ミナベヒメジの群れ

【ポイント】 一湊海水浴場 / 一湊タンク下No.1 / 一湊海水浴場
【水温】 29.4℃ / 29.6℃ / 29.8℃
【透明度】 40m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:00-10:44 / 11:36-12:12 / 15:05-15:44
【潮まわり】 05:56 81cm 干潮 / 12:08 189cm 満潮 / 18:00 115cm 干潮 / 小潮(月齢:6.7)
【日の出・日の入】 日出05:46 日没18:57

お盆も終わり、今日は1日、体験ダイビング・デー。
しかし、近づく台風の影響で北東の風が強く、体験ダイビングのメイン・エリアである「元浦」は時化気味。。。
仕方なく、一湊海水浴場で行った。

午前中は4名中、2名はライセンス持ちだった事もあり、とてもやりやすかった。(^^)
海水浴場は魚影が薄いけど、透明度も良く、青々とした海で潜ることができた。

お盆前から、北東の風が強く吹く日が続いている。
この風で体験ダイビングやシュノーケリングのメイン・ポイントである元浦は連日の時化気味。。。仕方なく一湊海水浴場で体験ダイビングを行う毎日だ。

海水浴客で賑わうスグ足元には現在、ミナベヒメジがウジャウジャいてビックリしてる。。。

ミナベヒメジ(Parupeneus biaculeatus)は、ちょっと前まではウミヒゴイの一種などと呼ばれていたヒメジの仲間で、僕は「黄色いラインのホウライヒメジ」などと呼んでいた。(笑)

そして、3年前の2015年にミナベヒメジという標準和名がついた。

屋久島ではたまに一湊港内や体験ダイビングを行う元浦などで数匹見られる程度だったので、10匹近くが群れている光景には最初は目を疑った。
こんな場所に群れてたんだ。。。(^^;)

日本では紀伊半島や四国などで見られ、どちらかというと温帯寄りの魚なので(沖縄では記録がないのでは?)、屋久島近海が国内の南限なのではないだろうか?


Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください