台風最接近なれど、ベタ凪ぎ&クリアーな海。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.2
【水温】 27.8℃ / 27.4℃
【透明度】 25m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 雨
【潜水時間帯】 12:09-13:18 / 14:53-16:00
【潮まわり】 10:00 61cm 干潮 / 16:45 211cm 満潮 / 若潮(月齢:25.4)
【日の出・日の入】 日出06:13 日没17:59

今日は台風25号が最接近。
屋久島の西側を通過して北上中。。。

船は台風つなぎをしてしまって出れなかったけど、何ら問題なくビーチから潜れた。
風も強く、雨も降っていたけど、海の中はいたって静か。(^^)
心配していた透明度もかなり良かった。

前々回の台風24号はかなり大きな台風だった。
屋久島に来て15年、最もその影響の大きさを感じた台風だったと言ってもいいくらいだ。

想像通り、海の中もガラリと変わっていた。
元々あった大きな岩やサンゴがそこら中で岩盤から離れて、5-6m転がっていたり、長らくそこにあったクマノミ付きのイソギンチャクが無くなっていたり。。。

サンゴもそこら中で破壊された跡が見られ、そこら中で砂が掘れて白い岩盤が顔を出し、地形自体が変わってしまった。

今回の台風時化がいかに凄かったかを物語っていると思われるのが、根つきのアオウミガメたちがことごとく傷だらけだった事だ。
甲羅や顔の周りはそこら中が剥げ、甲羅の縁が破壊されている子もいた。

大ウネリに翻弄され、岩にぶち当たりながらじっと耐えていたのだろうか。。。会うカメ、会うカメ、みんな傷だらけなのには驚いた。。。(;゚Д゚)

生物も何カ所かでいなくなってしまったのを確認しているのだが、逆にこの台風でどこかから流れてきたのか、突然現れた魚も。。。(^^;)

タイワンタマガシラ。
これまで幼魚を2回ほど見たことはあったのだが、この大きさ(20cmくらい)は初めて。
屋久島では常連の魚ではないので、成魚の大きさがどれくらいなのか知らないけど成魚かな?

突然、どこから来たの?君?(^^;)


Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください