マルヒラアジの捕食行動

【ポイント】 元浦 / 一湊タンク下No.1 / 一湊タンク下No.3
【水温】 21.8℃ / 21.5℃ / 21.3℃
【透明度】 20m
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 9:37-10:08 / 11:22-12:19 / 13:40-14:37
【潮まわり】 08:05 110cm 干潮 / 13:24 152cm 満潮 / 小潮(月齢:7.6)
【日の出・日の入】 日出05:50 日没18:45

今日は朝一で体験ダイビングを行ったあと、来島したばかりのゲストYさんを連れてビーチから2本。。。
当初からリクエストはゼロ戦だったので、何としてもボートを出したかったのだが、乗り合いの船も見つからず、仕方なくビーチから泳いでいく事にした。(^^;)

1本目はそのためのチェックダイブと称して、浅場で一緒に潜ってみたのだがエアのもち具合も泳力も問題なかったので、2本目はゼロ戦へ!
昨年末に同業者が一湊タンク下No.1から真っすぐ、ゼロ戦までロープを引いてくれたのだが、そのおかげでゼロ戦がビーチから行きやすくなった!(^^;)
最初は「こんなの要らね~!」とか思っていたけど、かなり重宝してる。(笑)
これまでは泳いで連れていくのはちょっと厳しいかも。。。と思っていたエアがあまりもたない初心者の方でも、今では泳げさえすれば連れて行けそうな感じ。

今日のゼロ戦

今日のゼロ戦

ゼロ戦は相変わらずブリの子供たちが群れていて、それをマルヒラアジが襲っていた。
このマルヒラアジ、当初は「マルヒラアジ」と呼んでいたのだが、途中から自信がなくなってここ3-4年は「カイワリの仲間」と呼んでいた。
しかし、昨日、魚の同定に定評のある方や、この手の仲間に詳しい研究者に聞いたところ、ともに自信を持って「マルヒラアジでしょう!」と太鼓判を押してくれたので、またそのように呼ぼうと思う。。。(^^;)

気になっていた体のスポットは沢山あるものと、全くないものがあるそうな。。。
また、屋久島では水深-20m程度の砂地にあるパッチリーフでよく捕食行動が見られるのだが、マルヒラアジはその水深よりも浅い場所ではほぼ出てこないらしく、幼魚も含めてあまり浅い場所にいない魚だそうな。。。


Leave a Comment

CAPTCHA