今日は裏切らずに。。。(笑)

【ポイント】一湊タンク下
【水温】25.0℃
【透明度】15m
さすがに今日の「一湊タンク下」はベタ凪ぎに。
透明度こそ本調子ではないけれど、台風前の透明度の悪さから考えると、良くなっているのでは??
水温もやや上がり、いよいよ夏のシーズンの到来か?!
今日は4日前にピンテールを見つけて夢中になり(笑)、思い切り裏切りをかましてしまった地元同業者に再度、デルタスズメ、フカミスズメを教えるために30m付近へ。。。
(→“イトヒキ天国”の称号は屋久島がもらうぜぃ♪)


透明度がまだイマイチだったので、なるべく早めに深度を落とす。
ここタンク下では水深25mより下ではシコクスズメに変わってデルタスズメが増えてくる。
一見水中ではシコクにしか見えないのだが、よく見りゃ尻尾の白い部分の入り方がシコクとは違う。
目が慣れてくれば、色もまったく違うのだけど。。。
フカミスズメは八丈では40m以深の超深場の魚だった。
屋久島では25m付近から出てくる。
ここタンク下ではまだ1匹しか確認していないが、ボートポイントではまあまあ見かける。
まぁ、両方とも地味なスズメダイだ。。。(笑)
でも両種とも屋久島では浅いところで見られるで、じっくり産卵を見たり、落ち着いて可愛い幼魚を撮れるのが嬉しい。
深いからか、意外にフカミやデルタの幼魚や産卵の話しって聞かないもんなぁ。。。
こっちにきて初めてモンガラカワハギのチビちゃんを見かけた。
屋久島ではモンガラカワハギの成魚はさすがに沢山いるのかと思いきや、ウジャウジャいるわけではない。
1つのポイントに数個体といったところ。
八丈でもそうだったのだけど、いつも同じ個体を繰り返し見ているに過ぎない。
というか、よく考えると同属のゴマモンガラもそうだなぁ。。。
群れをつくらず、単独やペアで行動するからそう感じるだけで、それが彼らの特性なのかも知れないけど。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください