ネムリブカのチビ

【ポイント】 オツセ / オツセ / 一湊タンク下No.1
【水温】 27.2℃ / 26.4℃ / 28.6℃
【透明度】 30m~
【海況】 凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:23-12:18 / 13:44-14:42 / 16:01-17:05
【潮まわり】 07:58 248cm 満潮 / 14:44 0cm 干潮 / 中潮(月齢:2.0)
【日の出・日の入】 日出05:25 日没19:21

この日は海開きの日で、一湊では神事や船団パレードなどがあって午前中は潜れないという事で、永田へ行った。

永田はやや潮がかかっていて、ワサワサ感(⇒活性が高いという意味です!)のあるいい海だった。(^^)

久々にネムリブカを見た。
メチャクチャ小さなミニチュアサイズで、30-40cmくらいの小さな子だ。
僕が一番興奮して追いかけまわしていたら、何やらお客様が撮影中だったピグミーが着くウミウチワを蹴っ飛ばしていたらしい。。(^^;)
反省。。。

3本目は一湊に帰ってのんびり浅場を散策。。。
やっぱり、今年はホシカゲアゴアマダイが少ない気がする。


Comments

  • 山田守彦

    ご無沙汰してます。かごしま水族館の山田です。ネムリブカいるんですね。しかし、小さいです。うちで何度か出産してるんですが。生まれたては60~70㎝くらいなんですよね。30㎝は言い過ぎとしても、生まれてすぐですね。屋久島で繁殖してるんですかね。と書きながら、今思い出しましたが、トカラでは漁をするくらいいるんでしたね。屋久島にけっこうおっても不思議じゃないですね。ではでは。

    • shigeru

      30-40cmは言い過ぎでした。。。(^^;)
      下の写真のフィンとの比較では70-80cmはありそうですよね。。。

      ネムリブカは屋久島では決して超レアというほどの魚ではありませんが、15年潜っていて今回の子で10個体にも満たないくらいです。
      僕があまり潜っていない南部での状況は知りませんが。。。

      https://goo.gl/zby7y3

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください