一湊タンク下でマンタ!!!!(・・;)

今日も一湊タンク下はコブシメの産卵がお盛んだったのだが、今日一番のヒットはマンタ!!!!!!!
一昨年、永田のオツセで見て以来、2回目の遭遇だった。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1
【水温】 24.0℃ / 21.0℃ / 23.0℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもりのち晴れ
【潜水時間帯】 8:47-9:33 / 10:36-11:20 / 12:39-13:32
【潮まわり】 07:53 218cm 満潮 / 14:31 -2cm 干潮 / 中潮(月齢:2.2)
【日の出・日の入】 日出05:29 日没18:59

GWのファンダイビングのお客様、最後の1組Sさんご夫妻の最終日。。。
このお二人は海況に恵まれて、一通りよく潜るポイントには入ることができた。(^^)

今日も一湊タンク下はコブシメの産卵がお盛んだったのだが、今日一番のヒットはマンタ!!!!!!!
一昨年、永田のオツセで見て以来、2回目の遭遇だった。
しかも、今回はホーム一湊タンク下での遭遇!!!このポイントでは初だ。(^^)

これもこの時期の風物詩。。。
水底から湧き上がる煙のようなもの。。。何かの幼魚が一斉に孵化したのか?と一瞬思ったけど、よく見るとアミ類(小型甲殻類)だった。
これがまた幻想的な光景だったりする。


GWも後半戦突入!

令和になってGWも後半戦だ。
水温は相変わらず高く、天気もいいっ!

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.2 / お宮前
【水温】 24.0℃ / 24.6℃ / 25.0℃
【透明度】 25m
【海況】 やや時化
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 9:06-9:51 / 11:03-12:01 / 13:57-14:45
【潮まわり】 05:32 199cm 満潮 / 11:55 50cm 干潮 / 17:53 192cm 満潮 / 中潮(月齢:26.8)
【日の出・日の入】 日出05:33 日没18:56

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
令和になってGWも後半戦だ。
水温は相変わらず高く、天気もいいっ!
この時期としては最高のコンディションだ。

コブシメの大産卵は今日も繰り広げられていたが、この中にコウイカのペアも混じっていた。
でも、2匹はしっかりコブシメとは別に愛を育んでおり、交雑する様子は見られなかった。
でも、なぜわざわざ近似種のコブシメがたくさん集まる場所で同じような産卵行動をしようとするのだろう。。。謎。(笑)


GW初日は時化の海。

GW初日は時化の海。
ニゴニゴの海。

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 20.6℃ / 21.2℃ / 21.2℃
【透明度】 15m / ~10m
【海況】 時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:57-10:00 / 11:09-12:00 / 13:36-14:29
【潮まわり】 07:16 127cm 干潮 / 11:46 146cm 満潮 / 小潮(月齢:21.8)
【日の出・日の入】 日出05:38 日没18:52

GW初日は時化の海。
ニゴニゴの海。

どんな海でも楽しめるポジティブなお客様で良かった!^^;


今日のうちに主要ポイントを。。。

今日は一湊湾内がベタベタに凪ぎ、どこでも行けそうな海況だった。
明日から北西の風が強く吹き、かなり海が時化そうだったので、今日中にいけるポイントは押さえておこうという事に。。。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.2
【水温】 22.0℃ / 21.6℃ / 22.0℃
【透明度】 30m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:49-9:45 / 10:56-11:39 / 13:08-14:06
【潮まわり】 04:14 156cm 満潮 / 09:58 115cm 干潮 / 14:46 143cm 満潮 / 小潮(月齢:23.5)
【日の出・日の入】 日出06:10 日没18:35

久々のファンダイビングのゲスト。
ゲストは中学校の教師の方で「春休みを利用して。。。」と言っていたので最初は学生さんかと思った!!!(笑)

今日は一湊湾内がベタベタに凪ぎ、どこでも行けそうな海況だった。
明日から北西の風が強く吹き、かなり海が時化そうだったので、今日中にいけるポイントは押さえておこうという事に。。。

今年はお宮前の-20m付近の魚だまりにあるハナガタサンゴでもコブシメの産卵が盛んのようで、よくこの水深でコブシメを見かけていた。(通常はこの深い水深ではあまりコブシメは見ない)
今日は産卵をしているような感じではあったが、産卵自体はまったく見られなかった。

でも、この魚のメチャ多い賑やかな場所で産卵をするのだろうか。。。(・・;)
昔からメインの産卵場所としてコブシメたちが集まっていた-12m付近のウスサザナミサンゴはもはや死にかけており、風前の灯。。。
仕方なく、この水深まで降りてきたのかもしれない。。。


またまた水温が下がってきた。。。(・・;)

常連ゲストIさんのリクエストは依然としてツノザヤウミウシの仲間。
今日もこれを探しに-30m付近まで下りてコケムシの仲間を探しまくり。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 21℃ / 21℃
【透明度】 10m
【海況】 時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:55-9:53 / 11:14-12:09
【潮まわり】 08:55 212cm 満潮 / 15:20 6cm 干潮 / 中潮(月齢:17.5)
【日の出・日の入】 日出06:17 日没18:31

常連ゲストIさんのリクエストは依然としてツノザヤウミウシの仲間。
今日もこれを探しに-30m付近まで下りてコケムシの仲間を探しまくり。。。

水温がガンガン下がってる。。。


突然の大時化!(・・;)

午前中はまずまずの海況だった一湊湾内は午後から急変!
一気に時化海に。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 21.0℃ / 21.6℃
【透明度】 15m
【海況】 時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:32-12:32 / 14:01-15:08
【潮まわり】 08:23 218cm 満潮 / 14:41 4cm 干潮 / 大潮(月齢:16.5)
【日の出・日の入】 日出06:18 日没18:30

午前中はまずまずの海況だった一湊湾内は午後から急変!
一気に時化海に。。。

2-3cmサイズのカグヤヒメウミウシがメチャ目立つ。

コケムシはワレカラやヨコエビの仲間に征服された。


またまた23℃超!

またまた水温が激上昇!
昨日は21℃前後だった水温がまたまた23℃台に乗った!

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 23.4℃ / 23.2℃
【透明度】 25m
【海況】 やや時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 13:23-14:07 / 15:08-15:45

日出06:25 日没18:27
正午月齢10.5
潮名 若潮
04:46 174cm 満潮 / 10:33 97cm 干潮 / 15:59 174cm 満潮

昨日は完全クローズの一湊湾内もいくらか回復傾向で、今日は一湊タンク下周辺だけは潜ることができた。

またまた水温が激上昇!
昨日は21℃前後だった水温がまたまた23℃台に乗った!
う~ん。。。超暖かい!とか思っていたけど、ウェットスーツのお客様たちはちょっと寒がっていた。^^;

写真は一湊タンク下界隈に棲んでいて、しょっちゅう目にするタイマイの若い個体。
脇にはタグが付けられている。

よくアカウミガメなんかは産卵のために上陸したメスにタグを付けたりするけど、こいつはまだ繁殖能力もなさそうな若い個体。
いったい、どこで何のためにタグを付けられたんだろ。。。?


ウミウシ探し

もはや、うちの一番の常連さんとも言える、Nさんご夫婦が今年、初来島。
相変わらず、コケムシに着くウミウシ(カンナツノザヤウミウシやツノザヤウミウシ)が一番のリクエスト。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 20.2℃ / 20.4℃
【透明度】 15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:25-12:13 / 13:55-14:51
【潮まわり】 10:08 190cm 満潮 / 16:24 55cm 干潮 / 中潮(月齢:5.3)
【日の出・日の入】 日出07:02 日没18:01

もはや、うちの一番の常連さんとも言える、Nさんご夫婦が今年、初来島。
相変わらず、コケムシに着くウミウシ(カンナツノザヤウミウシやツノザヤウミウシ)が一番のリクエスト。
今回はそこそこ水温も下がってきたので、前回よりは見つかる可能性も高いかと思っていたのだが、まったく見つからない。。。(・_・;)

コケムシ自体が前回に比べて全然見られないのだ。
たまに見かけるコケムシの上にいるフジタウミウシ属の一種をと撮ってみると、周りにはワレカラの仲間がいっぱい!
あえて(?)ワレカラの方にピントを合わせてみると、2匹のお母さんと、それぞれの子どもたちがウジャウジャ。。。


10年越しの念願がついに!

これでようやく和名が付きそう!(^^)
依然として屋久島以外からの記録はないので、「ヤクシマ~」を冠する和名になることを期待!(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 22℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 11:46-13:04
【潮まわり】 07:02 185cm 満潮 / 12:44 91cm 干潮 / 18:03 186cm 満潮 / 大潮(月齢:28.0)
【日の出・日の入】 日出07:07 日没17:55

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
鹿児島大学の本村研所属の2人が日帰りで来島した。
ずっと来島の機会を狙っていたのだが、ずっと時化続き。。。ようやく来島することができた。

目的は昨年末から複数匹の生息を確認していたハイフィンカージナルフィッシュの日本初記録論文を書くため。
一緒に潜って、その状況を見せたのだが、「生きて泳いでいる状態を初めて見た!」と興奮していた。(^^)

-15m付近にかなり大きな2つの群れを確認していたのだが、両方とも今日はあまり大きな群れには見えなかった。
多分、水温が下がり、活性が落ちたからだろうか。。。?
多分、岩の下の方に隠れているのだと思うけど、今日は成魚を2-3匹、幼魚(若魚)を1匹見かけただけだった。

この魚は10年以上前に初めて屋久島で見つけて、その後もちょくちょく見かけていたのだが、なかなか形にすること(学術的な記録にすること)はできなかった。
それがようやく形になりそうで、僕も肩の荷がおりたというか、ちょっと安心した。(^^)

これでようやく和名が付きそう!(^^)
依然として屋久島以外からの記録はないので、「ヤクシマ~」を冠する和名になることを期待!(笑)
今年の11月くらいには学術誌に投稿するとの事。
楽しみだ~!!!

しかし、屋久島ではちょくちょく見つかるのに、依然として他所では見つからないのはなぜだろう。。。?
大きく派手な魚なんだけどなぁ。。。ホント不思議だ。
どんなルートで流れてくるんだろ。。。?


もはや、ハイフィンカージナルフィッシュは普通種。。。

代わりに別のハイフィンカージナルフィッシュのさらに大きなハレムを見つけてしまった!!!

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 21℃ / 21℃ / 21℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 10:07-11:14 / 11:37-11:58 / 14:46-15:55
【潮まわり】 08:47 197cm 満潮 / 14:33 91cm 干潮 / 中潮(月齢:2.0)
【日の出・日の入】 日出07:15 日没17:33

2019年の初潜りは一湊タンク下に沈めてある2台の水温計の回収だった。

昨年は記録に残る大きな台風があり、そのせいで水中も酷く撹乱されたので、見つかるかメチャ不安を感じながらエントリー。

案の定、水温計は2台ともすんなりとは見つからず、9年やっていて初めて水温計回収にタンク2本を費やしてしまった。。。
結局、あれだけ時化てもほとんど場所は変わっていなくて、砂や石に埋もれてしまいスグに見つけることができなかったのだ。

何はともあれ無事に回収できて良かった。。。

2週間ぶりに潜ったのでやっぱりイカ釣り用のエギが沢山落ちていた。
屋久島の海は人工的な生活ゴミがあまり落ちていないので、派手で明らかに人工物だと分かるエギはかなり目立つ。
もはや、この時期の海の風物詩だ。(笑)

途中で昨年末に見つけたハイフィンカージナルフィッシュ(和名なし)のオス1匹、メス4匹のハレムをチェックしに行ったのだが、これがなかなか見つからない。。。
代わりに別のハイフィンカージナルフィッシュのさらに大きなハレムを見つけてしまった!!!
今度は前に見つけた岩よりも大きく、イソギンチャク+クマノミがいて、ソラスズメダイやキンセンイシモチなども多数群れるちょっと華やかな「根」とも呼べる場所だった。

前に見つけた場所はスグ近くだとは思うのだが、こっちの方が断然多い!!!
多分、オスメス合計10匹以上はいそうだった。

ハイフィンカージナルフィッシュは多分、状況に応じて体に縦の縞々が入る個体もいるようなのだが、これまで見たことはなかった。
しかし、ここにはその縞々個体も数匹いた。

しかし、これどういう事なんだろ??
もしかして、前からこの環境に普通にいたって事かな?
それともたまたま今年は当たり年って事?

これだけいるのに、なぜ他の地域では見つからないんだろ。。。?
不思議だ。。。


2018年の潜り納め。

明日から10日間ほど帰省してきます!
屋久島に帰ってくるのは来年の1月4日ですが、メールや電話等は受けることができます。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 22℃ / 22℃ / 22℃
【透明度】 ~20m
【海況】 時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:45-9:35 / 11:06-12:22 / 14:06-15:13
【潮まわり】 08:23 223cm 満潮 / 14:13 79cm 干潮 / 中潮(月齢:16.8)
【日の出・日の入】 日出07:12 日没17:22

常連ゲストSさんの2日目。
今日も一応、ウミウシ探しオンリーのガイドをしたのだが、相変わらずウミウシいないっ!(・・;)
見ているところが悪いのかもしれないけど、多分、僕の目もヤバイ。。。
どういうわけか今、屋久島の海はパット見で目につくウミウシがほとんど見当たらないため、5-10mm程度のウミウシを探すことになるのだが、目が追いつかない。。。現在、僕は老眼が進んでいて小さいものを見ていると目がショボショボして疲れてくる。。。
いや、これウミウシが見つからない言い訳じゃないです!これマジ!(笑)
結局、ウミウシ好きのSさんを満足させるガイドができなくて悔しい潜り納めになってしまった。。。(^_^;)

明日から10日間ほど帰省してきます!
屋久島に帰ってくるのは来年の1月4日ですが、メールや電話等は受けることができます。

それでは良いお年を!(^^)


無事に任務完了!(^^)

このスミツキオグロベラ、生息水深がやや深く、なかなか寄らせてくれず、しかも延々と逃げまくるので、僕の中ではベラの中でも最上級に撮影が難しいという認識だった。
なので、僕もまともな写真はいまだに撮れていない。。。
さすがに加藤さんでもちょっと無理だろう。。。そう思っていたのだが、2人で追いこんだら最短撮影が可能なくらい寄れた!(笑)マジか!!!!(・・;)

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 22℃ / 22℃
【透明度】 20m(浅場は~10m)
【海況】 時化気味
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:03-9:57 / 11:21-12:22
【潮まわり】 09:10 87cm 干潮 / 15:25 190cm 満潮 / 中潮(月齢:10.8)
【日の出・日の入】 日出07:08 日没17:19

師匠・加藤さんの最終日。。。
加藤さんの今回の目的は、未記載種(=新種)になるのでは?と考えているイトヒキベラの仲間の観察、そしてスミツキオグロベラの撮影だ。
前者はこの2日間でかなり目的は果たせたようで、さらに今日は軽く興奮色になって求愛や牽制をするオス、そしてメスも数多く撮れ、目的は達成できている。
しかし、後者のスミツキオグロベラに関しては2日間通ったが、いまだまともな写真は撮れていなかった。

このスミツキオグロベラ、生息水深がやや深く、なかなか寄らせてくれず、しかも延々と逃げまくるので、僕の中ではベラの中でも最上級に撮影が難しいという認識だった。
なので、僕もまともな写真はいまだに撮れていない。。。
さすがに加藤さんでもちょっと無理だろう。。。そう思っていたのだが、2人で追いこんだら最短撮影が可能なくらい寄れた!(笑)マジか!!!!(・・;)

どれくらい寄れたかというと、僕がコンデジ(TG5)でこんな写真が撮れるくらい!(@_@;)
しまいには顕微鏡モードでも撮れくらい寄って撮れた。。。


一番上がアオスジオグロベラ、2番目、3番目がスミツキオグロベラ。
ともに水深-30m付近に生息する深場のベラだ。

師匠と2人で追いかけながら撮影してたら、なんと水底を-14m付近まで上がってきた。。。
こいつらにはテリトリーというものはないのだろうか。。。(・・;)

最後の最後にはピタッと止まってそれ以上浅い場所には上がらなくなった。
きっとこの先には目には見えない彼らの禁断の壁があるのかもしれない。。。


大時化の2日目。。。

今日はかなりの大時化だった。
風が北西に変わり、潜れたのは一湊タンク下のみ。。。それとてかなりのウネリだった。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 22℃ / 22℃
【透明度】 20m~(浅場は~10m)
【海況】 時化
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:05-9:48 / 11:22-12:32
【潮まわり】 07:57 84cm 干潮 / 14:34 183cm 満潮 / 若潮(月齢:9.8)
【日の出・日の入】 日出07:08 日没17:19

師匠・加藤さんの2日目。
加藤さんのリクエストのひとつがスミツキオグロベラだったのだが、ホーム「一湊タンク下」の深場斜面でこの魚を見かけたのはずいぶん前の話だったので、正直もういなくなったのでは?と思っていたのだが、昨日は1匹見つけた!
しかし、加藤さんにそれを教えることができず、今日はリベンジが最大の目的。。。

今日はなんとか加藤さんに認識させることはできたのだが、遠くからしか撮ることができなかったようで、明日もこの深場斜面行きが決定。。。^^;

今日はかなりの大時化だった。
風が北西に変わり、潜れたのは一湊タンク下のみ。。。それとてかなりのウネリだった。

でも、まぁ、ゲストは加藤さんのみなので、当然、決行!(笑)
でも、意外に水底は揺れてなかった。
浅場の濁りはかなりすごかったけど。。。^^;


4年ぶりに師匠が来島。

僕の修行時代、生物観察や水中写真をイチから教えてもらった師匠・加藤さん(八丈島Regulus Diving)が4年ぶりに遊びに来てくれた。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 22℃ / 23℃ / 23℃
【透明度】 20m(浅場は~10m)
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 9:45-10:46 / 12:08-13:15 / 15:07-16:09
【潮まわり】 06:44 75cm 干潮 / 13:37 179cm 満潮 / 長潮(月齢:8.8)
【日の出・日の入】 日出07:07 日没17:19

僕の修行時代、生物観察や水中写真をイチから教えてもらった師匠・加藤さん(八丈島Regulus Diving)が4年ぶりに遊びに来てくれた。
僕が八丈島にいた15年以上前と比べて、体力・気力はもちろんのこと、外見もまったく老けないことに恐ろしさすら感じる。。。(・・;)

今回、遊びに来てくれたのは、国内では屋久島近海で最も多く見られ、未記載種(=新種)になるのでは?と考えているイトヒキベラの仲間の観察と、スミツキオグロベラの撮影が目的だったのだが、よくよく聞いてみると、ここ1-2年で急激に僕のダイビング業界における露出や話題性が落ちているといって心配して来てくれたみたいなのだ。。。

すごい。。。
もう加藤さんのもとを卒業して15年くらいは経つのに、いまだに気にかけてくれていることに感激してしまった。

1日目の今日は未記載種になると思われるイトヒキベラXの観察&撮影がメイン。
2本目の帰り際にまたまたハイフィンカージナルフィッシュを見つけた!!!
しかも、今回はすごくて、立派な成魚オス1匹とメスが3匹の小さなコミュニティ。。。

この魚、実はいまだに国内では屋久島以外からの報告は一切ないのだが、なぜか屋久島ではこれまでに10個体以上見つかっている。
当然、まだ標準和名はなく、ハイフィンカージナルフィッシュと呼んでいるのだが、そろそろ和名が欲しいよね。。。^^;


青々とした夏のような海

とにかく透明度と明るさが12月とは思えない。。。青々とした夏のような海でダイビングできている。
でもゼロ戦に到着してみると、やっぱり冬なんだと気づく。その魚影が薄いのだ。。。(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1
【水温】 24.6℃ / 24.6℃ / 24.6℃
【透明度】 30m~
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:51-9:32 / 10:40-11:24 / 12:54-13:38
【潮まわり】 05:01 193cm 満潮 / 10:58 77cm 干潮 / 16:52 206cm 満潮 / 中潮(月齢:26.4)
【日の出・日の入】 日出06:59 日没17:16

ゲストFさんご夫妻の2日目。。。
今日もベタ凪ぎ&快晴だ。(*^^*)

とにかく透明度と明るさが12月とは思えない。。。青々とした夏のような海でダイビングできている。
でもゼロ戦に到着してみると、やっぱり冬なんだと気づく。その魚影が薄いのだ。。。(笑)


カンナツノザヤウミウシ

このご夫妻、「一湊エリア一択!」というリクエスト以外にもうひとつリクエストがあった。
それは「またカンナツノザヤウミウシが見たい!」というもの。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 24.2℃ / 24.2℃
【透明度】 30m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:56-9:38 / 11:10-12:17
【潮まわり】 08:30 229cm 満潮 / 14:21 85cm 干潮 / 中潮(月齢:17.4)
【日の出・日の入】 日出06:52 日没17:17

常連ゲストIさん夫妻の最終日。。。
結局、ずっと天気はよく海はベタ凪ぎのまま3日間が終わりそうだ。(^^)

このご夫妻、「一湊エリア一択!」というリクエスト以外にもうひとつリクエストがあった。
それは「またカンナツノザヤウミウシが見たい!」というもの。
しかし、この2日間、宿主のコケムシは少しづつ増えてはいるけど、カンナ自体には一切出会えなかった。

これもまだ水温が高いからだと納得してもらっていたのだが(笑)、他店のブログで「ツノザヤウミウシ系がかなり出てます!」という記事を見つけてしまった!(;゚Д゚)
見つけてくれないと次回はそのお店に行く!と脅迫されたので、今日は背水の陣をひいて、いつも以上に必死にリクエスト生物探しを行った。。。(笑)

いや~「かなり出てます!」は言い過ぎだろっ!(^^;;
だって、真冬に比べても宿主はずっと少ないもん!!!

きっと今の時期いるようなやつは超極小に違いないっ!と思っていたら、最初に奥様のYさんが見つけたTheツノザヤウミウシはちょっといるのが分かっていてもどっちが前なのか分からないほど小さな個体だった。。。やっぱりね。。。

そう思いつつ、その周辺をちょっと探してみると、いた~!!!!
気持ち悪いほど超巨大なカンナツノザヤウミウシが3個体グチャッと固まってコケムシに付いていた。。。でかいのいるじゃん。。。(◎_◎;)
もはやその重みでコケムシがしなって倒れてしまうくらい。(笑)

う~ん。。。それでもやっぱり「かなり出てます!」というレベルじゃないと思うなぁ。。。
真冬はもっといるもん!(笑)

いずれにしてももう年齢的に5mm程度の大きさだとちょっと目視では見つけるのは困難になってきたかも。。。ヤバっ!



一湊エリアのみ!というリクエスト

連休2日目。。。
今回、常連Iさん夫妻のリクエストは、「一湊エリアのみ!永田エリアは無しで!」だった。(笑)

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 24.0℃ / 23.8℃ / 24.2℃
【透明度】 25m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:55-9:50 / 11:06-12:11 / 13:40-14:37
【潮まわり】 07:47 231cm 満潮 / 13:40 79cm 干潮 / 大潮(月齢:16.4)
【日の出・日の入】 日出06:51 日没17:17

連休2日目。。。
今回、常連Iさん夫妻のリクエストは、「一湊エリアのみ!永田エリアは無しで!」だった。(笑)
現在、永田の葵丸がずっと一湊港にいるため、なかなか永田に行きにくいこともあって、実はこのリクエストは非常に助かる!(^^;)
要はiさん夫妻は潮に翻弄されることなく、のんびり潜りたいという事なんだろうけど、この時期の天敵は水温!!!
のんびり潜っていると寒くなってきてしまう。。。なんてこと恐れていたけど、杞憂に終わりそうだ。

今日の水温はまたまた24℃オーバーで、しかも陸上も暖かいので(というかちょっと暑いくらい)、全然寒さは感じなかった。(^^)
オマケにベタ凪ぎだ。
ホント、のんびり潜れた。


まだ11月なのに。。。

世間では連休なのかもしれないけど、11月の連休ともなると屋久島の海はかなり空いている。。。(^^;)
うちも今日のゲストさんは常連さん2名のみ。。。(^^;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 23.0℃ / 23.4℃
【透明度】 15m
【海況】 やや時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 11:25-12:22 / 14:22-15:10
【潮まわり】 07:05 228cm 満潮 / 13:00 74cm 干潮 / 18:41 229cm 満潮 / 大潮(月齢:15.4)
【日の出・日の入】 日出06:50 日没17:18

世間では連休なのかもしれないけど、11月の連休ともなると屋久島の海はかなり空いている。。。(^^;)
うちも今日のゲストさんは常連さん2名のみ。。。(^^;)

ゲストさんとしては空いててラッキー!なのかもしれないけど、うち的には死活問題だ!
まだ11月なのに~!!!!今年はちょっと低めだけど水温もまだ23-24℃はある!!!!
なぜに屋久島にはダイバーが来ないんだろう。。。年々減っているような。。。(;゚Д゚)

連休初日の今日は海もやや時化気味。。。とはいってもかなり静かになった方で、明日以降は多分、もっと静かになるに違いない。
天気はよくて暑いくらいだった。。。


激流の日にドライへ衣替え。。。

昨日もヘタったロクハンでもまったく寒さは感じなかったけど、修理中だったドライスーツが返ってきたので、今日からドライに衣替えすることにした。
ところが、今日は1本目のゼロ戦から超激流の海だった!(;゚Д゚)

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / 一湊タンク下No.2
【水温】 23.6℃ / 23.8℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れのちくもり
【潜水時間帯】 8:59-9:39 / 10:53-11:58
【潮まわり】 09:10 85cm 干潮 / 15:46 192cm 満潮 / 中潮(月齢:10.4)
【日の出・日の入】 日出06:46 日没17:20

常連ゲストFさんの2日目。
昨日もヘタったロクハンでもまったく寒さは感じなかったけど、修理中だったドライスーツが返ってきたので、今日からドライに衣替えすることにした。
ところが、今日は1本目のゼロ戦から超激流の海だった!(;゚Д゚)
ブイ・ロープまで泳ぐのすら大変だったので、ずっとブイ下で遊び、ゼロ戦には行けないほどだった。

さすがに2本目のタンク下は大丈夫だろうと舐めていたら、こちらも沖の方はそこそこ流れていて、写真撮影どころではなかった。
それよりも今季、初ドライだったこともあって、なんか今日のダイビングはメチャクチャきつかった!(^^;)

汗もかいたし、もう一度ロクハンに戻したい気分。。。


動画でキャンドル・ナイト!

いつの間にか全国区になっていて驚いてる「キャンドル・ナイト」をTG5の動画で撮ってみた。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1
【水温】 23℃ / 23℃ / 23℃
【透明度】 ~15m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもりのち雨
【潜水時間帯】 9:34-10:31 / 11:26-12:24 / 13:50-15:02
【潮まわり】 09:57 202cm 満潮 / 15:41 112cm 干潮 / 中潮(月齢:4.4)
【日の出・日の入】 日出06:41 日没17:23

いつの間にか全国区になっていて驚いてる「キャンドル・ナイト」をTG5の動画で撮ってみた。

ここ1ヵ月くらい、毎回浅場でトライしているんだけど、TG5のオートフォーカスだとなかなか意図したところ(最前面の個体)にピントが合ってくれず悪戦苦闘!

それと自然光を入れ過ぎると綺麗な蛍光ブルーが出ず、真っ白くなってしまう。。。
逆に暗すぎると何だかよく分からない動画になってしまうし。。。(^^;;

何とか最前列の個体にピントが合った動画が撮れたので、とりあえず公開。(笑)

もう少し海が静かな時に撮ると、もっと幻想的で雰囲気のいい動画になるんだけどね。。。
もう少し試行錯誤してみます!


ちなみにたまにチラチラと写ってる白黒縞々の触角みたいなやつ。。。
これ、昔から「キャンドル・ナイト」を撮影していると必ずフレームインしてくるやつで「邪魔だな~!」とか思っていたんだけど、驚愕の事実が判明!

こいつはこのヒドロ虫と共生しているエビらしく、このエビがせっせとキャンドルナイトを育てているのだそうな。。。(;゚Д゚)

つまり「邪魔な存在」どころか、こいつがいないと「キャンドル・ナイト」自体が存在できない(=撮れない)、というものだったのだ。。。


最大90cm。。。(^^;)

予約時からタイドプールをリクエストしていたのだが、潮周りが悪く、滞在中最も潮が引く今日でも最大90cm。。。(^^;)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.2 / 春田浜タイドプール
【水温】 23.6℃ / 23.4℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:47-9:39 / 10:50-11:52 / 13:30-14:50
【潮まわり】 08:38 224cm 満潮 / 14:31 90cm 干潮 / 中潮(月齢:2.4)
【日の出・日の入】 日出06:39 日没17:24

イギリスから来島してくれたMさん&Sさんご夫妻の2日目。
予約時からタイドプールをリクエストしていたのだが、潮周りが悪く、滞在中最も潮が引く今日でも最大90cm。。。(^^;)
いずれにしても明日以降はさらに引きが少なく、しかも最干潮の時間はどんどん夕方にずれ込んでいく。。。うーん。。。今日しかないっ!(笑)

外海は割と静かだったこともあって、90cmとは言え、十分に引いていた。
ただ、風が思った以上に吹いていた事と、この時期の日差しでは海水の蒸発もほとんどなく、鏡面写真を撮るには厳しい状況だった。。。

滞在が長いのでまた明日もタイドプールへ。。。と言いたいところだけど、潮周り的にさすがにもう厳しい。。。残念!(^^;)


太陽は偉大だ!!!

午後からは太陽も出てきて思ったのだが、太陽は偉大だ!!!暖かい!!!全然違う!!!(^^;)
考えてみるとまだ10月。。。太陽さえ出ていればまだまだ暖かい時期なのだ。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 26℃ / 26℃ / 26℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:44-9:41 / 10:40-11:36 / 12:55-13:53
【潮まわり】 05:20 69cm 干潮 / 12:16 179cm 満潮 / 17:46 141cm 干潮 / 小潮(月齢:7.0)
【日の出・日の入】 日出06:20 日没17:46

来島中のKさんの3日目。。。連日のマンツーマン・ガイドだ。
最終日は最も天気が悪く、朝から雨雲が全天を覆い寒々しい。
でも、昨日のような冷たい風が吹いていなかったので、それほど寒くはなかった。

午後からは太陽も出てきて思ったのだが、太陽は偉大だ!!!暖かい!!!全然違う!!!(^^;)
考えてみるとまだ10月。。。太陽さえ出ていればまだまだ暖かい時期なのだ。

明日以降はちゃんと晴れて欲しいなぁ。。。


台湾のダイバー

もう少し、台湾からダイバーが遊びに来てくれといいのになぁ。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / お宮前 / 一湊タンク下No.2
【水温】 27.0℃ / 27.0℃ / 26.8℃
【透明度】 25m~
【海況】 ややウネリあり
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:54-9:50 / 10:49-11:46 / 13:27-14:38
【潮まわり】 08:51 238cm 満潮 / 14:54 78cm 干潮 / 中潮(月齢:3.0)
【日の出・日の入】 日出06:18 日没17:51

台湾からのダイバーShuさんの最終日。。。
今日は何とか時化も治まってきて、普通に3本潜れた。

実は台湾から鹿児島に飛行機が飛んでいるため、台湾のダイバーは屋久島には比較的来やすいはず。
東京から来るのとあまり変わらないのだ。
もう少し、台湾からダイバーが遊びに来てくれといいのになぁ。。。


10月の連休最終日

10月の連休は台風25号の動向に悩まされる週末となった。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1
【水温】 27.6℃ / 27.4℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:00-9:50 / 11:09-12:09
【潮まわり】 06:08 240cm 満潮 / 12:31 40cm 干潮 / 18:35 240cm 満潮 / 大潮(月齢:28.4)
【日の出・日の入】 日出06:15 日没17:55

10月の連休は台風25号の動向に悩まされる週末となった。
直撃はなかったものの、かなり大きな台風だったこともあり、風と過ぎ去ったあとの大ウネリの影響もあって、欠航便が相次いだ。

来れなかったゲストが1組、1日遅れでようやく来島できたゲストが1組。。。

何とか来島はできたゲストさんも連休初日の6日はもはやほとんど「海なし」と言っていいほど大きく海は時化てしまった。

7-8日は何とかまともな海に潜れはしたけど、1つ前の台風24号の爪痕が凄まじくて、リセット状態の各ポイントをガイドするのは正直、かなり辛かった。。。(^^;)


台風最接近なれど、ベタ凪ぎ&クリアーな海。。。

船は台風つなぎをしてしまって出れなかったけど、何ら問題なくビーチから潜れた。
風も強く、雨も降っていたけど、海の中はいたって静か。(^^)

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 27.8℃ / 27.4℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 12:09-13:18 / 14:53-16:00
【潮まわり】 10:00 61cm 干潮 / 16:45 211cm 満潮 / 若潮(月齢:25.4)
【日の出・日の入】 日出06:13 日没17:59

今日は台風25号が最接近。
屋久島の西側を通過して北上中。。。

船は台風つなぎをしてしまって出れなかったけど、何ら問題なくビーチから潜れた。
風も強く、雨も降っていたけど、海の中はいたって静か。(^^)
心配していた透明度もかなり良かった。

前々回の台風24号はかなり大きな台風だった。
屋久島に来て15年、最もその影響の大きさを感じた台風だったと言ってもいいくらいだ。

想像通り、海の中もガラリと変わっていた。
元々あった大きな岩やサンゴがそこら中で岩盤から離れて、5-6m転がっていたり、長らくそこにあったクマノミ付きのイソギンチャクが無くなっていたり。。。

サンゴもそこら中で破壊された跡が見られ、そこら中で砂が掘れて白い岩盤が顔を出し、地形自体が変わってしまった。

今回の台風時化がいかに凄かったかを物語っていると思われるのが、根つきのアオウミガメたちがことごとく傷だらけだった事だ。
甲羅や顔の周りはそこら中が剥げ、甲羅の縁が破壊されている子もいた。

大ウネリに翻弄され、岩にぶち当たりながらじっと耐えていたのだろうか。。。会うカメ、会うカメ、みんな傷だらけなのには驚いた。。。(;゚Д゚)

生物も何カ所かでいなくなってしまったのを確認しているのだが、逆にこの台風でどこかから流れてきたのか、突然現れた魚も。。。(^^;)

タイワンタマガシラ。
これまで幼魚を2回ほど見たことはあったのだが、この大きさ(20cmくらい)は初めて。
屋久島では常連の魚ではないので、成魚の大きさがどれくらいなのか知らないけど成魚かな?

突然、どこから来たの?君?(^^;)


大雨。。。

この連休は天気には恵まれた!。。。と思ったら、最後は雨。。。それも大雨!

【ポイント】 一湊タンク下No.3 / お宮前 / 一湊タンク下No.2
【水温】 28.6℃ / 28.4℃ / 28.0℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 8:42-9:25 / 10:33-11:29 / 12:54-13:45
【潮まわり】 06:21 224cm 満潮 / 12:45 51cm 干潮 / 18:54 231cm 満潮 / 大潮(月齢:14.4)
【日の出・日の入】 日出06:07 日没18:12

連休、最終日。
今日は一湊で3本。

この連休は天気には恵まれた!。。。と思ったら、最後は雨。。。それも大雨!
普段は見えない「布引の滝」(実際は下部にのみ流れ落ちる滝が見られる)が落差40mの立派な大滝に!
この滝は大雨が降るとできる滝だ。

しかし、一湊湾内はそれほど泥の流入はなく、上層のみ白く濁っていたけど水中は変わらず綺麗だった。


ハナガササンゴの仲間・非固着性の群体

-30m程度まで下りてみると、動画のようにハナガササンゴの仲間が水底一面に広がっていた。

【ポイント】 横瀬 / 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.2
【水温】 28℃ / 29℃ / 29℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:52-9:51 / 11:34-12:31 / 14:11-15:26
【潮まわり】 09:01 89cm 干潮 / 16:29 185cm 満潮 / 長潮(月齢:9.4)
【日の出・日の入】 日出06:04 日没18:19

一昨日から来島中のゲストIさんは、うちのリピーターさんの中でも最も潜り込んでいるベテラン・ダイバーの1人だ。
先日、そんじょそこらの若いインストラクターもちびってしまうであろう5,000本記念ダイブを行ったそうな。。。(^^;)
それって本当にアマチュア・ダイバーなのか?(笑)

まぁ、それはともかく、昨日は1本目は彼女のリクエストで横瀬の深場に下りて、フジイロサンゴアマダイを見に行き、2本目は僕のポイント調査に付き合ってもらった。

行った場所は一湊タンク下の沖。
-30m程度まで下りてみると、動画のようにハナガササンゴの仲間が水底一面に広がっていた。
とりあえず、どこまで続いているのかまったく分からないくらい広範囲のコロニーで、ちょっと驚いた。。。(;゚Д゚)

このハナガササンゴの仲間は非固着性の群体で、個体ごとに手で持ち上がってしまうものだった。(種は不明)

ここにアヤタスキベラやアカネハゼ、ピンテール、ツキノワイトヒキベラなどが群れ、そこそこ魚影も濃かった。

今度はもっとじっくり調査したいなぁ。。。


ε-(´∀`*)ホッ。。。(笑)

前日の2本目終了後、船長がちょっとトラブってしまい、今日は急遽、代わりに操船できる人を探してもらって、無事に3本潜れた。。。ε-(´∀`*)ホッ

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / お宮前 / 一湊タンク下No.1
【水温】 26.0℃ / 27.4℃ / 28.4℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:31-11:27 / 13:09-14:06 / 15:11-16:15
【潮まわり】 05:10 69cm 干潮 / 11:34 192cm 満潮 / 17:17 125cm 干潮 / 小潮(月齢:6.4)
【日の出・日の入】 日出06:02 日没18:23

今日は一湊エリアで3本。。。
前日の2本目終了後、船長がちょっとトラブってしまい、今日は急遽、代わりに操船できる人を探してもらって、無事に3本潜れた。。。ε-(´∀`*)ホッ

今日はダイビング中、ずっと明日以降のダイビングをどうするか、ずっと悩みながらガイドしていたのだが、3本目終了後、無事に船長のトラブルが解決したことを聞き、またまた、ε-(´∀`*)ホッ。。。(笑)


高密度な水族館状態

浅場では潮が巻いていて、安全停止中の浅場には沢山のクラゲ類と大量のキビナゴたちが溜まっていて、それを食べるためにニザダイやニセタカサゴなど沢山の魚がこの潮目に集まっていた。
かなり高密度な水族館状態だった。。。(笑)

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.2 / お宮前
【水温】 29.0℃ / 29.2℃ / 28.4℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:34-9:30 / 10:20-11:23 / 12:49-13:55
【潮まわり】 06:05 75cm 干潮 / 12:43 187cm 満潮 / 18:15 131cm 干潮 / 小潮(月齢:22.7)
【日の出・日の入】 日出05:55 日没18:39

台風21号は今日の夜から明日の朝にかけて屋久島に最接近し、明日には四国や関西地方に上陸するコースを順調に辿ってる。。。(ーー;)
関西からのリピーターゲストK氏は明日離島する予定を急きょ早め、1本だけ潜って今日中に離島する事になった。
屋久島は何の問題も無くても、確かにお帰り先の明日の大阪はかなりヤバい。。。

一湊の漁船は朝早くから台風つなぎを終えてしまった。
うちの寿丸も今日のダイビング3本を終えたら、つないでしまうとの事で、潜水時間はキープしつつも、合間は極力早いペースで動き3本潜った。

東面の元浦はかなり時化ていたけど、風裏になる一湊湾内は今日もベタ凪ぎで、天気もまずまず良かった。
ただ。。。何やら透明度が落ちてきている。。。
水温は変わらず28-29℃をキープしているのだが、何やらやや白く濁りが入っているような気がする。

そして一湊でも結構、潮が速かった。
浅場では潮が巻いていて、安全停止中の浅場には沢山のクラゲ類と大量のキビナゴたちが溜まっていて、それを食べるためにニザダイやニセタカサゴなど沢山の魚がこの潮目に集まっていた。
かなり高密度な水族館状態だった。。。(笑)


モヨウフグの受難。。。(^^;)

ゼロ戦に普段は見慣れないモヨウフグの若魚が紛れ込んでいて、ここの主、アザハタが寄ってたかってこの子を追い出しにかかっていた。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.3
【水温】 27.0℃ / 27.0℃
【透明度】 20m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 8:59-9:47 / 10:49-11:43
【潮まわり】 04:39 198cm 満潮 / 11:36 59cm 干潮 / 18:19 209cm 満潮 / 中潮(月齢:11.7)
【日の出・日の入】 日出05:49 日没18:52

台風19号が過ぎ去り、今度はまだ近海に台風20号があるのだが、ひとまず今日は晴天!
海はイマイチ凪ぎ切ってはいないけど、ひとまず一湊の漁船はみんな台風つなぎを解除し、ダイビングもタンク下界隈だったら問題なく潜れた。
透明度も昨日よりは良くなり、今日はゼロ戦も20mくらいは見渡せ、ドキドキすることなく泳げた。(笑)

屋久島はハナヒゲウツボが多く見られるので、比較的ペアにもなりやすいと思っているのだが、1つの穴から複数匹が顔を出すシーンはそれほど多く見ることはない。
今回も何年ぶりだろ。。。って感じ。(^^;)

台風一過直後の一昨日は濁り過ぎて、ゼロ戦まで泳ぐのも一苦労だったが、昨日は透視度20mくらいまで回復してた。

ゼロ戦に普段は見慣れないモヨウフグの若魚が紛れ込んでいて、ここの主、アザハタが寄ってたかってこの子を追い出しにかかっていた。

まるでみんなでイジメまくっているようにも見えて、なんか可哀想な感じだった。。。(^^;)
突かれる度に膨らんで、黄色い腹部が目立ってた。


今年はビデオライトが壊れてしまって、新たに購入しようと検討中なのだが、あれこれ迷っているうちに夏が終わりそう。。。(ーー;)


何とか潜れた!(^^)

久々に名古屋のダイビングショップ「evis」さんご一行様が来島!(^^)
昔からのお得意様なのだが、ここ最近は屋久島ツアーを実施していなくて、実に5年ぶりの来島だ。

【ポイント】 一湊タンク下No.2 / 一湊タンク下No.1 / お宮前
【水温】 28.6℃ / 28.8℃ / 28.6℃
【透明度】 40m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:38-9:29 / 13:26-14:10 / 15:02-15:50
【潮まわり】 08:28 87cm 干潮 / 15:38 178cm 満潮 / 長潮(月齢:8.7)
【日の出・日の入】 日出05:47 日没18:55

久々に名古屋のダイビングショップ「evis」さんご一行様が来島!(^^)
昔からのお得意様なのだが、ここ最近は屋久島ツアーを実施していなくて、実に5年ぶりの来島だ。

しかし。。。タイミングが悪く、台風19号の最接近予定の21-22日がバッチリと中日の2日間!!完全にハマってしまった。。。(;゚Д゚)
しかも、運がいいのか、悪いのか、行きと帰りは問題なく飛行機は飛びそうで、つまり、無事に来れて、無事に帰れるけど、ほぼ潜れない。。。という「ダイビング・ツアー」ならぬ、「台風体験ツアー」になりそうな感じに。。。(^^;)
それでも参加者の皆さんはノリノリなのが怖い。。。(笑)

一湊の漁船は昨日には台風つなぎを済ませてしまっていたので、到着日の今日はビーチ・エントリーで2本の予定だったのだが、ラッキーなことに普段永田でお世話になっている葵丸が一湊で船を出してくれることになった。。。(^^)

台風が近づきつつあり、天気も悪かったのだが、海は凪ぎていて、水中もメチャ青くて綺麗だった!
明日からは潜れなくなりそうだけど、何とか1日だけでも潜れて良かった。。。ε-(´∀`*)ホッ
何とか台風一過後にも潜れるといいんだけど。。。