手乗りヘビギンポの産卵♪

【ポイント】 一湊タンク下
【水温】 21.5℃
【透明度】 ~15m
今日もよく晴れて、海もベタ凪ぎなれど、ダイビングポイントには人影なし。。。(-_-;)
おいおい。。。もうGWも目の前だというのに、なぜ屋久島にはダイバーが全然いないんだぁ~!!!
観光客は目に見えて増えてきたのに。。。
お~い!なぜみんな揃いも揃って森へ行くぅ~!!!
ここは島だよ!知ってる???(笑)


shimahire.jpg今日は「セグロヘビギンポ」と呼ばれている小型のヘビギンポの仲間の求愛&産卵が見れた。
写真はやや婚姻色が褪めた状態のオスなのだが、最高に興奮している時は背ビレは真っ赤で、真ん中に黒斑がくっきり見られた。
でも撮っているうちに褪めちゃった。。。
この種類のヘビギンポは動きは素早いけど、静かに手を差し伸べるとチョコンと手の上に乗ってくるので、「手乗りヘビギンポ」と僕は勝手に呼んでいる。(笑)
でも写真のような求愛中のオスはさすがに気が立っていて、ちょっと手を差し出そうものならバンバン飛び跳ねて怒る!!
多分、そこには卵があるのだろう。。。もしくはテリトリーへの侵入者と思われたか。。。?
いずれにしても手になど乗ってくれそうもない。。。(-_-;)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください