ニザダイ」タグアーカイブ

ニザダイノギンカ

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 28.8℃ / 27.8℃ / 28.6℃ / 27.6℃
【透明度】 30m / 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:00-9:45 / 10:40-11:23 / 14:37-15:31 / 16:08-17:00
【潮まわり】 05:31 79cm 干潮 / 11:34 204cm 満潮 / 17:45 92cm 干潮 / 小潮(月齢:6.0)
【日の出・日の入】 日出05:39 日没19:08

今日は午前と午後とで別々のお客様を連れてファンガイド。

「ニザダイヤドリムシ」といかにも寄生虫っぽい名前で呼ばれていたこの生物、なぜか「ニザダイノギンカ」という”もらってハッピーな”和名に改称されてしまった。。。

女神「あなたが落としたのは金貨ですか?それとも銀貨ですか?」
木こり「普通の銅貨っす」
女神「あなたは正直ものですね。褒美に金貨も銀貨も差し上げましょう」
木こり「要らないっす」
女神「いや、差し上げますって!」
木こり「いや、マジで結構ですって!」
女神「いいから、もらっとけって!」
木こり「マジでやめろって!クソ女神!寄ってくんな!」

こんな不気味で痒そうな銀貨なら、もらうのは丁重にお断りしたいと思っております。(笑)


夏っ!

【ポイント】 横瀬 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 30.4℃ / 30.5℃ / 30.1℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:01-9:47 / 10:41-11:38 / 14:00-14:53
【潮まわり】 07:51 96cm 干潮 / 14:39 167cm 満潮 / 19:36 142cm 干潮 / 長潮(月齢:9.2)
【日の出・日の入】 日出05:43 日没19:02

1泊弾丸ツアーでお越しのリピーターFさんたちの2日目。。。
いや~海は相変わらず、水温30℃超のぬるま湯&透明度40mオーバーのメチャクチャクリアーかつブルーな海だ。

ホント、気持ちがいい!(^^)

ワイド一辺倒のFさんたちのリクエストに応えて、今日はとことんワイド向きのポイントをまわった。

先日もそうなんだけど横瀬の-30m付近は現在、メチャクチャ魚影が濃いっ!
その中心はニザダイなんだけど、ここのところ、いつもボォ~と大きな群れで佇んでいる。

ゼロ戦では毎日、ツバメウオの群がりが見られ、まさに真夏の海。(^^)

まとまった雨ももう何日も降ってないし、今年は連日暑いっ!


ブラック軍団・ニザダイ

【ポイント】 横瀬/お宮前/一湊タンク下No.1
【水温】 26.1℃/25.0℃/25.3℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:07-10:03/11:32-12:36/14:06-15:15
【潮まわり】 10:24 214cm 満潮 / 16:16 106cm 干潮 / 中潮(月齢:19.1)
【日の出・日の入】 日出06:32 日没17:31

この日のゲストは今年2回目の来島となるリピーターのYさん夫妻2人だけに。。。

昨日はクローズだった永田も今日は行けそうだったけど、Yさんご夫婦の希望で今日も一湊でのんびり潜った。

1本目の横瀬はなかなか魚影が濃くて面白かった!(^^)
ブラック軍団・ニザダイが大きな壁となって鎮座。。。
30m付近の魚だまりもかなり賑やかだった。

あとはイチデジを始めたばかりの奥様に付き合ってマクロ三昧。(^^)

やっぱり、ウネタケにつくイシガキカエルウオは何回撮っても、様々な表情を見せてくれる。。。
あ。。。今年、今までゲストさんたちが撮った「イシガキカエルウオ on the ウネタケ」を集めて、作品集を作ってみようかな。。。(笑)


台風15号接近中。。。

【ポイント】 オツセ/オツセ/お宮前
【水温】 28.5℃/28.8℃/29.1℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:24-10:19/11:19-12:19/14:50-15:51
【潮まわり】 05:21 85cm 干潮 / 11:30 184cm 満潮 / 17:10 118cm 干潮 / 小潮(月齢:7.5)
【日の出・日の入】 日出05:48 日没18:53

台風15号が接近中だ。
今のところ、屋久島には25日の午前中には最接近しそう。
南部にはかなり大きなウネリが押し寄せているようなのだが、例によって北部はまだまだベタ凪ぎで永田も一湊も問題なく潜れる。

しかし、ダイビングで使う漁船が台風つなぎをしてしまうと、凪ぎててもボートダイビングができなくなるため、今日はいつ繋ぐか、ドキドキしながらのダイビングだった。(^^;;

結局、お昼過ぎには台風つなぎをしてしまったため、1本目、2本目と永田で潜ったあと、3本目も永田の船長に一湊まで来てもらって潜ることに。。。

さてさて。。。永田の船長に一湊まで来てもらったことで明日も一応、一湊で潜れるのだけど、いつまで潜れるかな。。。?(-_-;)

今日の永田は浅場でも潮が速く、しかも方向の定まらない潮流で、これがウネリのようになり体の固定が大変なくらいだった。。。(^^;)


真っ白!(・・;)

【ポイント】 オツセ/観音/観音
【水温】 22.3℃/22.1℃/22.1℃
【透明度】 ~5m/5m~/10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:51-10:58/12:27-13:16/14:49-15:38
【潮まわり】 08:02 224cm 満潮 / 14:49 15cm 干潮 / 中潮(月齢:2.5)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:22

今日は永田で3本潜った。
口永良部島は今日もまたまた9:43に噴火したようなのだが、小規模だったのか永田にいてもまったく気付かなかった。。。(・・;)
海は昨日の降灰の影響は続いていて、1本目のオツセは真っ白く濁り、透明度は-5m以下!
1本目は水底からまったく離れることができず、ずっと水底を這いながらのダイビングだった。。。^^;
2本目の観音も透明度は悪かったが、ニザダイの群れが凄かった。。。

ムレハタタテダイやウメイロモドキなども群れ、かなり賑やかだった。(^^)
これで透明度が良かったら、もっと迫力のある海だったかもしれない。。。
それよりも水温が上がらない。。。
もう6月も下旬だというのに、未だに水温は22℃前後。
3月~4月上旬並みの水温だ。
一時は26-27℃まで上がったのに。。。あの海が懐かしい。。。^^;


ニザダイ多し。

【ポイント】 オツセ/オツセ
【水温】 25.9℃/26.1℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:17-10:11/11:06-12:02
【潮まわり】 06:57 223cm 満潮 / 13:47 18cm 干潮 / 大潮(月齢:0.8)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:24

リピーターAさんとTAKARA Diveさんの2日目。
風が強かったので、昨日の時点では今日は無理だろう。。。と思っていた永田が凪ぎた!(^^)
相変わらず天気は悪いけど。。。

今日の永田・オツセは昨日の一湊よりもやや白く濁ってる感じ。
みょうにニザダイが多い!
先日の観音もそうだけど、オツセでもニザダイが群れをつくっていて、しかも至るところで集団でクリーニングを受けている光景をよく目にした。。。

リピーターAさんは1本目のスタート時に思い切りロクハンを股間から大きく破り、2本目終了時にはブルブル震えていて、予定していたマンツーマンの3本目は中止。。。(^^;;
水温が上がったとは言っても26℃。。。
さすがに直接海水が肌(しかも股間!)に当たるとまだまだ寒い水温だよね。。。(笑)


来たか???黒潮!???

【ポイント】 オツセ/観音
【水温】 25.4℃/26.0℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:34-10:22/11:44-12:28
【潮まわり】 04:20 209cm 満潮 / 11:15 38cm 干潮 / 17:52 202cm 満潮 / 中潮(月齢:26.3)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:23

来た~!!!!
ようやく青く、クリアーな海が戻ってきた!
透明度はようやく20mを余裕で超え、水温も26℃を超えた!

今日は2本とも永田で潜ったんだけど、代わりに潮が速いっ!
激流と言ってもいいくらいで、当初予定していた永田灯台下は避けた。。。(^^;;

それでもオツセ、観音ともに激流で、ちょっとハードなダイビングになってしまった。。。

今年はイナズマヒカリイシモチの当たり年のようで、オツセの斜面にあるフトヤギ類やウミカラマツの類には軒並み、複数匹のイナズマヒカリイシモチがついていた。

観音は回遊魚狙いで入ったのだが、まわってきた回遊魚はツムブリくらい。。。
でもニザダイがすごかった~!!!!(・・;)
黒い壁ができるくらいで、終始、僕らの目の前を行ったり来たりしていた。

観音も潮が速すぎて、普段はアンカーダイビングをしているのだが、今日はドリフト。。。(^^;;


賑やかなオツセ、寂しい永田灯台下。。。(笑)

【ポイント】 オツセ/永田灯台下
【水温】 27.0℃/27.3℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:12-10:13/11:34-12:07
【潮まわり】 08:36 94cm 干潮 / 15:53 183cm 満潮 / 長潮(月齢:23.6)
【日の出・日の入】 日出06:10 日没18:06

今日は永田で2本ガイド。
永田も透明度は最高に良かった!(^^)
相変わらず黒潮ドップリの海が続いているようで、水温も27℃台から場所によっては28℃台も!
せっかく衣替えしたロクハンでは暑く感じて、また5mmフルに着替えたいくらい。(笑)

1本目のオツセはかなり賑やかだった。
水底もそして中層もかなり魚影が濃く、一昨日から潜っているゲストさんたちも「このポイントが一番いいっ!」と即答するくらい。(笑)

2本目はめったにいかない永田灯台下へ。
ゲストさんは1200本越えでカメラを持たない2人だったので、このポイントに心が動いたのだが。。。
潮は上げ潮で条件は良かったのだが、潮がまったく走っていない。。。(^^;;

結局、今日の灯台下は目立ったものはニザダイの群れとクマザサハナムロやニセタカサゴの群れくらいで、ちょっと寂しかった。。。(・・;)

ただ正午ちょっと前、ナポレオン(メガネモチノウオ)のバリ婚姻色を見ちまった!(^^)
真っ白く染まったオスがメスに求愛していた。
そのまま産卵まで観察したい!!!と思ったけど、いつの間にか見失ってしまった。。。


”のんびり&まったり” 。。。ではないダイビング!(笑)

【ポイント】 観音/オツセ/横瀬
【水温】 26.0℃/26.2℃/26.5℃
【透明度】 20m~
【海況】 時化気味
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:53-10:42/12:15-13:17/15:13-16:13
【潮まわり】 05:18 86cm 干潮 / 11:01 198cm 満潮 / 17:26 67cm 干潮 / 中潮(月齢:20.5)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:24

今週末のゲストさんのリクエストは”のんびり&まったり”
。。。ではないダイビング!(笑)

豪快なポイントをガンガン泳いで群れや大物、地形などを見たい!とのリクエスト。(笑)

なので昨日は永田で2本。3本目は一湊に帰って来て横瀬で1本。。。

普段は基本的に”のんびり&まったり”のスタイルで潜る事が多いので久々に泳ぐとさすがに僕も疲れた。。。(^^;;

最も群れや大物を期待して入った観音はイマイチだったけど、2本目のオツセでは巨大イソマグロ10本くらいがまわっていて、ツムブリやカスミアジの群れに囲まれた~(^^)

横瀬もロウニンアジなど定番の大物には会えなかったけど、マダラトビエイが舞い、グルクンやニザダイなどが流れるように入り込み、一応リクエストには応えたつもりだけど。。。(^^;

オツセではナポレオン、横瀬ではセンネンダイなんかも見られ、ここはどこ?状態。。。(笑)


永田のアイドルたち

【ポイント】 観音/オツセ
【水温】 25.0℃/25.3℃
【透明度】 20m/20m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:33-10:26/11:49-12:52
【潮まわり】 05:27 208cm 満潮 / 11:32 78cm 干潮 / 17:27 216cm 満潮 / 中潮(月齢:11.6)
【日の出・日の入】 日出06:28 日没17:34

今日は永田で2本ガイド。
今日もベタ凪ぎ&快晴の1日だ。

1本目はAさんご夫婦だけだったので、奥さんのワイド希望に応える形で観音へ。。。(マクロ志向の旦那さんは不満そうだけど。。。)
観音はクマザサハナムロやウメイロモドキ、ニザダイなどがちょっと群れている程度で、大型回遊魚はまったくまわってこなかった。(ーー;)

そこら中の根の上でコガシラベラが激しく群れ産卵していた。
本来はペア産卵するはずの二次オスもたまに加わってくるけど、一次オスたちの迫力に圧倒され、スゴスゴと退散してた。。。(笑)

2本目は永田でのホームグラウンド、オツセで「永田のアイドル」巡り。。。(笑)


いや~最高のコンディション!!!(^^)

【ポイント】 横瀬/一湊タンク下No.1
【水温】 25.4℃/25.5℃
【透明度】 30m/30m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴!
【潜水時間帯】 9:29-10:27/12:04-13:18
【潮まわり】 05:52 55cm 干潮 / 12:55 191cm 満潮 / 18:44 128cm 干潮 / 小潮(月齢:6.6)
【日の出・日の入】 日出06:25 日没17:39

今日もリピーターKさん夫妻のガイド。
前回は横瀬が良かった!!!と言っていたので最終日の今日は最初から横瀬にいくつもりだった。
さらにリクエストが「スジクロユリハゼを見たい!」という事だったので、ちょっと深場に降りてみた。。。

フジイロサンゴアマダイのペアはまだまだ健在で、元気にホバーリングしていた。
お目当てのスジクロユリハゼは割と浅い-38m付近にペアで見られたのだが、あっという間に巣穴に引っ込んでしまい撃沈!( ̄□ ̄;)!!

それはともかく、今日の-35m付近の水底は群れモノが一気に降りてきて、かなりスゴかった!!
ニザダイやクロハギが大きな群れをつくり、ウメイロモドキ、クマザサハナムロ、ニセタカサゴなどがガンガン水底まで降りてきて、しばし目が釘付けに。。。w(゜o゜)w!!

キビレボウズハギもバリバリの婚姻色になって求愛していた。

2本目のリクエストは昨日、リクエストされたにも関わらず、見つからなかったニシキフウライウオのペアに再チャレンジ。
しかし、今日もニシキフウライウオたちは見つからなかった。。。
結局、まだ1回も孵化を撮影していないのにぃー!!!!! ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

結局、先週末から今日にかけて、海はベタ凪ぎ、そして空はほとんど雲のない快晴!!!
おまけに海の中は30mオーバーの透明度!!!
10月下旬としては、最高のコンディションだった。

明日はとうとう雨が降るみたい。。。(¨;)


復活!真夏の海!!(^^)

【ポイント】 オツセ/観音/一湊タンク下No.1
【水温】 27.5℃/27.5℃/27.8℃
【透明度】 30m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:35-10:39/11:57-13:07/15:58-17:27
【潮まわり】 07:45 246cm 満潮 / 14:05 49cm 干潮 / 大潮(月齢:15.5)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:39

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
今日は永田へ行ったのだが、素晴らしい透明度と青さ!!
またまた真夏の海に逆戻りだ。(^^)
これは黒潮に近い永田だからだと思っていたけど、今日は一湊界隈も透明度は良かったようだ。

ただし、2本目の観音は激流だった。。。
ゲストさんは水底を這っても「無理っ!」といって進めなくなるくらい。(笑)
岬の先端でイトヒキアジの巨大成魚が3匹近づいてきたり、ニザダイとテングハギモドキの大群れが見られたりしたけど、潮が速すぎて落ち着いて見れなかった。(^_^;)

3本目はE嬢とマンツーマンでタンク下にビーチエントリー。
「チョウチョウコショウダイ(yg)にずっと張り付かせて!」というリクエスト。(笑)
ならば。。。と僕もカメラを持っていかせてもらい、彼女が張り付いている間ずっと近くで、またまたエソ類のクリーニングを撮影していた。
1時間くらいまったく動かなかったのでさすがにちょっと寒く感じた。

明日から上着もロクハンを着ようかな。。。 (*¬。¬) …ボソッ

シマキンチャクフグのオス同士喧嘩!

シマキンチャクフグのオス同士喧嘩!

エクジット間際にシマキンチャクフグのオス同士の激しい喧嘩を見かけた。
近くにはメスもいて、彼女は何くわぬ顔で採餌中。。。

こうした喧嘩はしょっちゅう見かけるのだが、その産卵を見たのはここ最近。
これはメインとなる産卵の時間帯が午前中だった事と、産卵は地味に一瞬で終わるから今まで気づけずにいたのだった。

喧嘩は午後からよく見かける事から、これは翌日の産卵前の牽制的な意味合いがあるのだろうと思う。
つまり、大げんかを見かけた翌日の午前中はきっと産卵が見られる。。。多分そう。
明日は午前中が空いているので、早速、このシマキンチャクフグの産卵を観察してきます!!(^^)


観音は大当たり!!(^^)

【ポイント】 オツセ/ヨスジ漁礁/観音
【水温】 26.5℃/29.0℃/29.0℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れのち曇り
【潜水時間帯】 10:53-11:47/13:11-13:59/15:32-16:26
【潮まわり】 09:50 231cm 満潮 / 15:56 79cm 干潮 / 中潮(月齢:4.5)
【日の出・日の入】 日出05:48 日没18:52

今日から3日間潜るOさん夫妻は昨年の今頃、僕が体験ダイビングでご案内したゲストだった。(^^)
その後、昨年12月にはライセンスを取得。
このたった7-8ヶ月でなんと50本近く潜るほどすっかりダイビングにハマッてしまった!!

いや~こういうのってホント嬉しい!!!(#^.^#)

しかも、ライセンス取得後の約50本を入れても、今まで最も綺麗で楽しかった海が体験ダイビングの時の屋久島の海だというから、メチャクチャ嬉しい!!!
こりゃ、体験ダイビングの時よりももっともっと凄い屋久島の海をお見せせねば!!!と思っていたら、今日の永田・観音の海は大当たり!!!\(^o^)/ワーイ

深場ではウメイロモドキとニザダイ、テングハギモドキがもの凄い数が群れ、壁を作っており、浅場に帰ってきてからもニセタカサゴやクマザサハナムロ、そしてキビナゴがギュー、ギューに詰まった高密度状態で長時間、目の前に突っ込んできてくれた!!(^^)
いや~スゴかった!!!

クマザサハナムロが押し寄せてきた!

クマザサハナムロが押し寄せてきた!


お盆の喧騒が去って。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1/横瀬
【水温】 29.0℃/29.1℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:07-11:07/12:17-13:04
【潮まわり】 08:22 250cm 満潮 / 14:42 44cm 干潮 / 中潮(月齢:2.5)
【日の出・日の入】 日出05:47 日没18:54

お盆の喧騒が去って、今日のゲストはたった2人。。。
ごった返していない広い船内も久しぶりだ。

今日はのんびりと。。。と思っていたけど、今日の夕方の高速船で帰るゲストがいたため、そういうわけにもいかないっ!(^_^;)

今日の2本目の横瀬は大当たりだった!
正直、回遊魚や群れ物が売りの横瀬なのに、ここ最近はそれほど驚くような群れには当たっていなかった。

しかし、今日は沖の根の上には沢山のキビナゴたちが集まっていて、それを狙うニジョウサバがスゴかった!!!
ウメイロモドキやニザダイ、ボウズハギなんかも集まってきて、エライことになっていた。

僕らはまったく動かず、真上で繰り広げられる捕食合戦をずっと眺めていた。
捕食魚に突っ込まれると一斉に動キビナゴたちはまさにスペースオペラ!!!

超久しぶりの当たりだ。(笑)


西部のポイント調査

【ポイント】 観音/川原
【水温】 25.7℃
【透明度】 25m
【海況】 時化
【天候】 雨
【潮まわり】 10:52 84cm 干潮 / 17:04 204cm 満潮 / 中潮(月齢:11.3)
【日の出・日の入】 日出06:22 日没17:43

今日はゲストなし。
_DSC0033.jpg永田の船長にポイント調査に誘われ、朝から西部へ。
1本目は観音へ。
観音は通常、南側や先端から入って北側でエクジットするパターンが多いのだが、今日は北側から入って南側でエクジットしてみた。
南側で上がれると深場からも帰りやすくなるので、前々から検討していたコース取りだ。
そのためには南側の安全停止する浅場が面白いかどうか調べる必要があったのだが、完全に遊んでしまった。。。(-o-;
先端で遊びすぎて、浅場の状況を満足に調査できなかった。(笑)

_DSC0074111.jpgいつもはスグに深場に下りてしまう観音だが、レンズがワイドだったこともあり、今日は中層を流した。
ギンユゴイやツムブリ、ムレハタタテダイ、ウメイロモドキ、ニザダイなどの定番に加え、-20m付近ではおびただしい数のアカモンガラが急に一ヶ所に集結して舞い始め、凄いことになっていた。。。(・_・;

_DSC0184.jpg2本目は真面目に調査?(^^;;
久しぶりに川原に入った。
前に川原に入ったのは数年前なのだが、この時の印象は割と良く、もの凄い数のニザダイ科の魚たちが絶え間なく流れていたように記憶している。
今日はどうかというと、想像していたほどではなかったのだが、テングハギモドキやウメイロモドキ、ニセタカサゴなどがそれなりに群れていた。
ただ。。。何か前に入った川原と違うような気もする。
かなり広い範囲を「川原」と呼ぶらしく、前に入ったのはもしかしたら別の根かもしれない。。。