水温が落ち気味。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 28.8℃ / 28.4℃ / 28.4℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:20-10:09 / 11:10-11:58 / 13:49-14:38
【潮まわり】 08:29 233cm 満潮 / 14:40 67cm 干潮 / 中潮(月齢:17.7)
【日の出・日の入】 日出06:03 日没18:22

透明度はかなり回復してきたのだが、水温が落ち気味だ。。。
29℃台だった水温が28℃台に。。。実際に水中でも肌寒さを感じてしまった。^^;


最終日は晴れた!

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前
【水温】 28.6℃ / 28.6℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:03-9:59 / 11:03-12:02
【潮まわり】 07:56 234cm 満潮 / 14:13 57cm 干潮 / 中潮(月齢:16.7)
【日の出・日の入】 日出06:02 日没18:23

今日はすべてのゲストさんがお帰りの日だったので、午前中に2本。
ただこの2日間、あまりにも海の状況が悪かったので(透明度が最悪。。。)、ほとんどのゲストさんが急遽今日のダイビングをキャンセルして早めに帰る事になった。。。^^;

しかし、最終日はそこそこ透明度も回復し、天気も良かったので水中は明るかった。
まぁ、よくあるパターン。。。(笑)


ヤバ過ぎる透明度。。。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 28.8℃ / 28.6℃ / 28.8℃
【透明度】 5m~
【海況】 やや時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:47-9:36 / 11:17-12:02 / 13:48-14:40
【潮まわり】 07:25 231cm 満潮 / 13:48 52cm 干潮 / 大潮(月齢:15.7)
【日の出・日の入】 日出06:02 日没18:24

昨晩、山中はかなり雨が降ったのか、それともそういう潮が入り込んだのか分からないが、今日は驚きの視界だった。
台風等で海が大荒れにでもならないと達することができない「透明度5m」!!!(・・;
ゼロ戦は久々に迷ってゼロ戦にたどり着くことができないかと思った。。。


パンダダルマハゼの産卵

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 29.2℃ / 29.0℃
【透明度】 20m~
【海況】 時化気味
【天候】 雨
【潜水時間帯】 11:32-12:32 / 14:01-15:01
【潮まわり】 06:54 228cm 満潮 / 13:22 49cm 干潮 / 大潮(月齢:14.7)
【日の出・日の入】 日出06:01 日没18:25

昨日の雨の影響か、もしくは今日の時化の影響か、海はやや濁ってた。
青々とした黒潮の海とは程遠い状態。。。

それでも僕的には思っていたほど水中は暗くない、むしろ明るいくらいの海だなぁ、、、とか思っていたのだが、ゲストさんには暗いねぇ。。。と言われてしまった。(笑)

例の定点観察中のパンダダルマハゼの産卵をようやく観察できた。
時間は14:36~
すでにかなりの数の真っ白い卵が産みつけられていたので、14:00前には産卵は始まっていたのではないかと思う。
このパンダダルマハゼのペアはこれまでに何度も何度も途切れることなく産卵を繰り返していたので、産卵はサイクルを3-4日だと思っていたのだが今回正確に突き止めた。
9/9の日中に産んだ卵が、多分9/13の夜から9/14の朝にかけての間に孵化した模様。。。
水温は連日の29℃台。
産卵サイクルは4-5日といったところか。。。

2019年09月06日 卵は白い
2019年09月08日 卵は銀色
2019年09月09日 卵は真っ白⇒産みたて
2019年09月10日 卵は白い
2019年09月12日 卵は白と銀色の中間
2019年09月14日 卵は真っ白⇒産卵中


もりとうみ

昨夜の雨

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 29.2℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 14:29-15:31
【潮まわり】 06:22 220cm 満潮 / 12:54 48cm 干潮 / 19:10 228cm 満潮 / 大潮(月齢:13.7)
【日の出・日の入】 日出06:00 日没18:27

昨夜、まとまった雨が降ったのだが、山中ではもっともっと大量に降ったようで、今日の一湊湾内はまっ茶!コーヒー牛乳の海だった。(・・;
海自体はベタベタに凪ぎているのだが、午前中のシュノーケリングは中止。。。
静かな海を前にして、ゲストさんもガッカリしていた。。。

午後は下に潜ってしまう体験ダイビングだったので濁りは覚悟しつつ一湊タンク下で実施したのだが、濁っているのは表層だけで水中は割と普通でむしろ明るく感じたくらい。
でもウミガメには会えなかったなぁ。。。
今年の一湊タンク下はウミガメ遭遇率が元浦よりも圧倒的に低い。。。


海には青く発光している生物が多い

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29.4℃ / 29.2℃ / 29.4℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:04-10:01 / 10:58-11:41 / 13:28-14:24
【潮まわり】 05:46 212cm 満潮 / 12:23 50cm 干潮 / 18:48 224cm 満潮 / 大潮(月齢:12.7)
【日の出・日の入】 日出06:00 日没18:28

浅場に帰ってくると壁一面にクロスジツツボヤが群生しているのは「屋久島ならでは」の光景なのではないかと思うのだが(未比較⇒他地域の情報ください!)、こいつがいつも妖しく青い光を放ってる。
考えてみると海の中には薄くも青く発光している生物が沢山いる気がする。
例の「キャンドルナイト」と呼んでいるヒドロ虫の仲間(ホソガヤ科の一種?)もそうだし、通称「天の川ウミタケハゼ(=セホシウミタケハゼ)」が乗るシャコガイもそうだし、魚のヒレが青く発光している種類も多い。


屋久島のウミガメ

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 春田浜タイドプール / 一湊タンク下No.3
【水温】 29.4℃ / -℃ / 28.8℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:34-9:41 / 10:50-12:20 / 14:24-15:09
【潮まわり】 05:04 200cm 満潮 / 11:48 55cm 干潮 / 18:24 217cm 満潮 / 中潮(月齢:11.7)
【日の出・日の入】 日出05:59 日没18:29

近寄っても逃げるどころか、むしろ近づいてくる屋久島のウミガメ。
まったくダイバーの存在を意に介さない。

ホームグラウンドの一湊タンク下には若い個体が約10個体定住しており、どの個体もそんな感じで、まったく逃げないのだから驚きだ。

ここでダイビング中に出会う個体はどれも「いつもの子たち」であり、一期一会のウミガメではない。

この20年で屋久島で潜るダイバーの数は爆発的に増えたけど、一湊タンク下に定住するウミガメも同様に増えてる。

ちなみに今年は一湊タンク下で見られるウミガメが例年に比べて少ない。
これは今年、生える海藻の種類や量が変わったからだ。
具体的にいうと、今年の春から初夏にかけて、彼らの大好物のアオサやミルの仲間が例年に比べて明らかに少なかった。

ミルも何でも食べるわけではないのだが、彼らがまったく食べないヒゲミルやモツレミルはそこそこ見られたが、餌となるミルは少なかった。
さらに、上記の海藻がまったくなくなる夏から秋にかけての時期に主食となる紅藻も今年は少ない。

ウミガメの1日のほとんどは採餌に費やされる。
ウミガメの増減は餌となる海藻の増減で決まる。
海藻の増減や種類の変化、海藻の繁茂する場所の変化に合わせて、同じ屋久島内で定住場所を変えているのだと思う。
経験から、個人的にはダイバーの介入がウミガメの増減に影響しているとはとても思えない。


卵食ってないか?

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29.0℃ / 29.0℃ / 29.0℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:45-9:50 / 10:48-11:32 / 13:16-14:14
【潮まわり】 04:08 191cm 満潮 / 11:04 63cm 干潮 / 17:55 209cm 満潮 / 中潮(月齢:10.7)
【日の出・日の入】 日出05:59 日没18:30

昨日、産んだのを確認したパンダダルマハゼの卵は今日も真っ白だった。
ここから急激に稚魚の目玉がはっきり出た銀色の卵を想像できない。。。(・_・;)

ところでこの動画を見ると、こいつら自分の卵を食ってないか??
それまでヒレを使って水流を送ったりしながら甲斐甲斐しく世話していたのに、急にこのような行動に!!
もしかして僕の接近でストレスを感じているとか?


産卵サイクルはやはり早い

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29.4℃ / 29.4℃ / 29.4℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:20-10:19 / 11:14-11:57 / 14:00-15:03
【潮まわり】 10:04 73cm 干潮 / 17:15 199cm 満潮 / 若潮(月齢:9.7)
【日の出・日の入】 日出05:58 日没18:32

定点観察中のパンダダルマハゼ。
昨日の今にも孵化しそうだった卵はやはりハッチアウトしたようで、今日はまた新たな白い卵が産みつけられていた。
産卵サイクルはやはり早いみたい。

最後の浅場の定番、ウネタケの上のイシガキカエルウオのチビ。
動画で正面顔を意識して撮ってみる。(笑)


今にも孵化しそうなパンダダルマハゼの卵

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29.6℃ / 29.4℃ / 29.0℃
【透明度】 25m
【海況】 ウネリあり
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:54-9:37 / 10:32-11:13 / 12:54-13:36
【潮まわり】 08:40 80cm 干潮 / 16:10 188cm 満潮 / 長潮(月齢:8.7)
【日の出・日の入】 日出05:58 日没18:33

一昨日はまだ稚魚の目玉すら見えていなかったパンダダルマハゼの卵、今日は今にも孵化しそうなくらいギンギラギンに輝き、よく成熟していた。
多分、今日明日中には孵化するのではないだろうか。。。?

じゃれ合う2匹のアオウミガメが可愛い。。。(^^)


もりとうみ

また超高水温の海に逆戻り。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 29.2℃ / 29.2℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:36-9:20 / 10:27-11:34
【潮まわり】 07:08 78cm 干潮 / 14:19 181cm 満潮 / 小潮(月齢:7.7)
【日の出・日の入】 日出05:57 日没18:34

台風一過で水温が下がったかと思いきや、また29-30℃まで上がってる。
海も青々として超クリアーな海だ。(^^)
メチャ気持ちのいい海です。。。


久しぶりにツバメウオの群れ

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 28.2℃ / 28.4℃ / 27.4℃
【透明度】 30m~
【海況】 パシャパシャ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:48-9:28 / 10:18-10:59 / 12:23-13:09
【潮まわり】 05:54 70cm 干潮 / 12:28 191cm 満潮 / 18:07 130cm 干潮 / 小潮(月齢:6.7)
【日の出・日の入】 日出05:57 日没18:35

パンダダルマハゼがまた産卵してた。

漁礁の上に久しぶりにツバメウオの群れがやってきた。。。(^^)


全身がめちゃくちゃかゆいです!

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 大浦 / 一湊タンク下No.1
【水温】 28.0℃ / 28.2℃ / 28.4℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:42-9:26 / 10:49-11:33 / 13:30-14:30
【潮まわり】 04:56 60cm 干潮 / 11:13 210cm 満潮 / 17:11 107cm 干潮 / 小潮(月齢:5.7)
【日の出・日の入】 日出05:56 日没18:37

よくアザハタが砂地に横倒しになって体を擦り付けているのを見かける。
多分、体についた寄生虫などを払っているんだと思うけど、かけないのは辛いよね。。。(・・;


もりとうみ

久々の横瀬

【ポイント】 お宮前 / 横瀬
【水温】 27.6℃ / 27.8℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:20-11:57 / 13:48-14:26
【潮まわり】 04:08 53cm 干潮 / 10:16 229cm 満潮 / 16:26 82cm 干潮 / 中潮(月齢:4.7)
【日の出・日の入】 日出05:56 日没18:38

リピーターIさんとマンツーマン。
久々の横瀬はちょっと潮が速く、途中の洞窟をくぐって折り返すことに。。。

潮が速かったこともあり、浅瀬のキンギョハナダイたちが活発に泳ぎ回っていた。(・・;)


千切れた海藻の中で寝ているウミガメ

【ポイント】 元浦
【水温】 29.0℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 15:18-16:20
【潮まわり】 09:28 246cm 満潮 / 15:46 57cm 干潮 / 中潮(月齢:3.7)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:39

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近、毎日千切れた海藻の中で寝ているウミガメがいる。
こいつがまるで死んでいるのかと勘違いしてしまうくらい、近づいてもなかなか起きない。。。
死んだように寝ている。。。とはまさにこいつのこと。

毎日毎日、海藻に埋もれて寝ているこのウミガメがいる限り、元浦のウミガメ遭遇率は100%が続く。。。(笑)


岩肌を這う八放サンゴ

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.1
【水温】 27.6℃ / 24.8℃ / 28.2℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:37-9:48 / 10:54-11:58 / 13:27-14:12
【潮まわり】 08:42 259cm 満潮 / 15:06 37cm 干潮 / 中潮(月齢:2.7)
【日の出・日の入】 日出05:54 日没18:40

ホシゾラワラエビは背景が綺麗な場所によくいる。
主にニクイロクダヤギなど八放サンゴの仲間に着いている事が多い。
たいていは彼らが這っても、その八放サンゴは閉じてしまうことは稀なので、これがまた絵になるわけだ。(^^)

枝部の黄色い八放サンゴでときに分岐する枝を作らずに岩肌に単体で咲いている状態のものが多く見られる種類がある。
八放サンゴの仲間は普通は群体を作り、樹木に咲く花のようになるのが常なのだが、こいつは違う。
単体で咲いてる。

これにゲストMさんが反応してしばらく張り付いた。
どう?絵になったかな?(^^)


ハナヤナギは今が旬かも?

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2 / 春田浜タイドプール
【水温】 26℃ / 28℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:44-9:37 / 10:51-11:54
【潮まわり】 07:58 264cm 満潮 / 14:27 22cm 干潮 / 中潮(月齢:1.7)
【日の出・日の入】 日出05:54 日没18:42

これまで7月下旬に来島していた常連ゲストMさんが今年は9月上旬にしたのは、ずばりタイドプールのハナヤナギが綺麗なピンク色になっている時期を狙っての事だった。
これにギンポ類のチビが乗っている写真を撮りたいという。。。

ハナヤナギは綺麗なピンク色の株も多く、狙い通りではあったのだが、枝部が黄色くなっている株も多く、Mさんいわく、これはこれでいい感じだという。
でも、これって枯れ始めなのではないだろうか。。。(^_^;)

ということはハナヤナギのピンクが最もきれいなのは8月中旬くらいなのかな。。。


好かれまくって羨ましいんですけど。。。(笑)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 26℃ / 27℃ / 27℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:03-10:05 / 11:19-12:27 / 14:28-15:35
【潮まわり】 07:13 261cm 満潮 / 13:47 13cm 干潮 / 大潮(月齢:0.7)
【日の出・日の入】 日出05:53 日没18:43

屋久島のウミガメはものすごくフレンドリーだ。
屋久島に棲むほぼすべてのウミガメ(根付きのウミガメ)はダイバーをまったく怖がることなく、ダイバーの目の前で堂々と食事中をしてる。。。
まったく逃げないばかりか、ウミガメの方から寄ってくることも。。。^^;

いや。。。シャコガイの上のハゼ撮ってるからねぇー邪魔しちゃダメだよ~もう寝ようね~となだめても近づいてくる。。。^^;
どういうつもりなのか知らないけど、二度も三度もゲストCさんに近づいてくる。
その近づきっぷりも半端なくて、顔にぶつかって来るのだ。
Cさんも、これでは撮影にならない!止めてくれー!と叫びたいだろうけど、この好かれっぷりにはまんざらでもない様子。(笑)

はたから見ても、この好かれっぷりは正直羨ましいくらい。。。(笑)

現在、屋久島ではホムラハゼが出てるんだけど、基本的にうちはフォト派ゲストさんが多い事もあって、こうした出物&レアモノの類を強く見たがる方が少ない。。。^^;

あくまでも背景重視。環境重視。生態行動重視。
メインの被写体はごくごく普通に屋久島の海で生きている生き物たちでOKというゲストさんが多い。(笑)

ガイドである僕がそのような趣向なので、そうしたゲストさんたちが集まるのかもしれないけど、実はほぼ屋久島と八丈島の海しか潜ったことがない僕としてはホムラもマンタも見たいっ!(笑)

でも、今日もホムラは出ていなかった。。。(・・;)

通り過ぎる魚を目で追うホシカゲアゴアマダイ。。。(笑)
ちなみに彼らは魚食いではない。。。はずなんだけど。^^;


1ヶ月ずらしてみると。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 27.4℃ / 28.2℃ / 27.6℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:37-9:20 / 10:53-12:05 / 13:58-15:00
【潮まわり】 06:28 250cm 満潮 / 13:07 13cm 干潮 / 大潮(月齢:29.0)
【日の出・日の入】 日出05:53 日没18:44

毎年、常連ゲストMさんが来島するのは7月下旬。
その時期に来られた際のメイン被写体はずばりイシガキカエルウオの極小チビ。
その時期だったら、ウネタケやサンゴなどの上にはイシガキカエルウオのチビがうじゃうじゃ。

今年は丸々1ヶ月遅らせてみたところ、やっぱりイシガキカエルウオのチビは少なかった。。。^^;

少ないからと言って嘆くなかれ。。。
こうした多い&少ないといった「旬の変化」を見ていくのも実は自然観察の楽しみのひとつなのだ。

ちなみにMさんは当然、イシガキカエルウオのチビの少なさにまったく嘆いてはいない。
なぜなら別の生き物の旬を探って、この時期を選んだので。。。(^^)


パンダダルマハゼの産卵頻度

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 29.0℃ / 28.6℃ / 28.4℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:24-10:24 / 11:20-12:03 / 13:38-14:21
【潮まわり】 05:39 236cm 満潮 / 12:24 20cm 干潮 / 18:51 242cm 満潮 / 大潮(月齢:28.0)
【日の出・日の入】 日出05:52 日没18:45

お宮前のあるハナヤサイサンゴでパンダダルマハゼがずっと産卵を繰り返している。
それはかなりの頻度で繰り返されており、産んで数日で孵化し、またスグに新しい卵が産みつけられる。。。
休む間もなく、繰り返し産卵が行われているようだ。

いったい、1シーズンに何回産卵が行われるのだろう。。。?


若者たちから元気をもらえる仕事(^^)

【ポイント】 元浦 / 元浦
【水温】 29.8℃ / 29.4℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:31-10:56 / 15:03-16:04
【潮まわり】 04:44 220cm 満潮 / 11:37 33cm 干潮 / 18:14 229cm 満潮 / 中潮(月齢:27.0)
【日の出・日の入】 日出05:52 日没18:46

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この仕事は若者たちから元気をもらえる仕事だ。(^^)
体験ダイビングやシュノーケリングは20代後半から30代前半のゲストさんが多いため、若者からいろいろな話を聞けて勉強になる。

この中から少しでもダイバーになってくれたら、うちらの業界も安泰なんだけど。。。笑


最近、千切れた海藻のたまり場で寝てるウミガメ

【ポイント】 元浦 / 元浦 / 元浦
【水温】 29.4℃ / 29.4℃ / -℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:11-10:35 / 11:09-11:43 / 14:30-15:30
【潮まわり】 10:42 50cm 干潮 / 17:31 214cm 満潮 / 中潮(月齢:26.0)
【日の出・日の入】 日出05:51 日没18:47

最近、千切れた海藻のたまり場でウミガメがよく寝てる。。。
まるで死んだかのように。。。笑

まったく動かないからマジで死んでるみたいで怖いんですけど。^^;


相変わらずのウミガメ三昧。。。

【ポイント】 元浦
【水温】 -℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 14:20-15:40
【潮まわり】 09:34 68cm 干潮 / 16:38 197cm 満潮 / 中潮(月齢:25.0)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:49

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相変わらずのウミガメ三昧。。。
いったい何匹のウミガメに会ったんだろう。。。

今日の女性ゲストさんたちはしっかり、ウミガメに寄ってきてくれるから写真が撮りやすいっ!\(^o^)/


魚はビビるとウンコする

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前 / 元浦
【水温】 28℃ / 28℃ / 29.4℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:48-9:43 / 10:43-11:49 / 15:28-16:22
【潮まわり】 08:07 81cm 干潮 / 15:16 181cm 満潮 / 長潮(月齢:24.0)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:50

魚ってビビるとウンコ漏らすよね。。。(笑)
てか、緊張すると漏らすんだと思う。

ダイバーにカメラを向けられ、危害は与えてきそうにないから大きくテリトリーを離れて逃げたりする必要はないという時や、カメラを構えるダイバーの真後ろにテリトリーや巣穴がある場合は、いつでもやつらは緊張していてストレスを感じているわけだ。

そんなとき、ウンコ漏らすよ。(笑)


謎のテッポウエビの仲間

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 28.2℃ / 29.0℃ / 29.0℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:44-9:34 / 11:00-12:03 / 13:47-14:47
【潮まわり】 06:41 85cm 干潮 / 13:22 177cm 満潮 / 18:39 136cm 干潮 / 小潮(月齢:23.0)
【日の出・日の入】 日出05:49 日没18:51

10日も前のゲストさん撮影の写真です。。。^^; それほど忙しいわけでもないのに、ブログ等の更新が滞っています。。。(笑)
よく転石の裏に柔らかいゼラチン質の膜(ホヤ類?)が張られていて、その中にテッポウエビの仲間が棲んでいる。
これは偶然にその中にいるだけで、この膜みたいなものとは何の関係もないと思っていたのだが、もろにこの膜の中が彼の住処であるみたいだ。

このテッポウエビは誰?
その前に、この膜は何だろう?
ホヤの仲間だよね?

ちなみにこの子はお腹に沢山の卵を抱えていて、今にも孵化しそうな状態。。。
さすがに孵化の際は膜から出てきて外でハッチアウトさせるんだよね?多分。。。


ウミガメの個体識別

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 28.8℃ / 29.0℃ / 28.6℃
【透明度】 30m~
【海況】 やや水面バシャバシャ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:52-10:43 / 12:01-13:01 / 14:42-15:27
【潮まわり】 05:34 84cm 干潮 / 11:48 186cm 満潮 / 17:28 119cm 干潮 / 小潮(月齢:22.0)
【日の出・日の入】 日出05:49 日没18:52

今日はファンのガイドで3本。
各お客様の希望本数や到着時間に合わせて、1本目、2本目、3本目とゲストの入れ替わりの激しい1日だった。(笑)

ゲストの1人が台湾の琉球郷でダイビングショップを経営する同業者だったのだが、彼のリクエストはウミガメだという。。。
今回もメインは屋久島・永田のウミガメ・ボランティアに2週間参加するために来島したほどのウミガメ好き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホームグラウンドの琉球郷(小琉球)にはウミガメが少ないのか?と聞くと、沢山いるという。。。
ではなぜ、ウミガメがリクエストなのか聞いてみると、台湾だけでなく、屋久島、沖縄など日本の南西諸島などこの界隈のウミガメたちを片っ端から個体識別しようとしているそうな。。。(・・;)

頬のあたりの斑紋を写真に撮って、個体識別をしているそうな。。。すげー(^_^;)


接近度は体験ダイビング!

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.1
【水温】 29.4℃ / 28.8℃ / 28.0℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:01-9:33 / 14:03-14:43 / 15:42-16:23
【潮まわり】 04:44 83cm 干潮 / 10:46 198cm 満潮 / 16:42 101cm 干潮 / 小潮(月齢:21.0)
【日の出・日の入】 日出05:48 日没18:53

今日は午前中に体験ダイビングを行ったあと、午後からはファンのガイド2本。
天気も海もメチャいい状態が続いている。

ここのところ、シュノーケリングでは必ずウミガメには会えているものの、体験ダイビングでは会えない日も多い。
ウミガメは3-4m程度の浅場にいることが多いので、呼吸が整わない方をなかなか浅場に連れ出せないというのも理由のひとつだ。
しかし、今日のゲストさんは初っ端から落ち着いていて、呼吸も整っていたので、まったく浮く気配がない。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

という事で、最初から浅場を移動しながらウミガメ探し。。。
それほど探し回ることなくウミガメには出会えた。(^^)

シュノーケリングの方がウミガメ遭遇率は高いけど、会えたときはじっくり近くで長時間観察できるのはやはり体験ダイビングだ。
今日も10分近くお食事中のウミガメを観察して、最後までウミガメは動かなかった。。。(笑)


最高のコンディションが続く。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.2 / 横瀬
【水温】 28.8℃ / 28.4℃ / 28.4℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:28-9:07 / 9:54-10:40 / 11:35-12:08
【潮まわり】 09:19 219cm 満潮 / 15:36 69cm 干潮 / 中潮(月齢:19.0)
【日の出・日の入】 日出05:47 日没18:55

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日から滞在中のゲストKさんと今日もマンツーマン。
海のコンディションは先の台風が通り過ぎてから、ずっと最高の状態が続いている。

1本目、エントリーしたあと5分くらい泳ぎ、ゼロ戦に到着するとコンデジに装着したビデオライトのスイッチを入れると点灯しない。。。う~ん。。。なぜだろう。。。あっ!!!!!!(ここまで1秒)

昨晩、電池を取り出して充電し、その間にライトの蓋を軽く(全体の1/5程度)締めて就寝。
そして、今朝、充電した電池を入れることなくそのままエントリーしてしまったのだ!!!

焦って、その場で急いで残り4/5を水中で締めドキドキしながらエクジットし、蓋を空けてみると奇跡的に海水はまったく浸水してなかった!!!!
ちょこっと締めただけなのに。。。

いずれにしてもライトのない今日の3本は仕方がないので静止画を久々に撮影。(笑)
結構、動画だったら面白いであろうシーンにはいろいろ出くわしたんだけどなぁ。。。残念!


まだ8月なのにマンツーマン(笑)

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 29.0℃ / 29.0℃ / 28.8℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:40-10:13 / 13:13-13:58 / 14:46-15:28
【潮まわり】 08:44 225cm 満潮 / 15:08 56cm 干潮 / 中潮(月齢:18.0)
【日の出・日の入】 日出05:46 日没18:56

午前中は体験ダイビングで1本。
午後からはマンツーマンのファンガイド。
8月なのにホント、暇な日が続く。。。(笑)

今日も写真なし。。。ではまずいのでとりあえずハナヒゲウツボの動画。。。


もりとうみ

今日も写真なしです。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2 / お宮前
【水温】 29.0℃ / 28.2℃ / 28.2℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れのちくもり
【潜水時間帯】 8:44-9:45 / 10:57-11:54 / 13:38-14:47
【潮まわり】 08:11 229cm 満潮 / 14:41 47cm 干潮 / 中潮(月齢:17.0)
【日の出・日の入】 日出05:46 日没18:57

前日に続き、初来店のお客様3組とのんびり3本。。。
数日前の台風が嘘のようにベタ凪&快晴の日々が続いている。

何か面白い動画がまったく撮れないので、今日も写真なしです。。。


もりとうみ

砂に埋れたゼロ戦

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29.0℃ / 29.4℃ / 29.0℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:53-9:47 / 11:25-12:12 / 14:10-15:14
【潮まわり】 07:39 229cm 満潮 / 14:15 39cm 干潮 / 大潮(月齢:16.0)
【日の出・日の入】 日出05:45 日没18:58

一湊港の台風つなぎも解けて、一湊湾内も今日から通常営業。。。(笑)
台風一過後は水温がグッと落ちることもあるのだが、そんなことはなくむしろさらに上がってる印象。

水中はそれなりには時化たあとが見られるけど、それほど大きな変化はなかった。
ゼロ戦は台風前までよりも砂に埋もれて、やや小さくなったような印象。。。(^_^;)