悪魔くんはまた撮れず。

【ポイント】 元浦
【水温】 23.9℃
【透明度】 10m
相も変わらず、北部でベタ凪ぎなのは元浦のみ。
一湊湾内は北西の風に晒されて、時化気味なのは変わらず。
また元浦で「元浦ならでは”普通種”」と戯れるか。。。


昨日、エクジット間際に見つけたルリスズメダイのチビちゃん♪
サイズは1.5cmぐらいなんだけど、こうして接写しちゃうと成魚とあまり変わらない気が。。。(汗)
元浦は元々ルリスズメダイが多いところなんだけど、僕があまりここに入らなかったからか、幼魚を見ることは今までなかった。
これだけ成魚がいるんだから、探せばもっといるんだろうね。。。きっと。


1ヶ月前の10月13日に元浦に入ったときに見つけたアミチョウチョウウオの幼魚。
わ~い!いくつかの時化を経て、無事に生き延びていたんだねぇ~♪
しかし、かなり大きくなって、もう幼魚とは言えないけど。。。
その後、この子を撮るために元浦に入ったりしたのだが、見つからなかったのに。。。
いったいどこに隠れていたんだ???


ニジギンポは体色をコロコロ変える。
何かに着いている時はメチャクチャ地味なのに、中層でホバーリングしている時は白と黒のラインが綺麗に出ていたりする。
遠目にはカモハラギンポと間違えそうにもなる。。。(笑)
しかし、可愛いねぇ~♪
どんどん追い詰めていったら、折れた鉄パイプの中に入っちゃった!顔だけ出して。。。


浅場の悪魔くん・テンジクスズメダイは今もまだ繁殖期。
巨大なオス(20-25cmはあるっ!)は卵を守っていたり、メスに求愛したり。。。
ところでこのテンジクスズメダイ、繁殖や求愛の時間がどうも夕方のようだ。
というか、活動が激しくなるのが夕方のようで、日中は物陰に隠れているんじゃないかなぁ~
というのも、明るい日中はあまりその姿を見かけないのだが、彼らに会うのは必ず決まってエクジット間際の薄暗い時。
そして、オスは例の悪魔のような怖~い婚姻色!
今日は必ずその婚姻色を撮ってやる~!!と燃えていたのだが、もう辺りは暗くなかなかピントが定まらない。
岩陰に逃げ込んだ時はもうすでに時遅し。。。写真のような婚姻色褪めかけの状態となってしまうのだった。。。
それでも、黒くなっちゃう体色には驚きでしょ?(参考→テンジクスズメダイ
これにさらに目の下あたりに白い白線が体側にそって浮き出る。
これがかなり怖い形相なんだわ。。。(恐)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください