流れ藻がウジャウジャ

【ポイント】 お宮前/一湊タンク下No.3
【水温】 24.8℃
【透明度】 20m
何かまた潮が変わったようで、水中は細かい浮遊物が。。。(・_・;
黒潮は依然として安定しないようだが、今回は潮が変わって一湊周辺には流れ藻があちらこちらに浮いている。


今日は午後到着のゲストを待って、遅い時間から2本。
空は厚い雲に覆われていたことと、夕方近かったので水中は昨日以上に暗~い。。。(^^;;
お宮前では今までなかった-15m付近に何やら新たなスミレナガハナダイのハーレムができていた。
オスも3匹ぐらいいて、ちょっとビックリ!
浅っ!
浅場のアオギハゼはいつの間にか極小チビが増える時期になっていた。
1cmにも満たないチビが群れの大多数を占めるような感じ。。。
2本目、ゼロ戦にエントリーする頃には水中はかなり暗かった。
ゼロ戦のアザハタは2匹のメスは共にお腹は卵でパンパン!
日没前後には産卵が見れそう。。。(見たい。。。(◎-◎;)!!)
フタイロハナゴイやケラマハナダイも求愛が激しかった。
一時減ったフタイロハナゴイのチビはまたまた増えてきた。
クロホシイシモチもそこらじゅうでペアリング。
メスのお腹が大きな個体も多く、卵を咥えているオスも多い。
ニシキフウライウオはまだまだ卵を抱えている。


Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください