ヤツシハゼ属の一種」タグアーカイブ

今日はまったくガイドしてません。。。(-_-;)

【ポイント】 オツセ/オツセ/一湊タンク下No.1
【水温】 27.3℃/27.3℃/27.9℃
【透明度】 15m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:44-10:45/11:58-12:57/14:39-15:52
【潮まわり】 04:30 217cm 満潮 / 11:19 45cm 干潮 / 17:50 224cm 満潮 / 中潮(月齢:12.5)
【日の出・日の入】 日出05:51 日没18:47

今日は2人のゲストをそれぞれマンツーマンでご案内。。。暇なので。。。(^^;)
僕はリピーターのIさんとマンツーマン。
「カメラ持ってけばー?」というIさんのお言葉に甘えて、今日は久々に一眼を持ってエントリー。
水中ではIさんと僕はほとんど別行動。。。もはやガイドとは言えないような3本だった。。。しっかり、遊ばせていただきました!(笑)

ネジレカラマツにつくムチカラマツエビ

ネジレカラマツにつくムチカラマツエビ

しかし、久しぶり(たぶん2か月ぶり)の一眼は、相変わらず続いている曇り気味のマスクの影響も手伝って、なかなかピントが合わず一苦労。
また、ほとんどのカットが狙った場所にピントがきておらず、老眼がさらに進んでいる事を実感させられ唖然としてしまった。。。(-o-;

ヒョコっと顔を出すイシガキカエルウオのチビ

ヒョコっと顔を出すイシガキカエルウオのチビ

今の海は「「かわいい!」が溢れてる!(^^)

今の海は「「かわいい!」が溢れてる!(^^)


海はイシガキカエルウオなどギンポ類の超チビたちが溢れていて、マクロ的な被写体には事欠かないのだが、透明度や青さなどは確実に落ち気味で、またまた海は黒潮接岸をまったく感じさせないような海に逆戻りしてしまった。
3本目のエクジット時なんて、浮遊生物が多く見られカメガイの仲間などがたくさん浮遊していたくらい。。。(-_-;)

今年の屋久島の海は本当におかしい。。。

3本目は昨日に続き、ゲストIさんのリクエストで一湊タンク下の浅場砂地をウロウロ。。。
タイワンタマガシラの写真もゲットし、あとはヤツシハゼ類の生息状況を調査したんだけど、今年はかなり少な目。
それから比較的、小さな幼魚が多い感じ。。。


マクロじゃなくてワイドでしたね。。。(^^;;

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 25.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:12-12:19
【潮まわり】 10:48 77cm 干潮 / 16:54 210cm 満潮 / 中潮(月齢:10.6)
【日の出・日の入】 日出06:28 日没17:35

今日は午前中に1本ガイドで潜った。
ゲストは最終日のGさん夫妻と今日から潜るAさん夫妻。
最近はメチャ日没が早くなったので、3本希望だったりするとかなり慌しい1日になるのだが、今日は最初から2本のスケジュールだったのでのんびりペースで潜った。

Aさんに1本目はワイド?マクロ?と聞かれたので、元気良く「マクロです!」と断言して一湊タンク下にエントリーしたのだが、蓋をあけてみると思い切りワイドだった。。。(^。^;)
何やらもの凄い数のツムブリが流れてきてしばらく僕らの周りを行ったり来たり。。。
さらにその上にはヒラソウダが珍しく大きな群れをつくってツムブリと行動を共にしていた。
あとはカスミアジなんかも混じっていて、かなり迫力のある群れだった。

基本的にはキビナゴを狙っているのだろうが、どうも水底付近にもキビナゴがたまっていたようで、それを捕食するものだから、何か彼らの通ったあとは砂が舞い散りポイント全体の透明度を下げていた。。。(・_・;
群れがあまりにも大きいものだから、晴天とそれなりに良い透明度だったにも関わらず、この群れにまかれている間は何か水中が暗かった。(笑)

この1本は完全にワイドだったかも。。。


とうとうケショウハゼまで出てしまった。。。(¨;)

【ポイント】 一湊タンク下No.3/一湊タンク下No.1
【水温】 25.6℃/25.5℃
【透明度】 30m/30m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:29-12:35/14:12-15:29
【潮まわり】 04:47 37cm 干潮 / 11:34 200cm 満潮 / 17:19 124cm 干潮 / 小潮(月齢:5.6)
【日の出・日の入】 日出06:24 日没17:40

今日は2回目の来店、Kさんご夫妻を2本目からガイド。
ここ数日はずっと晴天&ベタ凪ぎが続いていて、なかなかのグットコンディションだ。

ホームの一湊タンク下というポイントは、僕が屋久島に来た約10年前に比べてかなり荒廃が進んでいて、当時は活き活きとして鮮やかだったハナガタサンゴの類は今では色も褪せ、何か元気もない。
原因は多分、泥化が進んでいるからだ。
浅場の砂地は以前は、砂粒が荒く、サラサラとしていたのだが、今では砂と言うよりは砂泥と言ったほうが良いくらいの砂質で、ちょっと煽ると煙幕が上がるようになってしまった。
その証拠に、当時はほとんど泥ハゼの類はいなかったのに、今ではヤツシハゼの仲間を中心に、内湾の湾奥によく見られるようなハゼがそこらじゅうで見られるようになってきた。

とうとうケショウハゼが!!(・_・;)

とうとうケショウハゼが!!(・_・;)

年々、その傾向は強まってきていて、今年もこれまではせいぜい幼魚が見られる程度だったニュウドウダテハゼのなんと成魚が出現して驚いていたのだが、今日はまた驚きの泥ハゼが出現した。。。(¨;)
なんとケショウハゼの成魚が急に現れた!
ドロドロの港の中ではあるまい、まさかケショウハゼまでもが出てしまうとは思わなかった。。。( ̄□ ̄;)!!

ヤツシハゼ属の一種(不明種)

ヤツシハゼ属の一種(不明種)

屋久島は周囲が断崖絶壁の島で深い内湾などがほとんどないような島なので泥環境はほんと少ない。
しかも川の水は高い位置から一気に流れ落ちるため河口さえもそれほどドロドロにはならないのだ。
なので泥ハゼの類はこれまで記録も少なかった。
そんな中で見つかる泥ハゼの類は、これまで奄美諸島を北限とするような種類がほとんどで、たいていは北限記録になるものばかりだ。
オイランハゼもそうだし、ニュウドウダテハゼもそう。
ヤノスソビキハゼやヤツシハゼの類もそうだ。
今回のケショウハゼも当然、北限記録だろう。。。

でも喜んで良いのやら、嘆いたほうが良いのやら。。。┐(‘~`;)┌
次に行った時、ペアになっていたら、ど、どうしよう。。。(・_・;)


とうとう上下ロクハンに。。。(^_^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.3/お宮前/一湊タンク下No.1
【水温】 26.3℃/26.3℃/26.4℃
【透明度】 30m/30m/30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨のちくもり
【潜水時間帯】 9:29-10:25/12:03-13:10/14:54-16:09
【潮まわり】 06:12 64cm 干潮 / 13:18 187cm 満潮 / 18:46 142cm 干潮 / 小潮(月齢:7.0)
【日の出・日の入】 日出06:06 日没18:13

今日もベテランダイバーさん2人とマンツーマン。
今日は朝から本格的な雨が降っていてちょっと寒い。。。

1ヶ月くらい前から「そろそろロクハンに衣替えしようかなぁ。。。」とか言っていたのだが、今日まで下は6mm半、上はヘタった5mmジャージで潜っていた。
しかし、今日はあまりにも外気温が低く寒かったので、思い切って上下ロクハンに衣替えする事にした。
そう。。。水温ではなくて、外気温に負けたのだ。(笑)
しかし、ロクハンにして良かったー!
今日の水温はもう完全に26℃台前半。。。ロクハンでもやや涼しく感じるくらい。(笑)

今日は久しぶりにゼロ戦でバイオレットボクサーシュリンプを見かけた。
チビの単体だけど、ドクウツボの幼魚がいる穴の中でホワイトソックスのこれまた幼体と一緒に棲んでいた。
しばらくいてくれるといいけど。。。

ホタテツノハゼ(yg)

ホタテツノハゼ(yg)

3本目は一湊タンク下の浅場の砂地へ。。。
今年はほんと久しぶりにヤツシハゼの仲間など泥ハゼが好調で、1時間くらいいても飽きないくらい様々なハゼが見られている。
やっぱり多いのはヤツシハゼ属の一種6なのだが、今年は通称「ミナミヤジリハゼ」がかなり優占しているのが特徴だ。
巨大なニュウドウダテハゼ(多分、北限)やヤノスソビキハゼなども見られる。

昨年はここで体の半分が白いレイドシュリンプゴビー似のホタテツノハゼの極小幼魚が見られたが、今年もまた。。。
N崎さーん!いてますよー(笑)←業務連絡


青くなってきたぞぉ。。。!!!

【ポイント】 一湊タンク下No.1/横瀬
【水温】 29.9℃/27.1℃
【透明度】 25m/25m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:49-11:20/13:48-14:39
【潮まわり】 04:06 74cm 干潮 / 10:00 220cm 満潮 / 16:17 65cm 干潮 / 中潮(月齢:5.0)
【日の出・日の入】 日出05:31 日没19:17

今日は常連ゲストさんお二人とのんびり一湊湾内で2本。
1本目はこんなときしか行けない潮の速い横瀬へ。。。
やっぱり、今日も速かった~!!(¨;)

ピグミーシーホース

ピグミーシーホース

沖ではもうほとんどフジイロサンゴアマダイとピグミーシーホースの2点狙い。
どんどん速くなる潮に恐れをなし、スグに浅根に帰ってきた。

何かどんどん水中は青々してきているようで、まだ水面直下にはややクラゲ類が残っているが、昨日よりもずっとクリアーで青い海!!
浅根のキンギョハナダイたちの乱舞も美しかった。

そこへ何度もツムブリ&カスミアジの連合軍が乱入!!

一湊タンク下ではたまたま覗いたジョーの巣穴では抱卵中だった。
見るとすでに卵は透明感があって、稚魚の目玉もクッキリ!!!
明日にもハッチアウトしそうだ。。。

こりゃ見に行くか???


砂地にはりつく事4時間。。。(^_^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.1
【水温】 25.7℃/25.6℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:44-10:45/11:47-13:51
【潮まわり】 10:02 72cm 干潮 / 16:20 210cm 満潮 / 中潮(月齢:25.7)
【日の出・日の入】 日出06:25 日没17:39

今日は快晴、かつ凪ぎ、かつ夏の透明度復活!!(*^^)
久しぶりに30mオーバーの気持ちの良い海だった。

ゲスト常連Gさんとマンツーマン。
というか、Gさんをほぼセルフ状態で砂地に放置。(^_^;)
通称「ヤツシの里」の砂地に放置して!というゲストのリクエストなのだから仕方がない。。。(笑)

あとから見せてもらったデジカメのメディアにはヤツシハゼの仲間ばかりがずらっと並んでいた。
一時期に比べて(3-4年くらい前)この手の仲間は極端に減ったのだが、それでもGさんに言わせると十分多いとの事。
相変わらず、最も多く見られるのは通称「ゴールドバー」と呼んでいるヤツシハゼ属の未記載種で、今は雌雄のペアでホバーリングしている巣穴が多く見られる。

ただイマイチ発色の良い興奮した個体は最近あまり見ない気がしたので僕自身はちょっと興味を失っていたのだが、Gさんの発色の良いゴールドバー(仮称)の写真を見てまた興味が湧いてきた!!!
週明けにまたこの辺のハゼをまとめて撮りに行こうかな。。。

通称「ゴールドバー」のあくび1

通称「ゴールドバー」のあくび1

通称「ゴールドバー」のあくび2

通称「ゴールドバー」のあくび2


一時期ほどではないが、この砂地では様々なヤツシハゼの仲間が見られるのだが、通称「ミナミヤジリ(オニハゼ属の未記載種)」も多い。
肉眼で見ると地味なハゼだけど、背ビレの模様は意外に派手で驚く。。。

通称「ミナミヤジリ」のオス

通称「ミナミヤジリ」のオス

通称「ミナミヤジリ」オスの通常時

通称「ミナミヤジリ」オスの通常時


なんと!異種間カップル!(・_・;

なんと!異種間カップル!(・_・;

最後にGさんがスゴイの見つけた!
何と種類の違う2種がペアリング!!
ゴールドバー(仮称)と通称「背ビレに点のあるヤツシハゼの仲間(これもヤツシハゼ属の未記載種)」のペア。
マジか!(・_・;

あっ!!!!まさか!!
ハイブリッドが産まれるのか?(^_^;)


真夏のタイドプール

【ポイント】 元浦/春田浜タイドプール/一湊タンク下No.1
【水温】 29.0℃/30.0℃/28.5℃
【透明度】 20m/-m/25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:00-9:40/11:30-14:00/15:47-17:28
【潮まわり】 06:51 245cm 満潮 / 13:33 12cm 干潮 / 大潮(月齢:0.4)
【日の出・日の入】 日出05:35 日没19:13

今日は午前中、体験ダイビングをやったあと、マンツーマン・ガイド。
ゲストはリピーターのTさん。
1本目はTさんのリクエストで春田浜のタイドプールへ。。。

潮が完全にひいたタイドプール

潮が完全にひいたタイドプール

潮がいっぱいに引く、2時間くらい前に入り始めたのだが、これが正解だった。
多くのタイドプールはかなりクリアーで揺れもなく、半水面の写真は撮りやすかった。

ロウソクギンポのオスはほぼすべてが婚姻色で、メスが周囲を通るたびに一斉に求愛する様子が面白かった。
産卵も頻繁に行っていた。

2本目は一湊タンク下の浅場でのんびり1本。
久しぶりに砂地に行ったのだが、今年もヤツシハゼ類の出はかなり悪い。。。

相変わらず最優占しているのは下の写真のヤツシハゼ属の一種その1の方なのだが、その数もすくなく、3年前のようなそうこらじゅうで見られるような状況にはなっていない。
ヤツシハゼ属の一種その2の方も1匹だけ見られた。
まだ背びれの斑紋がクッキリと残る若い個体だった。

ヤツシハゼ属の一種その1

ヤツシハゼ属の一種その1

ヤツシハゼ属の一種その2

ヤツシハゼ属の一種その2


現在、ナガサキスズメダイの幼魚が完全に爆発期に入っている。
ちょっとしたたまりを覗くと必ず青い幼魚が数匹いて、同じく爆発期の後半にさしかかっているヒレナガスズメダイの黄色とのコラボレーションが見られる。
例年に比べて1-2か月遅い爆発期なのだが、昨年よりは圧倒的に多く目立つ。
幼魚の発生には年ごとの波がハッキリ見て取れる。


ヤクシマカワゴロモ

【ポイント】 川(No.3)
【水温】 -℃(淡水域は15-16℃)
【透明度】 -m
今日の一湊タンク湾内は昨日の時化気味だった海が嘘のように静まり、まずまずの凪ぎ。
最初は晴れていた空も午後になって暑い雲に覆われた。。。

続きを読む


流木騒ぎのあとで。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前
【水温】 27.9℃
【透明度】 25m
ベタ凪ぎ&快晴の一湊はリフレッシュダイビングには最適な環境だった。
最近まで水温が29℃くらいとか言っていたのに、今ではいつのまにか27-28℃。。。

続きを読む


25℃前後まで水温が上がると。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.2
【水温】 24.8℃
【透明度】 20m
グッと透明度が落ち、ちょっとビックリ!
白く濁った水中は、空に厚い雲がかかり、暗~い感じ。。。
梅雨前線も南に張り出し、いつの間にか梅雨空の日が多くなってきた。

続きを読む


ヤツシの里、最近の状況

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 24.0℃
【透明度】 ~20m
相変わらず4月としては高水温の日々が続いているのだが、透明度だけはイマイチ。
何か白濁りしていて、視界は悪い。
でも晴天も手伝って、水中は明るい♪

続きを読む


今日は釣り人多し。。。(-_-;)

【ポイント】 一湊タンク下№3/一湊タンク下№1/お宮前
【水温】 28.0℃
【透明度】 ~30m
連休の2日目。
今日はいくらか一湊湾内は凪ぎてきていたが、依然として昨日の北西の風によるウネリが残っていて矢筈岬の西面には多少白波が当たっていた。
しかし、それよりも今日の矢筈岬の西面には釣り人がいっぱ~い!
最初は避けていたお宮前だったが、最後にはお邪魔させて頂く事に。。。

続きを読む


クサハゼがいつの間にか。。。

【ポイント】 一湊タンク下№1/ 一湊タンク下№2
【水温】 28.6℃
【透明度】 25m~
一時はこの週末をぶっ壊しそうな感じがした台風13号だったが、未だに北上を続けていて、屋久島への最接近は週明けになりそうだ。
ひとまず一安心なのだが、いつ偏西風に乗って東に進路を変えるか依然としてドキドキだ。。。(-_-;)

続きを読む


ヤツシハゼ調査

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 28.5℃
【透明度】 25m~
海はベタ凪ぎ!天気は快晴!
今日は6半を忘れて、同業者からレンタル用の5mmフルスーツを借りて潜ったんだけど、実は5mmのフルスーツなんて初めて着た!(笑)
寒いかなぁ~と思ったけど、意外に寒さは感じず快適!
でも、60分を過ぎた辺りからトイレに行きたくなった。
つまり体は寒さを感じなくても、体の芯は冷えているって事。。。

続きを読む


わ~い♪完全に夏の海到来!!

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.1
【水温】 28.1℃
【透明度】 25m~
ついに夏の海、到来!
水温は28℃を越え、水中は(;´д`)ゞ アチィー!!
ウダウダと地を這いながらダイビングをしていると気だるいほどに暑い。。。(笑)
まだ白濁りはあるけど、透明度も余裕で20m超だ。
今年の夏は6半を脱いで、5mmのウェットを買おう!と誓ったのに、未だに6半。
暑いはずだ。。。(-_-;)

続きを読む


今年の浅場砂地の状況

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 27.3℃
【透明度】 ~15m
今日はゲストなし。
夏になるとあまりの暑さからゲストがいなくても、涼を求めて(?)日中からスタッフ・ダイビングをするお店が増えるが、僕の場合は相変わらず午後遅い時間からのエントリーは冬場と変わらない。。。(笑)
だって、日中は暑いんだもん!!!
少しでも涼しくなってから海へ行くのだ。。。

続きを読む


陸から歩いてお宮前

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下
【水温】 24.2℃
【透明度】 25m~
常連ゲストIさんが急遽来られなくなり、11時到着の便で初屋久島のSさんが1人で来島。
Iさ~ん!!!先に着いているダイビング器材はどうすんの???(笑)
また週末は冬型の気圧配置になって北部は海なし!となる事をかなり前から心配していたが、何とか2日間凪ぎの海で潜れそうだ。

続きを読む


クサハゼもいた。。。

【ポイント】 一湊タンク下
【水温】 24.1℃
【透明度】 20m
朝一で帰るゲストを空港にお送りして、午後から1人で潜りに行く。
気温は高めなのだが、今日も何となくはっきりしない天気で、海に行く足も重くなりがち。。。
思い切って海へ行ってみると、水中は意外に透明度もよく明るかった。
水温もまた24℃台に戻っているし。。。ヽ(~~~ )ノ ハテ~

続きを読む


またもや。。。(-_-;)

【ポイント】 一湊タンク下/一湊タンク下
【水温】 26.7℃
【透明度】 ~20m
せっかく屋久島に来てくれたのに、体調が優れず潜れなくなってしまったA氏。。。
という事で、今日はてつ!さんとマンツーマン。
僕もカメラを持って、2本のんびり潜った。
なんか、結局ロクにガイドもせずプライベートダイビングに付き合ってもらうような感じになってしまった。。。(-_-;)

続きを読む


砂地のハゼ、今年の傾向

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下沖/一湊タンク下
【水温】 29.8℃
【透明度】 30m~
今日もお風呂状態の海だ。
水温は30℃近くある。
ひとたび速い潮が流れると、急に水温が27℃台になったりするが、この方が気持ち良かったりする。。。
2本目はかなり潮が速かった。

続きを読む