晴れ男!

【ポイント】 一湊タンク下
【水温】 20.9℃
【透明度】 15m~
池凪ぎが続く。
ここまで波打ち際に白いモノ(つまり小波)が無いと、不気味でさえある。。。
相変わらずの透明度と低水温だが、これだけ凪ぎていると浅場でもまったりと楽しめて、のんびりできていいっ!
こんな時はビーチポイントでウダウダといつまでも探索しているのが面白い♪


ゲストは約1年ぶりの来店となるななおさん。
彼が来る日は必ず晴れっ!
空港にお迎えした時はやや曇っていたが、海に入る直前にはやっぱり晴れてきた~♪
ななおさんって晴れ男なんですね~(笑)
リクエストがイトヒキベラ類だったので、1本目はピグミーまで一気に向かう。
一度はまったくいなくなったピグミーもまた再び、小さな子が1匹着いた。
リクエストのイトヒキベラ類は今の時期はまり活発ではなく、ベニヒレイトヒキベラもピンクフラッシャーも特に婚姻色や求愛が見られるわけでもなく、ちょっと寂しい。。。
唯一、通称「イトヒキベラX(イトヒキベラ属の一種)」のみがバリバリの繁殖期なのだが、今日の1本目時はまったく婚姻色は見られず、全然活発ではなかった。
2本目は完全にヤドカリ・オンリーの1本になってしまった。。。
ななおさんにヤドカリの魅力を植えつけようと頑張ったのだが、今日はなかなか目的のヤドカリが見つからない。。。
ゼブラヤドカリの仲間やツノヤドカリ属の一種3、ミギキキヨコバサミ属の一種2などを見せたかったのだが、どういうワケか今日はまったく見当たらない!
エアー的にももう帰ろうかな~と思った頃、変な色のアカツメサンゴヤドカリを見つけた~!
何と各脚の色が白ではなくて紫色なのだ!!!(写真)
脚の先端がオレンジ色なのは変わらないが、脚は綺麗なパープル!
すげーこんな色バリもあったんだ。。。(-_-;)
これだけ綺麗なら超普通種・アカツメサンゴヤドカリも十分にネタになるっ!

生き物に関する事は別ブログ(フィールドノート)で行っております。
まだメチャクチャ未完成状態ですが、記事自体は問題なく読めます。
興味のある方はこちらもどうぞ。。。⇒屋久島・海ノート
この案内は1週間ぐらいで打ち切ります。
必要な方は屋久島・海ノートの方も別にブックマークしておいてくださいませ。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください