蓋を開けてみればいい天気っ!(^^)

【ポイント】 オツセ / オツセ / ヨスジ漁礁
【水温】 28.0℃ / 27.8℃ / 28.6℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨のち快晴
【潜水時間帯】 9:15-10:10 / 11:17-12:19 / 13:54-14:43
【潮まわり】 08:03 246cm 満潮 / 14:19 54cm 干潮 / 中潮(月齢:1.9)
【日の出・日の入】 日出06:06 日没18:15

今日は永田で3本。

静岡のダイビングショップ「フリースタイル」さんの2日目。
今日は朝からかなりの雨が降っており、テンションも正直低かったのだが、永田に着いてからあれよあれよという間に青空になり、結局、メチャクチャ良い天気に!(^^)

水温は昨日の一湊同様にやや下がり気味。。。28℃前後の水温だった。

水温は一時期よりも明らかに落ちているけど、透明度はまぁ、一応、現状維持だ。
特に永田の浅場の透明度は相変わらず最高に良くて、真水のようなクリアな海に群れるギンユゴイは見ているだけで気持ちがいいっ!
透明度50mオーバーは決して言い過ぎじゃないっ!(^^)

人気のシシマイギンポは現在、かわいい幼魚サイズの子がメチャクチャ多く、思わず顔がほころぶ。。。(⌒∇⌒)

幼魚はまだ巣穴が定着していないので、ちょっとでも危険を感じるとスグに穴の外に出てしまう。
そのかわいい動きは胸キュンモノだ。(笑)

思わず笑ってしまうオモシロ顔の成魚(小さな女性の小指大)から、かわいい幼魚(赤ん坊の小指大)、そして極小の赤ちゃん(ボールペンの先端くらい)まで、順を追って動画で追ってみた。。。

最後の極小の赤ちゃんはスゴイよ~!このサイズのシシマイギンポは認識している方も少ないのでは?(^^;;

屋久島でもよく見かけるヤッコエイは4-5月が繁殖期なのは分かっているんだけど(⇒参考:https://goo.gl/tv9Aob)、不思議と極小幼魚を見たことがない。。。

3-5cmとは言わないまでも、成魚よりもやや小さいくらいの個体を見てもおかしくないとおもうんだけど、これまた不思議なことにまったく目撃例がないのだ。(;´・ω・)

でもいたよーとっても小さい子!
多分、15-20cmくらいだと思うんだけど、これまで見た中でも最も小さなサイズのヤッコエイだ。

最初、こいつ単体で撮っていたんだけど、まったくスケール感が分からないので、ゲストさんと一緒に撮ってみた。。。ねっ?メチャ小さいでしょ?!(^^;;
成魚をそのままミニチュアにしたような感じ。。。(笑)

ちょっと右側をケガしてるけど、どうしたんだろ?


Leave a Comment

CAPTCHA