水底、寒っ!

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 24.0℃
【透明度】 30m~
今日は朝から雨の1日だったのだが、海はベタ凪ぎ。
ダイブウォッチの電池切れで正確な水温は分からないのだが、心なしか昨日よりも寒く感じる。
-20m以深まで下がるとさらに冷え切っていて、かなり寒い。。。
水底に冷たい水がたまっていた。


今日は午後から1本。
珍しく一湊タンク下の駐車場は満員御礼。。。
昨日、見つけた極小アオサハギ(yg)を撮ろうと一気に-20mの砂地へ降りた。
しかし、砂地のミル(海藻)は一掃され、可愛いアオサハギのチビもいなかった。。。残念。。。
hotatennn.jpgそのまま砂地を沖へ進んでいると、いつものホタテツノハゼが思い切り出ていた。
いつもなら無視して通り過ぎるのだが、今日はなぜかカメラを向ける気になって近づくとまったく引っ込まない。。。( ̄ー ̄~)…..~~アレ~~
水温が上がると警戒心は弱くなってバンバン外に出てくるのだが、今日の水底はやや冷たい水が入り込んで寒々しい感じだったので、スグ引っ込むとばかり思っていたので、ちょっと面食らった。
ほとんど最短に近いくらいまで寄れたけど、かなり大きな個体なので、もちろんバック。。。(笑)
ほんと、アホみたいに良い子だった。。。
3rencyan.jpgこの時期にチビたちが目立ち始める種類はいろいろいるのだが、そんな魚たちが一同に集結!!(笑)
ハナゴンベ、タテジマキンチャクダイ、セソコテグリのチビが一気にフレームの中に入っていた。(^^;;
ハナゴンベの極小チビはよく見られるお宮前ではすでに出始めているが、タンク下では今季初。
もともとタンク下はハナゴンベが棲んでいないポイントで、流れてきた幼魚~若魚のステージの子が年間4-5匹見られる程度とかなり貴重な存在だ。
しかし、お宮前と違って、警戒心は強くなかなか寄らせてくれない。。。
単独で棲んでいるような子は自分の身を守るのに必死だ。


Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください