バンビ探しの2日目。

【ポイント】 一湊タンク下No.1
【水温】 19.6℃
【透明度】 20m
【海況】 ベタ凪ぎ
【天候】 くもり
【潜水時間帯】 14:58-16:40
【潮まわり】 07:30 204cm 満潮 / 13:33 40cm 干潮 / 19:22 210cm 満潮 / 大潮(月齢:29.8)
【日の出・日の入】 日出06:52 日没18:10

また空が雲で覆われ、今にも雨が降り出しそうな天気だ。
これによって多少は寒くなった気がする。。。

今日は午後から1人で海へ。
昨日(バンビ(小鹿)を探しに海へ。。。 | Field Note  - 屋久島の海と川の記録)の続きでコジカイソハゼ調査。
今日は昨日は見れなかった-15m以深を見て回り、片っ端からこの手のイソハゼを撮りまくった。

なぜにここまでこのイソハゼに気合を入れているかというと。。。
研究者の鈴木さんによると先日和名が提唱されたコジカイソハゼ(=「日本のハゼ」でいうイソハゼ属の一種4)にはよく似たハゼが日本にはもう2種類いる可能性があって、1種類はアオイソハゼ、もう1種類は不明種(Eviota spilota???)との事なのだ。

整理すると、この手のイソハゼは日本には近似種が次の3種類いるみたいだと言うのだ。

・ アオイソハゼ
・ コジカイソハゼ
・ 不明種(Eviota spilota???)

さらに、屋久島で撮ったこの手のハゼの写真を無作為に5枚、鈴木さんに見せたところ、2枚はコジカイシハゼに似ているけど3枚はコジカイソハゼではない別の種類かも?と言われてしまったのだ。
実は僕の中では昔からホームグラウンドの一湊タンク下では、この手のハゼは1種類しか認識していなくて、すべて同じ種類だと思っていたのだから、これが本当ならさー大変!!(笑)

調べてみると、これを最初に言い出したのは、奄美大島のハゼ好きの同業者の方のようだ。
彼はコジカイソハゼと不明種(Eviota spilota???)としている種類との大きな違いとして、次の点が違うと言っているのだが、

・ 胸ビレ基底部に斑紋がない(⇒コジカ)、ある(⇒不明種)
・ 眼の下に垂れ線がない(⇒コジカ)、ある(⇒不明種)

しかし、僕の目には少なくとも屋久島で見られるこの手のハゼは一種類しかいないという感覚だ。(あくまでも”屋久島では”という話です)
例えば、今日も20個体くらい、この手のイソハゼを撮りまくったのだが、胸ビレの基底部の斑点はすべての個体にあるのだ。
一見、無いように見える子でも、PCでよく見れば色素の小黒点が散在しているのだ。
多分、僕の予想ではこの小黒点の散在部分が興奮したりすると、クッキリ色づき、大きな斑紋に見えるに違いない。

下の写真は左側が全体、右側が頭部の拡大写真だ。
ねっ?一見、黒斑が無いように見える子でも、よく見ればみ~んな例外なく黒斑はあるのだ。

一見、黒斑が無いように見えるけど。。。

一見、黒斑が無いように見えるけど。。。

よく見りゃ黒斑はある。。。

よく見りゃ黒斑はある。。。


さらに眼下の垂れ線も興奮している個体に浮き出てくるものなのではないだろうか。。。?
ちなみに以下が黒斑と眼下の垂れ線が両方ハッキリ出ている個体。
下の写真も左側が全体、右側が頭部の拡大写真だ。

斑紋も垂れ線もクッキリ!

斑紋も垂れ線もクッキリ!

斑紋も垂れ線もクッキリ!

斑紋も垂れ線もクッキリ!


あとは体側の赤い斑点の並び方なんかが違うようにみえるかもしれないが、これも興奮したりするとクッキリ出てくる種類のものではないだろうか?

イソハゼの仲間

イソハゼの仲間

例えば右写真のように眼下の垂れ線はないように見えるけど、体側の赤い斑点は全体に散在しているし、特に上の個体と斑点の並び方に違いは感じられないのだけど。。。
この屋久島のイソハゼが何者なのかは知らないけど、言えることは”屋久島では”2種類が混在しているようにはどうしても見えない。。。(¨;)

ただ、分かっていることとして、標本を基に記載しているコジカイソハゼには胸ビレ基底部には黒斑はないようなので、これらの屋久島の子たちは全部「コジカイソハゼではない別の種」という認識で良いのだろうか。。。

今後の課題としては、やっぱり繁殖行動を見たい。
婚姻色がもしかしたら違うかもしれないし。。。
また、繁殖の隔離が行われているようなら、当然2種類いる事になるもんね。。。(^_^)


Comments

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください