2018年の潜り納め。

明日から10日間ほど帰省してきます!
屋久島に帰ってくるのは来年の1月4日ですが、メールや電話等は受けることができます。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 22℃ / 22℃ / 22℃
【透明度】 ~20m
【海況】 時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:45-9:35 / 11:06-12:22 / 14:06-15:13
【潮まわり】 08:23 223cm 満潮 / 14:13 79cm 干潮 / 中潮(月齢:16.8)
【日の出・日の入】 日出07:12 日没17:22

常連ゲストSさんの2日目。
今日も一応、ウミウシ探しオンリーのガイドをしたのだが、相変わらずウミウシいないっ!(・・;)
見ているところが悪いのかもしれないけど、多分、僕の目もヤバイ。。。
どういうわけか今、屋久島の海はパット見で目につくウミウシがほとんど見当たらないため、5-10mm程度のウミウシを探すことになるのだが、目が追いつかない。。。現在、僕は老眼が進んでいて小さいものを見ていると目がショボショボして疲れてくる。。。
いや、これウミウシが見つからない言い訳じゃないです!これマジ!(笑)
結局、ウミウシ好きのSさんを満足させるガイドができなくて悔しい潜り納めになってしまった。。。(^_^;)

明日から10日間ほど帰省してきます!
屋久島に帰ってくるのは来年の1月4日ですが、メールや電話等は受けることができます。

それでは良いお年を!(^^)


クロヘリイトヒキベラとの混泳

どうも今まで肉眼で見てクロヘリイトヒキベラの幼魚だと思っていた子の中に、この「イトヒキベラXの幼魚ではないかと思われる子」が混じっているかもしれない。

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 19.8℃
【透明度】 10m
【海況】 大時化
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 15:14-16:43
【潮まわり】 10:30 183cm 満潮 / 17:21 38cm 干潮 / 小潮(月齢:5.8)
【日の出・日の入】 日出06:37 日没18:20

オトヒメウミウシ
オトヒメウミウシ
今日も午後から1人で海へ。

とうとう、また20℃を切ってしまった。。。(・・;)
北寄りの風を受けて海もまた時化始め、ホームの一湊タンク下は大時化といっていい状況。。。
最近はこういう海だと写真も撮れないし生物観察も厳しいので、家に帰るのだけど、思わず入っちまった。。。(^^;;

案の定、海は20-25mラインでもウネウネで、体の固定はまったくできず、仕事にならない。。。(笑)

例のイトヒキベラXのメスを認識するために-25m前後に広がる根の上に行った。
今日もオスは真っ黒くなってメスや他種への干渉などなく、まったく興奮もしていなかったため、当然メスを特定する事はできなかった。
ここにはいつも3-4匹のオスがいるはずなのだが、今日は1匹しか見られなかった。
どこに行ったのかしばらく周囲を探してみたけど、結局見つからなかった。。。

黒くなったイトヒキベラXのオス
黒くなったイトヒキベラXのオス

黒くなったイトヒキベラXのオス
黒くなったイトヒキベラXのオス

別の場所でまたイトヒキベラXの幼魚ではないかと思われる子を2匹見つけた。
というか、どうも今まで肉眼で見てクロヘリイトヒキベラの幼魚だと思っていた子の中に、この「イトヒキベラXの幼魚ではないかと思われる子」が混じっているかもしれない。
というのも、そいつはこれまでクロヘリイトヒキベラの幼魚だと思っていた連中の中に混じっていたからだ。

これはまた-25mの根の上でもクロヘリイトヒキベラの幼魚たちを洗い直す必要があるかも。。。

イトヒキベラXの幼魚???
イトヒキベラXの幼魚???

イトヒキベラXの幼魚???
イトヒキベラXの幼魚???

基本的にクロヘリイトヒキベラの幼魚とは体型も違うので間違えるはずはないのだけど(クロヘリイトヒキベラ⇒ずんぐりむっくり体型、イトヒキベラX⇒細長くてスマート)、暗い水中でライトも当てずに観察していると、2種は完全に同化して分からなくなるのだ。

次回はこの線で見直してみようかな。。。と思う。


寒いよぉ。。。(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.3/お宮前/志戸子
【水温】 19.7℃
【透明度】 30m~
ようやく凪ぎた。
風は南よりだったにも関わらず、雨雲立ち込め寒々しい。
風もようやく夜になって暖かい風に変わったが、日中はかなり寒かった。
でも、ゲスト2人はドライスーツで相変わらず、暖かいと言う。。。(笑)

“寒いよぉ。。。(笑)” の続きを読む


ウネウネ。。。

【ポイント】 一湊タンク下/一湊タンク下
【水温】 20.6℃
【透明度】 10m~
昨日は久し振りの西高東低の気圧配置で北西の風が吹き荒れ、一湊湾内は大時化!
オマケに冬に逆戻りしたかのような寒さと曇天で、常連ゲストK氏には最終日に行くつもりだったトレッキングを先に行ってもらい、海の方は中止にしてもらった。
今日は天気こそ雲ひとつない晴天となったが、依然として北西の風は強く、今日の一湊湾内もやや時化気味。。。
思い切って、一湊タンク下にエントリーしたのだが、ウネリはやはり凄い。。。
意外にも透明度はまずまずだったのだが、-20mぐらいの水深でもウネリがダイレクトに伝わる。
ウネリがあまりにも大きいからか、ジョーフィッシュやハナヒゲウツボなどは軒並み、引っ込んでいてちょっと寂しい限り。。。
クマノミは至る所で卵を守り始めている。
すでに目玉がはっきり見えている卵もあった。
この時期は一湊タンク下の三大大型ウミウシが目立つ時期だ。
至る所にシンデレラウミウシ、コンペイトウウミウシ、オトヒメウミウシの巨大な子が貼り付いている。。。(-_-;)
他に目立つウミウシはいないから(悲)、余計に目立つ!

あまり数は多くないと思っていたヒレボシミノカサゴが数匹集まっている穴を見つけた。
そこは最近、ヤドカリを探すためによく覗いていた岩穴だ。
つまり、ヤドカリ・オンリーで探していると、まったく周りは見えていない自分に気づいた。。。(-_-;)


俺とお前はライバル同士♪

【ポイント】 一湊タンク下/お宮前Part2/元浦/一湊タンク下
【水温】 29.5℃
【透明度】 20m~
何やら昨日からクラゲが凄い。
「一湊タンク下」や「お宮前」など矢筈岬西側のポイントは軒並みクラゲがうようよ。。。
今日は初めて一方のゲストを待たせて、他方のゲストグループをガイドするなんて事をやってみた。。。(Tさん、お待たせして申し訳ない!!)
うっ。。。ダメだ。。。
基本的に「僕自身が楽しめるダイビング」ってのが重要なので、時間に追われるガイドはヤダ~~~~!!(笑)
長く潜れないし。。。(爆)
って、あんた。。。(汗)
今後はこのような事はしませんので、皆様ご安心を。。。
のんびり、長~く潜りましょう♪(笑)

“俺とお前はライバル同士♪” の続きを読む