今季初・淡水

【ポイント】 川No.4/横瀬/一湊タンク下No.2
【水温】 29.3℃
【透明度】 ~15m
台風5号が明日にも最接近しそうだというのに、今日の一湊湾内はここ4-5日の間では、一番の凪ぎっぷりだった。
時間と共に風は東~北東に移り、「元浦」なんかは夕方にはかなり時化てきたが、一湊湾内は終日の凪ぎ。
潮は相変わらず速くて、透明度もイマイチ。。。


7/29から滞在中のTさんの最終日。
ino_kame.jpg今日は昨日のリベンジで、朝から川No.4に向かった。
さすがに朝は子供たちの姿はまったくなく、誰も入っていない淵は素晴らしく綺麗な水だった。
水温は23℃。
相変わらず、ゴクラクハゼやボウズハゼは多いが、ヨシノボリの仲間が最後に入った昨年秋に比べて少ない。。。
中層には多分ボウズハゼの子供だと思われるチビが沢山いた。
他にも何だか怪しい新入りのハゼ(チビ)が何種か参入している。。。要調査かも。。。
2本目から午後到着のゲストも加わって、こちらも昨日は潮が速くて断念した「横瀬」へ。
一見、潮はかかっているようには見えなかったが、入ってみるとそれなりに流れてた。
到着したばかりのI夫妻には申し訳ないことをしてしまった。。。(-_-;)
しかも、今日は群れモノはほぼ無し状態。。。
tomi_furi.jpg3本目はさすがにのんびりダイビングに切り替えた。
Iさんの奥さんは完全にグロッキー状態だし。。。(笑)
Tさんが来島当初からリクエストしていたホタテツノハゼは、なぜか今日もまったく出ていなかった。(-_-;)
そのせいで現在、-20mのホタテ村は寂しい限りだ。
浅場でいつでも、どこでも見れるはずのホタテツノハゼが、ここまで見れないと、ちょっと行方が心配になる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください