卵を抱えた引っ越し。。。

【ポイント】 一湊タンク下No.3
【水温】 23.0℃
【透明度】 30m
【海況】 ややウネリあり
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:39-11:54
【潮まわり】 05:37 48cm 干潮 / 12:13 192cm 満潮 / 18:35 81cm 干潮 / 小潮(月齢:6.7)
【日の出・日の入】 日出07:08 日没17:19

屋久島では数は少ないヒゲニジギンポ

屋久島では数は少ないヒゲニジギンポ

昨日の屋久島北部の海は大きく時化、ホームの一湊湾内はクローズ。
今日は何とか凪ぎたけど、まだ多少ウネリの残るテンションの下がる海だったけど、とりあえずエントリー。
陸上から見ている分には透明度の悪るそうなウネウネの海にしか見えなかったけど、沖に出てみると青々として明るく、30mくらいは抜けていた。(^^)

まだ黒潮は健在のようだ。

一度、漁礁まで泳いだけど、特別面白いものにも出会えなかったので、No.2のエリアまで戻って小物探し。

卵持ちのアデヤカゼブラヤドカリ

卵持ちのアデヤカゼブラヤドカリ

見つけて一瞬で引っ込んでしまったヤドカリがとても黄色かったので久々のティーダゼブラヤドカリ(屋久島では稀)だと思って粘る事5分。。。
出てきたのはアデヤカゼブラヤドカリだった。(-_-;)
しかし、真っ赤な卵を抱えていた!

しかも、あれよあれよという間に全身を貝殻から出してきた~!!!!!!!(-o-;
確かにその貝殻は非常にボロく、2-3ヵ所に穴が開いていて、指で挟んで押すと崩れてしまいそうなくらいもろい貝殻だった。
引っ越ししたい気持ちもわかるのだが、そのまま逃走されると撮影できないと思い、スグに他の貝殻を持ってきて寄せてやった。

卵を持って引っ越し中。。。(^^;)

卵を持って引っ越し中。。。(^^;)

でも、なかなか入らない。。。
やっぱり気に入った貝殻というものがあるのだろう。。。
でも、何個か貝殻を与えているうちに、ようやく入ってくれた。(^^)

確かに卵を覆い隠す「嚢」のようなものを持たないヤドカリは卵を守るためにも固く頑丈な貝殻が必要だよな。。。
むき出しのままでは見ていても危なっかしい。(笑)


Leave a Comment

CAPTCHA