水面付近と水底の水温の差があり過ぎっ!(;´・ω・)

【ポイント】 川(No.2)
【水温】 22-27℃
【透明度】 10m
【海況】 凪ぎ
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 13:03-14:15
【潮まわり】 08:56 82cm 干潮 / 15:44 194cm 満潮 / 若潮(月齢:10.3)
【日の出・日の入】 日出06:30 日没17:32

昨日、台風22号が通過し、今日は一気に凪るかと思いきや甘かった。。。(^^;)
北上した台風は温帯低気圧になったものの、メチャクチャ発達して爆弾低気圧のようになってしまった。。。(ーー;)
風は北西の冷たい強風に変わり、陸上だけでなく、海も真冬のような光景。。。

ゲストは久々に来島した常連ゲストNさん。
しかし、潜るところがない。。。

結局、Nさんのリクエストで川(No.2)の汽水域へ。
まだまだ濁っているかと思ったけど、それほどでもなかった。
でも水面付近と水底の水温の差があり過ぎっ!(;´・ω・)

水底(3-4m)付近は27℃はあったのだが、水面は何と22℃!!!!寒すぎっ!!!!
当然、サーモクラインが発生して、その境目はモヤっとしてて何も見えなかった。。。

ちなみに水底もイマイチだった。
ここは様々な種類の泥ハゼ類がいたり、ロープには絶滅危惧種のヤエヤマノコギリハゼなどがいたのだが、今日は一切見られなかった。。。
水底にはゴマフエダイやオキフエダイ、ギンガメアジの子供、そしてクロダイの若魚たちが異常に多く見られた。
あとはサツキハゼとかスミゾメスズメダイとか、ヒメツバメウオとか。。。


Leave a Comment

CAPTCHA