マダラエイだらけ

3本目の横瀬ではマダラエイがそこらじゅうで見られた。
ヤッコエイ同様に今は繁殖最盛期なのだと思う。

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / お宮前 / 横瀬
【水温】 25.0℃ / 22.0℃ / 20.6℃
【透明度】 30m~ / 25m / 15m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 10:45-11:41 / 13:17-13:57 / 15:04-15:46
【潮まわり】 05:23 197cm 満潮 / 11:29 82cm 干潮 / 17:28 212cm 満潮 / 中潮(月齢:12.3)
【日の出・日の入】 日出06:23 日没17:42

今年、これまで見られなかった場所で突然始まったコブシメの産卵は、産卵床がハナガタサンゴの仲間だ。
これまではウスサザナミサンゴなどを産卵床にしている場合が多かったのだが、ここではハナガタサンゴの仲間の崩れかかった群体の隙間などに産んでいる。

1匹のメスを奪い合い3匹のオス。。。ってな感じに見えるけど、そうじゃなくてそれぞれに奥さんがいるのだが、あまりにも隣接して産卵しているので、すぐにこうした喧嘩が勃発!(^_^;)

3本目の横瀬ではマダラエイがそこらじゅうで見られた。
ヤッコエイ同様に今は繁殖最盛期なのだと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください