カワ(・∀・)イイ!!

【ポイント】 一湊タンク下No.2
【水温】 21.2℃
【透明度】 30m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 晴天
【潜水時間帯】 14:58-16:15
【潮まわり】 06:12 64cm 干潮 / 12:32 183cm 満潮 / 小潮(月齢:7.0)
【日の出・日の入】 日出07:15 日没17:40

今日も午後から1人で海へ。。。
毎年の事だけど、冬季の屋久島はまったく予約が入らず、連日1人潜りなのでかなり焦る。
しかも、冬季は海に行っても基本的に誰もいないので、寂しさから余計に不安になってくる。。。(;´・ω・)

でも今日は久々に同じく1人潜りに来ていた同業者に会った!(^^)
なんかちょっとだけ不安な気持ちが和らいだ。。。(笑)

今日は晴天だった。
この時期の屋久島北部はいつも曇っているので、ホント嬉しい!!(^^)
水中も明るいし、透明度もいい海で気持ちよく潜れた。

まずは昨日、無事に回収できた-25m地点の水温ロガーを再設置するために一気に沖に出た。
-25m地点の水温ロガーはもう無くなったものとばかり考えていたので、先日新しいロガーを入れたばかりなのだが、そっちを回収して今までと同じロガーを使い続けることにした。

ちょこちょこ動きまくるクマドリカエルアンコウのチビ

ちょこちょこ動きまくるクマドリカエルアンコウのチビ

昨日、この-25mのロガー近くで見つけた小さな小さな黄色いクマドリカエルアンコウの幼魚。
昨日いた場所から3mくらい下の段に移っていた。
こいつがメチャクチャ、カワ(・∀・)イイ!!
体長は2cmもないくらい。

ライトを当てて撮影し始めると、光を嫌がるのか、スグに動きはじめる。
つーか、動きまくりでカエルアンコウなのに撮りにくいっ!(-_-;)
スグにジャンプするし。

これだとスグにいなくなりそうだなぁ。。。

ヤギモドキウミヒドラの仲間のクラゲ体

ヤギモドキウミヒドラの仲間のクラゲ体

これまた昨日、果実(正確にはクラゲ体)が沢山着いていたヤギモドキウミヒドラの仲間をチェックしたら、なんと今日は一気にすべてがなくなっていた!!!!
そう、この24時間内にすべてが遊離(クラゲになって離れてしまうこと)してしまったのだ。
うーん。。。いったい、いつぐらいに来れば、この遊離が見られるのだろうか?

よーく見てみるとまだ未成熟っぽい果実が1-2個ついていた。
これはどういう状態のクラゲ体なんだろ?
またここから増えるのだろうか。。。?

もう分からないことだらけで、どこから調べたらいいのかよく分からん!
とりあえず、明日も見てみよっと!


Leave a Comment

CAPTCHA