永田も変わらず

【ポイント】 オツセ / オツセ / 観音
【水温】 24.6℃ / 25.2℃ / 24.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:17-10:06 / 11:16-12:08 / 14:20-15:05
【潮まわり】 08:50 199cm 満潮 / 15:44 35cm 干潮 / 中潮(月齢:18.6)
【日の出・日の入】 日出05:15 日没19:16

今日は永田でマンツーマンで3本。
永田は一湊よりは温かく、透明度も良いかと思いきや、まったく同じだった。。。(-_-;)

24℃台の水温はさすがに5mmウェットスーツだと後半が寒く感じる。
そんな水温だからかアケボノハゼの出はまだちょっと悪い感じ。。。警戒心も強い。

ヒオドシベラのチビをそこら中で見かける。
今年は当たり年かも。。。

ピグミーシーホースは抱卵中の子が多い。


背景は選び放題!(^^)

【ポイント】 観音 / オツセ / オツセ
【水温】 23.0℃ / 24.3℃ / 24.0℃
【透明度】 ~20m
【海況】 時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:37-10:32 / 11:41-12:44 / 14:19-15:24
【潮まわり】 07:47 97cm 干潮 / 13:33 170cm 満潮 / 小潮(月齢:23.3)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:14

この日は永田で3本。
午前中はかなりウネウネだった永田の海も少しづつ良くなっていったのだが、水中の透明度はイマイチ。。。(;´・ω・)

昨日までの一湊の海とはずいぶんと違っていて、濁っていて暗い!!!
天気はいいのに残念。。。

海の中は季節通りのチビたちが目立ち始めていて、バックを活かした小さな被写体には事欠かない。(^^)

いろいろなサンゴにタテジマヘビギンポのチビが乗っかっており、背景は選び放題!
ホシゾラワラエビの極小チビも今が旬とばかりに、様々な背景をバックに佇んでいる。。。

夏になると目に付くヤマブキスズメダイのチビも今季初観察♪(^^)

GWの頃からピグミーシーホースの白い個体はお腹が大きな個体が多く見られるようになった。


イカの仲間のハッチアウト

【ポイント】 オツセ / オツセ / 一湊タンク下No.1
【水温】 22.0℃ / 21.9℃ / 23.0℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:20-10:20 / 11:26-12:28 / 14:23-15:09
【潮まわり】 08:59 99cm 干潮 / 14:36 155cm 満潮 / 小潮(月齢:8.3)
【日の出・日の入】 日出05:23 日没19:05

今日はリピーターK夫妻の最終日。
最終日もガッツリ潜りたいという事で、トッピーの最終便に間に合うように朝から3本。。。
かなり忙しい感じで無事にトッピーには間に合った~(^^;)

今日も転石下の謎のイカの仲間のハッチアウトを観察した。
だんだんいろいろと分かってきたことがある。

まず、こいつらの自然状態でのハッチアウトの時間なのだが、ずっと早朝、朝の光が入り始めそれに呼応してハッチアウトするのでは?と思っていたのだが、どうもそういうわけではないようだ。

今年は日中、こいつらの自然状態の孵化直後に出くわすことが多かった。
どういうタイミングで孵化するのかは分からないのだが、日中、時間を問わず、堂々とハッチアウトするようだ。

今日は昨日、孵化した場所の横に新しく卵が産みつけられていた。
何日くらいで孵化するのかちょっと追ってみたい。。。

この時期、転石下から次々に湧き出てくる小さな小さなイカの子供たちをよく見かける。
今年はこのイカのハッチアウトを動画で撮ろうと、ガイドそっちのけで撮影に集中。。。(おいおい。。。(;´・ω・))
TG4で撮影した73秒の動画です。
00:45(-00:30)くらいから出てくる、孵化後もなかなか飛び立てない子が卵の上を歩く様子が面白いです!(^^)


なかなか上がらない水温。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1&お宮前/お宮前/一湊タンク下No.3/一湊タンク下No.1
【水温】 26.7℃/25.1℃/24.5℃/25.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 7:42-8:24/10:22-11:34/13:05-14:10/15:35-17:03
【潮まわり】 09:18 237cm 満潮 / 15:51 31cm 干潮 / 中潮(月齢:18.8)
【日の出・日の入】 日出05:26 日没19:21

最近は、もはや「出物・珍種情報」でも「今日の海況」でも何でもない当店のブログ。。。
これもすべてメルヘン教団の人たちのせいだ!!(笑)

今日は早朝でテレビの撮影クルーの方々をガイドしたあと、永田で2本、一湊で1本、またまた合計4本も潜ってしまった!!!(;゚Д゚)

相変わらず黒潮の接岸がない。。。
永田も濁りと低水温は変わらずだった。

今年はこれまでにないほど黒潮の接岸が遅い!!!
例年ならすでに28℃以上はある時期なのに、今日も24-25℃程度しかなかった。
黒潮さん、いったい、どうしたんだろ???(・・;)

屋久島ではどこでも見られるクダヤギの仲間とホシゾラワラエビの組み合わせ。。。

特に今はホシゾラワラエビの極小チビが多くて被写体としておススメだ。

クダヤギの仲間にはいろいろな色彩のものがあり、撮り方がちょっと違うだけでも色合いは千差万別。。。

サクラコシオリエビも今はチビのシーズン!


秋晴れっ!(^^)

【ポイント】 オツセ/オツセ/観音
【水温】 26.5℃/27.0℃/26.7℃
【透明度】 30m
【海況】 やや小波
【天候】 秋晴れ!
【潜水時間帯】 9:11-9:51/11:20-12:18/14:19-15:21
【潮まわり】 10:27 193cm 満潮 / 15:58 125cm 干潮 / 中潮(月齢:20.0)
【日の出・日の入】 日出06:14 日没17:57

今日は永田へ。。。
うろこ雲が薄く広がる秋らしい空の下3本。
しかし瀬際は結構、白波が当たっていて、永田のメイン・ポイントオツセは浅場がかなり揺れていた。

2匹着いていたピグミーシーホース

2匹着いていたピグミーシーホース

最近、-20m程度の小さなウミウチワにピグミーが着いている。
このオツセというポイントでは-35mくらいのところに大きなウミウチワがあって、ここまで降りればかなりの数のピグミーが着いているのだが、水深が水深なだけにあまり行く事はない。
しかし、ここは-20mの割と浅く、ブイからもメチャ近いので重宝している。

ずっと1匹だと思っていたのだが、今日はも1匹着いていることに気づいた。(¨;)
ともにかなり小さいけど、ウミウチワが小さく1枚ものなので写真は撮りやすい!!(^^)

基本的に今日のゲストは2人とも完全マクロだったので、3本ともオツセで良かったのだが(笑)、2-3本目は乗り合いだったこともあり、3本目はワイド的なポイントの観音へ。。。
いつもは群れや大物を求めてひたすら流すポイントで、ずっと壁面のソフトコーラルなんかを見ながらウダウダと小物探し。。。(笑)

トゲトサカなんかを丹念に見てたら、初見のウミウサギガイの仲間を結構目にする。。。(¨;)
一時、冬季にホームの一湊タンク下(湾内性のポイント)でウミウサギガイの仲間探しにハマったことがあったが、潮通しの良い外海的なポイントではやはり生息しているウミウサギガイの種類も違う事を実感した。

ヒナコダマウサギガイ(赤タイプ)

ヒナコダマウサギガイ(赤タイプ)

 
ヒナコダマウサギガイ(黄タイプ)

ヒナコダマウサギガイ(黄タイプ)