早くもジョーフィッシュが。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 /お宮前
【水温】 21℃ / 21℃ / 21℃
【透明度】 ~10m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:33-10:20 / 11:16-12:10 / 13:47-14:27
【潮まわり】 04:23 93cm 干潮 / 09:55 191cm 満潮 / 16:53 22cm 干潮 / 中潮(月齢:5.0)
【日の出・日の入】 日出05:44 日没18:49

連日、天気は快晴!海況もベタ凪ぎ!と素晴らしいコンディションなんだけど、黒潮は完全に外れていて、水中は一年のうちで最も酷い状態だと言っていいほど悪い。。。(ーー;)

水温は2-3月よりも低く、透明度は10m以下だ。
おまけに鼻水みたいな浮遊物が沢山浮いているし。(笑)

そんな状況でも、海の中は今の時期らしい光景で満ち溢れている。。。

水底は相変わらず、アミ類が爆発中で水底から1mくらいの間は雲のように真っ白。

また水底にはアオサ類が沢山繁茂していて、そこにはウミコチョウの仲間がいろいろ見られ始めてる。

そこら中で春の風物詩・アマミスズメダイの幼魚!

今日はコブシメの産卵は見られなかったけど、コウイカのペアが付かず離れず状態。。。

そして。。。早くもジョーフィッシュが目立ち始めている。
しかも、すでに雌雄が近くに巣穴を持ち、ペアになっている子もいた。

この時期のジョーフィッシュは巣穴を持ち始めたばかりの子が多く、そんな子はまだ不安定なのか、指や指示棒を近づけただけでピョーン!と巣穴から飛び出してくる個体をよく見かける。


快晴!ベタ凪ぎ!(^^)

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下
【水温】 21℃ / 22℃
【透明度】 10m
【海況】 べた凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:38-10:07 / 14:56-15:28
【潮まわり】 09:14 204cm 満潮 / 15:59 9cm 干潮 / 中潮(月齢:4.0)
【日の出・日の入】 日出05:45 日没18:48

今日は体験ダイビングで午前1本、午後1本。
ベタ凪ぎ&快晴なんだけど、依然として海は黒潮の海からは程遠い状態。。。
透明度は10m以下で、水温も2-3月よりも低いという。。。(^^;)

2本目のお客様は1人はライセンスを持っていることが判明し、タンク下へ。
タンク下も透明度は最悪。。。あまけに水底付近はこの時期特有のアミ類が爆発していてまるで雲の中にいるような感覚。(笑)

エントリー前に「ウミガメは沢山いますよー!」と言っておいたのだが、会えたのはかろうじて1匹。。。(^^;)
何とか会えてよかった。。。

しかし、陸上から見る海はメチャクリアーで、綺麗な色なのに、入るとこの透明度はヤバい!(◎_◎;)


ドン引き!(◎_◎;)

【ポイント】 元浦
【水温】 23℃
【透明度】 5m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 14:41-15:04
【潮まわり】 07:01 218cm 満潮 / 13:22 10cm 干潮 / 大潮(月齢:0.0)
【日の出・日の入】 日出05:49 日没18:46

今日は午後からパシフィックビーナスで来島された親子3人の体験ダイビングで1本。
午後からの元浦はものすごく潮が引いていて、ちょっと驚いた!(◎_◎;)

引きが凄かったからというだけではないと思うのだけど、透明度はメチャクチャ悪かった。。。
一見、凪に見えた海も水中は結構ウネっていて、砂も舞っていた。

だから突然、ウミガメに遭遇した時もビックリ!
透明度の悪い海は大型生物の出現は心臓に悪い。。。(笑)

天気もよく浅い海はまったく寒さを感じず、暖かかったのは良かった。(^^)


今日はもうクジラはいなかった。。。

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1
【水温】 23℃ / 22℃
【透明度】 20m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:36-10:06 / 11:02-11:38
【潮まわり】 04:34 169cm 満潮 / 10:41 97cm 干潮 / 16:01 155cm 満潮 / 若潮(月齢:24.6)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:42

今日は午前中に体験ダイビングで2本。
ゲストは香港からの若いカップルさんだ。

海はまたまた濁りが凄くなってきた。
先日はメチャクチャ青くクリアーだった元浦も、今日は一転して白濁り。。。
天気は良かったので、浅い元浦の海はそれなりに明るかったけど。

2本目の一湊タンク下の方がまだマシだったけど、晴天の割には暗い。。。
昨日、エントリー口で死んでいたミンククジラ(?)の子供は今日はいなくなっていた。
あとで環境省の方に聞いてみると、引き上げたり、動かしてはいないそうなので、もう少し沖に出ればまだ水底に残っているかもしれない。

体験ダイビングはウミガメに何匹も出会えて、ゲストさんも大満足の様子だった。
近々、台湾でライセンスを取るそうなので、今度はダイバーとしての来島を期待!(^^)


流れ着いたミンククジラの子供

【ポイント】 春田浜タイドプール / お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 -℃ / 22℃ / 21℃ / -℃
【透明度】 15m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:50-10:36 / 12:37-13:39 / 14:59-15:53 / 16:10-17:00
【潮まわり】 09:49 114cm 干潮 / 14:43 143cm 満潮 / 長潮(月齢:23.6)
【日の出・日の入】 日出05:56 日没18:42

今回のゲストYさんは予約時からタイドプールをリクエストしていたのだが、潮周りがあまり良くなくてそれほど潮が引かない状態の春田浜に朝から出かけた。
天気だけは最高に良くて、風も弱かったので、潮周りさえ良ければベストなコンディションだったのに。。。残念。。。
春はやっぱりアオサ?(ヒトエグサ?)が多くて緑がとても綺麗だった。。。(^^)

2本目のお宮前では久々にコブシメが大産卵を繰り広げていた!
12匹の雌雄が集まって、産卵、喧嘩などいろいろな生態行動が見られ、面白かった。
この場所のサンゴは崩壊寸前で、昨年はほとんど大規模な産卵は見られなかったので、もうダメかな。。。と思っていたので嬉しいっ!(^^)

そしてもう1本潜って帰ろうとしたら、一湊タンク下のエントリー口にクジラ!との情報。。。
これは多分、3日前の大時化で流れ着いた子のようで、体は傷だらけでボロボロ。

ちなみにこれ、計画になかった4本目の一湊タンク下、ビーチエントリー。
しかもなんと、エントリー口のスグ下-4m。。。ここまで流れ着くとは。。。(・・;)
その後、専門家に写真同定してもらったところ、ミンククジラの子どもではないか?との事。

帰りの車の中で、「最後にクジラにすべて持ってかれましたね。。。」とゲストYさん。
まったくその通り。。。(^^;)