ドロドロの海は回復。。。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3
【水温】 25.0℃ / 24.4℃
【透明度】 30m / 25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:51-9:37 / 10:52-11:36
【潮まわり】 05:17 212cm 満潮 / 11:52 30cm 干潮 / 18:11 209cm 満潮 / 中潮(月齢:11.6)
【日の出・日の入】 日出05:17 日没19:12

また晴れた!(^^)
今日は女性ゲストお二人とのんびり午前中に2本。

昨日の一湊湾内は大雨で川から土砂が流れ込み、コーヒー牛乳状態だったので、透明度が回復しているか心配だったのだが、一気に泥は流れ去り、お宮前の透明度はまずまず良かった。
しかし、ゼロ戦は真っ白い砂地に泥が堆積し、「白い砂地」が「黒い砂地」に。。。
アザハタがしょっちゅう掘っているせいで、ゼロ戦の周りだけは元々の白い砂なのだが、あとは辺り一面真っ黒!(◎_◎;)

これ、また大時化にでもならない限り、なかなか元に戻らないんだよね~(^^;)

お宮前ではまたコブシメが産卵していた。
今日は雌雄のペアのみ。
2匹の雌雄ペアしかいないと平和な産卵で、オスの体色も先日のようなドギツイ、縞々模様ではなかった。。。


必死にメスを守るオスの攻防!

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 25.2℃ / 25.2℃
【透明度】 20m~
【海況】 やや時化気味
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:55-12:37 / 14:17-15:02
【潮まわり】 09:32 86cm 干潮 / 15:24 174cm 満潮 / 長潮(月齢:8.6)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:10

ダイビングショップ フリースタイルご一行様が来島。。。

今日のお宮前は産卵絡みで7-8匹のコブシメたちが集まりメチャ激しかった!(◎_◎;)

産卵しようとしているメスにガンガン突っ込んでくる間男たちを撃退すべく、オスは必死にあっちに行ったり、こっちに行ったりと忙しい。。。

コブシメの産卵床であるこの場所のウスサザナミサンゴは、もはやその8割が死んで、生きているのは残りわずか。。。

こんな状態で、産卵床となるサンゴの面積もどんどん狭くなっているせいなのか、産卵カップルの2ペアはほとんどぶつかりそうな勢いで隣接しているものだから、オス同士はしょっちゅう大喧嘩をしていた。(笑)


今日も良いコンディション!(^^)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.2 / 元浦
【水温】 25.0℃ / 25.0℃ / 25.6℃
【透明度】 ~25m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:04-9:52 / 11:03-11:58 / 15:14-15:41
【潮まわり】 07:39 229cm 満潮 / 14:19 -12cm 干潮 / 中潮(月齢:1.6)
【日の出・日の入】 日出05:22 日没19:06

今日もファンのガイドは午前中に2本。
昨日の2本目からちょっと薄っすら白く濁ってきたかな?と感じたのだが、今日もそれが継続。。。

ただ水温が下がっているわけではないので、気持ちよく潜れてるけど。

コブシメの産卵がリクエストだったのだが、今日はまったく行っていなかった。
クマノミはそこらじゅうで卵を守っているのを見かける。


コブシメの「ウェイティング・ポーズ」

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 元浦
【水温】 23.0℃ / 23.4℃ / 23.4℃
【透明度】 20m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:05-9:57 / 10:57-12:03 / 15:46-16:04
【潮まわり】 04:26 114cm 干潮 / 09:46 176cm 満潮 / 16:52 49cm 干潮 / 中潮(月齢:20.0)
【日の出・日の入】 日出05:30 日没18:59

今日は午前中がマンツーマンでファンダイビング2本。
午後からは体験ダイビングもマンツーマンで1本。

明らかに黒潮が接岸しているみたい。
一昨日までの20-21℃の水温が一気に23-24℃まで上がって温かい!(^^)
同時に透明度もグングン上がって、今では20-25mはありそうなクリアーな海が戻ってきた!

一番混んで忙しい時に海況が悪くて、終わった途端にベタ凪ぎに。。。これはよくあるパターン。(笑)
でも、GWが終わった途端、海況だけでなく、水温や透明度までもが急上昇!って。。。(-_-;)

お宮前では3匹のコブシメが集まって産卵していた。
マンツーマンだった上に、ゲストさんは元研究者の方だったので、メチャクチャじっくり落ち着いて観察できた。(笑)

動画はコブシメの産卵。。。ではなく、産卵と産卵の合間の僕が「ウェイティング・ポーズ」と呼んでいるメスの休憩時(?)のお決まりのポーズを撮ってみた。

コブシメのメスはサンゴの隙間に足を差し入れて、1個1個卵を産んでいくのだが、1個産むたびにいったんサンゴを離れる。
そして3-5分くらい動かずにじっとしているのだが、この時のお決まりのポーズがこれだ。

各足をピッタリとくっつけて揃え、目のスグ下辺りをボコッと膨らませる独特のポーズ。
このポーズを目にした時はじっと待っていれば、3-5分以内に必ず産卵を観察できるのだ。


流れ着いたミンククジラの子供

【ポイント】 春田浜タイドプール / お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 -℃ / 22℃ / 21℃ / -℃
【透明度】 15m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:50-10:36 / 12:37-13:39 / 14:59-15:53 / 16:10-17:00
【潮まわり】 09:49 114cm 干潮 / 14:43 143cm 満潮 / 長潮(月齢:23.6)
【日の出・日の入】 日出05:56 日没18:42

今回のゲストYさんは予約時からタイドプールをリクエストしていたのだが、潮周りがあまり良くなくてそれほど潮が引かない状態の春田浜に朝から出かけた。
天気だけは最高に良くて、風も弱かったので、潮周りさえ良ければベストなコンディションだったのに。。。残念。。。
春はやっぱりアオサ?(ヒトエグサ?)が多くて緑がとても綺麗だった。。。(^^)

2本目のお宮前では久々にコブシメが大産卵を繰り広げていた!
12匹の雌雄が集まって、産卵、喧嘩などいろいろな生態行動が見られ、面白かった。
この場所のサンゴは崩壊寸前で、昨年はほとんど大規模な産卵は見られなかったので、もうダメかな。。。と思っていたので嬉しいっ!(^^)

そしてもう1本潜って帰ろうとしたら、一湊タンク下のエントリー口にクジラ!との情報。。。
これは多分、3日前の大時化で流れ着いた子のようで、体は傷だらけでボロボロ。

ちなみにこれ、計画になかった4本目の一湊タンク下、ビーチエントリー。
しかもなんと、エントリー口のスグ下-4m。。。ここまで流れ着くとは。。。(・・;)
その後、専門家に写真同定してもらったところ、ミンククジラの子どもではないか?との事。

帰りの車の中で、「最後にクジラにすべて持ってかれましたね。。。」とゲストYさん。
まったくその通り。。。(^^;)


コブシメの産卵がリクエストなんだけど。。。

【ポイント】 お宮前
【水温】 19℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:23-10:07
【潮まわり】 05:27 96cm 干潮 / 11:09 173cm 満潮 / 18:20 38cm 干潮 / 小潮(月齢:6.6)
【日の出・日の入】 日出06:17 日没18:31

今日は午前中にファンのガイドで1本。
ゲストさんは普段は高水温の海でしか潜ったことがないという方で、一応2本希望なんだけど、寒かったら1本で。。。というご予約。(笑)
最近まで23℃はあったので、天気さえ良ければ大丈夫かな。。。と思っていたのだが、水温はガクーンと下がって19℃台。。。(◎_◎;)
水中には浮遊物も浮いていたので、また黒潮がちょっと離れたのかもしれない。。。

コブシメの産卵がリクエストだったんだけど、この日は不発。。。
サンゴの周りに5-6匹は集まっていて、小さな個体はそれぞれが互いに干渉しあっていたりしていたけど、産卵はまったく行われなかった。
一番大きなメスとオスがとにかく大人し過ぎっ。。。

春はブリの老成魚の群れによく出会う。
今日もお宮前の-20m付近で20-30匹くらいの群れが通り過ぎて行った。。。


今年もコブシメの産卵が始まっています。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前 / 元浦
【水温】 22℃ / 22℃ / 23℃
【透明度】 10m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 08:49-9:34 / 10:24-11:09 / 14:50-15:19
【潮まわり】 07:37 210cm 満潮 / 13:46 28cm 干潮 / 17:28 212cm 満潮 / 大潮(月齢:0.6)
【日の出・日の入】 日出06:24 日没18:27

今日は午前中にファンダイビングのガイドで2本潜ったあと、午後からは体験ダイビングで元浦で1本。

1本目はビーチから一湊タンク下に潜ったのだが、沖出しの潮がメチャ速くて、2本目はボートでお宮前で潜った。
(このままタンク下で泳いで沖に出るのはかなり厳しいくらいの潮だった。。。(-_-;))

お宮前では、コブシメが4-5匹集まって産卵してた。
すでにサンゴの中の卵は2-3ヵ月前から見られていたのだが、実際に本格的な大産卵を観察したのは今季初だ。

帰ろうとしていたら、突然大きなゴマモンガラがやってきて、これらコブシメたちをものスゴイ勢いで追っ払っていたのを目撃!
とっさの事だったので動画は撮れなかったけど、あれはいったい何だったんだろう。。。?(ーー;)


例年通りの水温に戻った!(^^)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1
【水温】 24.2℃ / 24.6℃ / 24.6℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:22-12:06 / 13:18-14:01 / 15:01-15:58
【潮まわり】 08:43 210cm 満潮 / 14:29 99cm 干潮 / 中潮(月齢:2.6)
【日の出・日の入】 日出06:48 日没17:18

水温は24-25℃、透明度は30mオーバー!!

黒潮が外れて一時は22℃台の前半まで下がった水温だったが、またまた黒潮が寄ってきているのか海の中は青くクリアー!!!11月中旬の例年並みの水温に戻った!!!(^^)

それでも晩秋の屋久島の陸上は水中よりも8-10℃は低く、海から上がったあとの風はかなり冷たい。。。

相変わらず、お宮前ではコブシメが産卵していた。

モンハナシャコの抱卵を最もよく観察するのは初夏(5-6月)の頃なので、今の時期の抱卵は少し前までは「季節外れ」扱いにしていた。

しかし、ここ数年で分かったことなんだけど、年のよっては11-12月の抱卵もたまに見かける事に気づいた。
初夏(5-6月)の頃との共通点はやっぱり水温だ。

コブシメの産卵もクマノミの産卵もそうなんだけど、「繁殖期」という明確な期間が存在するというよりは、単純に水温に左右されているだけなのかもしれない。。。(^^;)

ゼロ戦に新しいスミツキアトヒキテンジクダイが新たに数匹加わった。


ようやくドライスーツに衣替え

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.3
【水温】 22.6℃ / 22.8℃ / 23.0℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:46-9:37 / 10:44-11:21 / 12:58-13:40
【潮まわり】 05:46 206cm 満潮 / 11:47 74cm 干潮 / 17:38 216cm 満潮 / 中潮(月齢:27.3)
【日の出・日の入】 日出06:44 日没17:20

初来店のIさんの3日目、最終日。
もともとIさんの目的はゼロ戦のアザハタで毎日通いたい。。。というリクエスト。(^^;)
初日は2本、2日目は1本、今日は2本、ゼロ戦!(笑)

水温がとうとう22℃台に入ってしまった。(;´・ω・)

27℃を切った10月中旬頃から「寒い!寒い!」と連呼し、明日からドライだ!などと言っていたのに、実は昨日の1本目まで5mmフルスーツで耐えていた。
2本目以降はロクハンに切り替えたのも束の間。。。ここ10日間での急激な水温低下(26℃台→22℃台)にはさすがに耐えられなくなってきて、今日ようやくドライスーツに衣替えした。(^^;)

例年ならまだ25-26℃はある時期なので、今年は本当に水温の低下が早い事になる。
稀にみる高水温。。。!と言っていた夏が遠い昔の話に感じる。(笑)

久々のドライで何か息苦しかったけど、やっぱり温かいダイビングは極楽だ。(^^)

もはや漏斗(ろうと)が口にしか見えない。。。(笑)


もはや「季節外れ」ではないかも。。。!

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 23.2℃ / 22.6℃ / 22.8℃
【透明度】 ~15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:44-9:28 / 10:39-11:34 / 12:54-13:49
【潮まわり】 04:59 195cm 満潮 / 11:03 73cm 干潮 / 17:05 211cm 満潮 / 中潮(月齢:26.3)
【日の出・日の入】 日出06:43 日没17:21

現在、季節外れのコブシメの産卵が連日見られているという話をしたけど、今日はとうとう交接まで観察してしまった!(ーー;)
もはや、普通に繁殖期なんですけど。。。(笑)

水温はとうとう22-23℃台に入ってしまい、この水温は彼らの本来の繁殖期である4-5月とまったく同じ程度の水温だ。

ずっと「季節外れ」と繰り返し言い続けていたけど、もともと例年22-23℃になる12月にはコブシメの産卵は始まっていた事からも、単純に今年は水温の低下が速かったため、産卵開始時期が前倒しになっただけなのかもしれない。。。

例年にない高水温の年だったかと思いきや、今度は例年にない水温の急激な低下。。。ホント、今年は環境の変化についていけない。。。(笑)

ホームの一湊タンク下に棲んでいるウミガメたちのほとんどはアオウミガメだ。
そんな中、1匹だけタイマイが混じっている。
主にポイント内に数カ所あるナガレハナサンゴを好んで食べてる。。。
まだ子供なのに何故か体の数カ所に識別タグが付いてる。
通常、識別タグは産卵のために上陸した大人のウミガメに着けられる事が多いようなのだが、この子はいつどこで着けられたんだろう。。。?


なかなか良い作戦なのかも!?(笑)

【ポイント】 お宮前
【水温】 24℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:30-10:14
【潮まわり】 09:04 72cm 干潮 / 15:43 199cm 満潮 / 長潮(月齢:24.3)
【日の出・日の入】 日出06:42 日没17:22

ここのところ連日のようにコブシメが産卵してる。。。(ーー;)

もともと屋久島では、コブシメの産卵はだいたい年が明けてからボチボチ見られ始め、GW前後の頃にピークに達し、7月、黒潮が接岸して間もなくするといつのまにか産卵床には卵が見られなくなってる。。。
「春から初夏」。。。コブシメの繁殖期はそんな感覚で捉えていた。

しかし、今年は産卵期が早まったのか、10-11月も産卵が見られ、産卵床であるウスサザナミサンゴの奥には沢山の卵が産みつけられている。
こうなってくるとコブシメの繁殖期はいったいいつからいつまでなのか悩んでしまう。。。(^^;;

確かに高水温期の7月後半から9月いっぱいくらいまではサンゴの隙間にコブシメの卵など見られなかったので、水温の高い夏場は繁殖しない事は確かだと思うんだけど、それ以外の時期は常に繁殖している感じなのだ。

でも秋に卵を産むのはなかなか良い作戦なのかもしれない。
春は繁殖期前で栄養摂取に余念がないゴマモンガラが、サンゴをぶっ壊しコブシメの卵を食べていたりしたのだが、今の時期のゴマモンガラはそれほど活発ではない。

秋なら卵はゴマモンガラに襲われることなく、孵化率も高いかも!(笑)


トラブル続き

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 29℃ / 29℃ / 28℃
【透明度】 30m
【海況】 やや時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:02-10:01 / 11:14-12:01 / 14:00-14:47
【潮まわり】 06:16 78cm 干潮 / 12:39 190cm 満潮 / 18:25 119cm 干潮 / 小潮(月齢:22.7)
【日の出・日の入】 日出05:44 日没19:00

この日は一湊エリアで3本。。。
今日、明日がうちのお盆休みの山場なのに、コンプレッサーが壊れた!!!(;´・ω・)

急遽、知り合いに頼んで何とかなったのだが、いや~マジで焦った。。。
先日、壊れた車のハッチバックのロックもそうだけど、ホント必ず忙しいときに不具合が起こる。。。!!!


タイドプールに案内できたのはラッキー!(^^)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.1 / 春田浜タイドプール
【水温】 26℃ / 26℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:59-9:59 / 11:06-12:34
【潮まわり】 09:24 221cm 満潮 / 16:09 26cm 干潮 / 中潮(月齢:4.0)
【日の出・日の入】 日出05:18 日没19:24

月刊ダイバー誌の取材ガイド2日目。
今日は一湊で2本潜ったあと、午後からは春田浜のタイドプールへ行った。
梅雨時なので無理かな。。。と思っていたタイドプールに案内できたのはラッキーだった。(^^)
タイドプールはすでにアオサなどの綺麗な海藻は少なく、ロウソクギンポの背景はやや地味め。。。(笑)

一湊タンク下でもコブシメが産卵していた。
先日のお宮前の産卵ペアもそうだけど、今年はあまり産卵が活発じゃないなぁ。。。とか思っていたけど、今頃になって頻繁に見かけるようになってきた。
もう7月にはいろうとしているのに。。。(^^;)

動画はコブシメが産卵しているところにサンゴの上を寝床にしているアオウミガメが入り込んできたところ。。。(笑)


一湊川の河口はドロドロでまっ茶色。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / お宮前
【水温】 24℃ / 24℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 大雨
【潜水時間帯】 13:23-14:15 / 15:16-16:08
【潮まわり】 05:41 235cm 満潮 / 12:28 1cm 干潮 / 18:59 236cm 満潮 / 大潮(月齢:28.3)
【日の出・日の入】 日出05:16 日没19:23

いよいよ梅雨らしい天気の日が続くようになり、この日も朝から大雨。。。
一湊川の河口はドロドロでまっ茶色。。。
水中は決して透明度が悪いわけではないのだが、水面直下3mくらいまでは雨水や泥がたまっていたのでナイトダイビングのような、、、そりゃ言い過ぎか、、、サンセットダイビングのような暗さだった。(^^;)

そんなやや暗いお宮前では時期外れのコブシメの産卵が観察できた。
小さめの雌雄がもはや朽ち果てたウスサザナミサンゴに産卵を繰り返していた。。。

一方でゼロ戦はツバメウオのおかげで、ちょっと夏っぽかった。(^^)


最終日。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1
【水温】 20℃ / 20℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:51-9:48 / 11:07-12:14
【潮まわり】 05:57 117cm 干潮 / 11:16 156cm 満潮 / 18:37 61cm 干潮 / 小潮(月齢:22.0)
【日の出・日の入】 日出05:46 日没18:48

Oさんのダイビング最終日。
今日はビーチから2本と考えていたのだが、釣り人がいたので急遽、ボートで2本。

しかし、一湊湾内は強い北西の風が吹き、かなりの時化海。。。(;´・ω・)
入れるのは一湊タンク下界隈のみだった。

水中も揺れていて、写真はかなり撮りにくかったようなのだが、無事に3日間楽しまれたようで一安心。。。(^^)

次回はもっとタイドプールがベストな時期に遊びに来てくださいねー!(⌒∇⌒)