目的もなくただタラタラと。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 25.0℃
【透明度】 20m~
-10m以浅は何かサーモクラインが凄い。
魚がボヤ~と見えるので、マスククリアするのだが、相変わらずボヤ~としている。。。
おかしいな?と思いよく見ると辺りが一様にボヤ~(-_-;)
さらに水深を下げると暖かいのだが、浅場は何か冷たい。。。


今日はただ目的もなくダラダラと砂地を赤灯台方面へ。。。
何か変わった生き物はいないか探すが、特に何も会えなかった。
漁港入り口に近くなる奥の方はかなりの泥になっているかと思いきや、むしろ通常のダイビングエリアの方が泥化は凄かった。
よく考えたら、こっちの方が内湾だもんな。。。今頃気づいた。。。(^^;;
isomontori.jpgゴマモンガラやキヘリモンガラ、モンガラカワハギ、ツマジロモンガラなどが繁殖期に入り、同時にツマジロモンガラなどの幼魚も目にするようになってきた。
大抵は警戒心がメチャクチャ強く撮りにくいのだが、今日はとても良い子なイソモンガラのチビに出会った。
この仲間の幼魚ではモンガラカワハギ(yg)が奇抜な体色をしていることもあり、最も人気があるようだが、イソモンガラ(yg)だって負けてはいない。
体側は鮮やかな黄色でそこに蛍光ブルーの斑点が綺麗だ。
そして何と言っても可愛い!!
モンガラカワハギの幼魚に比べてちょっと人気の面で落ちるが、いやいやどうして、イソモンガラの幼魚もかなり可愛い。。。
砂地に転がっていた大きな貝を隠れ家にしていて、驚かすと中に入ってしまうのだが、結構寄れた。
とてもいい子だった。
honsomesome.jpg午後1時ジャストくらいにホンソメワケベラの産卵が見られた。
だいたい正午前後(11-1時)に産卵するので、その産卵はかなり高頻度で見られ、ベラの産卵写真にしては撮りやすい。
でも、ベラの産卵って、スチールで撮ってもあまり面白くない。。。
どうしても産卵上昇中のペアを追うと、こんな写真しか撮れないのだ。
何か面白い撮り方はないだろうか。。。?( ̄へ ̄|||) ウーム


Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください