中休み。。。

今日はGWの間の中休み。。。
割とゲストの少ないのんびりした1日だった。
こりゃ永田の深場に行くチャンス!!と思ったけど、西の風が強すぎて永田の各ポイントはクローズ。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.2/お宮前/春田浜タイドプール
【水温】 22.0℃/22.2℃
【透明度】 15m/15m
【海況】 やや小波
【天候】 雨
【潜水時間帯】 9:18-10:18/12:24-13:37
【潮まわり】 10:10 62cm 干潮 / 16:16 186cm 満潮 / 中潮(月齢:10.8)
【日の出・日の入】 日出05:33 日没18:56

今日はGWの間の中休み。。。
割とゲストの少ないのんびりした1日だった。
こりゃ永田の深場に行くチャンス!!と思ったけど、西の風が強すぎて永田の各ポイントはクローズ。。。
仕方なくまた一湊で2本潜ったあと、3本目は長期滞在中のYさんとタイドプールへ行った。

昨日の低水温&高透明度は1日で終わり、今日はまた白濁りの海で水温も一昨日並みに戻った。
でも、何か寒く感じたなぁ。。。

タンク下の沖はかなり流れていて、帰りは水底を這って帰ってきた。
タンク下でもベニヒレイトヒキベラは婚姻色となって求愛していた。

ヤクシマキツネウオの若魚
ヤクシマキツネウオの若魚
ヤクシマカクレエビ
ヤクシマカクレエビ

2本目のお宮前では昨年からいるハタタテシノビハゼがペアになっていた。

ハタタテシノビハゼ
ハタタテシノビハゼ
イチモンスズメダイ(yg)
イチモンスズメダイ(yg)


タイドプールにハマったゲスト1名。。。(笑)

【ポイント】 春田浜タイドプール
【水温】 -℃
【透明度】 -m
今日はやや冬型が緩み、北西の風は緩まったものの、依然として外気は冷たく、寒い!
朝は雨も降っていたので、海に行く足も鈍る。。。(笑)

“タイドプールにハマったゲスト1名。。。(笑)” の続きを読む


おっ?ミヤケ???

【ポイント】 春田浜タイドプール
【水温】 23℃くらいか?
【透明度】 -m
今日は北から北西の風。
朝方、ちょっと晴れたが、基本的に1日中、厚く黒い雲に覆われ、寒々しい1日だった。

“おっ?ミヤケ???” の続きを読む


6月初めの海の動き

【ポイント】 一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.2
【水温】 24.0℃
【透明度】 20m~
晴天、凪ぎの日々は続いている。
明るい海でのんびり潜る今のタンク下は楽しい♪

“6月初めの海の動き” の続きを読む


タイドプールのススメ

【ポイント】 一湊タンク下No.1/一湊タンク下No.2/春田浜
【水温】 24.9℃
【透明度】 30m~
今日も天気は良くてベタ凪ぎだ♪
この3日間ぐらいでだいぶ肌が焼けた。。。

“タイドプールのススメ” の続きを読む


お~!!♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!

【ポイント】 一湊タンク下No.3
【水温】 25.3℃
【透明度】 ~15m
昨日もそうなんだけど、ちょっと潮が速い。
今日は一気に漁礁まで泳いだのだが、途中でいつも潮の速さを確認するNo.2ブイのロープがほとんど平行に倒れていた。(-_-;)
それでも漁礁まで行ってしまう僕っていったい。。。(笑)

“お~!!♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!” の続きを読む


やっぱり6月中旬から。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.2/一湊タンク下No.3
【水温】 25.7℃
【透明度】 ~15m
何かはっきりしない天気だ。
曇っているのか、晴れているのか分らない。
もの凄い青空が顔を覗かしたと思うと、次の瞬間には真っ黒い雲に覆われ南西の強風がビュービュー!
オマケにスコールのような雨が。。。(-_-;)
でも僕らが潜る時には必ず晴れてくれたから、まぁ問題はないのだけど♪

“やっぱり6月中旬から。。。” の続きを読む


24℃台に。。。(-_-;)

【ポイント】 一湊タンク下
【水温】 24.1℃
【透明度】 25m~
どういうわけか水温はまったく下がらず、それどころか今日はとうとうボトムで24℃台に返り咲き、僕がこの島に来て最も温かい12月の海を経験中。
例年、この時期の黒潮は屋久島を大きく避けるようにして流れるが、今や島の南西部をかするような勢いだ。
この時期にしては珍しい、何か変な魚が流れてきたりしないかな。。。
逆に例年これから繁殖期に入るアマミスズメダイやキツネベラの動向も気になる。。。

“24℃台に。。。(-_-;)” の続きを読む


今日はワイド日和だったなぁ~

【ポイント】 元浦
【水温】 24.4℃
【透明度】 30m~
ダイビング事業者組合で行うサンゴ調査も残るは今日行う予定の「元浦」のみとなった。
今日は天気が良くない上に西寄りの風が強く、かなりの寒さだ。
通常、このサンゴ調査は被度を見るため、スノーケリングで水面から行うのが一般的だが、風があまりにも寒いためスクーバで水中に潜って行う事になった。
何しろ水中はまだまだ温かい。
今日も水温は24-25℃とこの時期としてはかなりの高水温をキープ。
外の気温との差はなんと10℃近い!

“今日はワイド日和だったなぁ~” の続きを読む


久し振りに歩いて。。。

【ポイント】 一湊タンク下/お宮前/一湊タンク下
【水温】 24.7℃
【透明度】 15m~
風は弱いが北西は変わらず。。。一湊湾内はやや波立つ。
ゲストTさんの最終日はマンツーマンでガイド。
ボートでのエントリーを勧めたが、「ビーチが好きです。。。」と一蹴。(笑)
午後からは久し振りにビーチでお宮前へ。
ボートポイントへビーチからエントリーしたら、ビーチダイビングと言えるかは謎だけど。。。(爆)

“久し振りに歩いて。。。” の続きを読む


10Lタンク1本で1日中遊んだ♪

【ポイント】 栗生タイドプール
【水温】 25.7℃
【透明度】 15m~
今日はベタ凪ぎなれど、ゲストなし。。。
ゆうすけさんと1日中、栗生のタイドプールで遊んでた。(笑)
10Lタンク1本で1日中遊べるタイドプールは超経済的だ。。。!!(爆)
カップラーメンの昼食をはさんで1日中、タイドプールで過ごした。
収穫もそれなりにあって、かなり楽しかったぁ~♪

“10Lタンク1本で1日中遊んだ♪” の続きを読む


「横瀬」デー

【ポイント】 元浦/横瀬/横瀬
【水温】 28.0℃
【透明度】 15m~
2回目の来店となる我が師匠の深場友達(笑)・K氏のリクエストで、今日は「横瀬」デーと最初から決めていた。
午前中は滞在中のゲストと最大水深を押さえつつ、軽めに「元浦」で準備運動。(笑)
午後からの「横瀬」深場に備える。。。
準備運動の「元浦」はなかなか面白く、最大水深は-8m程度で押さえられたが、潜水時間はまったく抑えられなかった♪(爆)

“「横瀬」デー” の続きを読む


元浦の魅力

【ポイント】 一湊タンク下/元浦
【水温】 28.5℃
【透明度】 30m
今日はゲストなし。。。
正午からカメラを持って海へ。
タンク1本で「漁礁」のツバメウオの群がり、「元浦」の各種魚を撮ろうと、マクロとワイドの両レンズを持っていく。
もちろん、タンク1本で済むはずがなく、思い切り2本を空になるまで使い、たっぷり夕方まで潜った。(笑)
今日は晴天かつ、暑かったこともあり、夕方も秋というよりは夏の夕方っぽい感じがした。

“元浦の魅力” の続きを読む


台風一過

【ポイント】 元浦
【水温】 27.5℃
【透明度】 ~10m
台風が完全に遠のき、今日はよく晴れた。
ちょっとでも時間を置こうと、午後遅い時刻から海へ行ってみた。
ホームの一湊湾内はまだややウネリがあり、矢筈岬には白波が当たる。
「一湊タンク下」も入れることは入れるが、上から見ると濁りが凄い。。。
結局、台風一過後のダイビングは、静かな「元浦」からスタート。
ちょうど撮りたい被写体もあったし。。。まっ、いっか。。。

“台風一過” の続きを読む


ほんと、面白い海になってきた~!!

【ポイント】 一湊タンク下/お宮前
【水温】 26℃
【透明度】 20m~
朝はとてもよく晴れていたのに、少しづつ雲行きが怪しくなってきて、夕方には大雨に。。。
うちのある宮之浦ではあまり感じなかったが、一湊はかなり強い北東の風が吹いており、矢筈岬の東面はシケ気味。
水面はバシャバシャしていたけど、一湊湾内は凪ぎだった。
暗いかな~と心配していた水中も透明度が良かったため、それほど暗さを感じなかった。
水温も安定傾向で、いよいよ海も面白くなってきたぞぉー!!

“ほんと、面白い海になってきた~!!” の続きを読む


わ~い!北部でもフリソデのペア♪

【ポイント】 一湊タンク下
【水温】 23.0℃
【透明度】 15m
11:00到着のゲストを待って、午後から海へ。。。
昨日までは晴天だった空も、今日はどんよりと曇ってしまい、水中はやや暗め。
南東の風は結構強いが、一湊湾内は風裏となってベタ凪ぎだった。
今日は1本目はゲストのYさんが300本記念DIVE、2本目はSさんが200本記念DIVEと連チャンで記念DIVEとなった。
区切りのダイビングを屋久島で迎えてくれるなんて、嬉しいなぁ~♪

“わ~い!北部でもフリソデのペア♪” の続きを読む


南部へ行くしかないっ!

【ポイント】 平内/尾の間
【水温】 20.3℃
【透明度】 15m
昨日同様、寒~い北部。。。
どう考えてもまだまだ時化ていそうな北部の海。。。
今日は北部の海を見ずして、南部へ行こうっ!と即決。
ゲストは常連のTさんだったので、普段は潜らないポイントを調査させてもらおう。。。と企んでいたが、結局いつも通り、南部の定番・平内&尾の間でのダイビングとなった。

“南部へ行くしかないっ!” の続きを読む


こうなったらウミウシ眼に!!

【ポイント】 栗生タイドプール/湯泊
【水温】 20.1℃
【透明度】 15m~
北部は朝からシトシト雨が降る、相変わらず寒々しい光景。
昨晩からの北西の強風で、北部は元浦のみエントリー可能。
じゃー2本元浦でのんびり。。。と考えていたのだが、同業者から突然の電話。
「南部は晴れているよ~♪」
マジっすか。。。(=_=;)
これは行くっきゃない!

“こうなったらウミウシ眼に!!” の続きを読む


南部へ

【ポイント】 平内/尾の間
【水温】 23.2℃
【透明度】 10m
一便のゲストを迎えてからのダイビング。
ただでさえ遅いスタートなのだが、北部は軒並み時化模様のため、急遽南部に向かう事に。
でも。。。
どうも今日は全島で時化のようだった。
栗生は大荒れ、真南の各ポイントも決して凪ぎとは言えない、嫌~な海。。。
でも、南部は暖かいなぁ~♪
陸上にいる分にはポカポカ陽気だった。

“南部へ” の続きを読む


ご協力お願いいたします!

【ポイント】 一湊タンク下/元浦
【水温】 22.7℃
【透明度】 15m~
一昨日よりも昨日、昨日よりも今日と海況はどんどん良くなっていった。
リクエストのお宮前(笑)はちょっと厳しかったのだが、凪ぎの海でのんびりダイビングを楽しんだ。
お宮前の代わりに入る海を考える。。。
ルリスズメダイ(yg)を撮りたい!というリクエストする人あり。
イチモンスズメダイの成長過程を追いたい!という特殊な(笑)リクエストする人あり。
それって北部では「元浦」しかないじゃん!(笑)

“ご協力お願いいたします!” の続きを読む


いや~速かった。。。(焦)

【ポイント】 一湊タンク下
【水温】 23.3℃
【透明度】 15m
落ちたでしょ。。。?水温。
まぁ、しょうがないか。。。もう11月も下旬だもんね。。。(涙)
それはそうと、今日はメチャ潮が速かった!!
ちょっと焦ったぞっ!
また、エアが足りなくなるかと思った。。。はぁはぁぜぃぜぃ(笑)
八丈島にいた頃は常に潮の速い島だったので、ちょっとぐらい強く潮が流れようが、あまりビビる事はなかった。
でも、屋久島は基本的にはまったり&のんびりした海。
この雰囲気に思い切り慣れてしまってた!
ちょっと流れただけで、はぁはぁぜぃぜぃ!大焦り!!
慣れって怖い。。。しっかりせねば。
ちょっと酸欠気味。。。(笑)

“いや~速かった。。。(焦)” の続きを読む


寒い。。。

【ポイント】 元浦
【水温】 23.9℃
【透明度】 10m
寒いなぁ。。。外気が。。。
それでも気温は20℃近くはあるんだけど、何しろ風が冷たいっ!
海は元浦以外は時化気味。
タンク下は相変わらず入れない事もないんだけど、こんな時にこそ「元浦ならでは!」を押さえておくべ。。。

“寒い。。。” の続きを読む


ミヤコキセンスズメダイ その2

日 時:11月10日
場 所:九州・屋久島
ポイント:お宮前
天 候:雨
 風 :南東・-m
波 高:-m
気 温:22度c
水 温:24.9度c
透明度:(↓)-m
透視度:(→)30m~
コメント:屋久島海案内「森と海」(毎日)
朝から雨が降ったり、止んだり。。。
とうとう天気は崩れ始めた。
でも風は南寄りとなり、海の方のベタ凪ぎ状態。。。これは変わらない。
今日も透明度は最高!
かなり遠くまで見渡せる。
こんな時はワイドレンズで!と思うのだけど、ただ今興味の対象が普通種の識別なのだからしょうがない。。。(笑)
透明度がバカみたいに良い海を背にして、シコシコとエントリー口でミヤコキセンスズメダイ(yg)と格闘するのであった。
続きはこちらから。。。
→http://field-note.harazaki.net/images/000494.html

【ポイント】 お宮前
【水温】 24.9℃
【透明度】 30m~
朝から雨が降ったり、止んだり。。。
とうとう天気は崩れ始めた。
でも風は南寄りとなり、海の方のベタ凪ぎ状態。。。これは変わらない。
今日も透明度は最高!
かなり遠くまで見渡せる。
こんな時はワイドレンズで!と思うのだけど、ただ今興味の対象が普通種の識別なのだからしょうがない。。。(笑)
透明度がバカみたいに良い海を背にして、シコシコとエントリー口でミヤコキセンスズメダイ(yg)と格闘するのであった。

“ミヤコキセンスズメダイ その2” の続きを読む


ミヤコキセンスズメダイ

日 時:11月8日
場 所:九州・屋久島
ポイント:志戸子
天 候:晴れ時々くもり
 風 :北西・-m
波 高:-m
気 温:22度c
水 温:25度c
透明度:(↓)-m
透視度:(→)25m
コメント:屋久島海案内「森と海」(毎日)
今日からまたゲストなしが続く。
でも、僕は忙しい~!!
やる事がいっぱいだもんねぇ~♪
浅場のスズメダイを完全に把握しなきゃならないでしょ、冬が来る前にいろいろなチビちゃんを撮っておかねばならないし、イトヒキベラもやらなきゃ!
って、それは金になるんかいっ!(笑)
う~ん。。。先行きが不安だ。。。(爆)
今日も全体的には凪ぎだが、狙いの志戸子の浅場は波が割れてウネウネ。。。
でも、これがミヤコキセンスズメダイの生息環境なのだからしょうがない。
続きはこちらから。。。
→http://field-note.harazaki.net/images/000489.html

【ポイント】 志戸子
【水温】 25.0℃
【透明度】 20m~
今日からまたゲストなしが続く。
でも、僕は忙しい~!!
やる事がいっぱいだもんねぇ~♪
浅場のスズメダイを完全に把握しなきゃならないでしょ、冬が来る前にいろいろなチビちゃんを撮っておかねばならないし、イトヒキベラもやらなきゃ!
って、それは金になるんかいっ!(笑)
う~ん。。。先行きが不安だ。。。(爆)
今日も全体的には凪ぎだが、狙いの志戸子の浅場は波が割れてウネウネ。。。
でも、これがミヤコキセンスズメダイの生息環境なのだからしょうがない。

“ミヤコキセンスズメダイ” の続きを読む


スズメダイファンクラブ?ロリロリクラブ?(笑)

日 時:11月4日
場 所:九州・屋久島
ポイント:一湊タンク下/志戸子
天 候:快晴
 風 :北西・-m
波 高:-m
気 温:22度c
水 温:25度c
透明度:(↓)-m
透視度:(→)20m
コメント:屋久島海案内「森と海」(毎日)
今日は最高のダイビング日和♪
昨日以上の快晴&ベタ凪ぎ!
生き物たちの生活もなかなか活気に溢れている。
いい海だ~!
ずっと、こんなんだったら良いのになぁ。。。
今日もスズメダイウォッチングがダイビングの中心。
「きゃわいい~♪」がテーマ。(笑)
幼魚が多いと僕もスズメダイ大好きガイドに早変わり!
続きはこちらから。。。
→http://field-note.harazaki.net/images/000484.html

【ポイント】 一湊タンク下/志戸子
【水温】 25.0℃
【透明度】 20m~
今日は最高のダイビング日和♪
昨日以上の快晴&ベタ凪ぎ!
生き物たちの生活もなかなか活気に溢れている。
いい海だ~!
ずっと、こんなんだったら良いのになぁ。。。
今日もスズメダイウォッチングがダイビングの中心。
「きゃわいい~♪」がテーマ。(笑)
幼魚が多いと僕もスズメダイ大好きガイドに早変わり!

“スズメダイファンクラブ?ロリロリクラブ?(笑)” の続きを読む


イチモンスズメダイはもう分かったぁ♪(本当か?)

日 時:11月02日
場 所:九州・屋久島
ポイント:元浦
天 候:曇りのち晴れ
 風 :北西・-m
波 高:-m
気 温:22度c
水 温:25度c
透明度:(↓)-m
透視度:(→)15m~
コメント:屋久島海案内「森と海」(毎日)
午前中はグズついた空模様だったが、午後からは晴天。
風は北西でようやく元浦が凪ぎた!!
10/22から待ちに待った11日間!
ようやく、イチモンスズメダイ&スジブチスズメダイを調査できるぞっと。
下げ5分ぐらいだったが、彼らの生息域である-2m程度の水深はまだまだ十分行けるっ!
よ~し!イチモンスズメダイ&スジブチスズメダイを解明してやるぅ~!!
かなり気合を入れて観察&撮影をしていたら、気がつくとエクジット直前(2時間後)には潮がかなり引いて頭の半分が水面上に出ていた。。。(笑)
詳細は下記URLで!
http://field-note.harazaki.net/images/000481.html

【ポイント】 元浦
【水温】 25.0℃
【透明度】 15m~
午前中はグズついた空模様だったが、午後からは晴天。
風は北西でようやく元浦が凪ぎた!!
10/22から待ちに待った11日間!
ようやく、イチモンスズメダイ&スジブチスズメダイを調査できるぞっと。
下げ5分ぐらいだったが、彼らの生息域である-2m程度の水深はまだまだ十分行けるっ!
よ~し!イチモンスズメダイ&スジブチスズメダイを解明してやるぅ~!!
かなり気合を入れて観察&撮影をしていたら、気がつくとエクジット直前(2時間後)には潮がかなり引いて頭の半分が水面上に出ていた。。。(笑)

“イチモンスズメダイはもう分かったぁ♪(本当か?)” の続きを読む


最終日はタイドプールなどいかが。。。?

日 時:10月31日
場 所:九州・屋久島
ポイント:栗生タイドプール
天 候:くもり時々晴れ
 風 :北東・-m
波 高:-m
気 温:23度c
水 温:25度c
透明度:(↓)-m
透視度:(→)10m
コメント:屋久島海案内「森と海」(毎日)
今週末は最終日にようやく海も凪ぎ、雨も上った。。。
まっ。。。こんなもんです。。。(笑)
最終日、陸上でウダウダしててもしょうがないので、ゲストのリクエストもあって、栗生のタイドプールにルリスズメダイの幼魚を撮りにいく事にした。
曇り空の北部と違って、南部は晴れ間も見られ、とっても気持ち良かった♪
もちろん、僕もカメラ持参で。。。(笑)
ルリスズメダイは北部では元浦でメチャ多く見られるが、ゲストのリクエストはチビちゃん♪
夏場、ここ栗生のタイドプールにはチビちゃんがいっぱい見られた。
でも、もうすでに季節は晩秋。。。成魚が1匹見られただけだった。。。(涙)
でも、ここはなかなか面白いっ!
最近イチモンスズメダイを狙って、元浦が凪ぎるのを連日待っていたのだが、何のことはない。。。
ここ栗生のタイドプールはイチモンスズメダイやミヤコキセンスズメダイなど浅場のスズメダイの宝庫じゃん!
特にイチモンスズメダイはスゴかった。
いろんなステージの子があちらこちらに!
こんな感じで繋げてみると成長過程がよく分かる。。。
って言うか、これってほんとにイチモンスズメダイでいいの?(笑)
古巣の八丈島にいなかった種類はほんと、よー分からん。。。
で、よく分からないのが、これらよりももっと小さなサイズの子。
周りにはこんなチビちゃんがいっぱいいるんだけど、どの子もミヤコキセンスズメダイにしか見えないんですけど。。。(汗)
このタイドプールでもたまにミヤコキセンスズメダイの成魚も見られたが、成魚に関しては圧倒的にイチモンスズメダイ(?)が多い。
両種の幼魚はとてもよく似ていると聞くが、正直言って僕はよく知らない。。。
分かっている事は、イチモンスズメダイらしき地味な成魚がいっぱいいるのに、周りはミヤコキセンスズメダイの幼魚らしき子が山のようにいるという事実。
どなたかご教授くださいませ。。。
上の3枚は本当にイチモンスズメダイっすか?
最後の1枚は本当にミヤコキセンスズメダイの幼魚っすか?(笑)
どんどん、疑心暗鬼になっていく。。。
ふと気がつくと、ゲストはとっくにフィルムアウトして遊んでる!
やばい、やばい。。。すっかり自分の世界に入り込んでいた。。。(焦)
また、近々ここに行ってみるか。。。
でも、遠いんだよなぁ~!
写真あり→

【ポイント】 栗生タイドプール
【水温】 25.0℃
【透明度】 10m
今週末は最終日にようやく海も凪ぎ、雨も上った。。。
まっ。。。こんなもんです。。。(笑)
最終日、陸上でウダウダしててもしょうがないので、ゲストのリクエストもあって、栗生のタイドプールにルリスズメダイの幼魚を撮りにいく事にした。
曇り空の北部と違って、南部は晴れ間も見られ、とっても気持ち良かった♪
もちろん、僕もカメラ持参で。。。(笑)

“最終日はタイドプールなどいかが。。。?” の続きを読む


また元浦には入れず。

日 時:10月27日
場 所:九州・屋久島
ポイント:元浦→一湊タンク下
天 候:快晴
 風 :北・-m
波 高:-m
気 温:23度c
水 温:25.7度c
透明度:(↓)-m
透視度:(→)15m~
コメント:屋久島海案内「森と海」(毎日)
スジブチスズメダイとイチモンスズメダイが撮りたくて、今日も元浦に。
これらのスズメダイの生息水深は-2m前後なので、満潮を狙わなければならない。
今は正午前後が最干潮となり、満潮は早朝と日没前後。。。
ゲストがいない日は午後から海へ行くことが多いが、今日は泣く泣く午前中、海へ。
(朝は弱いんです。。。(笑))
しかし、今日の北部はどこもウネウネ。
元浦も入ってみると、かなりのウネウネ&ニゴニゴ!
スジブチ&イチモンは早々に諦めていたが、しばらくルリスズメダイなんかを撮って頑張ったが(いったい何回撮る気だろう。。。(笑))、40分くらいで降参。。。
時間とタンクが無駄にならないうちに、そのままタンク下に移った。
タンク下は元浦以上にウネっており透明度も期待していなかったが、視界が悪いのはエントリー口近辺だけで、-6m以深はそれなりに透明度も悪くなく、太陽の光で明るかった。
それでもウネリがスゴイ事には変わりなく、写真撮影はかなり厳しい。。。(泣)
と言うことで、今日はオス、メス、幼魚の全ステージシリーズはご勘弁。。。
ガチガチに固定できる所から一歩も動かず、ホシススキベラ(メス?)、クロベラ(yg)なんかを撮影して終わった。(泣)
八丈から屋久島に来て「南に来たんだな~」と実感するのは、ブダイ類やニザダイの仲間がめちゃくちゃ多い事!
そしてこのモチノウオの仲間が多いのも、ここが南の島であることを実感させる魚のひとつ。
でも、どの種類も地味なんだな~これが!(笑)
多分、全種がいると思うのだけど、あまりに地味過ぎて自然に後回し。。。
そんな中でも多いのが、このホホスジモチノウオ。
アカテンモチノウオやミツバモチノウオなどと共に、ごくごく普通に見られる。
上の2枚の写真は、まったく同じ子。
そう。。。やつらはコロコロと体色を変える。。。
色が白っぽくなって、やっとトレードマークの頬のスジがよく見える。(笑)
タンク下で見られるのはこの写真の子のように15-20cmぐらいの子が多い。
産卵が見たいなぁ~と思いつつも、まぁ、魚体も小さいし見応えは期待できないな。。。ぐらいに思っていたのだが、昨日クレーン下でそれが誤りだと知った。
で、でかいっす。。。オスは。。。!(焦)
遠目ではナポレオンかと思ったぞっ。。。(笑)50cmぐらいはあったよ!
考えてみればナポレオンもモチノウオ亜科だった。。。大きいはずだ。。。

【ポイント】 元浦→一湊タンク下
【水温】 25.7℃
【透明度】 ~15m
スジブチスズメダイとイチモンスズメダイが撮りたくて、今日も元浦に。
これらのスズメダイの生息水深は-2m前後なので、満潮を狙わなければならない。
今は正午前後が最干潮となり、満潮は早朝と日没前後。。。
ゲストがいない日は午後から海へ行くことが多いが、今日は泣く泣く午前中、海へ。
(朝は弱いんです。。。(笑))

“また元浦には入れず。” の続きを読む


う~怖かった。。。(汗)

日 時:10月26日
場 所:九州・屋久島
ポイント:クレーン下
天 候:雨
 風 :東→北・-m
波 高:-m
気 温:23度c
水 温:25.7度c
透明度:(↓)-m
透視度:(→)20m→0m
コメント:屋久島海案内「森と海」(毎日)
風向きが東の強風から北の強風(一湊湾内はもろ風表)に変わる事は承知していたのだが、最近海をナメまくっていた僕は平気で凪ぎの「クレーン下」(一湊湾内の内側のポイント)にエントリーした。
今日は本当は元浦でスジブチスズメダイ&イチモンスズメダイの生息状況を調べるつもりだった。
これらのスズメダイはメチャクチャ浅い水域に棲むので(-2m以浅)、満潮近い午後の遅い時間を狙って海へ。。。
折からの東~北東の強風で元浦は大時化。
同様の環境を考えた結果、めったに入らない「クレーン下」へ。
ここはメチャクチャ浅いポイントで主に体験ダイビングなどに使用される。
風は少しづつ北に周り始めていたのは知っていたが、まだ十分凪ぎていたので躊躇することなくエントリー。。。
2時間のダイビングのあと、気づくと残圧は残りわずか。。。
浅いので(-6m)まったく気にしていなかった。
「ヤバイ、ヤバイ。。。」と帰路に向かうが、普段あまり入らない場所なのでここはどこ?状態。。。
一応帰る方向を確認しようと浮上し、エクジット口方向を見ると。。。
「ゲッ!めちゃくちゃ時化てる。。。!!」
徐々にウネってきていた事は感じていたが、ゲストを連れてなかった事と浅いという事で安心しきっていた!
急いで泳ぎ始めたが、さっきまで20mはあった透明度が、一気に落ちてまったく見えなくなってしまった!!
しょうがないから大ウネリの中、浮上しての水面移動と水中移動を繰り返しているうちに、あまりに大きなウネリ&視界0の中、前に進むのも困難になってきた。。。(汗)
エアーも渋くなってきてるし。。。
プチパニック気味の自分に気づき、手っ取り早くエクジットできそうな岩場から上がることにした。
もちろん、大波が一定の間隔で襲ってくる。
最悪、カメラを捨てて。。。などと考えながら、登っては振り落とされ、登っては振り落とされを繰り返しながら、やっとの思いで焦りつつエクジット。。。
必死だから気づかなかったけど体中がアザだらけ。。。痛い。。。(涙)
ハウジングもかなり岩に打ちつけたようだが、カメラは何とか無事だった。
ストロボの拡散板だけが割れて無くなっていた。。。
上ってから落ちついて海を見ると、ものスゴい大時化!!
ゲストを連れている時じゃなくて、本当に良かった。。。(焦)
最近、エアぎりぎりでエクジットしたり、一人で潜る時はずいぶん無理をしたりして、かなり海をナメていたから、いい教訓になった。
反省。。。
こういう事は営業上、書かない方がいいのかも知れないけど(笑)、戒めの意味を込めて記しておく事にした。
で、何をまたエアぎりぎりまで見ていたかと言うと、スミツキベラの産卵。。。
イチモンスズメダイもスジブチスズメダイも見当たらないまま90分が経過し、ケサガケベラやスミツキベラを撮っていたら、オスが婚姻色になってメスに求愛を始めた。
オスの婚姻色といっても特別綺麗なわけではなく、左写真のように顔の周りが白っぽくなる。
水中で見ると、何か別の魚みたい。
スミツキベラは通常時、オスとメスの見分けはかなり難しいが、興奮した産卵前のオスなら簡単に見分けられる。
右はメス。
スミツキベラと言うと、この写真のように幼魚が有名かもしれない。
これが成長して、あんな色彩の成魚になるなんてちょっと想像できない?(笑)
屋久島では幼魚も成魚もかなり多く見られる普通種だ。
産卵も見やすく、求愛→かなり高く上る放精放卵とそれなりに見応えもあるのでお勧め。
で、肝心の産卵はまったく撮れず。。。
産卵中は割と近くまで寄れるのだが、タイミングがまったく掴めず。(写真は上昇中の2人♪)
このオスは何と3つのランデブーサイトを掛け持ちしていて、メスが集まる各所を順番に周って1匹のメスと放精放卵をしては、次に移るということを繰り返す。
で、この3ヶ所をグルグルまわってた。
多分、本当は1つのランデブーサイトで待機しているすべてのメスと放精放卵したあと、次のランデブーサイトに移るのかもしれないが、僕がカメラを構えて追いかけるものだから、しょうがなく違うランデブーサイトに行っちゃうのかもしれないけど。。。(笑)
時間は前回と同様、日没の1時間前。
日中に産卵する種類の多いベラの中で珍しく、夕方やるみたい。
隣ではケサガケベラも怪しかった。
今度はもっと落ち着いて産卵を撮りたいなぁ~
もちろん、ベタ凪ぎの日に。。。(笑)
写真は下記URLからどうぞ♪
http://field-note.harazaki.net/images/000473.html

【ポイント】 クレーン下
【水温】 25.7℃
【透明度】 20m→0m
風向きが東の強風から北の強風(一湊湾内はもろ風表)に変わる事は承知していたのだが、最近海をナメまくっていた僕は平気で凪ぎの「クレーン下」(一湊湾内の内側のポイント)にエントリーした。
今日は本当は元浦でスジブチスズメダイ&イチモンスズメダイの生息状況を調べるつもりだった。
これらのスズメダイはメチャクチャ浅い水域に棲むので(-2m以浅)、満潮近い午後の遅い時間を狙って海へ。。。
折からの東~北東の強風で元浦は大時化。
同様の環境を考えた結果、めったに入らない「クレーン下」へ。
ここはメチャクチャ浅いポイントで主に体験ダイビングなどに使用される。
風は少しづつ北に周り始めていたのは知っていたが、まだ十分凪ぎていたので躊躇することなくエントリー。。。

“う~怖かった。。。(汗)” の続きを読む


ヤバい。。。ヤバ過ぎる。。。!!

日 時:10月22日
場 所:九州・屋久島
ポイント:元浦
天 候:晴れ
 風 :北西2-3
波 高:0.5m
気 温:23度c
水 温:25.5度c
透明度:(↓)10m
透視度:(→)15m
コメント:屋久島海案内「森と海」(毎日)
北部はどこもベタ凪ぎ。
天気は快晴!
今日は日頃まったく入らない元浦でしか撮れない(元浦なら撮りやすい)魚を撮るために、午後から元浦にエントリー。
計画では浅いところから、
行き:ミツボシキュウセン一家→セイテンベラ一家→オビテンスモドキ成魚夫婦
帰り:ニセクラカオスズメダイ(yg)→テンジクスズメダイ婚姻色
今日も計画なんてあって無いようなもの。
結局、計画どころかエントリー後、-2.5m付近から3時間、一切動くことはなかった。。。(笑)
実は今日は新たに生息を確認した魚が多い!
初記録♪なんてアホなことは言いません。。。
だって、どの種類もめちゃくちゃ沢山いるんだもん!
要はこの半年で、まったく気付かなかっただけって事。。。(泣)
これも元浦を毛嫌いしてまったく入らなかったことが原因。
ヤバい。。。ヤバ過ぎる。。。!!
ということでしばらく元浦通いをせねば。。。!
ハラスジベラ、ホホワキュウセン、イチモンスズメダイ、スジブチスズメダイ!!
ホホワキュウセンを見つけた時は単純にわ~い♪と喜べたが(結局、撮れず。。。)、イチモンスズメダイ、スジブチスズメダイが沢山いる事に気付いた時はさすがに閉口してしまった。。。
セダカスズメダイやフチドリスズメダイなど浅場に多くいる地味なスズメダイは難しいので、どこのポイントでも基本的には後回しにしていたのだが、イチモンスズメダイ(成魚)の存在は一回気付いてしまうとそこらじゅうに沢山いる事を認めざるをえなかった。
おい、おい。。。(大汗)
そうなると、ミヤコキセンスズメダイ(yg)としてエントリー後スグに撮った子も、イチモンスズメダイ(yg)ではないか???と疑ってしまう。
ミヤコキセンスズメダイの成魚は、ポイントによっては(志戸子、栗生)、-1mぐらいの水深に大きな群がり(コミュニティー)を見ることができる。
でも、ここ元浦ではごくごくたまに見るくらい。
幼魚は沢山いるなぁ。。。と思っていたのだが、これってもしかしてほとんどはイチモンスズメダイの幼魚か??
中間的な子もいるし、ちょっと調べてみたくなった。。。
ついでにミヤコキセンスズメダイの成魚が多く見られる志戸子も合わせて調査しなきゃならないなぁ~
んっでもって、スジブチスズメダイの幼魚。。。
古巣の八丈島には同じように体に白線が入ったハクセンスズメダイ(yg)が多かったのだが、屋久島に来てからもハクセンスズメダイは度々見かけていた。。。と思っていたけど、もしかして。。。(汗)
いつもパッと見て、「あっ、ハクセンね。。。」と見過ごしていた子が多いけど。。。
よく考えるとハクセンスズメダイは、もっと白線が太くて、もっと可愛いっ!(笑)
成魚はイチモンスズメダイほどではないけど、数匹それらしい子を今日見かけている。
これも、ちょっと洗いなおさなきゃならないかな。。。
う~ん。。。決めてかかるのはちょっとマズいなぁ~
元浦を毛嫌いするのも、かなりマズいかも。。。
注:写真は下記URL(当店サイト)よりご覧くださいませ。
http://field-note.harazaki.net/images/000469.html

【ポイント】 元浦
【水温】 25.5℃
【透明度】 10m~
北部はどこもベタ凪ぎ。
天気は快晴!
今日は日頃まったく入らない元浦でしか撮れない(元浦なら撮りやすい)魚を撮るために、午後から元浦にエントリー。
計画では浅いところから、
行き:ミツボシキュウセン一家→セイテンベラ一家→オビテンスモドキ成魚夫婦
帰り:ニセクラカオスズメダイ(yg)→テンジクスズメダイ婚姻色
今日も計画なんてあって無いようなもの。
結局、計画どころかエントリー後、-2.5m付近から3時間、一切動くことはなかった。。。(笑)

“ヤバい。。。ヤバ過ぎる。。。!!” の続きを読む