お宮前フリーク

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.1/お宮前
【水温】 28.2℃/28.3℃/28.2℃
【透明度】 ~30m
【海況】 時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:31-10:27/11:27-12:19/14:11-15:07
【潮まわり】 04:55 206cm 満潮 / 11:34 59cm 干潮 / 18:03 217cm 満潮 / 中潮(月齢:26.5)
【日の出・日の入】 日出05:59 日没18:31

最初、今日は永田エリアへ。。。と思っていたのだが、あまり海況が良くないのでは。。。?という事で、今日も一湊エリアで潜った。

ゲストW氏の希望で1本目と3本目はお宮前へ。

1本目は30m近い透明度だった海も干潮の時間に合わせて白く濁りはじめ、3本目はかなりニゴニゴだった。。。(-_-;)

台風ウネリはどんどん治まってきていて、その影響は弱まってきているような感じがするけど、明日の予報を見ると今日よりも波高が高くなってきてるんだよなぁ。。。(ーー;)

明日ものんびり潜れるといいなぁ。。。


ようやく納得できる黒潮の海に!

【ポイント】 一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 29.4℃/29.5℃/29.9℃
【透明度】 ~40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:18-10:24/11:35-12:26/14:06-15:10
【潮まわり】 08:47 74cm 干潮 / 15:45 187cm 満潮 / 中潮(月齢:24.0)
【日の出・日の入】 日出05:40 日没19:06

この日は一湊でのんびり3本。
とうとう「これぞまさに黒潮!」と十分に納得できるような青さとクリアな海になったー!!(^^)
なぜか黒潮に近い永田よりも透明度がよく明るい!
青々とした海はどこまでも続いていて、透明度は40m以上はある。。。
ただただ中層を漂っているだけでも気持ちがいいくらいだ。
生き物たちも活気に満ち溢れ、「おっ?」と興味が湧くようなシーンも増えてきた。
楽し~い!!!(^^)


季節外れのコブシメの産卵

【ポイント】 一湊タンク下No.3/お宮前/一湊タンク下No.1
【水温】 25.2℃/25.9℃/25.7℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:55-10:53/12:01-13:08/15:00-16:14
【潮まわり】 07:49 229cm 満潮 / 14:30 27cm 干潮 / 中潮(月齢:2.0)
【日の出・日の入】 日出05:27 日没19:20

青空と青い海で群れるツバメウオ。。。
ようやく夏らしい海になってきた。
。。。と言いたいところなんだけど、完全に今年の海の中は季節感が狂ってる!!!(-_-;)
もう7月の下旬に差し掛かっているのに、コブシメの産卵や交接が見られた。

ウスサザナミサンゴの上に6匹くらいのコブシメが集まり(どれもサイズが小さい)、産卵を繰り返しているかと思いきや、交接まで始めやがった!(^^;)
この時期にコブシメのまともな繁殖行動を観察したのは初めてかも。。。
おまけに現在、各ポイント内の水底は海藻のミルで覆われている。
例年なら水温の上昇とともに溶けてしまっている時期なのだが、今年は最近まで水温がなかなか上がらなかったため、いまだに元気に繁茂していて、水中景観がまるで6月。(笑)


時期外れのコブシメの産卵

【ポイント】 一湊タンク下No.3/お宮前/一湊タンク下No.2
【水温】 23.2℃/24.4℃/24.4℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:17-10:05/11:08-12:13/13:56-14:57
【潮まわり】 09:28 225cm 満潮 / 16:05 32cm 干潮 / 中潮(月齢:19.5)
【日の出・日の入】 日出05:21 日没19:24

はい!今日も雨です!(笑)
もう開き直っちゃってます。。。心の中はカビだらけ。。。(・_・;)
相変わらず、水中は暗く、陸上も雨でやや肌寒い状況。
雨でゲストさんのテンションが下がっていると、正直とても気を遣ってしまって疲れるのだが(笑)、明るいゲストさんたちで助かったー!^^;
お宮前ではもはや時期外れなのではないか?と思ってしまうコブシメの産卵が見られた。
2匹のメスが産卵していたのだが、オスはどこにいるんだろ?(・_・;)
今日はカンパチは漁礁で数十匹見かけた程度で、キビナゴはそこそこ群れていたけど昨日のような捕食大戦争は見られなかった。。。


黒潮、接岸近し?

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.2
【水温】 23.9℃/23.2℃/24.8℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:53-10:58/12:06-13:35/14:59-16:29
【潮まわり】 08:44 92cm 干潮 / 14:54 161cm 満潮 / 中潮(月齢:9.5)
【日の出・日の入】 日出05:17 日没19:24

水温はグングン上がっている気がする。(^^)
沖は潮がかなり速く、黒潮が動いているのではないかと期待してしまう。。。
2-3日中に、いや、明日にでも黒潮が接岸するんじゃないかと本気でワクワクしているんですけど。。。(笑)
今日も基本的には曇り時々雨のハッキリしない空模様だったけど、比較的水中は明るくクリアーだった。
1本目のお宮前では時期外れだとも言える、コブシメの産卵が見られた。
警戒心は相変わらず強いけど、メス2匹が交互に産卵していた。
でも周囲には大人のオスが見当たらない。。。^^;
もうとっくに見られていてもいいこの時期の代表的な季節指標種にしているヒレナガスズメダイの幼魚がいまだに見られない。。。
6月に入った頃から、このヒレナガスズメダイの幼魚と同時に見られるカモハラギンポの幼魚はここ数日、よく見かけるようになってきたのに。。。
このまま7月に入っちゃいそうなんだけど。。。(・_・;)


この時期の風物詩、いろいろ。。。

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.2/オツセ
【水温】 24.7℃/25.0℃/25.6℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:11-10:11/11:21-12:24/14:53-15:56
【潮まわり】 04:28 199cm 満潮 / 11:12 52cm 干潮 / 17:27 187cm 満潮 / 中潮(月齢:12.0)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:14

今週末のゲストさんたちはお隣・口永良部島の新岳の噴火で、永田エリアは潜れないかも。。。と思っていたけど、今日の3本目で何とか永田・オツセで潜ることができた。(^^)
海の中は特に変わった様子はなく、一湊エリア同様に海の中は静かな時間が流れていた。。。

P5300117今年もオキザヨリが繁殖期に入った。
数日前から各ポイントのウスサザナミサンゴの一部に壊されたような跡が見られたのでもしや??と思っていたのだが、今日は卵を確認。(ウスサザナミサンゴはオキザヨリの主な産卵床でこの卵を食べるためにゴマモンガラがサンゴを壊す)
産卵後、それほど時間が経っていなかったからか、他のいろいろな魚が卵を貪り食っていた。

P5302341GWの少し前くらいから極小チビが目立っていたタテジマヘビギンポたちはかなり大きくなってきていて、今はこれくらいのサイズの子たちが目立つ。

サンゴの上に無数のタテジマヘビギンポが群がるのはこの時期の風物詩だ。

P5300124コブシメが産卵していた。。超久々。。。^^;

P5301059モンハナシャコも繁殖期に入ってる。
巣穴の中から2匹のモンハナシャコが顔を出した!
産卵中だったのかな?

P53002004月から目立っていたカギケノリは数は少なくなり、その代わりにどの株にも胞子がビッシリ着いてる。。。


なんとかコブシメの産卵は観察できるけど。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3
【水温】 22.0℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:01-12:44
【潮まわり】 09:20 200cm 満潮 / 16:09 17cm 干潮 / 中潮(月齢:4.3)
【日の出・日の入】 日出05:42 日没18:50

今日のゼロ戦

今日のゼロ戦

今日もスタッフのお勉強ダイビングに付き合ってゼロ戦へ。。。
透明度が一気に下がって、迷いそうなのでゼロ戦まで泳ぐのも気が抜けない感じ。。。^^;
いつもはスタッフを気にせず、ガンガン泳ぐのだけど、今日はさすがに彼女がはぐれやしないかとしょっちゅう後ろを気にしてた。(笑)

小さなコブシメのメスが産卵してた。。。

小さなコブシメのメスが産卵してた。。。

ホームの一湊タンク下のウスサザナミサンゴ群体周辺ではいつもコブシメ自体は4-5匹見られ、サンゴの隙間に産卵もしているようなんだけど、警戒心が強く近寄るとスグに逃げてしまう。

そんな中、単独で産卵していたこの小さめのメス(通常はオスが産卵を見守る)だけがまったく逃げず、じっくり産卵を観察させてくれた。(^^)

すぐ近くには巨大なオス・メスのペアもいたんだけど、こちらは逃げまくり。。。(・・;)
これまで産卵中のコブシメはまったく逃げないものだったのに、今年は近寄ることもできない。。。

下はその産卵を撮影した50秒の動画です。


香附子もダメか。。。(・・;)

【ポイント】 香附子
【水温】 23.0℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:27-12:05
【潮まわり】 08:44 213cm 満潮 / 15:25 1cm 干潮 / 中潮(月齢:3.3)
【日の出・日の入】 日出05:43 日没18:49

香附子の美しいミドリイシサンゴ類の群体

香附子の美しいミドリイシサンゴ類の群体

GWに来島するお客様にコブシメの産卵をリクエストされているのだが、今年も昨年に続き、今ひとつ低調な感じ。
卵は見られ、産卵はしているようなのだけど、近づくとみんな逃げてしまうほど警戒心が強く、なかなか産卵が見られないのだ。
いつも入っているようなポイントでは満足にリクエストに応えられないような気がしてきたので、数年前に大規模な産卵が観察されたビーチポイント・香附子の様子を見てみることにした。

行ってみるとコブシメどころか卵さえも見当たらない。。。(・・;)
ようやく産卵場所であるミドリイシサンゴの一角にいくつか卵が産み付けられているのを見つけたけど、コブシメは待てども待てどもやってこなかった。

コブシメはまったくいなかった。。。(・・;)

コブシメはまったくいなかった。。。(・・;)

かろうじて見つけたコブシメの卵

かろうじて見つけたコブシメの卵


こうなると香附子というポイントは他に特別見所がないため、今日はほとんど写真を撮らずにエクジット。。。

う~ん。。。ヤバイなぁ。。。今年もコブシメの大産卵どころかただの産卵さえも危ないかな。。。^^;
あとはよく大産卵が見られていたボートポイント・お宮前の状況を見たいのだけど、ゲストがいないので全然チェックできない。。。(笑)

カギケノリ

カギケノリ – TG-3で撮影

エントリーしてスグにベニシボリの卵と本体が。。。

エントリーしてスグにベニシボリの卵と本体が。。。



旦那を家から追い出そうとするクマノミの鬼嫁。。。(・_・;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 23.2℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 15:05-16:59
【潮まわり】 05:09 202cm 満潮 / 11:24 41cm 干潮 / 17:26 208cm 満潮 / 中潮(月齢:26.7)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:45

9日前の4月7日に今季初観察した3ヶ所のクマノミの卵はどこも順調に成熟していて、今では透明感が出てきていて稚魚の目玉もクッキリ見え始めた。
子(稚魚)の目玉が見え始めると、クマノミの卵守りも俄然、写真映えしてくる!
なので、個人的に卵絡みの生態写真は大好きで、毎年のように飽きずに同じような写真を撮り続けている。。。しかも同じような写真を。。。^^;

卵の世話をする-10m地点に棲むクマノミ

卵の世話をする-10m地点に棲むクマノミ

卵の世話をする-8m地点に棲むクマノミ

卵の世話をする-8m地点に棲むクマノミ


動画でも撮ってみた。
卵を甲斐甲斐しく世話するクマノミ夫婦です。

「一湊タンク下」の-8m付近にある小さなシライトイソギンチャクに棲むクマノミの夫婦は、今年、完全にペアが入れ替わった。(雌雄のどちらが入れ替わったのかは不明)
周辺のクマノミたちがどんどん今年最初の産卵を済ませていく中、この新しいペアはなかなか産卵をしないどころか、この動画のようにしょっちゅう夫婦喧嘩していて(当然、嫁さんの方が強い!(笑))、とても産卵するような仲睦まじい夫婦には見えない。。。^^;

以下はクマノミのメスがオスを威嚇する様子を撮影した20秒の動画。
途中、カツカツと大きな音が頻繁にしますが、これはメスが発する威嚇音。

-12m付近にあるウスサザナミサンゴでは4匹2ペアのコブシメが産卵しているようで、オス同士の喧嘩も見られたんだけど、産卵がなかなか見られない。
今年のコブシメたちは警戒心が強く、サンゴの前で待っていると、全然寄ってこないのだ。。。
これまではそんな事はなかったので、ちょっと驚いている。

今年もGWのコブシメの産卵は低調で推移しそうな予感が。。。(・_・;)


ようやくコブシメの産卵を観察。。。^^;

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 23.6℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:20-10:58
【潮まわり】 07:43 209cm 満潮 / 14:08 13cm 干潮 / 中潮(月齢:16.7)
【日の出・日の入】 日出06:01 日没18:39

とうとう水温が24℃台まで上がった!(・_・;)
この時期で24℃近くまで水温が上がるのはかなり珍しく、嬉しい半面、反動で下がった時が怖い。。。
というか、黒潮の完全接岸までは、また水温は下がることは間違いないだけに、手放しで喜べないのだ。(笑)

今日もアヤニシキの仲間を定点観察。
今日も胞子の放出は見れなかったけど、いろいろ分かって面白い。(^^)

A地点&B地点、3日間の様子

A地点&B地点、3日間の様子

全体的に紫色の嚢果はかなり少なくなってきたなぁ。。。と感じたのだが、この感覚は間違っていなかったようだ。
昨日同様にAとBの2箇所の定点観察枠を写真に撮ってみると、B地点では昨日は濃い紫色で胞子がパンパンに入っていた嚢果が、この24時間で一気に3つも白くなっていた。(つまり、胞子を放出してしまった)

一昨日に一応、胞子の放出が見られたA地点は海藻の葉が破れてしまい、奥にある胞子嚢が無くなってしまったのだが、手前の3つはすべて胞子を放出してしまったようだ。

また、放出が見られたA地点の一番右側の嚢果は未だに依然として赤味を帯びていることから、胞子放出後はこんな感じで白というか、赤味を帯びて見えるものらしい。。。
B地点の放出済みの嚢果でも、同様に赤味を帯びたものがいくつか見られたし。。。

ヤバイ。。。!!!どんどん紫色の胞子嚢が少なくなっていく!!!(・_・;)
まだまともな放出を見てないのにぃーーーーー!!!!

明日はちょっと時間を遅くして潜ってみようか。。。(朝は弱ので早朝は避けようと必死!(笑))

コブシメはかなり前から産卵期に入っており、産卵床であるウスサザナミサンゴには産み付けられた白い卵が沢山見られる。
しかし、どういうわけか産卵自体は未だに見ておらず、何度か産卵中のペアには出会っているのだが、どいつもこいつも警戒心がメチャ強く、近づいただけで逃げてしまう。
今日はようやく小さなメスが産卵するのを観察できたのだが、相方のオス(巨大!)はずっと遠くから様子をうかがっているだけで、まったく産卵を見守る様子はなかった。(・_・;)
う~ん。。。今年もコブシメの産卵は低調なまま終わりそうで怖い。。。


なに。。。この濁りっぷりは。。。(・・;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 21.4℃
【透明度】 5m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 14:45-16:38
【潮まわり】 04:52 83cm 干潮 / 10:33 180cm 満潮 / 17:31 35cm 干潮 / 小潮(月齢:5.7)
【日の出・日の入】 日出06:14 日没18:32

今日はエントリーして急に透明度がガタ落ちしていて驚いた。。。(・・;)
汚い浮遊物(注:浮遊生物ではない)がいっぱい浮きまくっていて、透明度は10mを完全に切ってる。。。
水の色ももう少しで「緑」と言ってもいいくらい。

屋久島は急に変な潮が入り込み、激変することも多いのだけど、さすがに前日まではそこそこ抜けていたので驚かされる。

今日は最初に定点観察中の胞子嚢付きのアヤニシキをチェック。
前回の成熟気味の胞子嚢はすでに胞子を放出した後なのか、消えていた。
他の胞子嚢はまだまだ未成熟状態だった。

繁殖期に入ったばかりの頃はくわえている卵も少量

繁殖期に入ったばかりの頃はくわえている卵も少量

テンジクダイ類の中でも最も早く繁殖期を迎えるアオスジテンジクダイが繁殖期に入ったようだ。
みんな雌雄のペアを組み始め、ほとんどのオスが口に少量の卵をくわえ始めていた。

ただ、毎年のことなんだけど、この繁殖期始めの頃は口内保育中の卵はメチャクチャ少量なので、写真に撮るのはなかなか難しい。
卵が少ないため、たいていは口を閉じていて、卵を見せてはくれない。
定期的にくわえ直す時を狙って何とか撮れたけど。。。

メスの産む卵の量は水温に左右されるのか(つまり低水温では卵も少なめ)、それとも一番最初の1回めは高水温の海域でもこんな感じで少ないものなのだろうか。。。

今にも産卵しそうなアオスジテンジクダイのペア

今にも産卵しそうなアオスジテンジクダイのペア

まだオスが卵をくわえていないペアのうち、今にも産卵しそうなペアがいたので、後半はずっとこれに張り付いた。
でも、やっぱりなかなかやらないのがテンジクダイ類の産卵だ。
そのうちに寒くなってきて、耐えられなくなってきた。。。^^;

コブシメの卵

コブシメの卵

コブシメもとっくに繁殖期に入っていて、こんな感じで卵は大量に見られるのだが、今年はまだ産卵を見れずにいる。
というか、そもそもコブシメ自体をあまり見かけない。
いったい、この卵、いつ産んでるんだろ。。。?

部分白化が多く見られるウスサザナミサンゴ

部分白化が多く見られるウスサザナミサンゴ

一湊タンク下には、このコブシメが産卵するウスサザナミサンゴの大群落があるのだが、ここ最近、こんな感じで部分的に白化した状態が点在していて、遠くから見るとなんかペンキで塗ったかのように見え、目立っている。。。
病気かな?

部分的な白化なので、全体を見ると斑状になっていて、まさに病的な感じ。。。
これ、白化部分が大きくなって、サンゴ群体全体がやられたりしないのだろうか?
うーん。。。ちょっと心配だなぁ。。。


今年初めての「冬ならではの大時化」

【ポイント】 元浦
【水温】 22.0℃
【透明度】 10m
【海況】 大時化
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:33-12:54
【潮まわり】 09:28 83cm 干潮 / 15:35 199cm 満潮 / 若潮(月齢:9.6)
【日の出・日の入】 日出06:57 日没17:16

2つ玉低気圧の北上で、昨日から北西の冷たい強風が吹き、一湊湾内は大時化だ。
まさに「冬ならではの大時化」!
一湊湾内は台風接近時のような時化っぷりで、余裕で潜水不可能。。。
風裏になる元浦も小波が打ち寄せ、潜れないことはないけど、あまり状況は良くない感じだった。

今日は1日だけ潜りたいというゲストさんがいたのだが、状況を説明したところ、潜れる限りは1本でもいいから潜りたい!と言うので、元浦で1本だけ潜った。
思いの外、揺れはあまりなかったけど、やっぱり透明度はイマイチで、なんといっても水温が低いっ!
元浦は浅いのでこうした冷たい北西の風が吹くと、思い切り冷やされ、全体的に水温はかなり下がってくる。。。

今日のようなゲストさんがカメラを持っていない日でも写真付きのブログを書くことができるように、最近コンデジのTG-3を持って入るようになったのだが、当然メインは撮影ではなくガイド。(笑)
なので、モードは常に水中ワイドのストロボ発行禁止で撮るわけだが、ささっと適当にシャッターを押してもそこそこ撮れているのには驚くけど、やっぱり水中モードの色味ってなんか不自然なんだよなぁ。。。^^;

今日はよくコブシメに出会った。
最初に若い個体に出会ったかと思いきや、大きなメス、そして最後は老成のオスに出会った。
元浦では普段あまりコブシメには出会わないのだが、この辺でも産卵しているのだろうか。。。?


ヤバい。。。孵化させちまった。。。反省。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 25.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 14:09-16:20
【潮まわり】 09:38 65cm 干潮 / 16:16 186cm 満潮 / 中潮(月齢:10.8)
【日の出・日の入】 日出05:22 日没19:23

今日もゲストなしで午後から1人で海へ。。。

台風8号が近づいており、風も徐々に強まってきてはいるけど、風裏の一湊は依然としてベタ凪ぎだ。
今日は変なウネリもなく至って静かな海だった。

先日、ガイド中にウスサザナミサンゴの上に出ていたコブシメの卵(多分、ゴマモンガラがオキザヨリの卵を食べるためにサンゴをぶっ壊した拍子に外に出てしまったのだろう。。。)を観察していたら、思いがけず孵化を観察できてしまった事があった。(⇒コブシメのハッチアウト

卵の中でスクスク育つコブシメの赤ちゃん

卵の中でスクスク育つコブシメの赤ちゃん

それ以来、それまであまり興味がなかったコブシメの孵化間近の卵を観察&撮影するために、しょっちゅうウスサザナミサンゴを覗いている。
産んだばかりの頃の卵は真っ白く中は見えないのだが、孵化間近の卵は透明で卵の中にハッキリとコブシメの幼体がスクスクと育っているのが分かる。
それはまるで球体の揺りかごの中で守られながら眠る赤ちゃんのようで、これは絵になる!!と思い、最近は機会があるごとにコブシメの卵にカメラを向けていた。

しかし、コブシメの卵は基本的にウスサザナミサンゴの奥深くに産み落とされるため、なかなか撮影は厳しい。。。
いくつもいくつもウスサザナミサンゴを見て回り、まずは撮りやすい卵を探すのだが、そんな卵はめったにお目にかからない。
なので1度撮りやすい卵を見つけると、毎日その卵ばかりをチェック&撮影することになる。。。(^^;;
そうすると自然とコブシメの発生過程が分かってきた。。。(笑)

脚が出ている真ん中辺りに卵黄?

脚が出ている真ん中辺りに卵黄?

卵の殼は透明になっても、まだ未成熟のコブシメは体の真ん中辺りから弁のようなもの(卵黄?)がぶら下がっており、全体の形も成体のそれとはちょっと違う。。。
定点観察中の卵も最近まではそんな状態だったのだが、ここ2-3日はその弁のようなものが消えてだいぶコブシメらしい形になってきていた。

カメラのファインダーを通して見る卵の中の幼体はピクピク動いていて生きている事を実感できる。
そんな感じでバシバシ、ストロボを当ててシャッターを切っていたら。。。出ちまった!(;゚Д゚)
撮影圧にかなり刺激を受けてしまったのだろう。。。孵化してしまった。。。ヤバい。。。
そう思いながらも連写すると、あっという間に外に出てきた。

ヤバい!出てきた!!(・。・;

ヤバい!出てきた!!(・。・;

孵化したコブシメの赤ちゃん

孵化したコブシメの赤ちゃん


多分、自然状態でのハッチアウトは転石下のイカと同様に日の出とともに差し込む光に刺激を受けて起こるのではないかと思っているのだが、撮影による光が孵化を促してしまったのかもしれない。

昨日までもかなり執拗な撮影をしていたのだけど、体から弁のようなもの(卵黄?)がぶら下がっている未成熟の頃はもちろん、これが目立たなくなってきた一昨日、昨日もそんな事はなかったのに。。。
う~ん。。。執拗な撮影&観察をちょっと反省。。。

でも、出てきた幼体はかなりしっかりした子だった。
自然状態での孵化がいつだったのかは分からないけど、もう外見は成体がそのまま小さくなったような感じの子だった。
このまま元気に大人になってくれるといいけど。。。

孵化したばかりのコブシメの赤ちゃん

孵化したばかりのコブシメの赤ちゃん

孵化後のコブシメの卵(抜け殻)

孵化後のコブシメの卵(抜け殻)


今日は他にミナミフトスジイシモチのオスがお腹の大きなメスに求愛していたので、しばらくそれを観察した。
でも、産卵には至らなかった。。。

求愛を受けている間のミナミフトスジイシモチのメスは変な体色だったので、最初は未知のテンジクダイかも!!と興奮して撮影していたのだが、色がさめてしまうと普通にミナミフトスジイシモチだった。。。(笑)

求愛を受けている間のミナミフトスジイシモチのメス

求愛を受けている間のミナミフトスジイシモチのメス

ミナミフトスジイシモチのメス(通常色)

ミナミフトスジイシモチのメス(通常色)


Theキツネウオの幼魚

Theキツネウオの幼魚

今日はずっと浅場でウダウダ水底を這っていたのだけど、ようやくナガサキズズメダイやヒレナガスズメダイの幼魚が増えてきたことを実感できた。
こうした幼魚出現が例年に比べてやや遅い魚もいれば、例年通りの魚もいる。
例えば、イロブダイの極小チビやTheキツネウオの幼魚なんかも目立ってきているのだが、これは例年通り。

今日のジョーの卵

今日のジョーの卵

最後に定点観察中のジョーフィッシュの卵をチェック。
昨日よりはやや黄色い部分(卵黄)が小さくなってきたけど、まだまだ孵化しそうな感じはない。。。
ちょうど、週末のゲストさんたちが来島時に重なってくれるといいのになぁ。。。(・。・;


台風ウネリじゃなくて黒潮?!

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 25.6℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり時々晴れ
【潜水時間帯】 14:14-17:04
【潮まわり】 08:29 81cm 干潮 / 14:57 173cm 満潮 / 若潮(月齢:9.8)
【日の出・日の入】 日出05:21 日没19:23

今日はゲストなし。
台風8号が近づいており、今日は早くもフェリーが欠航して、スーパーなんかは商品棚がスカスカ状態。(^^;;

一湊の漁船も早くも台風つなぎをしてしまった。

しかし、お店から見る北側の海はとても静かで宮之浦にいる限りは台風の接近を感じさせない。
屋久島は広いので、南に住んでいる人間と北に住んでいる人間とでは、多分、台風に対する温度差がかなりあるのではないだろうか。。。?(笑)

ホームの一湊は当然、凪ぎなので午後から1人で海へ。
エントリー前に同業者と話したら、午前中は変な厚いウネリが時折入り込んでいるという。。。
台風ウネリにしては北部に回り込むのがちょっと早過ぎるなぁ。。。と思っていたら、沖の方が青々としていてクリアーだったらしい。
どうも黒潮の急激な寄りによるウネリ臭い。

やったー!!黒潮接岸!!
と期待してエントリーすると、昨日までと同様に白く濁った、とても黒潮の海とは思えない状態だった。
マジか。。。(・・;)
代わりにウネリも最初だけで、後半はほとんど揺れもないベタ凪ぎの海だった。(^^;;

アカメハゼの幼魚

アカメハゼの幼魚

昨日ガイド中に今季初観察したアカメハゼ。
屋久島では基本的には死滅回遊魚で、毎年この時期になると数匹がいつも同じサンゴに着く。
ある程度までは成長するのだけど、水温が下がってくると一気に姿を消してしまう。

今回も毎年彼らが着くサンゴに超小さな幼魚が2匹着いていて、前半はずっとこれに刺さってた。
まだ幼魚のうちはサンゴへの依存度も低く、ちょっと近づくとどんどんサンゴから離れていくので撮りにくい!!(・・;)

今日の抱卵中のジョーの様子

今日の抱卵中のジョーの様子

今週末のゲストさんから可能ならジョーのハッチアウトが見たいというので、ちょっと真面目に卵をくわえたジョーをチェックしてみた。
今年はまったくジョーはチェック&観察していなかった事もあって、昨日ようやく卵をくわえたジョーを今季初観察した。
そいつの卵をじっくり見てみると、まだ黄色味が残るけど、すでに稚魚の目玉が出始めていて、上手くすれば今週末にハッチしそうな感じ。。。(^^)

多分、孵化が近いと思われるコブシメの卵

多分、孵化が近いと思われるコブシメの卵

最後は孵化しそうなコブシメの卵を探しまくった。
すでに幼体の体がしっかり出ている卵は沢山あったけど、どれもまだハッチまで数日はかかりそうな未成熟な子(足がまだ不完全で弁(=卵黄?)のようなものが体から出ている)ばかり。。。
いくつか、完全に成熟し、一両日中にハッチしそうな卵もあったけど、ライトを当てていても卵の中で蠢くだけで出てくる様子はまったくなかった。。。(^^;;


コブシメのハッチアウト

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.2
【水温】 21.2℃/22.4
【透明度】 ~5m
【海況】 凪ぎ
【天候】 豪雨
【潜水時間帯】 11:25-12:27/15:19-16:22
【潮まわり】 08:11 80cm 干潮 / 14:26 177cm 満潮 / 小潮(月齢:23.3)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:23

今日は朝から土砂降りの雨!!
おかげで一湊湾内はまっ茶色に染まり、1本目の一湊タンク下はともかく2本目なんて透明度は5m以下まで落ち、真っ暗。。。ナイトダイビングだ。。。(・・;)

しかし、川からの土砂の影響による透明度の悪さは別にして、昨日までのニゴニゴの潮はなくなったようで、1本目のまだ茶色い水に染まっていなかった一湊タンク下はそこそこ抜けていて綺麗だった。

明日も大雨は続くようで、透明度がかなり心配。。。
海自体はベタ凪ぎなんだけどね。(^^;;


青~い!!!!(*^▽^*)

【ポイント】 春田浜タイドプール/一湊タンク下No.3/お宮前/一湊タンク下No.1
【水温】 -℃/23.9℃/24.4℃/24.3℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:30-10:30/11:47-12:40/14:07-15:17/16:18-17:25
【潮まわり】 09:54 63cm 干潮 / 16:08 185cm 満潮 / 若潮(月齢:24.9)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:10

この日は飛行機の1便で来られるゲストさんを待つ間、Kさんとタイドプールへ。。。
最干潮の2時間前に行くとすでにいっぱいに引いていて、天気も最高!!(^^)
状況は良いんだけど、さすがに朝早過ぎると酸素バブルの放出はやや少な目。。。
かなり楽しかったようで、明日も行きたい!!とリクエストされた。(^^;;

飛行機の1便で来られたNさんは1泊の弾丸ツアーだったので、ここから一湊エリアで3本潜った。

いや~海が青い!!!!
確実に黒潮が寄ってきているようで、やや潮が速いけど、透明度もグッと上がり、水温は24℃を超えた。

それはともかく海が青い!!!
真夏の状態とほぼ同じくらいの青さで浮いているだけで気持ち良かった。(^^)


ついにアンボンスズメダイの成魚が!!(・・;)

【ポイント】 一湊タンク下No.3/お宮前/一湊タンク下No.3
【水温】 21.7℃/21.5℃/21.9℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 10:40-11:38/13:19-14:32/15:47-16:36
【潮まわり】 04:26 194cm 満潮 / 10:59 54cm 干潮 / 17:07 185cm 満潮 / 中潮(月齢:11.9)
【日の出・日の入】 日出05:26 日没19:02

今日は愛媛からお越しの同業者Tさんたちの最終日。。。
初日に見れなかったコブシメの大産卵を狙って、再び、お宮前にエントリーしたけど、この日も大産卵は見られなかった。。。(・・;)
ただ5-6匹はサンゴ周辺にいて、そのうちの1ペアは産卵を繰り返していた。

ゼロ戦ではずっとヒレナガカンパチの若魚群れが回っていた。
おかげでフタイロハナゴイのチビなどを撮っていたマクロの2人にとってはいい迷惑!!(笑)
ヒレナガカンパチたちのせいで、恐れおののいた小魚たちはみ~んなゼロ戦のフレーム内に隠れてしまった。。。(^^;;

今日は大きな出物があった!(^^)
アンボンスズメダイの成魚がついに屋久島でも見られた!!!
前に幼魚は出たことがあるのだが、まさか成魚もいるなんて!!(・・;)
国内では西表島など八重山諸島周辺で稀に見られる程度だと聞いているので、多分間違いなく北限だろう。。。
すげ~!!!屋久島!!!


終わらないコブシメの交接

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前
【水温】 22.2℃/22.6℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:02-10:35/11:59-12:55
【潮まわり】 05:32 114cm 干潮 / 10:40 161cm 満潮 / 17:43 64cm 干潮 / 小潮(月齢:6.9)
【日の出・日の入】 日出05:30 日没18:59

昨日はGW後半のゲストさんたちの移動日で、僕は北海道からのゲストさん2人をつれて、のんびり2本潜ってきた。。。(^^)

いや~昨日はさすがにエロかった。。。
お宮前のコブシメは相変わらず大産卵は見られなかったが、しばらくするとペアがやってきて交接を始めた。

上手く精子のカプセルが渡せないのか、組んで離れてを繰り返していたのだが、その間メスはずっといやらしく股を広げ続け、もうやる気満々。(笑)

なかなか交接が完了しないのは多分、オスに問題があると見た!
メスは完全に受け入れ体制が整っているのだが、オスがまだっぽい。
(そもそも今回、最初に誘っていたのはメスの方だし。。。(^^;;)

オスは多分、あまりその気になっていないのだが、誘われるから仕方なく組んでいるように見える。(笑)

あまりにも長時間、そんな事を繰り返していたので、結局、無事に精子カプセルが渡されて産卵できたのかよく分からないまま、エクジットしなければならなくなってしまった。。。(・・;)

さらにはずっとゲストさんとこれを見ていたので、お宮前のメインエリアである-20m付近には結局下りることなく終わってしまった。。。(笑)

いや~しかし、マジでいやらしかったなぁ。。。エロ過ぎる。。。(・・;)


幻想的な巨大流れ藻の下

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.3/一湊タンク下No.1
【水温】 22.9℃/22.9℃/24.2℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:36-10:45/11:58-13:01/15:13-16:30
【潮まわり】 09:16 190cm 満潮 / 16:09 33cm 干潮 / 中潮(月齢:4.9)
【日の出・日の入】 日出05:31 日没18:57

2日前のゲストさんの写真です!

この日はGW後半のゲストさんたちの2日目。
一湊エリアで2本潜った。
天気も良くて、水中もGW前半に比べるとやや明るい感じだ。

この3日間のゲストさんたちとは事前にFacebookのメッセージでいろいろとやり取りしていたのだが、「GWのイチオシはコブシメの大産卵です!」などと言っていたにも関わらず、結局、コブシメの大産卵は2日連続でやっていなかった。。。(・・;)
す、すみません。。。ウソついてしまった!!(笑)

でも先日、お宮前に流れてきた超巨大流れ藻の下に差し込む太陽光が何とも幻想的で美しく、これはさすがに僕も撮りたい!!と思ってしまった。。。
明日も残ってるかな?(^^;;

流れ藻は黒潮が洗う屋久島のこの時期を象徴する被写体だ。


初日からタイドプールへ!!(笑)

【ポイント】 お宮前/春田浜タイドプール
【水温】 23.2℃/26.5℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 12:01-13:15/15:00-17:20
【潮まわり】 08:42 202cm 満潮 / 15:31 18cm 干潮 / 中潮(月齢:3.9)
【日の出・日の入】 日出05:32 日没18:57

一昨日はGW後半の1日目。

ゲストさんがガラリと入れ替わって、後半はみんなフォト派の方々。
事前にタイドプールをリクエストされていたのだが、天気・潮周りどれをとっても到着後の初日がベストと判断し、いきなり2本目はタイドプールへ。。。(^^;;

久々のタイドプールは潮汐的にはバッチリで、いい感じ!
緑の海藻も多かった。
しかし、やや時間が遅かった事もあり(太陽光が斜めに差し込む夕方。。。)、海藻から放出される酸素の気泡がイマイチ小さかったかな。。。(・・;)

ロウソクギンポはまだ繁殖期には入っていないみたい。

タイドプールはこれからの季節、どんどん面白くなっていきそう♪

アッ、そうそう!
もうオイランヨウジが抱卵していた。


超巨大流れ藻来襲!!

【ポイント】 お宮前/お宮前/一湊タンク下No.3
【水温】 23.4℃/23.3℃/23.1℃
【透明度】 15m/15m/15m
【海況】 やや時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:55-12:03/13:32-14:44/15:52-16:30
【潮まわり】 08:10 212cm 満潮 / 14:55 6cm 干潮 / 中潮(月齢:2.9)
【日の出・日の入】 日出05:33 日没18:56

昨日はGW前半のゲストさんたちの最終日。
ずっと曇り空でやや肌寒かった日が続いていたけど、最終日は晴れて海もかなり面白かった!!(^^)

2日前の初日に見れなかったコブシメの大規模産卵は7-8匹程度とは言え、ようやく見れて、喧嘩・交接・産卵とかなり楽しめた。

このコブシメの繁殖行動を観察していると、突然水中が真っ暗に!!(・・;)
水底から水面を見上げてみると、サッカーコート1つ分くらいはありそうな大きな大きな超巨大流れ藻がお宮前に流れ着き、水面を覆い尽くしてしまった!!

その下には大量のブリの子供たちがついていて、流れ藻がコブシメの産卵するサンゴの真上に流れ着く頃には群れごと水底付近に降り、視界が一面ブリの子供たちで覆いつくされてしまった。。。(◎_◎;)

そのまま流れ藻は岸に漂着し、ブリの子供たちは藻の下を離れ、外へ。。。
大きなブリ玉をつくって渦巻いていた。。。スゴイ光景だった。。。(・。・;

流れ藻とはいえ、ここまで大きいと迫力がかなりあり、自然のスケールの大きさを嫌でも感じさせられる。。。


今年はアカウミガメの産卵が低調??

【ポイント】 ヨスジ漁礁/オツセ/オツセ
【水温】 23.3℃/23.0℃/23.1℃
【透明度】 15m
【海況】 やや時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:32-10:25/11:37-12:41/14:34-15:30
【潮まわり】 08:10 212cm 満潮 / 14:55 6cm 干潮 / 中潮(月齢:2.9)
【日の出・日の入】 日出05:33 日没18:56

昨日のゲストさんの写真です。

昨日は永田で3本。
晴れの予報が外れ、1日中厚い雲に覆われやや肌寒い1日だった。
海も昨日同様にやや時化気味で、水中も白く濁ってやや暗い。。。(^^;)

1本目は毎年この時期、産卵するアカウミガメが日中よく寝ているヨスジ漁礁に行ったのだが、今年は未だにアカウミガメがまったく寝ていない。。。
昨年の5/1はすでに4-5匹の産卵疲れのアカウミガメたちが寝ていたのだが、今年は何かちょっと遅いような気がする。。。


またまた、まさかのコブシメ・ゼロ。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 23.4℃/23.3℃/22.1℃
【透明度】 ~15m
【海況】 やや時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:33-10:41/11:58-12:45/15:00-15:55
【潮まわり】 07:07 221cm 満潮 / 13:43 -5cm 干潮 / 大潮(月齢:0.9)
【日の出・日の入】 日出05:35 日没18:55

昨日のゲストの写真です。
昨日はGW前半のゲストさんたちの1日目で、一湊エリアで3本。
低気圧の通過後の西風がやや強く、一湊湾内はやや時化気味。。。

今一番のおススメはお宮前のコブシメの大産卵なのだが、また外してしまった。。。(・・;)
先日に引き続き、前日は大産卵が見られたのに、翌日は1匹もいない!パターン!!
コブシメは何日もかけて産卵するので、通常は一度産卵が見られると、しばらくはそこで見られ続けることが多いのだが、なぜか1匹もいない。。。(・・;)

代わりに一湊タンク下で1匹のメスが産卵しているのを観察。
近くにはオスがおらず、メス単体で産卵していた。(笑)

明日、またお宮前に行くけど、明日は無事に大産卵が見られるのだろうか。。。非常に不安。。。(^^;;


昨日の1匹もいない状態はいったい。。。?(・・;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1/お宮前
【水温】 22.6℃/22.9℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:23-10:26/11:33-12:34
【潮まわり】 06:02 216cm 満潮 / 12:30 8cm 干潮 / 18:46 221cm 満潮 / 大潮(月齢:28.3)
【日の出・日の入】 日出05:37 日没18:53

今日も常連Kさんとマンツーマンの予定だったのだが、急遽もう1人加わって、またお宮前に。。。
昨日はなぜかウスサザナミサンゴの上に1匹もいなかったコブシメが、また復活してた!!
昨日の1匹もいない状態はいったい何だったんだろうか。。。?(・・;)

水温の低い冬季は蓋を固くしめてしまうのでめったに出会わないジョーフィッシュも、最近は蓋を開けて活発に外に出る子が目立ってきたり、1つのポイント内で様々な成熟ステージのクマノミの卵が見られるようになってきたりと、海の中の季節は確実に変化してきている。(^^)


コブシメが1匹もいないっ!(・・;)

【ポイント】 お宮前
【水温】 22.3℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 10:31-11:31
【潮まわり】 05:27 208cm 満潮 / 11:51 23cm 干潮 / 18:03 213cm 満潮 / 中潮(月齢:27.3)
【日の出・日の入】 日出05:38 日没18:53

GWの2日目。(相変わらず屋久島はそんな感じがしないけど。。。)

今日も常連Kさんとマンツーマン。
Kさんは昨日、お宮前でコブシメの大産卵が見られたにも関わらず、悲しい事にマクロレンズをつけていたので(笑)、今日はワイドでまたまたお宮前に。。。

しかし。。。
何と今日は1匹もいなかった!!!(・・;)
昨日は11匹もサンゴの上に集結し、かなり激しかったのになぜか今日はゼロ!
コブシメは何日かに渡って産卵を続けるものなので、まさか1匹も見られないとは想像していなかったので2人して大ショック!

昨日も午後だったし、今日も午後だったら見られるかな。。。と午後にリベンジを考えていたけど、Kさんは耳が抜けないという事で今日は1本で終了。。。(^^;;


今年のコブシメの産卵は当たりかも。。。(^^)

【ポイント】 一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 23.1℃/23.0℃
【透明度】 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:34-12:16/14:07-15:12
【潮まわり】 04:49 198cm 満潮 / 11:09 43cm 干潮 / 17:16 200cm 満潮 / 中潮(月齢:26.3)
【日の出・日の入】 日出05:39 日没18:52

今日はちょっと風が強かったけど、一湊湾内は風裏となりベタ凪ぎ、天気も最高に良くてまさにダイビング日和だった。
水中もまた黒潮が接岸しているようで、夏のような青々とした海!!!(^^)
水温もまた23℃台に乗った。

にも関わらず。。。

世間ではゴールデンウィークに突入したようなのだが、今日の屋久島は至って静か。。。(^^;;
ダイバーなんてほとんどいない。
うちも常連さんとマンツーマンで2本。(笑)

今年は予想通り、コブシメの産卵が当たり年になりそうだ。
お宮前の狭いウスサザナミサンゴの上で11匹のコブシメがひしめき合い、産卵、喧嘩、交接、略奪などが一度に見られる状態。。。!
昨年は完全に外れ年だったので心配していたのだが、今年はまた復活したみたい。(^^)

ゼロ戦ではイザヨイベンケイハゼが産卵していた。
そこにはしょっちゅうフタイロハナゴイやケラマハナダイが入り込むので落ち着いて産卵できないと思われます。。。(笑)


間女???

【ポイント】 一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 20.6℃/20.6℃/20.4℃
【透明度】 20m→5m
【海況】 時化
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:39-10:25/11:28-12:14/13:30-14:24
【潮まわり】 07:40 219cm 満潮 / 13:49 16cm 干潮 / 大潮(月齢:0.8)
【日の出・日の入】 日出06:43 日没18:17

今日は永田に行く予定だったのだが、北の風の影響を受けてクローズ。
仕方なく今日も一湊湾内で昨日とほとんど同じポイントを潜った。
最初は凪ぎていた一湊湾内も、次第に時化始め、最後の1本などは-20m近くてもウネウネで砂などが舞い散り、昨日までの高透明度が嘘のように濁ってしまった。。。エクジット間際なんてかなり大時化。。。(・・;)

お宮前では相変わらずコブシメの産卵が見られ、2匹のオスも相変わらず大喧嘩に余念がない。

昨日と違ったのは小さな若いメス体色の子が参入した事だ。
最初は産卵中のメスにちょっかいを出していたので間男かと思っていたのだが、体色はメス。

産卵しようと必死にサンゴに向かおうとするメスに、そのチビはしきりに干渉していて、メスをサンゴに行かせない(=産卵させない)ようにしきりに邪魔していた。
そのメスはたまらなくなって卵を途中で吐き出してしまった。。。!(・・;)


コブシメの繁殖関連行動が日増しに激しく。。。

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.3/一湊タンク下No.1
【水温】 20.9℃/20.9℃/20.7℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:30-12:16/13:28-14:21/15:21-16:11
【潮まわり】 07:07 214cm 満潮 / 13:10 28cm 干潮 / 大潮(月齢:29.2)
【日の出・日の入】 日出06:44 日没18:16

常連ゲストのNさんがお友達を連れて来てくれた。(^^)

昨日までそれほど悪くなかった天気も今日は朝から真っ黒い雲に覆われて暗い感じ。。。
でも海は依然として透明度は良く、水温も21℃台をキープしている。

Nさんは今日からイチデジ・ユーザーだ。
これからますますダイビングにハマっていくに違いない。。。(^^;)

今日もお宮前ではコブシメの産卵が見られた。
コブシメの繁殖関連行動が日増しに激しくなっている。
オス同士の喧嘩も盛んに見られるようになってきた。


久々の35mmフルサイズ

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 21.7℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 14:45-16:24
【潮まわり】 05:09 178cm 満潮 / 10:57 83cm 干潮 / 16:35 188cm 満潮 / 中潮(月齢:26.2)
【日の出・日の入】 日出06:47 日没18:14

今日は今週末に来島予定のゲストさんが購入したD610のテスト撮影をするために午後から海へ。。。
35mmフルサイズでの撮影は10年以上前のフィルム時代以来のことだ。(^^;;
久々にのぞく画角は慣れるまで大変だった。
10年以上前はずっとこれで撮っていたのだけど、ASPサイズの画角に慣れてしまった今となっては動く魚(特にベラ)なんかは撮るのが大変だった。。。(笑)
昔に比べて視力も衰えていたので、目にピントの山を見つけるのがかなり困難。。。(笑)
やっぱり、ベラなんかはASPの方が有利だな。。。と感じた。
動かないものはフルサイズの方がいいんだけどなぁ。。。

通称・イトヒキベラXのオス

通称・イトヒキベラXのオス

Theイトヒキベラのメス

Theイトヒキベラのメス


帰りに海藻の陰に超小さなコブシメの子がいた。
大きさは2-3cmくらい。
ミニチュアサイズのコブシメはメチャ可愛いっ!(^^)

ミニチュア・サイズのコブシメ

ミニチュア・サイズのコブシメ

かわいいコブシメの子

かわいいコブシメの子



コブシメの交接

【ポイント】 お宮前/横瀬
【水温】 21.3℃/21.3℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:40-12:53/14:33-15:19
【潮まわり】 06:21 97cm 干潮 / 12:23 169cm 満潮 / 小潮(月齢:23.2)
【日の出・日の入】 日出06:50 日没18:11

久々のガイド。。。
ボートも久々。。。(^^;;

お宮前ではコブシメが2カップルいて産卵していた。
まだ本格的な産卵期ではないので、近づくとスグに産卵場から離れていく。
産卵と産卵の間隔もものすごく長くて待ちくたびれる。。。
ついさっき1個卵を産んだばかりのカップルがなぜか交接!!(・・;)

2本目は横瀬へ。
入ってみると激流でいつもの沖には出れなかったけれど、マダラトビエイやこの時期はめったに見ることのない巨大なアカウミガメのオスが急接近してきたりで、そこそこ楽しかった。(^^)


僕にとっての今シーズン最後の1本。

【ポイント】 一湊タンク下No.3
【水温】 20.5℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:44-12:24
【潮まわり】 06:54 209cm 満潮 / 12:46 62cm 干潮 / 18:26 220cm 満潮 / 大潮(月齢:28.7)
【日の出・日の入】 日出07:10 日没17:52

毎年、ゲストの予約がまったく入らなくなる2月前後に家族で帰省する。
今年は明後日2/1から約2週間ちょっとの日程で帰るのだが、僕の中ではその前後がシーズンの終わりと始まりだと捉えているので、今日は僕にとっての今シーズン最後の1本という事になる。

さすがに約2週間ちょっと更新されずに放置されるこの”個人的な”ブログの最後が、地味で難しいイトヒキベラの話と写真とでは営業的に明らかにマズいだろ。。。という事で、最後の1本はワイドレンズを着けて潜った。(^^;;
長く放置されるブログの最後の写真はやっぱり青く、明るい海の写真がいいなぁ~とか思ったけど、今日の午前中のエントリー時は久しぶりに小雨が舞う曇り空だった。
エクジットする頃にはよく晴れて明るかったけど。

ここ最近は陸上も暖かく、海も21℃近くまで水温が上がって快適だ。
こんな好コンディションの時に帰省するのも何か気が進まないなぁ。。。(・・;)

明後日2/1から2/17までは冬季休暇に入り、島にいません。
この期間のガイド等はお受けできませんが、予約フォームやメールや携帯電話へのご予約やお問い合わせは通常通り、お受けできますし、返信もスグにいたします!(^_^)

Mail: info@mori-umi.net
携帯: 090-7718-1597(原崎)

この時期はマダラトビエイが目立つ。よくコバンザメがついている。

この時期はマダラトビエイが目立つ。よくコバンザメがついている。

1か月ほど前から卵が目立ち始めていたコブシメだったが、産卵の観察は今季初。

1か月ほど前から卵が目立ち始めていたコブシメだったが、産卵の観察は今季初。


漁礁の上層には70匹くらいのツバメウオが群れていた。夏っぽい海。(^^)

漁礁の上層には70匹くらいのツバメウオが群れていた。夏っぽい海。(^^)

漁礁のムレハタタテダイ

漁礁のムレハタタテダイ


今年の漁礁はキンメモドキもイマイチ集まりが悪い。。。

今年の漁礁はキンメモドキもイマイチ集まりが悪い。。。

漁礁のアザハタたちはどんどん成長している。。。

漁礁のアザハタたちはどんどん成長している。。。