またまた水温が下がってきた。。。(・・;)

常連ゲストIさんのリクエストは依然としてツノザヤウミウシの仲間。
今日もこれを探しに-30m付近まで下りてコケムシの仲間を探しまくり。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 21℃ / 21℃
【透明度】 10m
【海況】 時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:55-9:53 / 11:14-12:09
【潮まわり】 08:55 212cm 満潮 / 15:20 6cm 干潮 / 中潮(月齢:17.5)
【日の出・日の入】 日出06:17 日没18:31

常連ゲストIさんのリクエストは依然としてツノザヤウミウシの仲間。
今日もこれを探しに-30m付近まで下りてコケムシの仲間を探しまくり。。。

水温がガンガン下がってる。。。


カンナツノザヤウミウシ

このご夫妻、「一湊エリア一択!」というリクエスト以外にもうひとつリクエストがあった。
それは「またカンナツノザヤウミウシが見たい!」というもの。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 24.2℃ / 24.2℃
【透明度】 30m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:56-9:38 / 11:10-12:17
【潮まわり】 08:30 229cm 満潮 / 14:21 85cm 干潮 / 中潮(月齢:17.4)
【日の出・日の入】 日出06:52 日没17:17

常連ゲストIさん夫妻の最終日。。。
結局、ずっと天気はよく海はベタ凪ぎのまま3日間が終わりそうだ。(^^)

このご夫妻、「一湊エリア一択!」というリクエスト以外にもうひとつリクエストがあった。
それは「またカンナツノザヤウミウシが見たい!」というもの。
しかし、この2日間、宿主のコケムシは少しづつ増えてはいるけど、カンナ自体には一切出会えなかった。

これもまだ水温が高いからだと納得してもらっていたのだが(笑)、他店のブログで「ツノザヤウミウシ系がかなり出てます!」という記事を見つけてしまった!(;゚Д゚)
見つけてくれないと次回はそのお店に行く!と脅迫されたので、今日は背水の陣をひいて、いつも以上に必死にリクエスト生物探しを行った。。。(笑)

いや~「かなり出てます!」は言い過ぎだろっ!(^^;;
だって、真冬に比べても宿主はずっと少ないもん!!!

きっと今の時期いるようなやつは超極小に違いないっ!と思っていたら、最初に奥様のYさんが見つけたTheツノザヤウミウシはちょっといるのが分かっていてもどっちが前なのか分からないほど小さな個体だった。。。やっぱりね。。。

そう思いつつ、その周辺をちょっと探してみると、いた~!!!!
気持ち悪いほど超巨大なカンナツノザヤウミウシが3個体グチャッと固まってコケムシに付いていた。。。でかいのいるじゃん。。。(◎_◎;)
もはやその重みでコケムシがしなって倒れてしまうくらい。(笑)

う~ん。。。それでもやっぱり「かなり出てます!」というレベルじゃないと思うなぁ。。。
真冬はもっといるもん!(笑)

いずれにしてももう年齢的に5mm程度の大きさだとちょっと目視では見つけるのは困難になってきたかも。。。ヤバっ!



ツノザヤ系のシーズン?

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 23.0℃
【透明度】 ~20m
タンク下の最も内側の浅場になぜか大きな濁りの塊があって、浅場は一様に透明度最悪。。。
10m先もみえないくらい。
沖に出るとそれなりに視界が良くなるのだが、全快とはいかない。。。

“ツノザヤ系のシーズン?” の続きを読む