冬季の間に大きな変化が。。。(-_-;)

【ポイント】 一湊タンク下No.3/お宮前
【水温】 16.9℃/16.9℃
【透明度】 10m
【海況】 やや時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 10:09-10:54/12:22-13:06
【潮まわり】 08:58 199cm 満潮 / 15:14 39cm 干潮 / 中潮(月齢:17.5)
【日の出・日の入】 日出06:48 日没18:13

Fさん&Nさんの2日目(最終日)。

昨日はかなり時化ていた一湊湾内もだいぶ静かになってきてはいるんだけど、依然としてウネウネ&ニゴニゴ&低水温は続いていた。。。

でも今日は陸上が晴天だったので、水面休息中は暖かく過ごしやすかった。
太陽が出ているとテンションも全然違う。。。!!(^^)

時間とともにどんどん凪ぎて来たので、可能なら明日からの2日間の日程が良かったかな。。。(笑)

今日は超久しぶりのゼロ戦とお宮前へ。。。
ゼロ戦は1か月ぶり、お宮前は2か月ぶりくらいだ。


ゼロ戦。。。久々に行き着きませんでした。。。白く濁って視界が悪い上に、冬の間の大時化でガイドロープや目印ブロックなんかは明後日の方向に飛び散っており、まったく目印にならず。。。(^^;)

いかに普段、屋久島の透明度に甘えてナチュラルナビゲートしているかよ~く分かった。。。ちょっと反省。。。(笑)

迷う前にゼロ戦は諦め、結局ブイの下の漁礁で過ごして終わった。


お宮前はちょっと驚いたのだが、大きく荒れていて、大きく地形が変わっていた。
すでに傷んで縮小傾向だった2つのウスサザナミサンゴ群落は、2つとも広い範囲が大きく崩壊していて、昨年の半分くらいの大きさになっていた。

例年4-5月頃にお宮前のコブシメはここで大産卵を行う。
でも、もうこれだとちょっと厳しいかなぁ。。。

それとお宮前の-20m付近に大きなパッチリーフ環境があるのだが、ここは下に大きな空洞が開いていて、この暗がりに多くの魚たちが隠れていたのだが、この空洞の3/4が大崩落!(;´・ω・)
大きく地形を変えていた。。。

ともに冬季の大時化が直接的な原因だと思うのだが、すでにシーズン中からどんどん荒廃していってるような様子はあったので、地盤ごと弱くなっていたのだろう。。。

うーん。。。お宮前の荒廃っぷりがちょっと酷い感じになってきている。。。このままだとポイントとして使えなくなってくるのも時間の問題じゃないか?と思い始めてる。。。


Leave a Comment

CAPTCHA