キビナゴ」タグアーカイブ

キビナゴがたまってる。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.2 / お宮前
【水温】 27.6℃ / 27.4℃ / 28.0℃
【透明度】 30m~
【海況】 時化気味
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:48-9:38 / 10:34-11:36 / 13:08-14:05
【潮まわり】 09:06 69cm 干潮 / 16:17 199cm 満潮 / 若潮(月齢:24.7)
【日の出・日の入】 日出06:07 日没18:13

今日の高速船トッピーの最終便で帰るゲストがいたので、早めのテンポで3本潜った。
まだ海はやや時化気味ではあったが、ワイドでいけるくらいのクリアな海ではあった。

3本目のお宮前の浅場がものすごい数のキビナゴがたまっていて凄かった!
これを狙ってこれまた無数のナンヨウカイワリが集まっていた。

そんなすごい状況なのにコンデジは電池切れ。。。(・_・;)


まだ続いていたキビナゴの捕食

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 27℃ / 28℃ / 28℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 08:49-09:28 / 10:21-11:14 / 12:49-13:39
【潮まわり】 07:14 235cm 満潮 / 13:22 64cm 干潮 / 大潮(月齢:29.9)
【日の出・日の入】 日出06:23 日没17:41

台風の接近で来島を見合わせるゲストさんなどがいたため、今日はゲストがお一人。。。
今日は普通にボートで3本潜れた。

その前日も激しいキビナゴの捕食が見られたのだが、この日も相変わらず同じ場所でキビナゴ玉を形成し、食われまくってた。。。(^^;;
興奮状態の魚たちはスグ横にダイバーがいても、まったく気にせず目の前で捕食行動を繰り広げていた。
ゲストYさんも自分自身も巻き込まれそうで、メチャ、ビビってます。。。(笑)

今年はこんな「白化イソギンチャク背景のクマノミ」の写真ばかりが並んでる。。。(^^;;
特に最後の安全停止中の浅場で大量に撮りまくっている写真は、こんな真っ白いものばかり。。。
飽きもせず、ほぼ毎日、2-3カ月に渡ってずっとこればっか撮ってたみたい。(笑)
ちなみにまだこのネタでも撮り足りないくらいなのだが、最近ようやく水温も下がってきて、イソギンチャクたちは元の地味な色に戻りつつある。。。残念!
。。。んっ?違うか!(^^;;


暗~いけど、群れ群れ。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 27℃ / 27℃ / 28℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:09-9:58 / 11:09-11:51 / 13:31-14:18
【潮まわり】 06:37 231cm 満潮 / 12:49 57cm 干潮 / 18:42 233cm 満潮 / 大潮(月齢:28.9)
【日の出・日の入】 日出06:22 日没17:43

台風21号が接近中だ。
この台風が秋雨前線を刺激して、ここ数日間、屋久島は全天が黒く厚い雨雲に覆われ、陸上は連日暗~く寒々しい。。。(;´・ω・)
でも水中はそこそこ青く、透明度も悪くはない。
ちょっと寒い陸上に比べて、水温だって27-28℃をキープしている。
エントリー前の低~いテンションもこのツバメウオが群れる夏っぽい光景を見た途端、すっかり忘れてしまう。。。(笑)

ゼロ戦からブイに帰ってきて、さてエクジットしようか。。。と思っていたら、何やら真っ黒く大きな塊が中層に浮いてうごめいている。。。
ものすごい大物に違いない!!!とダッシュして行ってみるとキビナゴの群れだった。。。(^^;)
しかも、超高密度の!(笑)

どうやらアオヤガラやマルヒラアジ、ナンヨウカイワリなどにアタックされて、「籠の中の鳥」状態だったみたい。
いつも思うんだけど、これって逆にこんな団子状態の塊にならずに、みんな四方八方に散り散りになれば、むしろ食われないのでは?とか思っちゃうんだけど。。。(^^;;


変なウネリ。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 29℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 40m
【海況】 瀬際に白波
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:00-9:47 / 10:56-11:48 / 13:18-14:05
【潮まわり】 07:09 249cm 満潮 / 13:24 47cm 干潮 / 大潮(月齢:15.9)
【日の出・日の入】 日出06:14 日没17:57

今日は豊橋市のダイビングショップ「スナッパーズ」さん御一行様が来島。
初日は永田で潜る予定だったのだが、永田エリアは大時化でクローズ。。。
仕方なく一湊エリアで3本潜った。

今回の時化は本当に変な感じで、前日までの東寄りの風が北西に変わったのだが、なかなか北東面の時化は取れず、むしろ酷くなっているような感じ。。。(;´・ω・)
沖の方はとても静かに見え、釣り船も出ていたくらいなのに、瀬際にはかなり大きなウネリが当たり真っ白!!!
それは台風ウネリみたいな凄まじいものだった。
ほとんど風はなく、メチャいい天気なのに、これが1日中続いた。

しかし強いのが一湊湾内だ。
これだけ付近の海が大きく時化ているのに、この湾内だけは静かで普通に各ポイントに潜れた。。。(^^;)

海は一時期の低水温から立ち直り、現在は29℃と高水温に戻ってしまった。
一時はそろそろドライか?と悩んだくらいなのに。(笑)
透明度最高でまさに黒潮の海だ。

一湊ではまだチョウチョウウオが群れになっていた。
もうかれこれ1週間以上続いている。。。


屋久島ツアー1日目

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 28.6℃ / 28.6℃ / 28.6℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:37-10:16 / 13:18-14:15 / 15:14-16:02
【潮まわり】 07:26 249cm 満潮 / 13:46 44cm 干潮 / 大潮(月齢:0.9)
【日の出・日の入】 日出06:05 日没18:16

午前中に体験ダイビングを行ったあと、午後からは静岡のダイビングショップ「フリースタイル」さんの屋久島ツアー1日目。

天気が良くなくて、ちょっと寒々しかったけど、到着したばかりのゲストの皆さんのテンションはあまり低くなく、一安心。。。(´▽`) ホッ
海はそこそこ透明度が良かったので、暗い水中もそれほど気にならなかった。

むしろ、暗いからこそ、中層で変幻自在に形を変えていくキビナゴ玉が何かすごく迫力があった。(笑)

1日目はそんな天気だったけど、透明度や魚影の濃さに驚き、楽しんでいただけたようだ。
しかし、滞在中はずっと天気が悪そうで、明日以降、水面休息時や昼食時がちょっと心配。。。

晴れないかなぁ。。。


気持ちのいい海っ!(^^)

【ポイント】 オツセ(OTSUSE) / 観音(KANNON)
【水温】 29.6℃ / 29.6℃
【透明度】 30m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:27-12:20 / 13:57-14:49
【潮まわり】 10:11 225cm 満潮 / 16:14 89cm 干潮 / 中潮(月齢:20.4)
【日の出・日の入】 日出06:00 日没18:29

今日のゲストは今年、沖縄に移住されるHさんご夫妻とドイツ人ダイバーDさん。
Hさんご夫妻は現在、沖縄に移住の最中との事!
今は奥様の実家・鹿児島で荷物の整理などをしていて、今月末には完全移住を済ませる予定だそうだ。。。
初めての屋久島の海の透明度の良さに非常に驚いていた。(^^)

1か月という長期滞在中のドイツ人ダイバーDさんは奥様とお子さんを南部の宿に置き去りにして1人北部の海に潜りに来た!(笑)
日本の海は初めてのようなのだが、彼の眼にはどのように映ったのだろう。。。?

海はよく凪ぎて、天気もよく透明度もそこそこ良かったので、気持ちよく潜れたと思うのだけど。。。(^^;)


ナンヨウカイワリvsキビナゴ

【ポイント】 元浦 / 元浦 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 29℃ / 29℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり⇒快晴
【潜水時間帯】 9:28-10:02 / 10:41-11:15 / 13:46-14:31 / 15:28-16:12
【潮まわり】 07:59 252cm 満潮 / 14:21 42cm 干潮 / 中潮(月齢:17.4)
【日の出・日の入】 日出05:58 日没18:32

今日は午前中に体験ダイビングのお客様をご案内したあと、午後からはファンダイビングのガイドで2本。。。
一湊タンク下界隈はキビナゴが溢れていて、これを狙ってオキザヨリやアオヤガラ、そしてナンヨウカイワリなどの捕食がそこら中で見られた。
特に迫力だったのはツムブリたちの捕食行動なのだが、これは撮り損ねた!!!!!くやし~!!!!!(-o-;

下の動画はナンヨウカイワリの捕食行動。
でも、何かイマイチだなぁ。。。

最近、愛用のTG4のAFがメチャ甘くて、ピントが微妙。。。うーんん。。。TG5をそろそろ購入しようかな。。。

下は体験ダイビングのポイント「元浦」の足の着く浅場で連日、見られているツバメウオの若魚群れ。。。


久々のファンダイビング

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 29℃ / 29℃ / 30℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:11-10:00 / 11:02-11:45 / 13:16-13:56
【潮まわり】 10:43 75cm 干潮 / 17:30 200cm 満潮 / 中潮(月齢:11.4)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:40

相変わらず、体験ダイビングのポイント「元浦」は大きく時化ていたけど、一湊湾内はよく凪ぎていた。
今日は久々のファンダイビングのガイド。(笑)

今日は天気も海況もよい上に、水中もかなりクリアーな海だった。
40m以上はありそうな透明度でメチャクチャ気持ちのいい海だった。(^^)

一湊タンク下でも、ゼロ戦でも、終始、ツムブリとカスミアジの群れに巻かれ(それもかなりデカい!)、タンク下では上層にものすごい数のキビナゴたちがたまっていて、それを狙うニジョウサバの捕食が頻繁に見られた。
透明度が良かったこともあって、メチャクチャ、ワイドの海だった。。。(^^;)


浜祭り

【ポイント】 観音 / オツセ / 一湊タンク下No.1
【水温】 28℃ / 28℃ / 29℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:30-12:29 / 14:23-15:21 / 16:28-17:31
【潮まわり】 05:47 93cm 干潮 / 11:38 191cm 満潮 / 17:52 86cm 干潮 / 小潮(月齢:22.0)
【日の出・日の入】 日出05:26 日没19:21

この日は一湊では「浜祭り」が開催された。
一湊湾内では船団パレードなどが行われ、潜れる時間帯に制限がでそうだったので、あらかじめこの日は「永田の日」と決めていた。(実際は潜れなかったのは朝の一部の時間だけだったみたいだけど。。。(^^;;)

永田は先日と比べても、また昨日の一湊と比べてもやや白いフィルターは薄まって、透明度はまずまず良かった!

特に観音の浅場はメチャクチャ綺麗で、真水のような透明感!(^^)
そこに変幻自在に形を変えるキビナゴたちが美しかった。。。

いよいよウネタケに毎年メチャ楽しみにしているイシガキカエルウオのチビが急に増え始めた!
これで安全停止中もヒマしないよ~(⌒∇⌒)


キビナゴの大産卵

【ポイント】 オツセ / 観音
【水温】 28℃ / 28℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもりのち晴れ
【潜水時間帯】 9:19-10:13 / 11:22-12:23
【潮まわり】 06:29 222cm 満潮 / 13:19 24cm 干潮 / 大潮(月齢:15.0)
【日の出・日の入】 日出05:22 日没19:23

今日のオツセは安全停止中の浅場が面白かった!(^^)
水深-6m付近にはキビナゴが大量に集まっていて、そこら中で大産卵が行われていた。

ある岩の上などに一斉に付近のキビナゴたちが群がり玉になる。
しばらくすると、急に激しい放卵放精が行われ、周囲は真っ白!!
玉はグチャグチャになり、まさに乱交状態。。。(^^;)

放卵放精が終わるとキビナゴたちは玉のまま移動し、モアっと白濁した海水だけが残るという。。。(-_-;)
いや~激し過ぎっ。。。!

水温が上がって、水中も明るくなってきたら、アケボノハゼも警戒心が薄くなり撮りやすくなってきた。。。(^^)