春と冬の風物詩が同居する海

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 19℃ / 19℃ / 19℃
【透明度】 30m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:44-9:47 / 11:06-11:59 / 13:52-14:56
【潮まわり】 04:04 40cm 干潮 / 10:11 190cm 満潮 / 16:37 48cm 干潮 / 中潮(月齢:19.1)
【日の出・日の入】 日出06:57 日没18:06

僕の兄弟子・田中 幸太郎くんが主宰する八丈島・ダイビンググラブ コンカラーのガイド・スタッフ、早梅 康広さんの2日目。
今日は昨日以上に凪ぎて、一湊湾内はベタベタに凪ぎ、まるで湖状態だ。(^^;)
空も雲ひとつない快晴!
透明度もまずまず良かったんだけど、水温は年間の最低水温ともいえる18℃まで落ちていた。。。ドライでも寒いくらい。。。(◎_◎;)
水中は斑状に温かい部分と冷たい部分が入り乱れていて、サームクラインもところどころにできていた。
今の海は春の風物詩と冬の風物詩が同居する海。
漁礁には春の定番でもあるシマアジの成魚群れが見られたかと思いきや、岩礁域ではまだまだ冬の魚・オオセが見られた。。。

現在、屋久島の海は年間の最低水温ともいえる18℃まで落ち、メチャクチャ冷たい冬の海なのだが、生物的にはもう春だ。(^^)
漁礁には春の風物詩・シマアジの成魚が小さな群れをつくって群れていた。


元お客さんのプロガイド!

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 20℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 14:46-15:58
【潮まわり】 09:41 198cm 満潮 / 15:58 43cm 干潮 / 中潮(月齢:18.1)
【日の出・日の入】 日出06:58 日没18:05

久々のゲストだ。。。(^^;)
今日はリピーターHさんが2年ぶりに遊びに来てくれた。
そのリピーターさんはなんと今では同業者!
2年前、僕の紹介で、兄弟子のコータローくんがやっている八丈島のコンカラーさんで働き始め、今ではバリバリの現地ガイドさんだ。(^^)
うちに来られるゲストさんたちからも元気でやっている様子はよく聞いていたのだが、実際会ってみるとメチャ、プロっぽくなっていて驚いた!
そんな彼とマンツーマンで今日1本だけ潜った。
黒潮は離れているようで、やや濁り気味。
水温は21℃あったけど、なんか寒く感じた。。。(;´・ω・)
明日はちょっとインナーは厚着をしようかな。。。


冬の体験ダイビングは実はおススメ!

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 22℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 15:57-16:42
【潮まわり】 07:40 202cm 満潮 / 13:31 71cm 干潮 / 大潮(月齢:0.1)
【日の出・日の入】 日出07:11 日没17:50

昨日は割と暖かくて、日中は17℃まで上がりました。
水温はもっと高い20℃はあるんだけど、こちらはいつもと変わらず。。。(^^;)

この時期の屋久島の海は気温は低くても、水温は沖縄並みなので十分に体験ダイビングを楽しむことができます!(^^)
しかし、そもそも観光客が少ないシーズンでもあるので、当店もほとんどお客様はいない状態。。。
当然のように毎回、毎回、マンツーマン、もしくは1組でのツアー開催になる事がほとんど。。。

なので、実は冬季は他に人がいない静かな海でのんびり楽しむことができて、むしろおススメ!(^^)
人がいない海は、もちろんウミガメ遭遇率もグッと上がり、しかも独占できる!(笑)

昨日も2頭のアオウミガメに会えました。(^▽^)/


水温計回収

【ポイント】 一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.2
【水温】 20℃ / 19℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 10:01-10:54 / 14:45-15:45
【潮まわり】 05:23 56cm 干潮 / 11:46 180cm 満潮 / 18:22 71cm 干潮 / 小潮(月齢:20.8)
【日の出・日の入】 日出07:14 日没17:42

今年もホームの一湊タンク下の-8m地点と-25m地点に設置してある水温計(ロガー)を回収しなければならない時期に。
いつもなら、回収したら再設置は次の日に行くのだが、全国的に明日から大きく時化そうな予報。。。
ということで、今日は午前中に回収、午後からは再設置、合計で2本潜った。

今シーズンオフは昨年からの高水温が続いていて、しばらくは温かかったけど、いつのまにか例年並みの低水温になってしまっていた。
ドライでも後半はやや寒く感じる。

ロガーは昨年の設置場所で無事に見つかったけど、-8mのロガーを設置した場所がなんか危うい感じになってきた。
岩の下に大きく開いた横穴の奥に設置していたのだが、その横穴が去年よりなんだか小さくなっていて入口が塞がりそうで怖い。。。

さて、昨年は2013年以来の世界的なサンゴの大白化が起こり、屋久島でもかなり白化が進み、多くのサンゴが死滅した。
その原因の1つは高水温だと言われているが、確かに昨年は明らかに水温が高く、その高水温が長く続いた年だった。
しかし、それはあくまでも僕の感覚によるもの。。。
早く客観的なデータからそれを確認したいと思っていたのだが、やっぱり昨年の水温は異常だった。。。(-_-;)

毎年、海に潜っていて僕が「生温いなぁ~」とか「暑いなぁ~」と感じ28℃以上の水温になるのは7月の下旬から9月下旬くらいまで。
その間は最高でも29℃くらいまで上がり、日によって、時間によって、28-29℃くらいの間で水温変動があるのが、いつもの屋久島の夏季の海だ。

しかし、昨年は28℃など余裕で超え、連日30℃近い、もしくは30℃を超える水温の日が1カ月以上続いたのだ。
28℃以上の高水温期間に入ったのも例年に比べて1カ月弱早かったみたい。

こうしてグラフにすると一目でその異常性が確認できた。。。

1年間の水温推移

1年間の水温推移

ヒレボシミノカサゴ

ヒレボシミノカサゴ

現在、鹿児島大学の本村さんと2012年に発行した屋久島魚類リストの追加種リストを作成中で、その後得られた標本や僕が撮った写真などから、まだリストに載っていない種類を洗い出し、まとめているところ。
普通種を中心にいくつかの種類は僕のHDDから探すより、今から海に行って撮ってきた方が早いっ!なんて種類も多い。(笑)
今日も屋久島では普通に見られるヒレボシミノカサゴをついでに撮ってきた。。。(^^;)


メチャ寒いんですけど。。。(◎_◎;)

【ポイント】 元浦
【水温】 19℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 15:31-16:00
【潮まわり】 07:54 216cm 満潮 / 13:44 69cm 干潮 / 大潮(月齢:14.8)
【日の出・日の入】 日出07:15 日没17:37

西高東低の気圧配置がバッチリ決まっており、今週末は全国的に寒く荒れた天気になるみたい。
屋久島も雪こそ降ってはいないけど、メチャ寒い。。。今年一番の寒さではなかろうか。。。(-_-;)

そんな今日は学生さん3名の体験ダイビングの予約が入っていた。
一応、海は凪ぎているけど、あまりにも寒いのでゲストさんたちのテンションが低かったら中止にしようか。。。とも考えていたのだが、聞いてみると。。。
メチャやる気満々やん!(笑)

冷たい外気に晒された元浦の浅場は非常に水が冷たく、とうとう水温は20℃を切っていた。。。
透明度はまずまずだったのだが、やっぱり寒いっ!(^^;)

でもさすがに若さってスゴイ!
5mmのレンタルウェットでメチャクチャ寒いはずなんだけど、エクジット後は笑顔で水中の様子を楽しそうに話していた。(^^)