永田も変わらず

【ポイント】 オツセ / オツセ / 観音
【水温】 24.6℃ / 25.2℃ / 24.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:17-10:06 / 11:16-12:08 / 14:20-15:05
【潮まわり】 08:50 199cm 満潮 / 15:44 35cm 干潮 / 中潮(月齢:18.6)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:16

今日は永田でマンツーマンで3本。
永田は一湊よりは温かく、透明度も良いかと思いきや、まったく同じだった。。。(-_-;)

24℃台の水温はさすがに5mmウェットスーツだと後半が寒く感じる。
そんな水温だからかアケボノハゼの出はまだちょっと悪い感じ。。。警戒心も強い。

ヒオドシベラのチビをそこら中で見かける。
今年は当たり年かも。。。

ピグミーシーホースは抱卵中の子が多い。


久々のランドール・タイルフィッシュ

【ポイント】 観音 / 観音
【水温】 27℃ / 27℃
【透明度】 25m~
【海況】 ややウネリあり
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:12-12:16 / 13:55-15:06
【潮まわり】 09:53 231cm 満潮 / 15:49 94cm 干潮 / 中潮(月齢:19.1)
【日の出・日の入】 日出06:23 日没17:41

今週末のゲストさんの第一陣が到着。
ともにリピーターゲストさんで、かなり潜り込んでいる方々で、かつ深場好き。(笑)

ということで、今日は初っ端から永田・観音の深場へ。。。

最初はゲストTさんのリクエストだった減るフリッチが目的だったのだが、話しているうちのいつの間にか最優先リクエストはランドール・タイルフィッシュに。。。(^^;)

1本目は潮が速くて断念したが、2本目は潮止まり。。。静かな海で深場にも降りやすかった。

久々のランドール・タイルフィッシュは前にも増してウジャウジャと数を増やしており、今日はどの子も警戒心が薄く撮りやすかった。

2本とも最後は観音の浅場で白化サンゴをバックに作品作り。。。
う~ん。。。今日もとても綺麗なんだけど、いっこうに観音の浅場の白化は回復してくれない。。。(ーー;)

_50a1597

_50a1622

_50a1665

_50a1669

_50a1752


久々の雨!

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 28.3℃ / 29.5℃ / 29.7℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:06-10:12 / 11:32-12:23 / 14:14-15:16
【潮まわり】 05:48 229cm 満潮 / 12:31 31cm 干潮 / 18:55 235cm 満潮 / 大潮(月齢:14.2)
【日の出・日の入】 日出05:46 日没18:57

一湊エリアで3本。
朝方、まとまった雨が降ったのだが、時間と共に晴れてきて、最後にはいつもの快晴に。。。

今朝のまとまった雨は多分、1カ月以上ぶりだと思う。
ホント、今年の夏は天気が崩れないのだ。(;´・ω・)

海はやや透明度が落ちたような感じがするけど、依然として夏の海だ。


今年はヒオドシベラが多い?

【ポイント】 オツセ / 観音 / オツセ
【水温】 29.6℃ / 28.8℃ / 30.2℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:23-10:19 / 11:30-12:33 / 14:10-15:10
【潮まわり】 04:12 84cm 干潮 / 09:58 208cm 満潮 / 16:13 78cm 干潮 / 中潮(月齢:5.2)
【日の出・日の入】 日出05:40 日没19:06

永田で3本。。。
何人かのゲストさんたちのリクエストで、シコンハタタテハゼを見に行った。
水温も上がり、滅多なことでは引っ込まないほど出が良くなった!(^^)
ほぼ最短まで寄れた上に、かなり長い時間撮影に費やすことができたくらい。

一緒に乗り合った同業者のFくんが「最近、ヒオドシベラが目立ちますよね~?」と出がけに言っていたのだが、「そ、そうかな。。。?(^^;)」とその時はあまり共感できなかった。

しかし、今日潜ってみて納得。。。確かに今年は例年以上に多いかも。。。

あ、そうそう。。。ゴマモンガラがまた卵を守っていて狂暴化していた。
前回、同じ場所で卵を守っているのを見てからまだ1週間くらいしか経っていないのに。。。(ーー;)

繁殖の間隔が短くなっているような気がする。。。高水温のせいかな?(;´・ω・)


大雨の毎日。。。

【ポイント】 オツセ/オツセ/お宮前
【水温】 27.8℃/27.8℃/26.6℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:42-10:42/12:16-13:20/15:14-16:23
【潮まわり】 05:07 200cm 満潮 / 11:36 70cm 干潮 / 17:54 214cm 満潮 / 中潮(月齢:26.5)
【日の出・日の入】 日出06:05 日没18:16

今日も朝から雨。。。しかも日中は一時またまた豪雨!
今日も長~い秋雨前線が張りだしている。。。

きっとこの週末に屋久島に来た観光客の皆さんは、「噂に聞く屋久島の雨!!やっぱり雨が多い島!!」とか勘違いしたに違いない。。。(・・;)

でも、懸念していた台風は大陸の方まで上っていきそうで、ちょっと一安心。

今日は永田へ。。。
水中はちょっと暗いけど(特に3本目はナイトダイビング並み。。。(・・;))、賑やかな海でゲストの皆さんは意外に楽しんでいたようでこれまた一安心。(笑)


アシビロサンゴヤドリガニ

【ポイント】 一湊タンク下No.1/クレーン下
【水温】 28.3℃/28.0℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:10-11:11/14:00-15:00
【潮まわり】 04:25 64cm 干潮 / 10:54 189cm 満潮 / 16:16 129cm 干潮 / 小潮(月齢:21.0)
【日の出・日の入】 日出06:04 日没18:19

今日は午後から体験ダイビングだったので、午前中にスタッフと潜りに行った。
シーズン中はずっと105mmポートが故障していて使えず、たまにカメラを持って入る時間があってもワイドばかりだったのだが、今日は久しぶりに落ち着いてマクロに対峙。

7月にこんなカニの仲間を紹介した事があったが、

⇒ ゴイシギンポの婚姻色&卵守り | Field Note  - 屋久島の海と川の記録 –
⇒ スリバチサンゴの仲間に着く謎のコシオリエビの仲間? | Field Note  - 屋久島の海と川の記録 –

このカニはその後、Facebookなどを通してよく知られるところとなり、各地で見つかるようになった。
しかも1回気づけば、そこら中にいるという事が分かり、「超普通種なのにナゼに気づかなかったんだぁ~!」という驚きの中、今月に入ってからこれが既知種のアシビロサンゴヤドリガニという種類であることが分かった。

アシビロサンゴヤドリガニ

アシビロサンゴヤドリガニ

このカニはとても小さいので105mmマクロがベストなのだが、夏の間ずっと105mmが使えなかった事もあり、前回は60mmマクロでの撮影になってしまった。
早く105mmで撮りたいなぁ~と思っていたのだが、9月に入ってようやくその機会が訪れたというワケだ。
最初はずっと105mmやテレコンでこのカニの美しい体の模様をソフトフォーカスで切り取りたいと考えていたのだが、最近ちょっと考えが変わった。

このカニはサンゴに穴を掘ってそこに棲んでいるのだが、この巣穴が浅ければ、深い細い棒のようなものでお尻の辺りを軽く触るだけで嫌がって外に出てくる。
最初はそれを知らなくて、深い巣穴に棲む個体をわざわざ選択し、ほじくり出すような事を正直やっていたのだが(ーー;)、いずれにしても外に出して撮ったアシビロサンゴヤドリガニは何か生息環境に合っていない場所に移動して撮った生き物のような感じになってしまい、ネイチャーフォトとしてはイマイチの出来のような気がしてきた。。。(-o-;
もっとカッコ良く撮りたいのだけど。。。(・・;)
かといって、巣穴に深く埋まったままの状態だと何がなんだかよく分からない。。。

考えた末の結論が、できる限り綺麗な色のサンゴを選択し、浅い巣穴に棲む割と大きめの個体、もしくは模様が肉眼でもハッキリ分かるような個体を選ぶこと。
そして生息環境のまま撮ること。

何とかカッコ良く撮りたいな。。。と水中でいろいろ試行錯誤してみたけど、どうだろう?これ。(^^;)
単にサンゴの美しさに頼っただけの写真になってしまった気も。。。(笑)
(ーΩー )ウゥーン

先日、見つけたヒオドシベラのチビはちょっと大きくなっていたけど、まだ定位置にいてウロウロしていた。
シーズン中はなかなか-30m前後の水深に降りる機会がないので、ちょっと覗いてみた。。。
クジャクベラが婚姻色にはなっていなかったけど、ヒレを全快にして滑空していた。
求愛しているという感じではなかったのだが、ヒレを畳むことはまったくなく、ずっと開きっ放し。
なにしてるんだろ?(ーー;)

ヒオドシベラ(yg)

ヒオドシベラ(yg)

クジャクベラ

クジャクベラ


9月に入ってからニシキカワハギの求愛やディスプレイをよく見かけるようになってきた。
夏場でもたまに見かけるのだが、この時期になる1ヶ所に複数匹が集まる事が多くなり、尾ビレの色や体色も派手になる。
毎年、産卵を追うのだけど、未だにその繁殖行動を掴めずにいる。。。
ディスプレイは頻繁に見るのに。。。

ニシキカワハギのディスプレイ

ニシキカワハギのディスプレイ

ニシキカワハギのディスプレイ

ニシキカワハギのディスプレイ



ようやく凪てきた。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.3/横瀬
【水温】 28.8℃/28.9℃/29.1℃
【透明度】 25m/30m/25m
【海況】 やや時化気味
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:20-10:18/11:32-12:21/14:10-15:05
【潮まわり】 06:11 66cm 干潮 / 13:10 184cm 満潮 / 18:24 145cm 干潮 / 小潮(月齢:7.0)
【日の出・日の入】 日出05:56 日没18:37

昨日はまだかなり時化ていた一湊湾内だったが、ようやく凪てきた。
本当はゲストのリクエストで永田に行きたかったのだが、こちらはまだかなり時化ているらしい。。。(永田の船長談)

台風通過後、黒潮がバリバリに寄ってきたようで、水温は29℃近くまで上がっていた。
透明度もゼロ戦付近は最高だった。

一湊タンク下では一湊湾内・今季初記録のヒオドシベラ(yg)の極小幼魚がいた。

3本目はゲストの外海チックなポイント希望!というリクエストに応じて横瀬へ。。。
こちらはまずまずの透明度。。。


オツセ(仮)を潜り込む

【ポイント】 オツセ/オツセ/一湊タンク下No.1
【水温】 24.0℃
【透明度】 ~20m
風は終日の東。
元浦側はかなり時化ていたが、一湊湾内はベタベタに凪ぎている。。。
永田は時化というほどではないが、それなりに東風の影響で水面はウネウネ。

Continue reading


いい海だなぁ~(^^)

【ポイント】 オツセ/安房泊
【水温】 25.0℃
【透明度】 40m
今日も西部の海は高水温&視界良好!
これは西部だけかと思っていたら、どうも一湊界隈も同じような感じだったらしく、黒潮がかなり入り込んでいる模様。。。
今日は昨日と違い朝からよく晴れていたので外も暑いぐらい。
日焼けした方がヒリヒリして痛い。(笑)

Continue reading


またジョーがくわえた!!!

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 21.8℃
【透明度】 ~30m
今日は午後から用事があったので、いつになく早い時間から海へ。。。
よく晴れ、海は凪ぎ!
こういう日に限ってゲストがいないのは相変わらずなのだ。(笑)

Continue reading


1週間おきに来島!?

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.2
【水温】 23.1℃
【透明度】 30m~
天気はあまり良くなかったが、暖かく、過ごしやすい1日だった。
海はベタ凪ぎで透明度も良く、のんびり潜れた♪

Continue reading


青々!

【ポイント】 一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 26.0℃
【透明度】 20m~
相変わらず、時化たり、凪ぎたり。。。
昨日の大時化が嘘のように、今日はまた凪ぎた。
風がまだ北西なので、矢筈岬の西面には白波が当たり、お宮前の浅場はちょっとウネっていた。

Continue reading


最近のアイドル

【ポイント】 川No.4/一湊タンク下No.3/お宮前/一湊タンク下No.1
【水温】 27.9℃
【透明度】 ~20m
やっぱり、台風時化を境に水温も透明度も明らかに落ちた。。。
と言ってもご安心を。。。真夏の海が暖かく、クリアー過ぎるだけで、今でも透明度は20Mはあるし、水温も下がり始めたとは言え、まだまだ27-28℃はキープしている。
だけど浮遊物が気になる。。。(-_-;)

Continue reading


調査ダイビングか。。。?これ???

【ポイント】 お宮前
【水温】 25.6℃
【透明度】 ~10m
夏!!!
梅雨とは思えない程の晴天に恵まれた。
家の中にいると暑い!暑い!!
海に行ってみるとベタ凪ぎ♪
これだけ静かだったら。。。!と散々考えた末、お宮前以北のポイント調査をしてみる事にした。
でも、海の中は相変わらず透明度が悪く、調査ダイビングには不適な状況だった。。。(-_-;)

Continue reading


南部に逃げる。。。

【ポイント】 平内/平内
【水温】 24.7℃
【透明度】 ~10m
今日は朝から曇天で北部は暗~い感じ。
おまけに今日はちょっと寒くて、海に行くのもちょっと億劫に。。。(笑)
これは南部に行くしかないっ!
この読みは見事に当たった。
南部の空は雲ひとつない晴天!!
おまけにTシャッツで過ごせるくらいの暖かさ♪
これから冬に入ると、こんな風に南と北の差が激しくなっていく。

Continue reading


南部へ

【ポイント】 平内/尾の間
【水温】 23.2℃
【透明度】 10m
一便のゲストを迎えてからのダイビング。
ただでさえ遅いスタートなのだが、北部は軒並み時化模様のため、急遽南部に向かう事に。
でも。。。
どうも今日は全島で時化のようだった。
栗生は大荒れ、真南の各ポイントも決して凪ぎとは言えない、嫌~な海。。。
でも、南部は暖かいなぁ~♪
陸上にいる分にはポカポカ陽気だった。

Continue reading


ボートポイント調査(^^)

【ポイント】志戸子山脈、タマガリ
【水温】24.0℃
【透明度】5-10m
今日は知り合いのお店に誘われて、近場のボートポイントの調査。
実費でボートに乗る。
お客さんもいないのに実費でボートに乗るっていうのはかなり辛い。。。(ToT)
でも、既存のボートポイントの様子を知る事は大切なことだしなぁ。。。
自信を持ってお客さんにボートポイントを案内できるように、よ~く調査しとかなくっちゃね♪

Continue reading