まだニタリがいるし。。。(・_・;

【ポイント】 永田灯台/観音
【水温】 23.0℃
【透明度】 20m
より黒潮に近い西部も一湊同様に透明度が悪く、水温も低かった。
完全に黒潮からは見放されている。。。


今日は永田で2本。
またニタリに会った。
今度はかなり長い時間目の前にいて、旋回も見せてくれたので、後からついてくるゲストも興奮していることだろう。。。そう思って振り返ると。。。
見てねぇ~し!(・_・;
「オツセ」改め「永田灯台」では、また深場へ降りたが、透明度が悪すぎてまた迷った。。。(^^;;
結果的には目的地には着底できたが、偶然くさい。。。(笑)
kuro_ake.jpg深場はやっぱりキンチャクダイの仲間の幼魚が旬だ。
トサヤッコ、ヤイトヤッコ、ヒレナガヤッコなどの可愛らしい幼魚があちらこちらに!
今日はドロップオフを落ちずに、気になっていたその横の急斜面から深度を下げたところ、結構魚影が濃くていい感じ。
アケボノハゼは相変わらず多い。
この斜面にはシラタキベラダマシのハーレムもあって、丁寧に見ていけば何やらいろいろと見つかりそうな感じがする。。。

kuro_nakasone.jpg浅場は安全停止に専念することが多く、-10m前後の場所をなかなかじっくり見ることができないのだが(笑)、こちらも丁寧に見ていけばいろいろと発見がありそうだ。
写真はナカソネカニダマシ。
久し振りに見たけど(一湊界隈では見たことがないため)、やっぱり綺麗なカニダマシだ。
2本目は一応、雰囲気の違うポイントにお連れしようと観音に行ったが、個人的には2本とも「永田灯台」でもいいなぁ~(笑)


Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください