ナンヨウカイワリ」タグアーカイブ

キビナゴがたまってる。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.2 / お宮前
【水温】 27.6℃ / 27.4℃ / 28.0℃
【透明度】 30m~
【海況】 時化気味
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:48-9:38 / 10:34-11:36 / 13:08-14:05
【潮まわり】 09:06 69cm 干潮 / 16:17 199cm 満潮 / 若潮(月齢:24.7)
【日の出・日の入】 日出06:07 日没18:13

今日の高速船トッピーの最終便で帰るゲストがいたので、早めのテンポで3本潜った。
まだ海はやや時化気味ではあったが、ワイドでいけるくらいのクリアな海ではあった。

3本目のお宮前の浅場がものすごい数のキビナゴがたまっていて凄かった!
これを狙ってこれまた無数のナンヨウカイワリが集まっていた。

そんなすごい状況なのにコンデジは電池切れ。。。(・_・;)


ナンヨウカイワリvsキビナゴ

【ポイント】 元浦 / 元浦 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 29℃ / 29℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり⇒快晴
【潜水時間帯】 9:28-10:02 / 10:41-11:15 / 13:46-14:31 / 15:28-16:12
【潮まわり】 07:59 252cm 満潮 / 14:21 42cm 干潮 / 中潮(月齢:17.4)
【日の出・日の入】 日出05:58 日没18:32

今日は午前中に体験ダイビングのお客様をご案内したあと、午後からはファンダイビングのガイドで2本。。。
一湊タンク下界隈はキビナゴが溢れていて、これを狙ってオキザヨリやアオヤガラ、そしてナンヨウカイワリなどの捕食がそこら中で見られた。
特に迫力だったのはツムブリたちの捕食行動なのだが、これは撮り損ねた!!!!!くやし~!!!!!(-o-;

下の動画はナンヨウカイワリの捕食行動。
でも、何かイマイチだなぁ。。。

最近、愛用のTG4のAFがメチャ甘くて、ピントが微妙。。。うーんん。。。TG5をそろそろ購入しようかな。。。

下は体験ダイビングのポイント「元浦」の足の着く浅場で連日、見られているツバメウオの若魚群れ。。。


青いっ!!!夏の海!!!(^^)

【ポイント】 オツセ/オツセ
【水温】 24.7℃/24.1℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:50-12:50/14:41-15:42
【潮まわり】 08:57 206cm 満潮 / 15:46 20cm 干潮 / 中潮(月齢:4.0)
【日の出・日の入】 日出05:19 日没19:09

今日のゲストさんはFacebookで知り合ったTさん。
2日間、マンツーマンのガイドになりそう。。。^^;
到着早々、今日は永田エリアで潜った。
天気は快晴!
海はベタ凪!
そして。。。水温は浅場でとうとう26℃近くまで上がって、温かい!!!!(^^)
そして海は青々していて、一時的なものだとは思うけど、黒潮の接岸を感じさせる海だった。
いつになく魚影も真夏並みに濃く見え、賑やかな感じがした。
実際、真夏になるとそこら中で目につくようになるヤクシマキツネウオの幼魚なんかも出現。
浅場は夏の海のように青くキラキラした気持ちのいい海だった。(^O^)


西へ東へ。。。

【ポイント】 オツセ/春田浜タイドプール/一湊タンク下No.2
【水温】 28.0℃/-℃/29.4℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:09-10:19/12:30-14:30/16:19-17:40
【潮まわり】 07:28 264cm 満潮 / 13:50 33cm 干潮 / 19:51 254cm 満潮 / 大潮(月齢:15.5)
【日の出・日の入】 日出05:59 日没18:30

今日は1本目は永田の深場、2本目は春田浜タイドプール、3本目は一湊ビーチエントリーと屋久島の北~東面を大きく移動。
朝早くから夕方遅くまで思い切り遊んだ!!!(^^;;

タイドプールではまだまだロウソクギンポの繁殖期は続いているけど、何か屋久島の東面は時化ていて、最干潮でも潮だまりには波が入り込む始末。。。(・・;)

3本目はリクエストだったビーチダイビング。
時間を気にせず長々とダラダラ潜るのだったらやっぱりビーチがいい。

ビーチなのに永田よりも回遊魚がいろいろとまわっていた。(笑)
ツムブリ、カスミアジ、シマアジ、ヒラソウダ、カンパチ、ナンヨウカイワリなどが次々に群れになって入り込むんだけど、夕方の海は暗くなんか不気味。。。(;゚Д゚)


水温30℃!透明度40mオーバー!

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 29.8℃/29.9℃/29.1℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:21-10:25/11:59-12:51/14:51-15:52
【潮まわり】 04:54 204cm 満潮 / 11:52 52cm 干潮 / 18:32 209cm 満潮 / 中潮(月齢:26.8)
【日の出・日の入】 日出05:38 日没19:10

今日はメチャ透明度が良かった!!!
40mくらいは抜けていそうなクリアーな海!!
水温30度はちょっと暑いくらいだけど、気持ちよく3本潜れた。。。(^^)

画像がないのだけど、漁礁には高密度のキビナゴが集まり、それを狙うカンパチ&ナンヨウカイワリ&アオヤガラの連合軍の捕食が圧巻だった~!!


おいおい。。。ここでコブシメ産卵してたか。。。(・・;)

【ポイント】 香附子
【水温】 21.5℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:27-12:29
【潮まわり】 07:15 104cm 干潮 / 12:51 165cm 満潮 / 19:33 64cm 干潮 / 小潮(月齢:7.9)
【日の出・日の入】 日出05:26 日没19:02

今日は午前中にカメラを持って海へ。
昨日、同業者からアカテンコバンハゼがいると聞いて、超久しぶりに香附子に入った。
実に6年ぶりくらい。(笑)

暗がりにいたマツカサウオの若魚

暗がりにいたマツカサウオの若魚

地形は完全に忘れちゃっていたけど、その同業者の言うミドリイシサンゴ群落はすぐに分かった。
アカテンコバンハゼはともかく、何とそこはコブシメの産卵が凄かった!(・・;)
今年は主戦場のお宮前のコブシメがイマイチで、なかなかヒートアップしないままGWが終わってしまったのだが、何と香附子では大産卵が繰り広げられているではないか。。。!
その数、20匹以上!
大きさはお宮前に毎年産卵にやってくる連中と比べ、やや小ぶりだが、数が多いので見応えがあった。

しかも、ここのコブシメは通常のウスサザナミサンゴではなく、青っぽいミドリイシサンゴの群落に卵を産み付けているのでバックがいいっ!
しかも、途中でナンヨウカイワリとカンパチの群れが入り込み、背景はメチャクチャいい感じ。。。(^^)
完全に今日はワイドだった。。。選択を誤った。。。(ーー;)

結局、アカテンコバンハゼも見つからず、目の前で繰り広げられる大産卵ショーは指を咥えて見てるだけ。。。
たまたま目の前にあったガンガゼに着いていたマジマクロイシモチたちがみんな卵を咥えていたので、そればかり撮影していた。(笑)
明後日はまたワイドでここに来よっと。(涙)

マジマクロイシモチが完全に繁殖期に入った。
今日、覗いたガンガゼの中には6匹のマジマクロイシモチがいて、そのうち4匹が卵を咥えた大きなオスだった。

マジマクロイシモチの口内保育1

マジマクロイシモチの口内保育1

マジマクロイシモチの口内保育2

マジマクロイシモチの口内保育2

通常、テンジクダイの仲間はペアになる事が多く、卵を咥えたオスの傍らにはメスの姿があったりするのだが、このマジマクロイシモチはガンガゼという狭いコミュニティーの中だけで暮らしていて、その中にいるオスとメスの比率は等しくない事が多い。
中には卵を咥えたオスばかりが棲むガンガゼもよく見られ、この種類は必ずしもアオスジテンジクダイやクロホシイシモチのようにメスが孵化まで見守るという事はないように思われる。
(種類によってはオスの口の中から零れ落ちそうになる卵をメスが押し戻す行動も見られるので、夫婦で子育てをしているようにも見える。。。)

つまり、マジマクロイシモチはオスだけが単独で一生懸命、自分の子供を育てているのだ。
人間社会では男性と女性、どちらが子供の面倒を見るのか?なんて事が話題になるけど(笑)、こいつらは間違いなく親父だけが子育てをしているとしか思えない。
マジマクロイシモチは当然のように(本能的に)男性(オス)が子育ての全責任を負う魚なのだ。


お~ナメモンガラ!!!

【ポイント】 横瀬/一湊タンク下No.3/一湊タンク下No.1
【水温】 26.1℃
【透明度】 20m~
朝はかなり本気の雨が降っていたのだが、昼過ぎから快晴に!!
やはり明るい空の下でのダイビングは気持いい!!!

続きを読む


黒潮がまた接岸か?

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前
【水温】 26.9℃
【透明度】 30m
すっかり落ちてしまったとばかり思っていた水温が、27℃で踏ん張っている。(笑)
透明度も昨日までと比べて回復傾向だ。
でも、海は北西の風が強く、やや時化気味。。。

続きを読む


回遊魚は永田に軍配?

【ポイント】 永田灯台/永田灯台/ヨスジ漁礁
【水温】 26.4℃
【透明度】 25m
久しぶりの永田。
こっちの方がまだ水温が高く、透明度も良いかと思いきや、もはやこちらも一湊と変わらなかった。
風は北東が強く吹き、かなり瀬に白波があたり、時化気味。。。

続きを読む


キビナゴvsいろいろ(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.2/お宮前/一湊タンク下No.2
【水温】 29.5℃
【透明度】 ~25m
関東地方は台風11号の影響で大変なようだが、こちらは極めて穏やかで晴天の日々。。。
今日はやや曇り空&雨のぱらつきもあったが、概ねグッドコンディションだ。

続きを読む


えっ??一湊も激流!

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.3
【水温】 28.0℃
【透明度】 30m
一湊湾内はベタベタに凪ぎていて、風もほとんど無風状態だったので、アンカー無しで停船していても、ほとんど動かないような状態。
とてもダイビングがしやすい海だったのだが。。。

続きを読む