初フィッシュアイは惨敗。。。

【ポイント】 一湊タンク下
【水温】 22.8℃
【透明度】 20m~
最近、翌朝更新が続いている。
今回も「昨日は~」と書かなきゃならないよ~!(笑)
え~昨日は~
でも、これって後から見た時にわけが分からなくなるので、「今日は」でいいっすか?
日付は当日のままだし。。。
え~今日は~(笑)
屋久島ダイビング事業者組合のサンゴ調査に参加する予定だったのだが、思い切り寝坊して行けず。。。


このサンゴ調査は環境省の委託で全国で行われているものらしい。
屋久島ダイビング事業者組合では屋久島・種子島近辺のいろいろな地点で何回かに分けて行っているみたいだけど、僕はまだ1回も参加した事がないっ!
普段は入るチャンスがあまりないようなポイントに入れるのでぜひ参加したいのだが、毎回ゲストがいて参加できなかった。(これって喜んでいい事なんだけどね。。。(笑))
今回はゲストもいないので、昨晩から普段はまったく使う気もないワイドレンズを付けて準備万端!張り切って参加する予定だったのだが。。。
取り合えず、せっかく付けたフィッシュアイレンズを外すのも面倒臭くなって、そのまま午後の遅い時間、一湊タンク下に。
もうワイドの時間じゃねーな。。。こりゃ。。。(笑)
このフィッシュアイはずいぶん前に購入したものなのだが、実際に付けて海に入るのは初めて。
マクロレンズで撮りたいものが山ほどあったので、なかなか。。。
でもダメだね。。。こりゃ。。。もっと長いアームを買わないと。。。
←ストロボの光とそれに照らされた砂や塵の舞い上がりが、両脇に思い切り写りこんじゃってる。。。(笑)
初フィッシュアイは惨敗に終わった。
マクロレンズに即刻、付け替えよっと!(笑)


今日はずっと砂地の真ん中にあるパッチリーフで撮影してたんだけど、ここにいる間ずっと周りを2匹の巨大なヒレナガカンパチがグルグル周ってた。
どうも目的はこのパッチリーフにいるホンソメワケベラのクリーニングを受けるためらしい。。。
しかし僕がいたからか、彼らはあまり近くには寄れず、パッチリーフの外縁を周ってた。
釣り人やダイバーにとって、こうした大型の回遊魚は大歓迎のお客さま(?)だが、どうもホンソメワケベラにとっても、そうらしい。。。
かなりの上客なのか、それまでクリーニングしていたミツボシクロスズメダイを置き去りにして、ヒレナガカンパチの方へヒョコヒョコと自分から寄ってった。
僕がクリーニングされているヒレナガカンパチにジワジワと近寄ると、少しづつ彼らはパッチリーフから遠ざかっていくのだけど、ホンソメくんはいっこうに止める気配はない。。。
気がつくと、ついにはパッチリーフの外縁からかなり離れた砂地のど真ん中あたりまでクリーニングを続けたまま移動しちゃった。。。(笑)
で、僕が「わ~!!!」とダッシュをかますと、ヒレナガくんたちはダッシュで逃げる。
もちろんパッチリーフとは逆方向にね。
でもホンソメくんはパッチリーフに向かって、僕が来た道をヒョコヒョコ・ダッシュで戻る。(笑)
そっか。。。
自分のクリーニングステーションを捨ててまで、ホンソメくんはヒレナガくんたちをクリーニングしたかったのね。。。
じゃー僕は退散するよ。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください