流れ着いたミンククジラの子供

【ポイント】 春田浜タイドプール / お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 -℃ / 22℃ / 21℃ / -℃
【透明度】 15m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:50-10:36 / 12:37-13:39 / 14:59-15:53 / 16:10-17:00
【潮まわり】 09:49 114cm 干潮 / 14:43 143cm 満潮 / 長潮(月齢:23.6)
【日の出・日の入】 日出05:56 日没18:42

今回のゲストYさんは予約時からタイドプールをリクエストしていたのだが、潮周りがあまり良くなくてそれほど潮が引かない状態の春田浜に朝から出かけた。
天気だけは最高に良くて、風も弱かったので、潮周りさえ良ければベストなコンディションだったのに。。。残念。。。
春はやっぱりアオサ?(ヒトエグサ?)が多くて緑がとても綺麗だった。。。(^^)

2本目のお宮前では久々にコブシメが大産卵を繰り広げていた!
12匹の雌雄が集まって、産卵、喧嘩などいろいろな生態行動が見られ、面白かった。
この場所のサンゴは崩壊寸前で、昨年はほとんど大規模な産卵は見られなかったので、もうダメかな。。。と思っていたので嬉しいっ!(^^)

そしてもう1本潜って帰ろうとしたら、一湊タンク下のエントリー口にクジラ!との情報。。。
これは多分、3日前の大時化で流れ着いた子のようで、体は傷だらけでボロボロ。

ちなみにこれ、計画になかった4本目の一湊タンク下、ビーチエントリー。
しかもなんと、エントリー口のスグ下-4m。。。ここまで流れ着くとは。。。(・・;)
その後、専門家に写真同定してもらったところ、ミンククジラの子どもではないか?との事。

帰りの車の中で、「最後にクジラにすべて持ってかれましたね。。。」とゲストYさん。
まったくその通り。。。(^^;)