旦那を家から追い出そうとするクマノミの鬼嫁。。。(・_・;)

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 23.2℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 15:05-16:59
【潮まわり】 05:09 202cm 満潮 / 11:24 41cm 干潮 / 17:26 208cm 満潮 / 中潮(月齢:26.7)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:45

9日前の4月7日に今季初観察した3ヶ所のクマノミの卵はどこも順調に成熟していて、今では透明感が出てきていて稚魚の目玉もクッキリ見え始めた。
子(稚魚)の目玉が見え始めると、クマノミの卵守りも俄然、写真映えしてくる!
なので、個人的に卵絡みの生態写真は大好きで、毎年のように飽きずに同じような写真を撮り続けている。。。しかも同じような写真を。。。^^;

卵の世話をする-10m地点に棲むクマノミ

卵の世話をする-10m地点に棲むクマノミ

卵の世話をする-8m地点に棲むクマノミ

卵の世話をする-8m地点に棲むクマノミ


動画でも撮ってみた。
卵を甲斐甲斐しく世話するクマノミ夫婦です。

「一湊タンク下」の-8m付近にある小さなシライトイソギンチャクに棲むクマノミの夫婦は、今年、完全にペアが入れ替わった。(雌雄のどちらが入れ替わったのかは不明)
周辺のクマノミたちがどんどん今年最初の産卵を済ませていく中、この新しいペアはなかなか産卵をしないどころか、この動画のようにしょっちゅう夫婦喧嘩していて(当然、嫁さんの方が強い!(笑))、とても産卵するような仲睦まじい夫婦には見えない。。。^^;

以下はクマノミのメスがオスを威嚇する様子を撮影した20秒の動画。
途中、カツカツと大きな音が頻繁にしますが、これはメスが発する威嚇音。

-12m付近にあるウスサザナミサンゴでは4匹2ペアのコブシメが産卵しているようで、オス同士の喧嘩も見られたんだけど、産卵がなかなか見られない。
今年のコブシメたちは警戒心が強く、サンゴの前で待っていると、全然寄ってこないのだ。。。
これまではそんな事はなかったので、ちょっと驚いている。

今年もGWのコブシメの産卵は低調で推移しそうな予感が。。。(・_・;)


Leave a Comment

CAPTCHA