笑)


ハイフィン・カージナルフィッシュ

【ポイント】 観音 / 観音
【水温】 28℃ / 28℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:17-10:20 / 11:26-12:27
【潮まわり】 07:43 260cm 満潮 / 14:08 30cm 干潮 / 大潮(月齢:1.4)
【日の出・日の入】 日出06:00 日没18:29

長期滞在中の常連Kさんの最終日。
彼の希望で今日は永田エリア・観音の深場へ。。。

リクエストはランドール・タイルフィッシュ。
僕は見逃したのだが、ここにもフジイロサンゴアマダイがいたとのKさん情報。。。!
次に行ったときには確認せねば。。。

1本目、僕的な収穫はあまりなかったのだが、2本目で久々のハイフィン・カージナルフィッシュを見つけた!
しかも、同所に2匹!
サンゴの下にいて、あまりよく見えなかったので、もしかしたら複数個体がいたのかもしれない。。。
いずれにしても立派な成魚!
ここで繁殖もしているかも。。。

ハイフィン・カージナルフィッシュはフィリピンなどではよく見られるテンジクダイの仲間なのだが、国内ではまだ屋久島以外からの記録がない魚だ。
屋久島では過去に4回ほど観察しているのだが(一湊タンク下で2例、魚見で1例、オツセで1例)、ここ「観音」では初めてだ。
どうも屋久島にはよく流れ着き、そのまま成魚に成長する事が多いようだ。

そろそろ和名をつけてあげたいなぁ。。。


かなり綺麗になったけど。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 28.8℃ / 27.8℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れのちくもり
【潜水時間帯】 8:34-9:35 / 10:35-11:37
【潮まわり】 07:00 257cm 満潮 / 13:31 22cm 干潮 / 大潮(月齢:29.7)
【日の出・日の入】 日出05:59 日没18:30

今日は一湊で2本。
昨日同様に秋雨前線が張っていて今日も大雨かと思っていたけど、午前中はよく晴れ、海も穏やかだった。

昨日の大雨でドロドロだった一湊湾内もかなり綺麗になったけど、まだまだ全快とはいえない状態だった。。。

動画はアカホシカニダマシの摂餌行動。
流れてくるプランクトン類をプランクトンネットのような手(触角らしい)を大きく広げてキャッチし、口へ運ぶ。。。


秋の大雨。。。

【ポイント】 オツセ / オツセ / 元浦 / 一湊タンク下No.1
【水温】 28℃ / 29℃ / 30℃ / 29℃
【透明度】 20m~
【海況】 時化気味
【天候】 豪雨
【潜水時間帯】 9:02-9:54 / 10:58-11:52 / 14:35-14:57 / 15:42-16:10
【潮まわり】 06:15 248cm 満潮 / 12:50 21cm 干潮 / 大潮(月齢:28.7)
【日の出・日の入】 日出05:58 日没18:31

秋雨前線が張り始め、昨日から天気が今一つ。。。今日は朝から6月の梅雨以来の豪雨だった。
永田で2本潜ったのだが、まずは永田港内はドロドロ。。。まっ茶だった。。。(;゚Д゚)
港の入り口からオツセに向かう途中もずっと海はコーヒー牛乳状態。。。ここまで茶色くなるのは珍しいくらいメチャ濁っていた。
でも、オツセはいつもの事ながら、それほど濁らないのが救いだ。(^^;)

午後からの体験ダイビングもあまりにも濁っていれば中止にしようかと考えていたのだが、思いのほか元浦は綺麗でビックリした。
しばらくこの雨も続きそうで憂鬱だ。。。


魚の寿命

【ポイント】 横瀬 / お宮前 / 元浦 / 元浦
【水温】 28℃ / 28℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:34-9:23 / 10:30-11:35
【潮まわり】 05:26 233cm 満潮 / 12:07 27cm 干潮 / 18:32 239cm 満潮 / 大潮(月齢:27.7)
【日の出・日の入】 日出05:58 日没18:33

ゲストK氏のリクエストで横瀬のフジイロサンゴアマダイ(ペア)を見に行った。

ゲストさんから「魚はどれくらい生きるのか?」という質問を受けるたびに、例として出すのが「お宮前」のニチリンダテハゼと、この「横瀬」のフジイロサンゴアマダイだ。

現在、国内でこの魚がコンスタントに見られているのは屋久島ぐらいなのではないだろうか?
日本では非常に珍しい魚だ。

実はこの子、驚く事にもうかれこれ10年くらい前から、この場所に生息し続けている。。。(◎_◎;)
約9年前の2009年7月12日に見つけた子で、その時点ですでに今くらいの成魚サイズだった事から、産まれたのはもっともっと前という事になる。。。

2005年6月21日にもほぼ同じ場所でフジイロサンゴアマダイのペアを見かけているのだが、仮にこのペアが同一個体だとしたら(個人的にはその可能性はおおいにあると思ってる)、僕の知る限り実に13年間、ここで生きている事になる。

魚ってそんなに生きることができるの???(;゚Д゚)


なにか、良いビデオライトはないですかね~?

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 29.2℃ / 29.2℃ / 28.6℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:01-9:59 / 11:03-12:00 / 13:29-14:10
【潮まわり】 04:28 216cm 満潮 / 11:19 39cm 干潮 / 17:54 227cm 満潮 / 中潮(月齢:26.7)
【日の出・日の入】 日出05:57 日没18:34

毎日、ガイド中はTG5を携行して、動画を中心に撮影している。(いや、ガイドしろよ!(^^;))
となると絶対に必要なのがビデオライトなのだが、今年はこれまで付けていたRGBlueが壊れてしまい、ずっとライト無しで撮影していた。。。(^^;)

いいビデオライトはないかと現在、いろいろと物色中。。。
大光量で光量の切り替えができる事はもちろん、色温度や操作性、電池のもちなんかも重要なんだけど、ガイド中に持ち歩くという事で、携行性に優れている事も外せない条件だ。

なにか、良いビデオライトはないですかね~?(^^;)

この動画はモニター中のINONのLF3100-EWfで撮影したハナヒゲウツボ。


ウェットがペラペラ

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29.2℃ / 29.2℃ / 28.6℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:04-10:04 / 11:15-12:06 / 13:50-14:46
【潮まわり】 10:19 55cm 干潮 / 17:10 213cm 満潮 / 中潮(月齢:12.3)
【日の出・日の入】 日出05:57 日没18:35

一湊は雨が降り、水中は暗かったけど、永田よりもクリアーで青かった。
もう台風の影響は完全になくなった海だった。

まだまだ水温は高く、29℃台は継続中。。。
7月後半から着始めた5mmウェットがもうペラペラなので、水温が下がってきたらヤバいな。。。(^^;)
そろそろ、秋用のウエットを新調しないと。。。


台風一過。。。

【ポイント】 オツセ / オツセ
【水温】 27.8℃ / 28.8℃
【透明度】 20m~
【海況】 時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:46-12:42 / 14:27-15:24
【潮まわり】 09:02 69cm 干潮 / 16:09 197cm 満潮 / 若潮(月齢:24.7)
【日の出・日の入】 日出05:56 日没18:36

台風21号が過ぎ去り、最初のゲストさんが来島。
初日の永田は吹き返しの西がまだ強く、完全には凪ぎ切っていなかったけど、魚影が濃く、そこそこ楽しめた2本だった。
透明度はイマイチだったけど、ゲストKさんは「青~い!」と喜んでいた。(^^)


高密度な水族館状態

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.2 / お宮前
【水温】 29.0℃ / 29.2℃ / 28.4℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:34-9:30 / 10:20-11:23 / 12:49-13:55
【潮まわり】 06:05 75cm 干潮 / 12:43 187cm 満潮 / 18:15 131cm 干潮 / 小潮(月齢:22.7)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:39

台風21号は今日の夜から明日の朝にかけて屋久島に最接近し、明日には四国や関西地方に上陸するコースを順調に辿ってる。。。(ーー;)
関西からのリピーターゲストK氏は明日離島する予定を急きょ早め、1本だけ潜って今日中に離島する事になった。
屋久島は何の問題も無くても、確かにお帰り先の明日の大阪はかなりヤバい。。。

一湊の漁船は朝早くから台風つなぎを終えてしまった。
うちの寿丸も今日のダイビング3本を終えたら、つないでしまうとの事で、潜水時間はキープしつつも、合間は極力早いペースで動き3本潜った。

東面の元浦はかなり時化ていたけど、風裏になる一湊湾内は今日もベタ凪ぎで、天気もまずまず良かった。
ただ。。。何やら透明度が落ちてきている。。。
水温は変わらず28-29℃をキープしているのだが、何やらやや白く濁りが入っているような気がする。

そして一湊でも結構、潮が速かった。
浅場では潮が巻いていて、安全停止中の浅場には沢山のクラゲ類と大量のキビナゴたちが溜まっていて、それを食べるためにニザダイやニセタカサゴなど沢山の魚がこの潮目に集まっていた。
かなり高密度な水族館状態だった。。。(笑)


速い潮流。。。

【ポイント】 オツセ / オツセ / 観音
【水温】 26.4℃ / 25.6℃ / 28.8℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:05-9:47 / 10:54-11:50 / 13:38-14:23
【潮まわり】 05:02 70cm 干潮 / 11:21 200cm 満潮 / 17:10 112cm 干潮 / 小潮(月齢:21.7)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:40

週末のゲストさんたちの2日目。
予定通り、ベタ凪の永田で3本。。。ただ、ちょっと潮が速いのが気になる。。。黒潮が動いているのだろうか?
-10m以浅の浅場でさえもかなり速い潮流だった。(;゚Д゚)

おかげであまりゲストさんたちにゆっくり写真を撮ってもらうことができず、ホント申し訳ない限り。。。
明日は一湊でのんびり、写真が撮れるようなダイビングをしようと心に決めた。(笑)


台風21号の接近

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 29.2℃ / 29.8℃ / 29.4℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:30-11:29 / 13:07-14:01 / 14:56-15:40
【潮まわり】 04:14 67cm 干潮 / 10:22 215cm 満潮 / 16:24 93cm 干潮 / 小潮(月齢:12.3)
【日の出・日の入】 日出05:54 日没18:41

台風21号の接近で今週末のゲストさんたちは、無事に来島できて、無事に潜れ、無事に島を脱出できるけど、お帰り先の関空や羽田がヤバいかな。。。そんな状況で来島。(^^;)
とりあえず、滞在中、常に天気図をチェックしながら潜りましょう!という事に。。。

屋久島の海は極めてベタ凪で、天気もよい、メチャ、ダイビング日和だ。
相変わらず、透明度も青さも最高で、9月に入ってもまだまだ真夏の海だ。(^^)


高密度化

【ポイント】 オツセ / オツセ / 一湊タンク下No.1
【水温】 28.8℃ / 29.2℃ / 29.2℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:13-10:08 / 11:17-12:19 / 13:53-14:53
【潮まわり】 09:35 227cm 満潮 / 15:46 74cm 干潮 / 中潮(月齢:19.7)
【日の出・日の入】 日出05:53 日没18:42

今日は永田で2本潜ったあと、3本目は一湊でのんびり。。。(^^)

うちの定番ネタ「イバラカンザシに乗っかるニセアカホシカクレエビ」。
この夏はいつ行っても乗っかっているだけでなく、その場にあるイバラカンザシ3つすべてに着いていて、しかも、1つのイバラカンザシに2-3個体が一斉に乗っかっていたりするからスゴイ。。。!(笑)

これもニセアカホシカクレエビの幼体が増えて、例年以上に密度が高まったからだ。
今、この場所には「ウジャウジャ」、ニセアカホシカクレエビがいて賑やかだ。(^^;)


今年の海が最も良い時期

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29.6℃ / 29.2℃ / 29.0℃
【透明度】 40m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:05-12:05 / 13:32-14:23 / 15:32-16:23
【潮まわり】 08:55 235cm 満潮 / 15:12 59cm 干潮 / 中潮(月齢:18.7)
【日の出・日の入】 日出05:53 日没18:44

今年の海が最も良い時期は8月下旬だったようだ。
ここ数日は透明度も青さも最高で、水温も連日の29℃台だ。

ここまで水温は27-28℃くらいだったので、今年はサンゴの白化はなかった。
ここにきて29℃台が続いているけど、もう9月になろうとしている今、さすがにこれがこれから長く続くとも思えない。(^^;)

今日から2日間潜るゲストさんたちはともに2年ぶりの来島。。。
リピート、嬉しいなぁ。。。(^^)


ウミガメ、怖い?(^^;;

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.1
【水温】 -℃ / 28.0℃ / 28.0℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:00-10:00 / 13:59-14:19 / 14:51-15:26
【潮まわり】 06:01 217cm 満潮 / 12:43 44cm 干潮/ 大潮(月齢:13.7)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:49

今日は午前中にシュノーケリング・ガイドをしたあと、午後からは体験ダイビングで2本、一湊タンク下で潜った。
どちらもウミガメ三昧だったけど、午前中のお客さんの一人がウミガメに会いたいけど、怖い。。。!といって、ウミガメがいても近づいてこない。。。(^^;)
シュノーケリングだから-5mくらい下の水底で餌を食っているアオウミガメなのに、怖がってなかなか真上に来てくれないのだ。(笑)
でも、見たいから、恐る恐る遠くから見ているのが分かる。。。(^^;)

いやいやいや、急に水面に上がってきて襲ったりはしないから!!!(^^;;


モヨウフグの受難。。。(^^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.3
【水温】 27.0℃ / 27.0℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:59-9:47 / 10:49-11:43
【潮まわり】 04:39 198cm 満潮 / 11:36 59cm 干潮 / 18:19 209cm 満潮 / 中潮(月齢:11.7)
【日の出・日の入】 日出05:49 日没18:52

台風19号が過ぎ去り、今度はまだ近海に台風20号があるのだが、ひとまず今日は晴天!
海はイマイチ凪ぎ切ってはいないけど、ひとまず一湊の漁船はみんな台風つなぎを解除し、ダイビングもタンク下界隈だったら問題なく潜れた。
透明度も昨日よりは良くなり、今日はゼロ戦も20mくらいは見渡せ、ドキドキすることなく泳げた。(笑)

屋久島はハナヒゲウツボが多く見られるので、比較的ペアにもなりやすいと思っているのだが、1つの穴から複数匹が顔を出すシーンはそれほど多く見ることはない。
今回も何年ぶりだろ。。。って感じ。(^^;)

台風一過直後の一昨日は濁り過ぎて、ゼロ戦まで泳ぐのも一苦労だったが、昨日は透視度20mくらいまで回復してた。

ゼロ戦に普段は見慣れないモヨウフグの若魚が紛れ込んでいて、ここの主、アザハタが寄ってたかってこの子を追い出しにかかっていた。

まるでみんなでイジメまくっているようにも見えて、なんか可哀想な感じだった。。。(^^;)
突かれる度に膨らんで、黄色い腹部が目立ってた。


今年はビデオライトが壊れてしまって、新たに購入しようと検討中なのだが、あれこれ迷っているうちに夏が終わりそう。。。(ーー;)


ひとまず予定通り潜れた。。。?(^^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 27.0℃ / 26.8℃
【透明度】 ~10m
【海況】 ややウネリ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 13:08-14:04 / 14:56-15:38
【潮まわり】 10:50 70cm 干潮 / 17:46 199cm 満潮 / 中潮(月齢:10.7)
【日の出・日の入】 日出05:48 日没18:54

台風19号の接近で昨日は、残念だけど前日から完全海なしを決定し(実際は朝早い時間からスタートすれば2本は潜れたかも。。。)、ゲストの皆さんはレンタカーを借りて強風の中、観光されたようだ。。。

今日は風が南に変わり、正午前に海を見に行ってみると、予想通り一湊湾内は一気に凪ぎた!
急遽、ゲストさんたちに連絡し、午後から潜る事に。。。
一昨日に引き続き、永田の葵丸が出てくれる事になり、何とか2本潜った。

透明度はイマイチだったけど、ウネウネ。。。というほどではなく、普通に潜れる海だった。
2本目のゼロ戦は-10mくらいからだと水底がほとんど見えなかったので、ゼロ戦まではドキドキしながら泳いだ。(笑)

これで、ゲストのダイビングショップ「evis」さんご一行様は中2日で台風にぶち当たったけど、無事に当初の予定だった本数をクリアー!(^^)

海況が残念過ぎたけど、ひとまず潜れて良かった~(^^;)


何とか潜れた!(^^)

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 28.6℃ / 28.8℃ / 28.6℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:38-9:29 / 13:26-14:10 / 15:02-15:50
【潮まわり】 08:28 87cm 干潮 / 15:38 178cm 満潮 / 長潮(月齢:8.7)
【日の出・日の入】 日出05:47 日没18:55

久々に名古屋のダイビングショップ「evis」さんご一行様が来島!(^^)
昔からのお得意様なのだが、ここ最近は屋久島ツアーを実施していなくて、実に5年ぶりの来島だ。

しかし。。。タイミングが悪く、台風19号の最接近予定の21-22日がバッチリと中日の2日間!!完全にハマってしまった。。。(;゚Д゚)
しかも、運がいいのか、悪いのか、行きと帰りは問題なく飛行機は飛びそうで、つまり、無事に来れて、無事に帰れるけど、ほぼ潜れない。。。という「ダイビング・ツアー」ならぬ、「台風体験ツアー」になりそうな感じに。。。(^^;)
それでも参加者の皆さんはノリノリなのが怖い。。。(笑)

一湊の漁船は昨日には台風つなぎを済ませてしまっていたので、到着日の今日はビーチ・エントリーで2本の予定だったのだが、ラッキーなことに普段永田でお世話になっている葵丸が一湊で船を出してくれることになった。。。(^^)

台風が近づきつつあり、天気も悪かったのだが、海は凪ぎていて、水中もメチャ青くて綺麗だった!
明日からは潜れなくなりそうだけど、何とか1日だけでも潜れて良かった。。。ε-(´∀`*)ホッ
何とか台風一過後にも潜れるといいんだけど。。。