ゼロ戦の宝石キラキラはまだみたい。

【ポイント】 一湊タンク下
【水温】 21.5℃
【透明度】 15m
今日は風も緩み、天気も良く、なかなかのダイビング日和♪
いつになく「一湊タンク下」の駐車場が混んでいた。(と言っても車3台!(爆))
でも、そのほとんどは相変わらずスタッフダイビングの面々。。。
ほんと、屋久島にはダイバーが来ない。
今日は和江が花之江河に行ったのだが、そこで会った登山中の年配女性ダイバーに「えっ??屋久島でダイビングができるの??」と言われたそうな。。。(-_-;)
まだまだ認知度が薄い。。。

futairokun2.jpg

そろそろゼロ戦が「宝石キラキラ状態」になっているのではないかな。。。と思い、一気にゼロ戦にむかった。
「宝石キラキラ状態」とはフタイロハナゴイのチビが爆発している状態。
フタイロのチビは小さければ小さいほど美しい♪
特に蛍光ブルーのヒレが綺麗で、遠くから見てもそのあちらこちらでキラキラしている様には心を奪われる。。。
でも。。。ちょっと早かったみたい。。。
カシワハナダイやケラマハナダイのチビはあっちこっちに見られるが、フタイロくんはまったくいない。。。
ようやく1匹キラキラ見つけた~!!!(写真)と思ったが、かなり大きな子でガッカリ。。。
(多分、昨年生まれか?)
う~ん。。。フタイロのキラキラ満開♪はもう少し先かなぁ~

kuroribonnn.jpg

クロリボンスズメダイはすでに産卵期に突入している。
今日はやつの婚姻色(興奮色?)をはじめて見かけた。
頭部に縞々が入り、側線に沿って白いラインが入り込む。
この興奮状態で求愛しているのかと思いきや、どうも他の魚を追い払っているようだった。

kuroribonN2.jpg

頻繁にゼロ戦内部の産卵床と中層を行ったり来たりしているので、産卵床を覗いてみると。。。
すでに沢山の卵が産みつけられていた。(写真奥の白い部分)
これを守るのに必死なわけだ。
でも。。。いったい何から守っているわけ???(笑)
そんなに興奮して他の魚を追い立てても、誰も君の卵なんて相手にしているようには見えないけど。。。(-_-;)
でも、確かに焦るかも。
だって、このゼロ戦、前回(1ヶ月前)と比べても、確実に魚の数も種類も増え、そろそろゼロ戦のフレームが隠れそうな勢いだ。
冬場はスカスカだったのに、これから夏に向けてもっともっと魚の数が増え、収拾がつかなくなってくる。。。
帰りにオグロベラの産卵とイトヒキベラXの産卵を見た。
時間は15:30ぐらい。
相変わらず、午後の遅い時間の産卵が定番の連中だ。

itoxx.jpg

イトヒキベラXは最近、このLOGであまり取り上げていなかったが、別に見られないわけではなくて、むしろ、そこら中にこのイトヒキベラXがいるのが分って、新鮮さが薄れてきたのだった。(笑)
この1年ずっと観察してきて、最近はこのイトヒキベラXはTheイトヒキベラそのものじゃないか?という思いが強くなってきた。
つまり色彩パターンのひとつに過ぎないような気がしてきた。
今日はこいつが産卵したのだが、その相手(メス)はこいつ。。。

itoxx2.jpg

これってTheイトヒキベラだよね。。。(-_-;)
この場所にはこれぞTheイトヒキベラのオス!ってな子もいるのだが、メスや若い個体に関してはみ~んなこんな感じの子なのだ。
ただ、同じ1つの個体がこんな婚姻色になったり、Theイトヒキの典型的な婚姻色になったりするわけではない。
通常時も、個体個体によって色彩自体はまったく違う。
そうした2系統の色彩のTheイトヒキが同所的に見られるってのは未だに???なのだけど。。。


「ゼロ戦の宝石キラキラはまだみたい。」への2件のフィードバック

  1.  あひーっ!クロリボンの色がめっちゃステキ♪
    季節的には今くらい限定なんでしょうか。

  2. さすが、つねみさん。。。
    相変わらずの地味好きですね。。。(-_-;)
    > あひーっ!クロリボンの色がめっちゃステキ♪
    婚姻色(白いラインや縞)の事?
    夏場はよく卵を守っているから、 多分これから水温が高い時期はずっとこの婚姻色は見られるんじゃないかなぁ~?(今までこの興奮色は気づかなかったけど。。。(-_-;))
    ちなみに腹ビレ付近の黄色&青は普段から入っている色ですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください