ニチリンダテハゼ、いまだ健在。。。

【ポイント】 お宮前 / 一湊タンク下No.2 / 元浦 / 元浦
【水温】 28℃ / 28℃ / 27.8℃ / 27.6℃
【透明度】 20m~
【海況】 やや時化気味
【天候】 晴れ
【潜水時間帯】 8:38-9:36 / 10:36-11:33 / 14:24-14:56 / 15:35-16:04
【潮まわり】 07:09 92cm 干潮 / 14:43 174cm 満潮 / 長潮(月齢:8.9)
【日の出・日の入】 日出06:10 日没18:06

この日は午前中に2本ファンダイビングのガイドしたあと、午後からは久々の体験ダイビングだった。

ファンは昨日に引き続き、Yさんとマンツーマン。
リクエストをお聞きしても「何でもOK!」との事なので僕の希望で(笑)、昨日見つけた「オニハゼ属の一種」を再度確認しに行った。
今日はオスをぜひとも見たい!

しかし、今日はこのハゼだけでなく、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウも見つからず。。。(;´・ω・)

ようやく見つかったのは屋久島ではよく見られるもう1種類の「オニハゼ属の一種」だけだった。
こちらは-30m付近でよく見られるオニハゼの仲間だ。

もう1本はお宮前へ。。。
1-2カ月前に「とうとういなくなっちゃった宣言」をしたニチリンダテハゼがいまだ健在だった。。。(^^;)

こいつ、いったい何年生きるんだろ?(ーー;)


Leave a Comment

CAPTCHA