タンク下と元浦の違い過ぎる透明度!

【ポイント】 一湊タンク下No.1 / 元浦
【水温】 22℃ / 23℃
【透明度】 2m / 30m~
【海況】 時化気味&凪ぎ
【天候】 快晴
【潜水時間帯】 11:23-12:13 / 13:30-13:34
【潮まわり】 05:50 119cm 干潮 / 11:07 153cm 満潮 / 18:44 63cm 干潮 / 小潮(月齢:21.6)
【日の出・日の入】 日出05:58 日没18:40

今日はファンダイビングのガイド。

前日まで久々の大時化で一湊湾内はかなり荒れた。
今日も微妙な状態ではあったけど、一湊タンク下だけはかろうじて入れそうだったのでエントリー。
しかし、想像を絶する透明度だった。。。(◎_◎;)
1-2mの透明度はガイドするのも困難なくらいで、真っ暗!-20m付近もかなり揺れていた。

という事で2本目はゲストさんと相談して、ファンダイビングではあまり入らないお隣・元浦にビーチエントリーしてみた。
ところがこちらは一湊湾内とは全然違っていて、30mオーバーの透明度と青々とした気持ちのいい海!(^^)
天気もよかったので水中も明るかった。

う~ん。。。最初からここで潜ればよかった。。。
ゲストさんも2本目の海にはかなり満足していて一安心。
1本で終わっていたら、多分、屋久島の海の印象は最悪なまま終わってたかも。。。(-_-;)

クマノミの産卵を観察した。
もうかなり前からクマノミの卵自体は初観察し、孵化間近の透明な卵なんかも観察していたのだが、産卵は今季初。


Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください