台湾からのリピーターさん

台湾からのリピーターさんが来島。😊
今回はお友達を連れてきてくれた!

【ポイント】 お宮前(OMIYA-MAE) / 横瀬(YOKOSE) / 一湊タンク下No.2(ISSO-TANK-SHITA No.2)
【水温】 23.6℃ / 23.8℃ / 23.0℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:53-9:42 / 10:52-11:31 / 12:47-13:40
【潮まわり】 06:56 229cm 満潮 / 13:40 -5cm 干潮 / 大潮(月齢:0.7)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:16

台湾からのリピーターさんが来島。😊
今回はお友達を連れてきてくれた!
彼女は小さい頃からダイビングをやっているというのでよくよく聞いてみたら台湾のダイビング器材メーカーの娘さんだった。。。納得(笑)

水温んが下がり気味。。。GWよりも3-4℃も低いんですけど😥


最終日はワイドで。。。

イギリスからのゲストTさん&Sさんご夫妻の最終日。。。
9日から4日間、ずっとマクロレンズで撮影していたTさんだったが、最終日はワイドに切り替えた。

【ポイント】 横瀬 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 23℃ / 23℃ / 23℃
【透明度】 ~20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもりのち晴れ
【潜水時間帯】 9:06-9:49 / 10:54-11:41 / 13:08-14:05
【潮まわり】 04:01 39cm 干潮 / 10:42 192cm 満潮 / 16:23 122cm 干潮 / 中潮(月齢:5.4)
【日の出・日の入】 日出06:41 日没17:22

イギリスからのゲストTさん&Sさんご夫妻の最終日。。。
9日から4日間、ずっとマクロレンズで撮影していたTさんだったが、最終日はワイドに切り替えた。
天気はあまり良くなくて、水中はちょっと暗い感じだったけど、それなりに背景は青く抜く事ができたようだ。

久々に横瀬に行った。
横瀬は珍しくいつもは玉になって浮いているニザダイが中層いっぱいに広がっていて絵にならない。。。(^^;)
ウメイロモドキやグルクンもほとんど入り込むことなく、ちょっといつもよりだいぶ魚影の薄い横瀬だった。


増えるテングダイ

横瀬は行くたびにテングダイが増えてる!
最初は2-3匹だったのに、今では9匹になって群れてる。。。完全にここの主になろうとしてる。。。(^^;)

【ポイント】 横瀬 / 一湊タンク下No.3
【水温】 27℃ / 27℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:16-12:08 / 13:49-14:49
【潮まわり】 05:42 100cm 干潮 / 11:15 189cm 満潮 / 17:47 69cm 干潮 / 小潮(月齢:6.0)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:24

今日は長期滞在中のMさんとリピーターのSさんのお二人を連れて、一湊エリアで2本。

僕には屋久島の海が最も悪い時期である1-2月に初来島したゲストはその後、もう二度と屋久島には潜りに来てくれないというトラウマがあるのだが(笑)、Sさんはそのトラウマを破ってくれ、2回目の来島!
嬉しい~!!!!(^▽^)/

明日からやや混むため、少人数の今日のうちに明日以降行けないポイントに行こうと、1本目はいきなり潮の速い横瀬へ!(^^;)

横瀬は行くたびにテングダイが増えてる!
最初は2-3匹だったのに、今では9匹になって群れてる。。。完全にここの主になろうとしてる。。。(^^;)


一湊もかなりの時化海。。。(-_-;)

愛知県豊橋市のダイビングショップ スナッパーズ御一行様さまの最終日。
昨日の永田はかなり時化ていてハードだったので、最後は静かな一湊の海でのんびり。。。と考えていたのだが、一見、ベタ凪に見える一湊も強い北東の風にさらされてかなり時化気味。。。

【ポイント】 横瀬 / 一湊タンク下No.1
【水温】 18℃ / 19℃
【透明度】 20m
【海況】 時化気味
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:25-10:43 / 12:10-13:04
【潮まわり】 05:34 188cm 満潮 / 11:37 68cm 干潮 / 17:19 189cm 満潮 / 中潮(月齢:26.5)
【日の出・日の入】 日出06:15 日没18:32

愛知県豊橋市のダイビングショップ スナッパーズ御一行様さまの最終日。
昨日の永田はかなり時化ていてハードだったので、最後は静かな一湊の海でのんびり。。。と考えていたのだが、一見、ベタ凪に見える一湊も強い北東の風にさらされてかなり時化気味。。。
相変わらずハードなダイビングになってしまった。(-_-;)

横瀬の-30m付近の魚だまりには昨年の秋からテングダイが2匹見られていたのだが、今日行ったらこれがさらに増えていて10匹くらいになっていた。
このまま居ついて、横瀬の名物になってくれるといいなぁ。。。
しかし、かなり暗い海だった。。。(笑)

2本目は一湊タンク下へ。
沖合にある横瀬よりも湾奥のこちらのポイントの方が透明度も良く明るかった。
水底付近には早くもアミ類が湧き始めていて、視界がかなり悪くなってる。
途中、カスミアジの大きな群れが入り込んできた。。。

結局、3日間のうち凪ぎていたのは初日だけ。(^^;)
しかもそんな初日も天気は悪かったりして、海況・天気には恵まれなかったけど、次回はぜひ暖かい時期に遊びに来てくださいね~!お待ちしております!(^^)


一湊タンク下にテングダイ!?(◎_◎;)

沖の魚だまりに1匹のテングダイがいて驚いた!
テングダイをホームの一湊タンク下で見たのは初めてかもしれない。。。(-_-;)

【ポイント】 横瀬 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1
【水温】 19℃ / 19℃ / 19℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 08:55-09:33 / 10:42-11:28 / 13:18-14:01
【潮まわり】 08:48 212cm 満潮 / 14:59 23cm 干潮 / 中潮(月齢:2.5)
【日の出・日の入】 日出06:44 日没18:16

ゲストOさんたちの2日目。
今日も結局、海はベタベタに凪ぎた!
最悪、潜れるのはタンク下のみになるかと思ったけど、一湊湾内はどこもベタベタに凪ぎていた。

ただし、透明度はガクーンと下がり、昨日のクリアーな海からは程遠い状態だった。
1本目の横瀬もそもそも最初のエントリー場所がずれていた事もあり、さらには10m程度の透明度だったので、本来のコースに入るまでかなりドキドキした。(笑)

最後の2本はホームの一湊タンク下へ。。。
沖の魚だまりに1匹のテングダイがいて驚いた!
テングダイをホームの一湊タンク下で見たのは初めてかもしれない。。。(-_-;)


泳ぎ過ぎた。。。?(^^;)

特に潮がかかっていて泳いだのは3本目の横瀬だった。
おかげで魚だまりはメチャクチャ賑やかだったけど、皆さん、かなりグロッキー。。。(^^;)

【ポイント】 オツセ / 観音 / 横瀬
【水温】 28℃ / 28℃ / 27℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 09:22-10:00 / 11:25-12:07 / 14:24-15:00
【潮まわり】 04:49 68cm 干潮 / 11:27 186cm 満潮 / 17:01 131cm 干潮 / 小潮(月齢:7.1)
【日の出・日の入】 日出06:15 日没17:55

京都のダイビングショップ「エリート」さんの2日目。
今日はダイビングの3日間のうち、唯一の晴天&ベタ凪ぎ予報!
実際、今日は一湊も永田も最高に天気が良く、海も南寄りの風でベタベタに凪ぎていた。(^^)
今日は3本ともやや泳ぎ気味のダイビングだった。
特に潮がかかっていて泳いだのは3本目の横瀬だった。
おかげで魚だまりはメチャクチャ賑やかだったけど、皆さん、かなりグロッキー。。。(^^;)
さすがに3本目はのんびり&まったり、一湊タンク下で遊んだほうが良かったかな。。。反省。(;´・ω・)
横瀬の魚だまりには高水温期はあまり姿を見なかったテングダイが見られた。
TG4で撮影した20秒の動画です。


気持ちがいい海です。(^^)

今日はガイドで2本。

昨日まで快晴だった天気はゲストがいる日に限って雨。。。
でも寒いわけではなく、海況もなかなか良くて、透明度も30mオーバーのこの時期としては最高の海だった。(^^)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.2
【水温】 21.3℃/21.4℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨のちくもり
【潜水時間帯】 11:48-12:35/13:59-14:52
【潮まわり】 05:31 184cm 満潮 / 11:26 75cm 干潮 / 17:04 190cm 満潮 / 中潮(月齢:26.5)
【日の出・日の入】 日出06:38 日没18:20

今日はガイドで2本。

昨日まで快晴だった天気はゲストがいる日に限って雨。。。
でも寒いわけではなく、海況もなかなか良くて、透明度も30mオーバーのこの時期としては最高の海だった。(^^)
水温も22℃近く、やっぱり黒潮がかすっているような気がする。。。
こんな時は陸上は暗くても、水中は割と明るく感じるのが不思議だ。

今日は急にポイント全体にキビナゴが溢れていた。
ここのところ、まったくキビナゴの群れなど見ることはなかったのだが、今日はホント凄かった。

これを狙ってヒラソウダ、ニジョウサバ、そして巨大なツムブリの大群まで入り込み、賑やかな海だった。

久しぶりに-25m地点まで下りたのだが、なんと一湊タンク下にテングダイ?!(;´・ω・)
屋久島も横瀬などある特定のポイントではテングダイ数匹が常に見られるのだが、ホームの一湊タンク下では初めての遭遇だ。
こいつ。。。どこから流れてきたんだろ?(ーー;)
このまま居ついてくれるかな?


ダメだ、こりゃ!^^;

いや~でも僕の場合、コンデジとはいえ、カメラを持って入るとガイドがおろそかになっているような気が。。。(・_・;)
撮り始めると、マジで撮っちゃう!(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.3/横瀬/一湊タンク下No.2
【水温】 24.6℃/24.7℃/24.5℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:02-9:50/11:01-11:58/13:29-14:30
【潮まわり】 06:17 210cm 満潮 / 12:08 84cm 干潮 / 17:51 221cm 満潮 / 大潮(月齢:28.2)
【日の出・日の入】 日出06:48 日没17:18

韓国からのゲストKさんの2日目。
今日から彼とマンツーマンだ。。。

なんか11月に入ってからスカッと晴れる日が少ない。
海はそこそこ温かくて、ベタ凪ぎの毎日なんだけど、天気がイマイチなので水中も正直やや暗く感じる。。。

ゲストKさんはそれほど水中写真に固執しておらず、カメラも持って入ったり、持たずに入ったりという感じで、スタイルもどちらかというとワイド&地形派だったので、いつもより割とライトな感じのダイビングが続く。。。(^^)
横瀬に2日連チャンというのも久しぶりだ。(笑)

_DSC2107

_DSC2155

昨日からガイド時にTG-3を持って入り始めた。
いや~でも僕の場合、コンデジとはいえ、カメラを持って入るとガイドがおろそかになっているような気が。。。(・_・;)
撮り始めると、マジで撮っちゃう!(笑)
ダメだ、こりゃ!^^;

ゲストさんよりも前に出て撮影に夢中になるガイドさん。。。ダメだこりゃ!(・_・;)
ゲストさんよりも前に出て撮影に夢中になるガイドさん。。。ダメだこりゃ!(・_・;)

ガイドを忘れて撮影に夢中になる人。。。(笑)
ガイドを忘れて撮影に夢中になる人。。。(笑)


秋も深まっていく。。。

一台風ごとに陸上が涼しくなっていくのを感じる。
今日は今季初めて長袖のシャツと長ズボンを着用!(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/横瀬
【水温】 26.1℃/26.0℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:24-10:27/11:50-12:40
【潮まわり】 05:16 65cm 干潮 / 12:04 185cm 満潮 / 17:48 133cm 干潮 / 小潮(月齢:20.9)
【日の出・日の入】 日出06:20 日没17:47

ようやく今日から通常運行。。。

海もやっと凪ぎて、午前中は曇っていた空も午後からは快晴!
久々にダイビング日和と言える青空の下、のんびり2本潜った。

一台風ごとに陸上が涼しくなっていくのを感じる。
今日は今季初めて長袖のシャツと長ズボンを着用!(笑)

海の水温もきっと下がっているに違いない!!と思い、ロクハンに衣替えしたけど、水温は台風前とあまり変わらなかった。

いや~やっぱり今回の台風はかなり水底を荒らしたようで、ホームの一湊タンク下の水底は岩や石がゴロゴロ。。。
またまた砂を根こそぎもってかれて、地盤が見えちゃっているような場所もしばしば見かけた。

サンゴも群体ごとひっくり返っているものもあり、時化後の海を十分感じさせた。

でも、魚や甲殻類などいつもの子たちの多くはみんな元気で、無事だった。(^^)
みんな大時化の最中はどんな感じでやり過ごしているのかなぁ。。。興味深々。。。


小さな生命は卵の中で必死に命の鼓動を響かせていた。。。(^^)

コブシメの産卵をよそに僕はオキザヨリの卵を観察。。。
前回は卵がかなり減ったような気がしていたけど、よく見るとどうもサンゴの下の方に沈んでしまっただけらしく、奥の方にはしっかり多くの卵が沈んでいた。

【ポイント】 お宮前/横瀬
【水温】 27.6℃/26.7℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:14-12:30/14:23-15:16
【潮まわり】 08:52 84cm 干潮 / 15:46 165cm 満潮 / 長潮(月齢:23.5)
【日の出・日の入】 日出05:25 日没19:22

今日のゲストは常連ゲストKさんと2回目の来店Tさんのお二人。
2人のゲストを2人のスタッフがそれぞれマンツーマンでガイドした。(笑)

ニチリンダテハゼ
ニチリンダテハゼ
1本目はお宮前に。。。
ゲストKさんのリクエストはニチリンダテハゼ。
僕のリクエストはオキザヨリの卵の観察。。。(^_^;)

ニチリンダテハゼは見つかってからかれこれ3年目に入った。
未だに独身のまま体だけはどんどん大きくなっていき、態度もでかい!(笑)
かなり寄っても全然引っ込まないどころか、背ビレもなかなか広げてくれない。。。

ヒメアオギハゼ
ヒメアオギハゼ
本来は屋久島ではめったに見ないヒメアオギハゼが数匹の群がりをつくって撮りやすいところで見られた。
過去に一湊タンク下で2回(2匹)ほどしか見たことがなかったが、ここでは数匹が小さな群れをつくっていたので驚いた。
しかも、タンク下の子は狭い暗がりにいたので、撮影は困難だったが、ここの子は撮りやすい!!!(^^)
でも、Kさんにはなかなか気づいてもらえなかった。。。(笑)

今頃になって産卵が盛んに。。。(・_・;)
今頃になって産卵が盛んに。。。(・_・;)
そして後半は例のオキザヨリの卵をチェックしに-12mのウスサザナミサンゴ群体のところへ。
今日もコブシメは産卵していた。。。
しかも、6匹も集まって、ここにきて本格的な産卵に突入していた。
近寄ってもまったく逃げず産卵したり、喧嘩したり。。。ふぅ。。。ようやくコブシメのまともな産卵が見れた~┐(‘~`;)┌
もう7月も中旬になろうとしているのに。。。(例年ならすでにコブシメの産卵は終わっている)
でも、やっぱり今年の子たちはかなり小ぶりだ。

そんなコブシメの産卵をよそに僕はオキザヨリの卵を観察。。。
前回は卵がかなり減ったような気がしていたけど、よく見るとどうもサンゴの下の方に沈んでしまっただけらしく、奥の方にはしっかり多くの卵が沈んでいた。

すでに孵化した卵???
すでに孵化した卵???
肉眼で見る分には全体の9割はまだ透明で何も入っていないような感じなのだが、1割は立派な稚魚が入っている。
透明な卵をよく見ると、破れているものもあるので、すでに孵化しちゃったのかな。。。とか思ったけど、一緒に産み落とされた卵の孵化日がバラバラというのも考えにくい。
通常、魚は一斉に孵化するはずなのに。。。

それで最初考えたのが、すでに7/7前後に一斉孵化があって、いま見られる稚魚はすべて死んでいる。。。という結論。
しかし、卵に入った稚魚をよーくマクロで見てみると。。。動いてる!!!( ̄□ ̄;)!!
口をパクパクさせたり心臓もドクドクと動いているようなのだ。
しっかりした命の鼓動を響かせて、ボクに”生”を主張してた。(笑)

どうも今回のオキザヨリの卵はほとんどが未受精卵で、残り1割の孵化はやっぱり一斉に起こるのかもしれない。。。
すでに7/1の産卵から2週間が経とうとしている。

オキザヨリの稚魚1
オキザヨリの稚魚1
オキザヨリの稚魚2
オキザヨリの稚魚2

キンギョハナダイの乱舞!
キンギョハナダイの乱舞!
2本目は久しぶりの横瀬へ。。。
入ってみると潮がメチャ速くて、沖の魚溜まりに行くのも一苦労だった。
魚溜まりのアジアコショウダイたちは思い切り外に出ていて、冬季によく見られるテングダイも3匹がのんびり佇んでいた。

潮が速い割に回遊魚らしい回遊魚にも会えず、浅根に帰ってくると、ツムブリとカスミアジに巻かれた!!
もの凄い数のキビナゴが集まっていて、ニジョウサバやヒラソウダなどが激しく捕食していた。

テングダイ
テングダイ
ツムブリ&カスミアジの群れ
ツムブリ&カスミアジの群れ


冬の風物詩・テングダイ

1本目はもしかしたら今年最後になるかも知れない横瀬へ。。。
やはり水温が下がってからの横瀬には例年通りテングダイが現れる。
テングダイは冬の風物詩だ。

【ポイント】 横瀬/一湊タンク下No.2
【水温】 23.1℃/23.3℃
【透明度】 20m/20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:33-10:23/11:30-12:31
【潮まわり】 04:06 19cm 干潮 / 10:46 202cm 満潮 / 16:42 101cm 干潮 / 中潮(月齢:4.9)
【日の出・日の入】 日出06:55 日没17:16

Kさん夫妻の最終日。
結局、天気には恵まれなかったけど、海況は3日間とも最高によかった!!(^^)
連日、ベタ凪ぎだし、この時期としては透明度もまずまず。
Kさん夫妻も十分に楽しんで頂けたようで、本当に良かった~!!!
次回はぜひベストシーズンの屋久島の海に潜ってもらいたいな。。。

1本目はもしかしたら今年最後になるかも知れない横瀬へ。。。
やはり水温が下がってからの横瀬には例年通りテングダイが現れる。
テングダイは冬の風物詩だ。

3匹のテングダイが定位置で浮いていて、そこに屋久島では稀なトサヤッコのハーレム。
何か伊豆諸島の海みたい。(笑)
コガネスズメダイとヒマワリスズメダイの混在っぷりも凄かった。

2本目はタンク下の沖へ。
この時期になってもヤクシマキツネウオのオスは婚姻色バリバリだ。
というか、ほぼ1年中、ヤクシマキツネウオのオスは求愛しているのが面白い。
幼魚が見られるのは初夏だけなのに。。。ほんと不思議だ。


冬の象徴・テングダイ

テングダイは屋久島では結構珍しい。。。通常は深場にいるようで夏季はあまり見かけないのだが、冬になると-30mぐらいまで上がってきて群れる傾向がある。今季もとうとうダイビング水深で見られ始めた。。。もう冬だなぁ。。。

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.3/横瀬
【水温】 24.5℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潮まわり】 06:52 211cm 満潮 / 12:35 98cm 干潮 / 18:08 219cm 満潮 / 大潮(月齢:14.9)
【日の出・日の入】 日出06:48 日没17:18

ゼロ戦のアザハタ
ゼロ戦のアザハタ
ようやく晴れた!
おかげで今日は久しぶりに暖かい1日だった。
海も凪ぎて、水中も明るい!
まさにダイビング日和の1日だった。

浜松の「ダイブ写楽」さん一行様が来島。
11月のツアーなだけに外の寒さだけが心配だったが、水面休息中は真夏のように港で寝っ転がって休めるくらい暖かかった。(^_^)

テングダイ
テングダイ
本数を重ねるごとにやや濁ってきて1本目は30mオーバーだった海も3本目には20mを切るくらいにまで透明度は落ちた。
でも3本目の横瀬が最もウケが良かった!!(^_^)
-30mの魚だまりにはついにテングダイが上がってきていた。
テングダイは屋久島では珍しく、ここ横瀬では夏季はまったく姿が見られないのに、冬になるとここで群れる。
って事はもう冬かぁ。。。はぁ。。。


ハナダイギンポ!

【ポイント】 横瀬/一湊タンク下No.3/一湊タンク下No.2
【水温】 26.1℃
【透明度】 25m
今日もいい天気♪
どうも黒潮はバリバリ接岸しているわけではないようで、1本目、2本目と水温がメチャ低い。
水底は24℃くらいだし、-10mぐらいのラインにサーモクラインが。。。
浅場は温かいのだけど、水底は寒っ!

“ハナダイギンポ!” の続きを読む