魚の寿命

【ポイント】 横瀬 / お宮前 / 元浦 / 元浦
【水温】 28℃ / 28℃
【透明度】 30m
【海況】 凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 8:34-9:23 / 10:30-11:35
【潮まわり】 05:26 233cm 満潮 / 12:07 27cm 干潮 / 18:32 239cm 満潮 / 大潮(月齢:27.7)
【日の出・日の入】 日出05:58 日没18:33

ゲストK氏のリクエストで横瀬のフジイロサンゴアマダイ(ペア)を見に行った。

ゲストさんから「魚はどれくらい生きるのか?」という質問を受けるたびに、例として出すのが「お宮前」のニチリンダテハゼと、この「横瀬」のフジイロサンゴアマダイだ。

現在、国内でこの魚がコンスタントに見られているのは屋久島ぐらいなのではないだろうか?
日本では非常に珍しい魚だ。

実はこの子、驚く事にもうかれこれ10年くらい前から、この場所に生息し続けている。。。(◎_◎;)
約9年前の2009年7月12日に見つけた子で、その時点ですでに今くらいの成魚サイズだった事から、産まれたのはもっともっと前という事になる。。。

2005年6月21日にもほぼ同じ場所でフジイロサンゴアマダイのペアを見かけているのだが、仮にこのペアが同一個体だとしたら(個人的にはその可能性はおおいにあると思ってる)、僕の知る限り実に13年間、ここで生きている事になる。

魚ってそんなに生きることができるの???(;゚Д゚)


Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください