どこに行っても回遊魚!

【ポイント】 一湊タンク下/漁礁&ゼロ戦パッチ/お宮前
【水温】 21.9℃
【透明度】 10m
今日は次第に風が弱まり、少しづつ凪ぎていく海況を予想していたが、大外れ!
1日中、時化気味で落ち着かない海。。。
矢筈岬にも1日中、白波があたっていた。
表層の時化っぷりに対して、海中は案外静かで海の中ではなぜかのんびり潜れた。
でも、透明度は最悪。。。(-_-;)


1本目はリフレッシュダイビング。
4年ぶりのダイビングだというゲストが1人いたので、時化気味の「一湊タンク下」ではちと辛いかな。。。とも思ったが、案外すんなりとダイビングができたので一安心♪
午前中の「一湊タンク下」はかなり透明度が悪かったが、そんな中でもキビナゴの数がメチャクチャ多くて、エントリー直後から回遊魚との遭遇を確信。
思った通り、ヒレナガカンパチ20匹ぐらいの群れが現れ、ずっと浅場(-4m程度)でキビナゴと大戦争を繰り広げていた。
まったく動かなくても十分に楽しめるダイビングだった。
しかし、これは序奏に過ぎなかった!

kanpapa.jpg

2本目はもう1人加わって、ボートで「漁礁&ゼロ戦パッチ」ヘ。
こちらもエントリーするなり、50匹ぐらいのヒレナガカンパチやブリ、シマアジの連合軍がずっと僕らの周りを取り巻いたまま漁礁まで着いてきた。。。(-_-;)
最初はみんな「わ~い♪」と言った感じだったが、そのうち漁礁に着いた頃には飽きて完全無視!(笑)
つーか、むしろ邪魔なんですけど。。。(-_-;)
ずっと漁礁の周りをグルグル周っていて完全に水族館状態!
おかげで漁礁の魚たちが驚いちゃってオロオロしてるし。。。
ここの主役・ツバメウオの群がりを見せたかったのに、こいつら(回遊魚ども)のせいでその存在感はかなり薄かった。。。(泣)

oom.jpg

今日はいつもここにいる黄色いオモンイザリウオが見当たらず、代わりに赤い子がいた。
この子も前からここにいる子だが、最近は見かける事もなく、久々♪
さすがにこいつは回遊魚軍団にまったく恐れを感じていないようだった。(笑)

3本目は久し振りの「お宮前」
もう回遊魚軍団は飽きたので、ここではのんびり小物探しでも。。。と考えていたのだが、ここでも結局最後には30匹ぐらいのヒレナガカンパチ・ブリなどの連合軍にしつこく付きまとわれた。。。(-_-;)
ほんと、今日はずっと回遊魚づいた1日だった。
他のポイントではめっきり見られなくなっていたコブシメの産卵が、ここ「お宮前」ではオス&メス合わせて10匹ぐらいがウスサザナミサンゴの周りに集まり、産卵していた。
今年はどうもこの「お宮前」がコブシメ・ウォッチングのメインポイントだったようだ。。。


「どこに行っても回遊魚!」への2件のフィードバック

  1. 回遊魚に飽きる。
    屋久島ならではですね。
    錦江湾のイザリには腫瘍がでているものが
    目立ち始めましたが、屋久島の海はどうですか?
    海案内の出羽さんの写真展で見て、びっくりしました。

  2. ヒレナガカンパチやブリ&ヒラマサの「一湊タンク下」乱入は春の風物詩のようです。
    飽きたと言うよりは、邪魔!なんです!!(笑)
    イザリに腫瘍???
    どんな感じの腫瘍なんですか?
    心配ですね~環境問題との関連があるのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください